FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう 

ジャムバンドなどのテーピングフリーでシェアが許可されているアーティストの音源を人に勧める際に「どういうルール?どうやって落とせば良いの?flacって何じゃけ?」という事がしばしばあるので簡単にまとめてみました。
これを機会に新しい音の世界や文化を知って触れて頂ければ幸いです。
簡単なリンク集的なものになりますが、助言・要望・突っ込み大歓迎。
必要に応じて随時加筆していきます。


<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
> ①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
②音源をDLしよう
③DLした音源を楽しもう
_____________________________________________________________

①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう

古くはGrateful Deadから始まり, Phish, Widespread Panic, String Cheese Incident, Medeski Martin & Woodといった所謂ジャムバンド、ここ数年の来日で馴染みのあるWilco, Derek Trucks Band, My Morning Jacketといったアーティスト達は、アーティスト自身がファンにライブの録音を許可し、その録音した音源はファン同士で金銭を伴わずにシェアして楽しむ事が出来ます。
テーピングフリーのアーティストに関しては違法ではなく合法になりますので、ブートレグ文化とは全く異なるシェアの文化になります。

録音者をテーパー
録音する事をテーピング
テーパーが会場のフロアから録音・その音源をオーディエンス(AUD)録音・音源
PA卓から直接LINEで録音・その音源をサウンドボード(SBD)録音・音源と言います。

私たちが手にするのは基本AUD音源になりますが、中にはテーパーにSBD録音させて下さる親切なアーティストもおります。
そしてSBD音源とAUD音源をMIXさせたマトリックス音源というマニアックな音源も存在します。


【テーピングポリシーについて】

アーティスト毎にテーピング・ポリシーが規定されていて、例えばAllman Brothers Band は録音はOKだけどDLサイトにアップロードはNG、一般的に多いのはSBD音源は不可など、録音許可していてもオールOKなのではありません。そういったテーピングポリシーはアーティストの公式サイトで確認する事が出来ます。

また、こちらのサイトからもアーティスト検索で確認出来るようなのですが最新情報とは限らないので、あくまでご参考程度にどうぞ。

<テーピングポリシー検索サイト>
Bands That Allow Taping
http://btat.wagnerone.com/

<注意!>
もしご自身でテーピングする際には事前にアーティスト・プロモーターにご確認する事をオススメします。以前はOKだけど現在はNGという事もありますし、アーティスト自身は録音OKでもプロモーターや会場によってマイクスタンドの設置や録音自体が困難な場合があるので自己責任でお願い致します。



【音源シェアってどういう事?】

アーティストのご好意の下にライブ録音が可能となっていますが、このように音源の取り扱いにも一定のルールや秩序が存在します。その根っこで大事なのは、アーティストとファンとの信頼関係とファンと共有するシェアの精神だと思っています。

音源シェアに関しては、たにさんの”ぴくぴくコレクション”やzepさんの”今から始めるGrateful Dead”といった先輩方のサイトに素晴らしい文章がありますので、これからシェアの文化に足を踏み入れる方は是非一読をオススメします。

はじめに – ぴくぴくコレクション
http://peekpeak.exblog.jp/62675

今から始めるGrateful Dead
http://homepage3.nifty.com/grateful/
下バーの《 音源トレードとは?》にトレードについて書かれています


【音源の入手方法】

それらのライブ音源の入手方法は大きく二つになります。
掲示板など利用して直接音源所持者とコンタクトを取るトレード
ネット上のダウンロードサイトからDLする。


<掲示板など利用して直接音源所持者とコンタクトを取るトレード>


2000年中頃までは掲示板やHPで知り合った方と直越コンタクトを取り、テープやCDRを送って音源を入手する事が主流でした。
確かにトレードは手弁当で面倒ですが、その面倒と同じぐらい素敵な事も待っています。
トレードで直接相手とやり取りする事で一人一人の気持ちが伝わりやすく、トレードを通じて仲良くなりコミュニティが広がるという利点があります。

こちらでは詳細は割愛しますがDLの際も基本的な考え方は同じなので、先述のぴくぴくコレクションや”今から始めるGrateful Deadといったサイトで丁寧に解説しているので、興味のある方は是非読んで頂ければと思います。


<ネット上のダウンロードサイトからDLする>

そして、現在主流なのはこの方法です。
ADSLや光回線の登場によって大容量のファイルをオンラインでやり取りする事が容易になりました。
トレードに比べて手間が掛からず、国境の垣根すらも簡単に飛び越えられるのが利点です。
ダウンロードサイトにはコメント欄がありますがDLした全員が書いてくれるはずも無く、その書かれたコメントとDL数でしかPC上の向こうをはかるしかありません。
トレードとDLサイトは共に一長一短ですが、上記の利点でDLサイトによる入手が主流となっております。

アーティストや地域に特化したDLサイトもありますが、大きく二つのダウンロードサイトがありますので、次の【②音源を落とそう】で具体的な音源の入手方法を紹介をしていきたいと思います。

_____________________________________________________________

<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
②音源をDLしよう
③DLした音源を楽しもう

スポンサーサイト

②音源をDLしよう 

ジャムバンドなどのテーピングフリーでシェアが許可されているアーティストの音源を人に勧める際に「どういうルール?どうやって落とせば良いの?flacって何じゃけ?」という事がしばしばあるので簡単にまとめてみました。
これを機会に新しい音の世界や文化を知って触れて頂ければ幸いです。
簡単なリンク集的なものになりますが、助言・要望・突っ込み大歓迎。
必要に応じて随時加筆していきます。


<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
> ②音源をDLしよう
③DLした音源を楽しもう

_____________________________________________________________

②音源をDLしよう

現在大きく分けて二つのDLサイトがありますので、そのサイトとDLの方法を簡単にご紹介していきます。他にアーティストや地域に特化したサイトもありますが、この二つでほぼ網羅出来ると思います。
DLする音源ファイルはflacというフォーマットになります。
flacファイルの取り扱いは【③DLした音源を楽しもう】で紹介していきますね。


【ダウンロードサイト】


・Live Music Archive

lma.jpg
http://www.archive.org/details/etree

通称LMAは巨大サーバーにファイルをアップロードして保存され、いつでも何処でもDLする事が出来ます。ここには有名・無名問わず様々なアーティストの音源が取り扱われています。

但しLMAはサイトに登録されているアーティストの音源しかアップロード出来ず、その登録にはアーティスト自身の許可が必要になります。要は、ここに登録されていないアーティストはLMAでの音源のやり取りは許可されていない、という事になりますね。
例えばPhishやMMWといったアーティストはLMAで音源のやりとりをする事が出来ません。
その理由はアーティスト毎に異なると思いますが、オンライン上に保存といった形で音源を残したくないのだろう、と勝手に想像しております。

ここに登録されている全アーティストは中段の[Browse All Artists with Recordings in the Live Music Archive]のページから確認する事が出来ます。

[アーティスト>ショウの日付]の個別のショウのページへ飛び、flacのリンクを右クリックで「名前を付けて保存」で一曲ずつDLしていきます。特別な事は必要ありません。

LMAについて詳しく解説しているサイトがありますので、そちらをご参考にしてみて下さい。
ライブ・ミュージック・アーカイブ活用方法
http://www8.tok2.com/home2/feat/menu/llama.html


・bt.etree.org
etree.jpg
http://bt.etree.org/

上記LMAに登録されていないアーティストの音源はどこで入手出来るのか、というとこちら、通称etreeのサイトになります。
こちらはBit Torrentという、著作権侵害で悪名高きP2P(ファイル共有)の技術を使ってUP・DLする事になりますが、このように合法的に使用する方法もありますので「P2Pは悪」では無い事を頭の片隅に置いて頂ければ、と思います。所詮、技術は技術でしかありませんし、肝心なのはその使用方法です。その技術の詳細に興味ある方は専門サイトなどで確認してみて下さい。

参考までに
BitTorrent – ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/BitTorrent

etreeではtorrentファイルをDLします。このファイル自体は音源ファイルではありません。
このtorrentファイルを使って音源ファイルをDLするにはBit Torrentのクライアントソフトが必要になります。
LMAのように右クリックで音源ファイルを保存という訳にはいきませんので最初はとっつきにくい事もありますが、やり方さえ覚えてしまえば非常に簡単です。

それでは、クライアントソフトを紹介したいと思います。


【Bit Torrentクライアントソフト】


・BitTorrent
bittorrent.jpg
http://www.bittorrent.com/

こちらはBitTorrent本家のクライアントソフトになります。
数あるソフトの中でシンプルかつ使い勝手も良いので、どのソフトが良いか迷ったらまずこちらをオススメします。
win版・Mac版共に用意されているので、OSにあったヴァージョンを選択して下さい。

・μTorrent(マイクロトレント)
utorrent.jpg
http://www.utorrent.com/

数あるソフトの中で人気があるクライアントソフトになります。非常に軽量・機能も充実しています。こちらもwin・mac両方に対応するヴァージョンを用意されています。

こちらにμTorrentの詳しい使い方などが書かれているのでご参考までに。
P2Pファイル共有ソフトBitTorrent(ビットトレント)の使い方 - EnjoyPCLife
http://enjoypclife.ikaduchi.com/bittorrent/index.html


【使用方法(簡略版)】


各ソフトの段で紹介したリンクに詳しい使い方が掲載されていますが、簡単に説明すると

bit01.jpg

torrentファイルをクライアントソフトにドラッグ&ドロップ

DLが始まり100%になるとDL完了


はい、簡単。やり方自体は至ってシンプルです。

Bit TorrentではDLと同時にULも行います。自分がDLしたファイルの欠片を同時に誰かにULする状態になります。
DL完了後も他にDLしている人(leecher)が居ればULは続きますので、すぐに接続を切るのでは無くしばらく繋げておいて下さい。人が多いほどDLも速くなりますし、ここでシェアの精神も生きてきます。
トレント作成から時間が経ってleecherが少ない音源は自分からの転送量も少なくなりますが、アクティブな状態のトレントに関してはマナーとしてはratioが1.0以上になれば良いと思っています。

また、seederが0の音源はDLする事が出来ません。
アップロード日からあまりに日付が経っているものはこの可能性が高くなります。その際は音源を所持している人に再度トレントを接続してもらうなり、Re-seedしてもらうしかありません。

他にモデムのポートを開けると転送量が速くなるとか、色々ありますがオイラは専門外なので割愛。トレントを紹介している他のサイトを参考にしてみて下さい。


【専門用語】


あと、普段聞き慣れない専門用語もありますので、簡単に解説しておきます。

seeder – 100%保持しているファイルをアップロードしている人
leecher - ダウンロードしている人、seedにぶら下がっているというイメージです。
peer – 接続してデータをやりとりしている人。seeder+leecher=peerになります。
ratio – DLに対してULした転送量の割合。1GBの音源を2GB ULすれば2.0になります。


【プロバイダの規制】

また、トレントのULに関してはプロバイダによって厳しく規制されている場合もあるので、こちらで自分のプロバイダの状況を把握しておいた方が良いでしょう。

FrontPage - ISP規制情報Wiki
http://isp.oshietekun.net/

ちなみにオイラが契約しているプロバイダは1日30GBのUL制限があり、これを超過すると警告が来るようです。
このような制限がある場合は、ソフトの設定でスピード上限やratio上限を掛けられますので、それをうまく使ってみるのも良いと思います。


これで音源を入手出来たでしょうか。
次の【③DLした音源を楽しもう】でflac音源の取り扱い方を紹介したいと思います。

_____________________________________________________________

<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
②音源をDLしよう
③DLした音源を楽しもう

③DLした音源を楽しもう 

ジャムバンドなどのテーピングフリーでシェアが許可されているアーティストの音源を人に勧める際に「どういうルール?どうやって落とせば良いの?flacって何じゃけ?」という事がしばしばあるので簡単にまとめてみました。
これを機会に新しい音の世界や文化を知って触れて頂ければ幸いです。
簡単なリンク集的なものになりますが、助言・要望・突っ込み大歓迎。
必要に応じて随時加筆していきます。


<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
②音源をDLしよう
> ③DLした音源を楽しもう


_____________________________________________________________

③DLした音源を楽しもう


Live Music Archiveやetreeといったダウンロードサイトでは基本flacというフォーマットで音源がアップされています。
日本国内ではまだ馴染みが薄いかと思いますが、海外アーティストの公式ダウンロードサイトも最近はこのflacが多々使われています。

flacは簡単にこんな特色があります。
・wavよりファイルサイズが小さい(約1/2~1/3)
・wavに変換(デコード)する際に劣化が無くwavに戻る
・flacそれ自身もmp3等より音の劣化が圧倒的に少ない

可逆圧縮”という事らしいけど、上記は割と適当に書いているので、その技術や音質検証の詳細について気になる方は専門のサイトを調べてみて下さい。

※ちなみに2000年初頭はSHNというフォーマットが主流でしたが、徐々にflacが主流となっていきました。



この入手したflac音源、取り扱いは大きく次の二つに分かれると思います。

・flacからwav(mp3他)に変換(デコード) →wavをCDRに焼いたりiPodに入れたり。
・PCでflacのまま聴く
※現在iTunesはflacには対応しておらず再生出来ません。

これのアプリケーションを簡単に説明していきますね。
OSによって使用出来ないアプリケーションもあるかもしれませんので、インストール前に注意してみて下さい。

◆Windowsの場合 


【flacからwavにデコード】

・FLAC Frontend
flacfrontend.jpg
http://flac.sourceforge.net/download.html

かつて一番メジャーだったソフトですが、XPまで対応でvista以降は非対応の模様。古くはオイラも一番お世話になったソフトかな。元のflacがある場所やデコード先が半角英数のディレクトリでないとエラーが出るらしいのでご注意。


・xrecode II
xrec2-LG.gif
http://xrecode.com/

こちらはXPからwin7まで対応のソフト。この手のソフトには珍しく日本語対応しております。変換フォーマットも多様な上(一部フォーマットは別途実行ファイルが必須)、変換以外にもタグ編集、音量の最適化など機能も充実しています。
多機能ですが変換だけでも十分に使い勝手が良いかと思います。
個人的に難を言うなら画面が少々大きいのと、機能が多すぎて慣れてないとちょっと混乱するかも。
フリーの試用版は立ち上げた際にダイアログが出ますが、数秒待てば普通に使用可能です。

参考サイト → xrecode II - k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/media/encode/xrecode.html


【PCでflacを視聴】

・foobar2000
foobar2000.jpg
http://www.foobar2000.org/

シンプルかつ軽量なオーディオプレイヤーです。
いろいろ機能はあるようですが、単純にflacファイルをドラッグ&ドロップでリストに追加して再生。flac以外にも大抵のフォーマットは対応していると思います。

参考サイト → foobar2000 wiki
http://foobar2000.xrea.jp/


・VLC Media Player
largeVLC.png
http://www.videolan.org/vlc/

これで再生出来ないものは無いんじゃない?ってぐらい非常に多くのフォーマットに対応しているマルチメディアプレイヤーです。動画・音楽ファイルが再生可能で、win・Mac両方に対応しています。
下部アイコン[プレイリストを表示]playlist2.pngをクリックする事で画面上にプレイリストを表示する事が出来ます。

参考サイト
VLC Media Player h.264もtsファイルも、何でも再生万能プレーヤー – ぼくんちのTV別館
http://freesoft.tvbok.com/freesoft/player/vlc_media_player.html
VLC media player - k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/media/codecplay/vlcmediaplayer.html


◆Macの場合

【flacからwavにデコード】

・xACT

xact.jpg
http://www.macupdate.com/app/mac/14246/xact

flac⇔wavの変換には一番使い勝手が良いと思いますのでオススメです。


・X Lossless Decoder (XLD)
XLD.jpg
http://tmkk.pv.land.to/xld/

前者のソフトはflac⇔wavがメインですが、こちらはwavの他にmp3など多様なフォーマットにもflacから一発変換出来ます。ファイルをアイコンにドラッグ&ドロップする事で変換が始まります。

オイラはflacc⇔wavはxACT、flac→mp3はXLDと使い分けています。


【PCでflacを視聴】

・Cog
cog.gif
http://www.bridge1.com/cog.html

winのfoober2000と同等のプレイヤーがこちら。シンプルかつ軽量なオーディオプレイヤーです。
foober2000同様にドラック&ドロップでリストに追加して再生。
使い方については特記する事もないですが、一応。

参考サイト → OSXアプリケーション10-14(下の方)
http://nmuta.fri.macserver.jp/appli10m.html

・VLC Media Player
largeVLC.png
http://www.videolan.org/vlc/

winの段で解説していますので上記参照に。


【おまけ・ライティングソフト】

・Toast
http://www.roxio.jp/jpn/products/toast/titanium/overview.html

Macではメジャーの有料ライティングソフトですが8辺りからflacに対応して、視聴も出来ますし、flacのまま突っ込んで自動にwav変換してCDRに焼けるようになりました。
オーディオプレイヤーとしてはCogの方が使い勝手が良いように思います。


【おまけ・変換ソフト】


・AudioGate
audiogate.jpg
http://www.korguser.net/audiogate/jp/index.html

win&mac両用。
本来はシェアウェアの波形編集ソフトでしたが、Twitterアカウント連動でフリー試用する事が出来ます。波形編集だけでなく、flac、wav、mp3と様々なフォーマットへビットレートも細かく設定してエクスポードする事が出来ます。。
フリー試用するにあたって、twitterに「#KORG #AudioGate で○曲を○に変換しています。」と自動ツイートされてしまいます。
オイラは自動ツイートがウザイのであまり使っていませんが、24bit/96kHzのflacを16bit/44.1kHzのflacに変換といった事に使っています。



ここに紹介した以外にも多数のフリーソフトがありますので、自分にとって一番使い勝手の良いソフトを探してみるのも良いと思います。

3回に分けてフリーのライブ音源の楽しみ方を紹介してみました。
それでは楽しい音源ライフをお送りしてみて下さい~!!

_____________________________________________________________

<音源シェア・ライブ音源のDL方法 - 目次>
①テーピングフリー・シェアの文化を知ろう
②音源をDLしよう
③DLした音源を楽しもう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。