FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/7/27 FUJI ROCK FESTIVAL@苗場スキー場  3日目 

さて、泣いても笑っても今日が最終日。
そして、やっと天気が晴れました!お天気ブラボー。
今年もいろんな音楽と出会ったなぁ、フジロック万歳!!

3日目は午前中暇ぶっこいてました。

OOIOOはちょっと見てみたかったけど、
移動すんの面倒だったから、陣地で無難にJUDEを観戦。
芝生の上を裸足で踊って観てたんだけど、あんま印象に残ってないわ、コレ…。

その後ROVOを見る為にちょっと早めにホワイトステージへ移動。
先にトイレに行っておこうと思って、トイレに並ぶ。
その頃はクラムボンが演奏中。
初めてマトモに聴いたんだけど、結構いいじゃないかい!
機会があったらフルでライブ見てみたいですね。

んでもって、14:00ROVOです。
勝井さんのヴァイオリンが冴えてるぜ。
でも、浮遊感漂うサウンドのせいかすんごく眠くなっちゃって、
ハジによって、シート引いて寝てました…。

ROVOが終わって友人と合流。
飯くってまた昼寝…。
友人らはAVARONで買い物したり、YO LA TENGOを観たり。
おかげ様で曝睡してたのですが
くるりが始まる前に起こしにきてくれてサンキューです。

17:10くるりです。
ドラマーがナンバガのアヒトっていう噂聞いたんだけど、外人だったよ。
このクリストファー・マグワイヤ、11月に正式に加入になったそうですね。
中盤スロウな曲が続いて、ちっとばかし、かったるかったのですが
「東京」「ばらの花」、最後に「ワンダーフォーゲル」が聴けて気分は最高でした!

渋さ知らズまで随分時間が余ってしまったので
F.O.HでG.LOVE&SPECIAL SAUCESTEVE KIMOCK BANDを観ました。

STEVE KIMOCK BANDが凄くよかった!
ギターの音色が心地よく、F.O.Hの雰囲気も手伝ってかすごく気持ちいい!
それにスペースがたくさん空いてるから、自分の好きなように動けるんだよね。
変拍子が入るとリズムがうまく取れないんだけど、
なんかもう勝手に体が動くカンジです。
キモック最高!

渋さ知らズが始まる頃、オレンジコートへ移動。
意外と人がはいってる!

最初は大豆鼓ファームから始まった。
火柱がボーッっと立ってスゴイぜ。
白塗り隊が水風船投げてきたり、楽しいステージでした。

その後本編渋さ知らズオーケストラが始まるかと思いきや、ひっぱる、ひっぱる。
「メンバーが遅れて集まらないから始められないんだー、もうちょっと待ってくれ」と渡部さんのアナウンス。
その間各メンバーが一人ずつ演奏したり、しゃもじ叩いたり。
後ろの方だったから、何をやってるか全然見えない。
友人らはSTEVE KIMOCK BAND観に行っちゃうし。
他の人も待ちきれないのか、少しずつ人が減っていく。

実際に「本多工務店のテーマ」が始まったのは22:40ぐらい…。
厳密にいうとアレ全体が演出で、すでに始まってたというのが正しいのか。
ただね、ちょっとやらしいですよ、やり方が。
最後の最後まで残れるんならいいんだけど、時間が限られているわけだからさぁ~。
不満を差し引いても悪くはないステージだったから、まぁ良しとするか。
結局何時まで演奏してたのか知らないけど、集合時間に遅れそうだったので、
足早にオレンジコートを去る。

途中MOGWAIを1曲ぐらい聴けるかな~と思ったら、
1曲も聴けずに終了。早いよ、終わるの!

これで3日目も終了。

大船軍団はサンボマスターを観るのに、ルーキーへ行きましたが
自分らは宿へ直行。

今年は雨のおかげで、随分無駄な体力を使いましたが、
終わってしまえば良い思い出なんだよね。
雨が降っても全然楽しいし、フェス観戦にちと自信がついたかな。

来年の目標は体力をつける!頑張るぞ!

スポンサーサイト

2003/7/26 FUJI ROCK FESTIVAL@苗場スキー場  2日目  

相変わらず天気はどんよりしてましたが、1日目ほど悪い天気じゃなかった。

2日目の一発目は 11:40 電撃ネットワーク
意外なくらい人の入りがすごかった!こんなに人気あるのか!?
前の方へ行ってみたけど、レッドマーキーだから前が全然見えない。
いつものようにドラム缶を叩くヤツから始まり、
馴染みのある芸が続く。んで最後にトイレットペーパー噴射しながら音楽が流れる。
観客もハイテンションで踊る、踊る。
彼等の音楽って評価されてないけど、バキバキのテクノで結構カッコいいと思うんだけどなぁ。
今回のライブ、全体的にすごい盛上がってたけど
はっきしいって全然ステージが見えないから微妙。
次回はまたホワイトステージでやって下さい!

次はグリーンステージ 12:30 BACK DROP BOMB
時間がギリギリだったので、レッドマ-キーから走ってグリーンステージへ。
そしてらまだ始まってなく、少し遅れている模様。間に合ってよかった!
ちょっと前にニューアルバムが出たばかりなので、そっちの曲がメインかと思いきや、
前のアルバムの曲を結構やってましたね。
オイラ的にどれも知ってて踊れる曲ばかり。すごい楽しいわ。
最後のREMIND MEでみんなグワッと前に押寄せてすごい盛上がり。
終わった後、友人が「BDBってこんな感じなんだ、意外」っと言っておりましたが、
そうなんです。コアなイメージが強いんだけど、実はすごくポップだと思うんだよね。

ここで DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENを見に行こうか悩む。
オレンジコート行ってまたすぐグリーンステージに戻ってくるのは、結構骨が折れるよな。
という事で、陣地に戻って一杯やりながら休憩。

ASIAN DUB FOUNDATION GARDENの前にすごくトイレが行きたかったので、トイレへGO。
そしたらすんごい長蛇の列!
マジ泣きそうでしたよ、アレは…。しょうがないから並ぶんだけどね。
絶対寿命が縮んだよ、ホントもらすかと思ったもん。

用も足して、気を取り直して 15:30 ASIAN DUB FOUNDATIONへ。
人がすごくてかなり後ろの方で見てたけど、すごいわ。みんな踊りまくり。
MCで「さけべー」とか言ってるし、なんか面白い。
オイラも踊りまくりだぜぃ。
会場全体がいいカンジに盛上がってましたね。こんだけ盛上がるステージは初めてかも。

お次はGOCOOを見る為にF.O.Hへ移動。
その間ホワイトステージでANTHRAXが。
ちょっとだけ見てすぐ移動。アツイねぇ、メタルだぜ!

GOCOOってのは、和太鼓バンドでして
ほぼ打楽器のみの、約13人(女性が半分ぐらい)のメンバー構成。
コレがまたカッコいいんですよ。
動きが息があっていて、決まるとこはビシッて決まるし、
髪の長いねえちゃんが、髪の毛振り回しながら太鼓叩いてますし、素敵です!
こういったバンドは音だけでなく、実際見てみないと良さがわからんよな~。

この後は友人と合流して、そのままF.O.Hに残ってBAHO
Charと石田長生のギターユニットです。
二人ともなぜかギターが阪神タイガース仕様。
「加納姉妹でーす」と冗談を交えながら、演奏スタート。
シンプルなんですが、凄みがあるんだよね。
歌もあるし、ギターソロも掛け合いがあったり、Charがたまにパーカッションやるし。
グループサウンドメドレーなんぞもやって、ほんと楽しいステージでした。
いや~、オイラChar大好きなんですよ。
あの人のギターも好きだし、ああいう人がお父さんだったら嬉しいね。

だいぶ夜もふけてきて、20:30THE MAD CAPUSLE MARKETS
3年ぶりのTHE MAD CAPUSLE MARKETSはやっぱりかっこいい!
路線はデジロックなんですが、以前よりデジタル要素が増えたような。
この頃から雨がまたふってきたんですが、そんな事おかいなしに暴れまくり。
でもオッサンちょっと疲れちゃって、あまりハジけられなかったのが悔しいところです。

2日目もこれでおしまい。
宿に戻ったら、大船軍団が盛上がっていて(2日目のチケが手に入らなかったので観光&飲んでたらしい)
勢いで朝の5時くらい迄飲んじゃったよ。

あれ、BJORKは?

帰る時に道端でチラ見しました。
全然興味なかったんだけど、ライブはスゴイと思ったよ。
火柱が立っていて凄い幻想的なステージでした。
雨が降ってなければ見たかもしんないな~。

2003/7/25 FUJI ROCK FESTIVAL@苗場スキー場  1日目 

やってきました、新潟。
前から天気が心配でしたが、朝方はどんより雲。
入場ゲートにて「なんとか天気持ちそうかね~」と話しているそばからポツポツと雨が降ってきました…。

リストバンドをもらい入場ゲートをくぐると、とりあえず、急いで陣地作り。
メインステージであるグリーンステージの向かいの芝生がある斜面にタープを設置しやした。
これで何とか雨しのげるだろうと思ったら、なんか水滴が漏ってくるんだよね。
まあそれはしゃーない。まずはビールで乾杯だ。
その後レインスーツを着て準備万全。雨なんぞ恐くないぜ!

11:00 今日のトップバッターはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT
もともとミッシェルはそんなに聴く方ではなかったので、
知ってる曲は1曲ぐらいしか演奏しませんでしたが、マジかっこいい!ロックだぜ!
最後の方で雨がやんで、晴れ間が見えました。ミッシェルマジックだ。
解散ニュースが流れたのはFRF以降でしたので、この機会に見れてよかったよ。

特に見たいモノもなかったのでこの後はしばらく休憩。
さっき雨がやんだのがウソのように雨は降りつづけます…。

お次は HAWAIIAN6
レッドマーキーは水溜りで大変なことになってました。
コレは音を全く聴いた事がないバンドなので、どんな感じかな~とワクワクしてましたが、
始まってみればなんのこっちゃ正統派メロコア風(って言葉はあるのだろうか)。
マイナーキーの楽曲が多くて、ヨーロッパ系のハードロックに雰囲気が近いかな。
キライではないんですが、イマイチ乗り切れず。
真ん中辺りは盛り上がってましたね。

自分的1日目の目玉はSOUNDTRIBE SECTOR9なのですが、
それまでちょっと時間が余って何を見ようか思案。
ちょうどその前にUAがやってるので、早い時間にF.O.Hへ移動。
したら、入場規制だよ、おい!
UA人気あるもんな、F.O.Hじゃ入場規制になりますよね。

話は変わりますが、今年からオレンジコートというステージが新しく出来まして、
ホワイトステージからオレンジコートへボードウォークが新設。
しゃーないから、オレンジコートを見てみようって事になって、
ボードウォークを歩いてみたのですが、山の中を歩いていくので雰囲気イイッス。
そしたらUAの歌声が聴こえてくる。うわ、やべぇ、見たい!
ってな訳で途中でボードウォークから降りて、木々の中を通りF.O.HへGo!

UAですが、まともに聴くのは初めてです。
楽器隊も豪華(ASA-CHANG 勝井祐二等)でしたが、 歌声に凄みがあるよ。
言葉を発するだけじゃなくて、声も演奏の一部に溶け込んでおりました。
特に踊るでも暴れるでもなく、ユラユラ揺れて聴いてて、気持ちいい。
彼女は日本を代表する女性VOですわ。

17:10 SOUNDTRIBE SECTOR9です。
コレってどんな音楽かというと、いわゆるジャムバンドです。
キーボードをふんだんに使った歯切れのよいインストですが、
そんなにピコピコはしてません。
これも人力トランスバンドの一種なのかな。
という事は、踊れる、踊りまくり、です。
中盤が大人しめな曲でちょっとダレ気味でしたが、
ラストの曲がオイラの一番好きなMoonsockets! 圧巻です。
地面はすごいドロドロでしたが、そんな事は関係ない!
皆踊り狂いでしたねぇ。サイコーでした。

1日目はこれにて終了。

あれ、UNDER WORLDは?

見ておりません!

だって雨がすごいんですよ。疲れちゃいました。

2003年の観戦ライブ 

2003年に観たライブです。

7/25(金) '03 FUJIROCK FESTIVAL 1日目 @ 苗場スキー場
7/26(土) '03 FUJIROCK FESTIVAL 2日目 @ 苗場スキー場
7/27(日) '03 FUJIROCK FESTIVAL 3日目 @ 苗場スキー場

9/12(金) BRAHMAN @ 新木場 STUDIO COAST
9/21(日) LOUD FEST 2003 (LOUDNESS/BRAHMAN/WRENCH/COCOBAT) @ クラブチッタ川崎
9/27(土) 朝霧JAM 1日目 @ 朝霧高原
9/28(日) 朝霧JAM 2日目 @ 朝霧高原

11/7(金) STROBO/SUN PAULO/PRIMROSE/GOMA @ 恵比寿MILK
11/28(金) ELECTRAGLIDE @ 幕張メッセ

12/4(木) PE'Z @ 新宿リキッドルーム
12/1-1/1 COUNT DOWN JAPAN @ 幕張メッセ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。