FC2ブログ

2004/1/24(土) MEDESKI MARTIN and WOOD @ 渋谷O-East 

オルガン、ベース、ドラムの3人組のジャムバンドというか、ジャズバンド。インプロの鬼です。

CDやライブ音源を何度か聴いたけど、イマイチつかみどころのないバンドでした。
そうすると、とりあえずライブを見て認識せんとなぁ~ちゅう事で。
とにかく今年は来日するジャムバンドはほとんど観に行く勢いです。

24:30開場だから、1:00ちょっと前に到着。
会場は凄い人だかり。ぴあじゃチケット売れ切れてたからかなりの人気ですね。
24:30開場開演のオールのイベントだから「18才未満お断り」と唱ってあるんだけど
まさか身分証明書チェックするとは思わなかったよ。
こんな日の為に、パスポートのコピー持ちあるいといてよかった。

お客さんは20、30代の人が結構多かったですね。
本当の好き者が集まってる感じ。

内容は前半1時間、休憩30分、後半1時間半の2set
ろくに予習しないで行ったけど、かなり楽しめました。
渋めで始まったから、ついていけるかな~、と思ったけど
いらぬ心配でしたわ。

6ヶぐらいの鍵盤を弾きまくるオルガン奏者、
ウッドベースとエレキベースを巧みに使いこなすベーシスト
ドラムをパーカッションを兼ねて、ソフトなタッチでアツク叩くドラマー

曲の構成ってちゃんとあるのかようわからんぐらい、ドラムソロが至る所に入ったり、狂ったようにオルガンを演奏したり、マジ圧巻です。
みんな好き勝手やってんじゃないかくらい、リズムも拍子もへったくれもない。
でもすごいカッコよくて、感動モノ。

鍵盤がかなり熱い!ドラムもかなり凄い事になってましたね。
ロックバンドのようにガンガン叩いてはないんだけど、
手数がかなりのモノでオカズ盛り沢山。
ベースはどっちかっていうと地味なんだけど、巧くなけりゃあーゆー風にはいかんよね。

休憩ぐらいから、貧血気味で具合悪くなってしまったんで、
2set目は2階からステージ全部見下ろせるベストポジにも関わらず
座って半寝してました。うわ~もったいないわ。
一緒に行ったend君も2徹目で最後はグロッキー、ガンちゃんは4:00ぐらいに眠くなったにも関わらずラストまで奮闘。

やはりライブを見なければ始まらないと実感。
演奏はかなり巧い!さすがジャズ!
一般受けするサウンドじゃないけど、普段ジャズ聴かない人にも
十分伝わる素晴らしいステージだったと思います。

やっぱりオイラは遊び倒せない・・・。しばらくオールのイベントは控えて体力作りします。

スポンサーサイト

2004/1/12(月) PEAK WEEK(pele/toe/the band apart/BAND WAGON) @ 下北沢shelter 

peleとtoeを目当てに行ったのですが、かなり楽しめるイベントでした。
しかし、人が多い事、多い事。
もともと小さなハコなんですが、冬で着膨れしてるせいか身動きが取れないぐらいの混み具合。
自分の立ち位置確保するのに精一杯で、ステージはほとんど見えなかった。

1バンド目はBAND WAGON。
変拍子が絡むリズムで、ソコソコかっこいいサウンド。
ちょっと歌が弱いかな。演奏はまだまだ荒さが目立つけど、先が楽しみなバンドです。

2バンド目はthe band apart。
このバンド、最近名前をちょろちょろ聴くので楽しみの1つでした。
垢抜けたメロディーにコーラスがかぶさって気持ち良い。
全体的に安定していて、けっこうポップなサウンドでした。
やっぱりこのバンドもところどころ変拍子になるんだけど、あんま必要ないような気も。
って余計なお世話ですよね、すんません。
3月に広いトコでライブやるんだけど、たぶん観に行くと思うんで楽しみです。

これだけやっても人は全く減らず、増える一方ですよ。まいった。

3バンド目はtoe。
これはかなりステージ見たかったんだけど、右のギターの人がチラチラ、左端のドラマーの振り上げるスティックだけが見えるだけ。
メンバーがそれぞれ世界に浸って演奏してる模様。
ギターはちょっと荒い演奏だった気が。それより良かったのが、ベースとドラム。
ベースの低音がダイレクトに体に伝わってきて、かなり良いわ。
ドラムも叩いてる樣はかなりのもんだと思うんだけど全然見えませーん。
体動かしたかったけど、動けるスペースないもんで、みんなジッと聞き入ってる様子。
コレもまた異様だな。大人しいもんだ。

toeが終わった後は、耐えられなくなった客が何人か外に出ていって、少し会場はスッキリ。

そんで今日のトリ、pele登場。
このpele、今回の来日で解散が決定しているので、オイラにとってラストチャンスだったんですよ。
この機会に見れて本当に良かった。
メンバー構成はギター、ベース、コンピューターによる電子音&タンバリン、ドラムの4人。
ジャンルはインストでいわゆるポストロック。疾走感ある爽やかなサウンドです。
ギターの人がホント楽しそうに演奏していて、こっちまで嬉しくなっちゃいます。
演奏の合間にビールのんだりしてますし。
最後に1stの1曲目、アンコールに同じく2曲目を演奏して、自然と体が動いちゃいましたわ。
軽快なギターフレーズとその合間に入るドラムのオカズがかなり気持ちよくて大満足です。

本日全体を通して、ベースの低音がいい具合に効いてて良かった。
普段CD聴くだけじゃ気付かない所が結構あってぐっときましたね。

テーピングしたいぐらいの良いイベントでした。

2004/1/10 渋さ知らズオーケストラ New Year Live @ 渋谷O-East 

久々に渋さ知らズのライブです。
今年の初ライブ観戦なのですが、しょっぱなにして今年のベストアクトかもしれないぐらい凄い良かった。
壮大で幻想的かつ情熱的なステージでした。

改装後のO-Eastに行くのは初めてなのですが、やはりキレイ。
中にはBarスペースがライブスペースの横に設けられていて、ライブスペース以外の所が何げに充実いてるような。
といっても、ステージも高めにあって、どこ位置からも見やすい。
そしてステージが凄い近い。O-Eastってこんなに小さかったっけ。

ほぼ時間通りにはっぴ姿の渡部さん登場。「ワッショイ」コールが始まって、
その後におしゃもじ隊(正月らしく着物)と自衛官姿(コスプレか!?)のおねえさんが登場。
何が始まるかと思えば「自衛隊に入ろう」(笑)
そこからメンバーがぞろぞろと登場して、スタート。
頭の2曲はおそらく聴いた事ない曲。
途中ROVOチームがソロをとったりして、勝井さんのヴァイオリンが冴えるゼ。

この次の曲から、「火男」「ナ-ダム」「諸行でムーチョ」等ライブ定番曲のオンパレード。
みんなこの辺りから、踊りまくり暴れまくり。
足踏まれまくって、アゴに肘打ち食らうし、ヘタなロックバンドより全然激しい。

各パートが次々とソロをとったり、酔っ払い風にヘロヘロの音楽になったり、展開がどんどん変わる。
不破さんの指揮は凄いなぁ。
みんな個々に好きなように音を出してるように思うんだけど、
その不協和音が気持ちよかったり、バシって合う時も凄いいいし。
ギターソロでは歯で弾いたり背中で弾いたり、ハードロックばりの演出。
ホントに皆思い思いの事をやって楽しそうだったよ。

ダンサーのねえちゃんの踊りも冴えてました。カッコイイ!
あんま巨乳じゃないんだけど、踊りで跳ねる度に
胸がユサユサして「おぉ!」とドキドキしてるオイラは変態ですかね…。
白塗隊もいろいろやってたのですが、自分のとこからだとちょっと見難くてあまり見れませんでした。
本日もやはりクラゲのオブジェが宙をフワフワ浮いてました。

途中で今日のスペシャルゲストが登場。
誰かと思ったら、忌野清志朗がホラガイを持って登場。
ここでまた凄い歓声。
ホラガイソロもあったりして面白かったよ。

この曲が終わると不破さんが「今日はここで終わりです」と皆すごいブーイング。
そしたら「ウソです、アンコールの拍手は省略します」(笑)
といって清志朗の曲を2曲演奏。みんなで大合唱でした。

水着にでっかいシャツを羽織ったカッコのねえちゃん(巨乳か!?)が登場。
詩の朗読から始まり、盛上がって来た所でオケがガツンと入って「本多工務店のテーマ」スタート。
この時上から溢れんばかり白赤の風船が下りて来ました。
これまた、大盛り上がり、大合唱。
清志朗がどうしようかと困ってる風な顔をしていて、ちょっとかわいかったです。

自衛官姿のねえさんが先陣きって「ダラダラデロデロ」とかそんな歌詞しか出てこない歌を歌って終了。
清志朗は歌詞カードを見てたよう。ちゃんと歌詞あるのね。

約3時間のステージ。しかしまぁ、ホント何でもありでしたね。
ロックもジャズもファンクもフュージョンもすべて飲み込んでのステージはサイコ-でした。
不破さんがダンサーのねいちゃんや本多工務店で朗読してたねいちゃんと抱擁してる場面が多く見えて、
あのおっさん結構すけべなのかねぇ。失礼な言い方すみません。
オイラも不破さんのように、似たような集団作り上げたいッス。
4月にクアトロツアー回るようなので、楽しみ。

2004年の観戦ライブ 

2004年に観たライブです。

1/10(土) 渋さ知らズオーケストラ @ O-East 
1/12(月) PEAK WEEK (pele / toe / the band apart / BAND WAGON) @ 下北沢shelter 
1/24(土) MEDESKI MARTIN and WOOD @ O-East 

2/4(木) Galactic @ 渋谷クアトロ
2/12(木) CALEXICO / くるり / Double Famous @ 渋谷AX
2/28(土) PE'Z @ 渋谷クアトロ

3/13(土) strobo / DUB SQUAD 他 @ 青山CAY
3/19(金) DACHAMBO村大宴奏会 @ 新宿LOFT
3/26(金) the band apart/スパルタローカルズ/toe @ 渋谷AX
3/28(日) BACK DROP BOMB / CO-FUSION / WRENCH / イルリメ / STROBO @ 渋谷AX

4/1(木) BRAHMAN / DMBQ / THA BLUE HERB @ 渋谷AX
4/3(土) PE'Z @ 日比谷野外音楽堂
4/6(火) 渋さ知らズオーケストラ @ 渋谷クアトロ
4/7(水) 渋さ知らズオーケストラ @ 渋谷クアトロ
4/22(木) string cheese incident @ Zepp Tokyo
4/23(金) string cheese incident @ Zepp Tokyo

5/5(水) MAN DRIVE TRANCE SPECIAL vol.2 @ 日比谷野外音楽堂 
5/14(金) ZAZEN BOYS @ Zepp Tokyo
5/19(水) SUGARCULT @ クラブチッタ川崎
5/23(日) DCHAMBO / strobo / FREEKY MACHINE @ 横浜 LIZARD
5/28(金) Steve Kimock Band @ 渋谷O-East
5/29(土) Steve Kimock Band @ 横浜BAY HAL

6/30(水) くるり @ 横浜県民ホール

7/3(土) 界 @ 下北沢QUE
7/10(土) らぞく / meltone / dachambo @ 代々木公園
7/30(金) FUJIROCK FESTIVAL '04 1日目 @ 苗場スキー場
7/31(土) FUJIROCK FESTIVAL '04 2日目 @ 苗場スキー場
8/1(日) FUJIROCK FESTIVAL '04 3日目 @ 苗場スキー場

8/7(土) LITTLE TEMPO @ 恵比寿リキッドルーム
8/8(金) vーredoms @ 恵比寿リキッドルーム
8/11(水) 菊地成孔クインテットライブダブ @ モーションブルー横浜
8/21(土) 渋さ知らズ @ 葉山UMIGOYA(一色海岸)
8/28(土) ZAZEN BOYS @ 日比谷野外音楽堂

9/1(水) DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN @ 恵比寿リキッドルーム 
9/12(日) RAW LIFE @ 新木場 夢の島マリーナ

10/1(金) BRAHMAN @ 渋谷AX
10/2(土)・3(日) 朝霧JAM @ 朝霧高原
10/16(土) Special Others @ 横浜HMVインストアライブ
10/23(土) STROBO他 @ 恵比寿MILK
10/31(日) ホット・ハニーバニー・ストンパーズ他 @ 下北沢BASEMENT BAR

11/3(水) 菊地成孔クィンテットライブダブ @ 代官山UNIT
11/6(土) HERMETO PASCOAL vs CYRO BAPTISTA @ 代官山UNIT
11/19(金) ROVO @ 渋谷AX
11/21(日) KOMABA ROCK FESTIVAL(SPANK HAPPY/漁港他) @ 東京大学駒場キャンパス

12/4(土) MELTONE / GROUP / SPECIAL OTHERS / らぞく他 @ 新宿LOFT
12/5(日) STROBO/DACHAMBO他 @ 新宿LOFT
12/17(金) DANCE HALL X(DCPRG / 赤犬他 @ 恵比寿リキッドルーム
12/24(金) VーREDOMS @ 六本木LAFORET MUSEUM
12/25(土) 菊地成孔クィンテット・ライブ・ダブ他 @ 恵比寿リキッドルーム
12/31(金) FREEDOM VILLAGE COUNT DOWN PARTY 2004-2005 @ パシフィコ横浜

2003/12/31-2004/1/1 COUNT DOWN JAPAN 03-04 @ 幕張メッセ 

行って来ました、カウントダウン。
最終的にはいつも通りの自分がいて、新年早々コレですか・・・って感じでね。
オールのイベントっていつもこうなっちゃうのが残念で。
遊び倒してはないんだけど、充分楽しめたイベントでした。
が、カウントダウンっていうと「浮かれまくってお祭り騒ぎ」って想像するんだけど
浮かれてる人少なかったなぁ。
オイラもテンション上がり切らなかったし。


会場はステージが二つあって、その間に食事の出店とDJブースで1フロア。
リクライニングできる椅子が並んでる休憩フロア。一番奥にクロークと物販のフロア。
すっごい贅沢なつくりでした、いや~、広い広い。

とりあえず自分ら、17:30ぐらいに幕張メッセ着きまして、
クロークやなんやかんやしてたら、18:00。
くるりが始まるじゃね~かってEARTH1ステージへ駆け込みました。

その時にDJブースではスーパーカーが流れてた。何でや!?
ここのDJブースはかなり怪しかったですね。その話は追々。

んで、くるり
彼らの音楽って「TEAM ROCK」と「さよならストレンジャー」しか持ってなくて
しかも「さよならストレンジャー」は1、2回しか聴いてないんです。
オイラにとって、くるり=「ワンダーフォーゲル」「ばらの花」ってイメージなんですが
このライブで見事それが覆されましたね。

この日、岸田は着物、ドラムのクリストファーはタキシード、他の二人はラフな格好でみんなバラバラ。
岸田は着物が似合ってて渋い!
ミディアムテンポでメローな曲、ジャジーなギターフレーズ。
おそらく「さよならストレンジャー」寄りのサウンドだと思うのですが
スゴイかっこいい!
ワンダーフォーゲルももちろん演奏したのですが、
彼らの本分って「東京」やあの辺りのサウンド・ロックンロールなんだな、と実感。

そんで正式加入したクリストファーさん。
「みんなロックンロールはスキデスカ?私モデス!」とカタコトの日本語のMCしたり、
曲目は忘れたけど、演奏の途中で左手にマイクを持ち、右手でドラム叩きながらコーラスしたり。
ノリノリですね~。良かったです。

くるりが終わって、とりあえず食事タイム。
その頃DJブースはPOTSHOT・・・。

食事が終わってとりあえず、物販を見に行く事に。
この日非常に気になったのが、カウントダウンジャパンTシャツを着てる人が多い事。
フジロック行っても、フジT着てる人そんなみかけないよなぁ。
ま、別にどうでもいい話なんですけどね。
氣志団のお面やうちわ(笑)等売ってまして面白かったです。

GALAXY2ステージへ行きましてART-SCHOOLが演奏してましたが、
後ろの喫煙所へ行き、一杯やりながら語り(笑)。
ART-SCHOOLは全然観てないです。

お話が一段落したトコロで会場内散歩をしてたら、
アンダーワールドがどこからか聴こえてくる。
例のDJブースへ自分らも皆も駆け込んでいきましたね。
みんな大好きアンダーワールド
中は混み混み。でも音はしょぼかった・・・。

次はPolaris
照明がステージから虹を発しているようでとてもキレイ。
この日はギター&パーカッションでゲスト参加1名いまして、いい感じ。
前半は前のアルバムから「Slow Motion」と「光と影」
MCを挟んで新しいアルバムから2曲演奏。
ほろ酔いでゆらゆら踊って、とても気持ちいい。
友達は「眠くなる」と言ってたけど・・・、おっしゃる通りです。
でもPolarisってとてもいい雰囲気持ってますよね。
うん、満足です。

Polarisが終わった後ステージを移動してAIRを観に。
正直AIRってイマイチ掴み所がないんだよなぁ~。
昔はオルタナやミクスチャーっぽい事をやってたけど、最近は穏やかなロックだし。
車谷さんが歌えば何でもAIRになるから、彼の存在感は凄いと思いますが。

1曲だけ聴いて、後からくる友達を迎えに入口付近へ移動。
その時、いましたよ氣志団のコスプレが!
さすがだね、氣志団。やっぱりこういう人がおらんと盛り上がらんっ!

東京スカパラダイスオーケストラを観る為23:00過ぎにDJブースに集合。
DJブースではフィンガー5やスマップの青い稲妻がかかってて大盛り上がり。
しまいにゃ氣志団のone nighit Carnivalまでやってるし。後の予習ですかい。

東京スカパラダイスオーケストラはちょうどカウントダウンを挟むので
人がたくさん入ってました。
しょっぱなから大盛り上がり!立て続けにライブの定番曲を演奏。
メンバーも観客もテンションが高い。踊りまくりです。
立て続けに演奏して、23:55。
「ちょっとテンポが速すぎたかな」とメンバー紹介が始まりました。
ツアーの話などしていたら「時間過ぎちゃいました」、オイ!
そしたらスクリーンに「26」と表示され、カウントダウンスタート。
2004年になった瞬間、花火があがり、大歓声!HAPPY NEW YEAR!!
盛り上がったところに1曲演奏して終了。
およそ1時間弱のステージでした。おぢさんは疲れたけど、アドレナリン出っ放し。

あっという間に客がひけて会場はがら~ん。
食べ物の出店では、ソバがお雑煮に変わって大行列。
猿の着ぐるみの人発見、来年は何年だ?オイラもやりたいなぁ。
自分らも新年の乾杯をして休憩です。

新年最初のライブはbabamania
高校の友達の職場にコレのボーカルの弟さんと同じ職場らしく薦めてたので、とりあえず観てみようと。
正直あまり期待してなかったけど、やれらました!新年初笑いだよ!!
男女2MCのミクスチャーバンドなんですが、
ボーカルの兄さん、気づけば上半身裸、下半身はこんな(笑)
CDJ2003

MCではドラムの人が前に出てきて「アンドリューWKです」と自己紹介。
確かに似てる・・・、長髪で髪の毛を掻き揚げる仕草が何とも言えず気持ち悪い(笑)
「ロックン」「ロール」とか観客と掛け合いしたり、トークが面白すぎる。
肝心のサウンドの方は、図太いサウンドでとてもキャッチー。
女性が普通に歌い上げ、男性がラップ調。
二人のボーカルがステージを動き回る。
男性Voの客のあおり方が昔のメタルっぽいんだよね。
コミカルな印象とは別に音はホントしっかりしてるわ。
決して単独ライブには行かないだろうけど、何かのイベントでまた観たいッス。

次は特に観たいモノはなくて、とりあえず眠い。
3:00から氣志団を観る予定だったので、EARTH-1ステージへ移動。
ACIDMANのサウンドをバックミュージックにお昼寝。
まともに聴いたのは終りの3曲ぐらいですが、けっこうカッコいいですね。
元気だったら前の方で観てたかもなぁ。

そんで会場で寝るのってとても寒いんです。
腰も痛くなっちゃってオイラはここで撃沈。
横になれるトコロに移動して
氣志団レミオロメン曽我部恵一も観ないで2時間寝っぱなし。
あっという間に5:00になっちゃいまして、本日終了。

今年はもうちょっとタフになって、遊び倒したいですね。