FC2ブログ

2004/3/28(日) BACK DROP BOMB/CO-FUSION/WRENCH/イルリメ/STROBO @ 渋谷AX 

3月はSTROBOのライブだけで3本いってますが、
今回はBACK DROP BOMBやらWRENCHやらで楽しみなイベントの1つでした。
メンツは結構面白いと思うんだけど、何故かあんま売れなかったようで。
思ったより全然すいてました。
すいてる方がいいけどなんだかな~。

今回目についたのはセットチェンジの時間がすんごい短かった事!
テクノ・DJ系とバンド系をうまく交互に入れた出順だったから、スムーズにできたみたいだね。
5バンド出演で22:00前には終わってたと思います。

えー、18:00開演で5分過ぎにAX到着。
このイベントは出順が読めんな~と思ってたらのっけからSTROBO。
とりあえず前から2番目辺りへ移動。
それなりにすいてたので簡単に前に行けちゃいましたわ。

STROBOは広い所で観るのは初めてかもしれんです。
結構音のヌケが良かったです。
talow氏なんてテンション高めで飛び跳ねたり、ドラムのシンバルを手で叩いたりしてましたね。
OVERHEADSの色彩感溢れるVJをバックに、気持ちよい音の空間を作り上げてくれました。
とにかく踊る。うむ、満足。

約30分程で終了。次はイルリメ。
セットチェンジの時間ほぼ無しですぐ始まりました。
なんていうんでしょうかー、ラップですねー。
あまり得意目でなかったので、一旦外のフロアへ出て休憩。
ビール飲んでマフィン食べてまったりしていたら、ふとBACK DROP BOMBのMicromaximumのイントロが。
「え!?」と思って速攻場内へ。
今日のメンツだとBDBがトリだと思ってたからマジびびった~。

場内へ入るとまごう事なきBACK DROP BOMBでした。
次は何の曲やるかーと思ったら新曲。ノリは結構良いですね。
そのままremind meへ。
最初から飛ばしますねー。
観客もノリノリで前方ではダイブしてる人もいたり。

BDBは去年からライブを観て3回目なんだけど、
思ったよりも荒々しくもなく綺麗にまとまりすぎてる印象なんスよな。
もっとガッツンガッツンいってもらいたいトコなんだけど、
比較的聴かせる曲が増えましたよね。
コレはコレでカッコイイからまぁいいか。

セットリストはだいたいこんな感じ。

新曲
remind me
you up around
missin' the point
perspective
flip out
mastadabestah

前のアルバムからは1曲のみ(イントロ入れると2曲か)。ほぼ去年出たアルバムからでしたね。
意外なのは、mastadabestahで終わった事。
ケツの2曲はアルバムの曲順通りなんだけど、すんごい意外だったよ。
まだまだ続くような雰囲気でサクっと終わりましたからね。
Bounce It~Blazin'が聴けなかったのがちょっと残念だったけど、
それでも普通に楽しかったです。
しかし彼らはいつも長袖。暑くないのか!男の美学か!

CO-FUSIONはテクノコア風で低音がガツンとくる感じ。
疲れた体にはこの轟音はちとつらいので早々に外のフロアへ退散。

んで今日のトリのWRENCH。
以前他のイベントで一度観た事あるからあんなもんかねー、と思ってたら
予想以上に凄くてビックリ。凄いカッコよかった!

結構すいてたので前の方にいても大丈夫だろうと思ってたら
始まった途端に皆暴れだしてモッシュとはちゃうんだけど巻き込まれそうになりましたわ。
WRENCHのライブは体育会系のノリだなーってつくづく思います。
こわもての兄ちゃん達が暴れているのがサマになりますもん。
ボーカルも大きく体を動かして、ジャンプしたり客に向かってダイブしてりで
観てるこちらもかなりアツクなります。

ベースの松田さんはSTROBOと掛け持ちでしたが
WRENCHのライブはホント楽しそうにプレイしてますね。

この日一番暴れたライブで、気がつけば汗だく。
いや~最後の最後にWRENCHに持ってかれたッス。


この日の出演者は結構個性的で色が違うバンドばかりだったので結構楽しめました。
スムーズに進行したからストレスが溜まらず良い感じのイベントでした。
まともに全部観てたら酒飲む暇ないんだけどねん。

スポンサーサイト



2004/3/26(金) toe / スパルタローカルズ / the band apart @ 渋谷AX 

微熱があって体調が微妙だったのですが、toe見たさに一人観戦デス。
何気に一人でライブ行くのは初めてだ。

開始が18:00だったのですが、定時で上がってどんなに頑張っても渋谷に着くのは18:30
頭がtoeじゃないことを祈りつつ会場に着くと何か聞いたことがあるような音が。
やっべーtoe始まってるじゃんかよ!
とにかく急いで会場内へ。

中はそこそこの人の入り。前左から入ってその辺りで観てました。
実際はもう一バンドが頭にやっていたみたいで、たぶん1曲目か2曲目ぐらいだったかな。

相変わらず独特の世界で、張り詰めた緊張感漂うステージでした。
一歩踏み外したら総崩れしそうなあやうさがあるんだけど、
絶対踏み外さないでガツガツ進んで行きますね彼らは。
あのアルバムメインでほとんど知っている曲でした。
あと、peleとコンピのシングルの曲もやってたなー。
そのシングルは友達から借りたんだけど、どうやら1500枚しか発売してないレア物みたいだ。
比較的ポップな曲で結構好きなんだよね。

変拍子のオンパレードだったりするから、曲を知ってても普通にノリにくい…。くう。
ベースのうねりとかドラムのリズムとかグイグイきて、リズム隊の織り成すグルーブ感がホント凄い。
そこにツインギターが乗っかってきて圧巻ですな。
CDよりも2割増のスピードでCDにはない生生しさをとても感じます。
ギターの兄さんの動きがちょっとキチガイじみてて
たまに「あー」とか叫んでたりで、発狂しそうな凄みがあるッス。
いつかどかんとブレイクしそうだと思いつつ、
ライブを見るとやっぱりマニアックだな~と思います。
でもあの世界観はホント引き込まれますね。満足。

次はスパルタローカルズ
コレは初めて聴いたんだけど、toeの後のせいか凄くわかりやすいバンドでしたね。
盛り上がりそうな雰囲気はあるんだけど、客のノリはイマイチだなー。
この手のバンド好きそうな人わんさかいそうだけどな。
可もなく不可もなくまぁこんなものか。

んでトリのthe band apart
これだけ後ろの方でのんびり観ようと一番後ろの方にいたんだけど、凄い人気なんだね。彼らは。
始まった途端凄い歓声で、前のブロックは皆手を上げて曲に合わせて振ってたし、ダイブしてる奴いたし。
曲のイントロ始まる度歓声が上がってとにかく凄い盛り上がりでした。
こんなに人気あるとは思わなかったからちょっとビックリ。

サウンドはとても安定していて、前編英歌詞。
何でだかわからんがライブ見るととても「洋楽」っぽいバンドだなって思うんだよね。
垢抜けたメロディーにマイルドな声のボーカルとコーラスが入って爽やか。
このバンドはベースがリズムを引っ張ってるんだな。
ドラム寄りというよりはリズムギター寄りのベースでグイグイきてますからね。
ライブ観るの2回目だけど「こりゃ売れるなぁ」と感じます。
他の邦楽とはちょっと違ったキャッチーさがあって
メリハリがあるから聴いてて気持ちいいんス。
特別好きなバンドじゃないけど、実際観ると良いなーって思うからね。

こじゃれた事やってるからメンバーもカッコいいのかと思うと
結構地味な人たちだったり。
MCでボーカルが「華がない」って言ってましたし。ちょっと苦笑。
ベースなんてぱっと見サンボマスター系でしゃべるとオッサン。
そのオッサン風がまた良かったりね。

ただどの曲も展開がちょっと似てて、サビ部分がバスドラ4つ打ちになったり、
別にリズムが単調って訳じゃないけど
盛り上がり方が何となく似たり寄ったりに感じます。
普通に力量はあるバンドだと思うから今年は活躍しそうです。

最後の方はちと体調的にキツかったけど楽しかったですね。大満足。

2004/3/19(金) DACHAMBO村大宴奏会 @ 新宿LOFT 

LIVE SPACE:DACHAMBO/Strobo/Sun Paulo
BAR SPACE:id/らぞく/a-fank syndicate/MEEWEED

※この日のライブはcosmosmile にてストリーミング配信されておるんで
興味のある方は是非聴いてみてくんさい。


夜中スタートなもんで一度家に帰ったりしてたので、だいたい25:00に到着です。
2つのステージで同時開催でしたので、中はすんごいごったがいしてましたね。
混み混みですよ。まいった。
屋内レイブ風とでも言えばいいのかなー。
食べ物や小物等出店もありましたので、コンビニでパンなんぞ買わずにこっちで食べればヨカッタ。

メインのステージではすでにSun Pauloが演奏中。
4つ打ちビードでメタルなギターがガンガン入ってきてなんか面白いですね。
結構踊れる感じですなー。
去年恵比寿で観た時よりか全然良く感じました。
まぁあん時は眠かったし・・・。

Sun Pauloちょっとだけ観て、隣のBAR SPACEへ移動。
BAR SPACEは民族ちっくな雰囲気で、演奏している音楽も民族風なジャムバンド風な感じでかなりいい。

んで、(たぶん)id
DACHAMBOをゆるめにした音楽で民族音楽っぽかったです。
民族楽器のパーカッションが入ってたりで結構よさげ。
このゆるゆる感がたまらんですな。

次もそのままそこでa-fank syndicateを観戦。
ジャムバンド臭のするちょっとファンクノリなバンドですかね。
これまたいい感じです。
10分程度見て次のStroboを観る為に移動。
この後どう展開していくのか興味あったので
もうちょっと観てたかったなー。

という訳でStroboです。
前から2列目辺りをキープ。すでに酔いどれ気分です。
最近マイヤーズ(ラム)をよく飲んでるから酒の回りが早い事。

まず、最初の流れはビートルズのカバーをやるトコロまではほぼ同じ。
その後の展開がちょっとちがかったかな。
不安だったベースも今回はうまく馴染んでいて良かったし。
今年のStroboライブではベストの出来でしたと思います。
変に暴れてる輩とか、最後の方にステージ上がってダイブしてた客もおりまして
普通に墜落してましたよ。アレはまずいでしょ。危険ですのでマネしないように!
まぁ、そんだけ盛り上がるライブだったっちゅう事で、とにかく大満足です。

この後は次のDACHAMBOに備えて、腰を据えて酒飲み。
友人が隣のらぞくを観に行っていたみたいで、結構良かったそうですね。
ちょっと観たかったぜ。
どうやら湘南地区でストリートライブをやっているようなので
近いうちちょっと観に行ってみよーかな。

んで、今日のトリDACHAMBOです。
客の入りが半端ない!微妙にモッシュ状態ですよ。
ステージが全然みえませんわ。
タワレコでもレコメンドされているそうで、ここ最近の人気は凄いですなー。

確かに音楽ものれるし楽しいんだよね。
ディジュリデュやジャンベが入ってたり民族ちっくなんだけど
ドリフのヒゲダンスのテーマソングみたいなベースがガツンガツンと入っていて
とにかくアッパー。
それでいてピースフルな雰囲気漂う素敵バンドです。

しかしさすがに1時間ぐらい踊っていると疲れちゃって小休止。
体力の限界だよなー。最後まではもたないっす。
でも6時位までずっと頑張れたのは久々だなー。
最後の最後で沈没しちゃいましたがね。

この手のバンドでは一番良かったイベントですね。
言葉では説明できんので、とにかく聴いてみてくれ!

2004/3/13(土) Strobo / TATSUYA OE / DUB SQUAD / mayuri / COM.A / DJ CHERRYBOY @ 青山CAY 

直前まで行こうかどうか悩んでおりまして、一度は止めようと話になったのですが、
会社の上司と一杯飲んでいるところに友人から電話があり、急遽参戦する事に。
ホント忙しい時期で体力的に厳しかったんだけど、酒飲んだら元気になるのはまぁいつもの事ですよね。

本日の目当ては勿論Stroboさん。
ROVOやスーパーカーのプロデューサーで活躍中の益子氏のいるDUB SQUADも興味津々。

23:30頃表参道に到着。日本酒飲んでたからすでに酔いどれオイラ星人。

中に入るとちょうどDUB SQUADが演奏中でした。
ステージに3人、そして機材の山。
ほぼ打ち込み音で、たまにギターや鍵盤が入るだけ。
3人とも忙しそうに機械をいじってる姿がなんちゅうか珍しいくて新鮮でしたね。

肝心の音はというと、近い所で言うと
BOOM BOOM SATELLITESほどコアでもなくて、Buffalo Daughterほどポップでもなく
両者を足して2で割ったような感じですかねー。
デジロックとでもいうのでしょうか。
それがまた結構踊れて気持ちいいんですわ。

DUB SQUADが終わりその間女性のDJが入って、
ガッツンガッツンくるもんだからテンション上がりっぱなしです。
ビールも飲んで酔拳炸裂ッス。

そのDJの後、Strobo登場。
前回行きそびれてしまったので今年初です。
WRENCHの松田氏はどうやら正式加入らしいですね。

比較的以前のライブに近いようなセットリストだったかな。
意外な事に2曲目にビートルズの「FREE AS A BIRD」のカバーを演奏。

この日の演奏はメンバー皆気合が入ってたように感じました。
ギターのヒロキ氏もいつもより暴れてまして何となくキレ気味?

ただ何だかな、微妙にベースが浮いてしまっているような。
うまいし非常に安定しているのですが、安定しすぎてるというか
まだ他の音に馴染めてないような気がします。
その為グルーヴ感がちと足りないので、少々物足りない感がしましたね。
まぁ踊りまくってましたが。

Stroboが終わった後はひたすら睡眠タイム、睡拳です。

終わる直前に目が冴えて見てみると、
ステージでは女の子が一人でキーボード弾き語り(?)してました。
面白いんだけど明け方4:00に聴く音楽じゃねーなーって感じ。

こうして本日のライブは終了です。
お疲れ様でした。


相変わらず飲んでばかり寝てばかりです。
ライブレポートというよりか、オイラの酔拳・酔拳日記なってるような気がする今日この頃でした。