FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004/9/12(日) RAW LIFE @ 新木場 夢の島マリーナ 

9/12(日)に新木場は夢の島で行われたフェスRAW LIFEに行ってきました。

とにかく暑い、暑かった。めちゃくちゃ焼けた。
日陰がほとんど無くて、夕方は建物の影ができて結構休める場所が増えてきたけど、
午前中は鬼のようでした。逃げ場なし。
まばらに立っている木の陰にシート引いて
「暑いねー疲れたねー」て会話を11時ぐらいにしてましたよ。
開場入りしたのが9時過ぎなので
そんな暑さの中まだ2時間しか経ってないのかよーって勢いでした。

メインステージも屋根がなく、太陽に向かって演奏をする形でしたので
アレはまじで暑いでしょう。
逆に天候が雨だったらどうなってたんだろうという不安もありますので
どんなに暑かろうと晴れて良かった。

開場の雰囲気は、
出入口からすぐのところにDJブース。
シート引いて休めるスペースがあり、
その向こうにメインステージ左右二つあって転換なしに音が鳴り止まないで続いている感じ。
出店スペースには民族系の服や楽器を扱っているお店やメシ屋が並んでいる。
メシ屋少ない。5,6店しか無かった。
トイレも備え付けの公衆トイレと簡易トイレの2種類。
一番奥にRAWステージ。

その辺にシートひいてゴロゴロして
気に入ったのがあればステージ前に行くような、とにかくゆるゆる。
演奏している音楽も気持ち良い音楽でそんながっつく必要ないもんな~。
他のサイトで「フジのフィールドオブヘブンやアヴァロン風」と書かれていたけど
どっちかっていうと、代々木公園に地面が草って雰囲気かな。
ホントに公園にプラプラ遊びに来てる感じでした。

会場入りしてから、草むらにシートを引いて
ビール飲みながらお店を見て回ると、タイパンツ発見。
1900円で購入。ジーパンから早速お着替え。

それからのんびり酒飲みながらまったりしたりライブ見たり。
ステージの前まで見に行ったのはバンドは、
CICADA
GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION
WACK WACK RHYTHM BAND
SCOOBIE DO
NATURAL CALAMITY
cjammbon

出演アーティストを見ると普通に知らないバンドばかりだったけど
このゆるーい雰囲気にマッチしていてグッドです。
SCOOBIE DOやcjammbonはさすがに人が多かった。

他の時間は陣地にいたり散歩したり飯くったりDJ見たり寝てたり。。。
民族楽器の店でジャンベセッションが始まったり。

チケットの売れ行きをみると
だいたい3000人~4000人ぐらい入っていたみたいですね。
個人が主催しているフェスだから運営に不満が残る点もありました。

トイレの水が流れなくて、ペットボトルの先を穴につっこんでむりやりティッシュを落としたら
今度はペットボトルがはまって取れなくなったり冷や汗モノ。
ノンアルコールが昼過ぎに品切れ。(その後復活したみたいですが)
持ち込み不可にコレはキツイ。
食事も夕方には品切れの店が続出。とん汁のダシが全然きいてねーし。

とまぁいろいろありましたが、
オイラにとっては笑って許せる範囲なので問題無し。
(一部の人は相当不満だったみたいですが。。。)
つーか3500円(当日券)でコレだもん。十分でしょ。
値段の問題じゃねーって言う人もいると思うけど、利便さ求めたらキリないしね。
普通に遊べる範囲だったんでオイラは十分楽しかったです。
それより日陰が欲しかったよ・・・。

スポンサーサイト

2004/9/1(水) DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN @ 恵比寿リキッドルーム 

オイラにとってDCPRG初体験となる訳ですが、
あー、結論から言うと、アンコール含め終わったの23:40。
ハイ、間違いなく終電ございません。

本編ラストの構造5の時点で諦めました。
確かアレが始まったのが22:40~50ぐらいだと思うんだよね。
これ観たらたぶん終電間に合わないよなー、運が良ければ行けるかなーと思いつつ
構造5が終わったのが23:07。
あー、もう無理。しかもアンコールやるくさいし。いーやー、最悪途中まで電車で行ってタクシーだなぁ。
と思ったらアンコール2曲もやるし。涙。
ここまで来たら開き直るしかないかなーと思いつつも
今夜の身の振り方を考えてたのでアンコールは半分くらい気が気じゃありませんでしたわ。
えぇ、いいんです。自分で選んだ道ですからね。ハイハイ。

結局横浜のスパにて一泊しました。
風呂がジェットバスとかあるので気持ち良かったです。
でも、リクライニングのソファーは寝心地悪い!あんまし眠れなかった・・・。
しかも飯買い忘れて、昨日の夕飯と今日の朝飯くってないのです。


以上愚痴。
ここから、簡単にライブ感想。


まず安田大サーカス。
オイラお笑いの世界とか全然わからん人間なので、もちろん彼らの事は知りません。
友達から「すっごいデブの人とえらく声が高い人と普通っぽい人の3人組」と説明してもらったのですが、
まさにその通り。
後頭部を掴んだりキャッシュカードを挟んだり、ライターをアゴの下に隠したり、倒立したり、
松浦亜弥の物まねとか、お笑いじゃなかったら何になりたいかとか、
オレンジジュースを一気飲みしたりで
まぁ面白かったです。
デブ萌え。後頭部萌え。

およそ20分前後のライブの後にセットチェンジが20分程度。
安田大サーカスが終わるとどんどん人が入ってきて混み混み。
だいたいの立ち位置はステージ中央よりちょっと右側。前から6、7番目ぐらい。
こんなに人に囲まれるのもこんなに前なのも随分久しぶりです。
途中にトイレ休憩も一服休憩も一杯休憩もしないまま3時間40分頑張ったのも随分久しぶり。

この日のセットリストはこんな感じ。(エスロピII さん参照)
 01. Catch 22
 02. Playmate at Hanoi
 03. 構造3
 04. Stayin" Alive
 05. Circle/Line~Hardcore Peace
 06. 構造1
 07. Hey Joe
 MC
 08. 構造5
 ENCORE
 09. 構造4
 10. Mirror Balls

意外とお客さんおとなしめなんですね。女性客多かったし。眼鏡率も高かったし。
客ももっとどろんどろんで凄いかと思ってた。
一部そーゆー人もいたけど、結構普通め。
あと歓声が、歓声というより雄叫び風。

生で観たかった曲はほとんど演奏してくれたのでおなか一杯、胸一杯。
(実際はこの日は夕飯全く食わずに飲んでたから、かなりHARAHETTA状態)
自分の立ち位置からだとホーン隊がほとんど見えず、
菊地さんと坪口さんが交互に見えるような感じ。
坪口さんのプレイする姿も奏でるフレーズもかなりかっこよくて(格好はジャージなんだけど)感動。
菊地さんのナイス指揮者っぷりとCDJプレイも良かったです。


「Playmate at Hanoi」の終盤のトコがかなり鳥肌立ったし、
「Circle/Line~Hardcore Peace」のタブラ(だよね?)ソロから後半に上がるトコとか楽しかったし、
「構造1」「構造5」「Mirror Balls」で踊りまくったのでとにかく満足。

MCでは菊地さんの歌舞伎町にあるお住まいの話。(歓楽街繋がりで構造5くるーと思った)
「ツアー行きます」話、「CD販売はないけど予約できます。凄いでしょ」話、
アンコールの時はメンバー紹介(というより年を晒しながら)一人ずつ登場。

はっきりいってしまうと非常にノリにくい音楽ではありますよね。少なくともオイラにとっては。
ベースやドラムのリズムにのっていると、そこにホーンが入るとそっちにつられて訳わからん事になっちゃうのは
オイラの修行が足りないのかなー。
まぁ難しい事考えないで自分が楽しいようにやろうと思っていたので、とにかく面白かったです。
隣の兄さんがえらく汗で濡れ濡れで腕が当たるたび濡れてる感触が伝わってきて、
「なんでこんなに汗かいとるんじゃ?」と思った事もありましたが。


朝霧ジャムではメンバー全員集合するのかなー。
踊りまくるぞ!楽しみだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。