FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/4/24(日) moe.@横浜ベイホール 

、 moe.最終日の公演の横浜ベイホール。駅からちょっと歩く位置にあるのですが、東京へ出るよりも家に近いしハコの雰囲気も独特な感じで結構好きな場所だったりします。何よりも、酒を飲みながら観れるのが良い。逆にココで混み混みだったら悲惨な場所なんだろうな。今回のmoe.は去年のSKBよりも人は入っていたけど、それでも前の方へ行かない限りは自由に動き回れるスペースがあったので良い感じです。
 決して音が良い環境ではないと思いますが、リキッドよりもほどよい音量でよりライブ感が感じられました。
 
 知っている顔も前日のリキッドよりも多かったような。名前は聞くけど面と話した事がない方が結構いて友達に紹介してもらって楽しかったです。

 オープニングアクトは久々に観るBig Frog。さほど好きなバンドではないのでかる~く流して観る。結構盛り上がっていたので人気あるんだな~。嫌いな訳ではないんだが、どうもオイラの心の琴線に触れてこないんです。
 
 んでmoe.。Timmy Tuckerから始まり、リキッドとは一味違って最初から飛ばしていて1セットからぐでんぐでんのブッ飛びジャム。メドレー方式で曲がどんどん変わっていき、自分も他のオーディエンスも上がりまくりです。そして最後に最初の曲へ戻りTimmy Tuckerの長い旅が終わる如く1セット終了。Timmy Tuckerがまた流れ出した時にゃホント大盛り上がりでした。いや~良いもんです。コレだよ、コレ!

 2セットの目玉は何といってもBuster。とにかく大喝采。踊って叫んで酒を飲んでまた踊って飛び跳ねての繰り返し。正直気持ち良すぎて踊りまくりであんま覚えてないんだよね。ただの酒の飲み過ぎか~。そして2セット最後のPlane Crash。いや~、この曲もすんごい好きなんです。ちょっと土臭いメロディーに随所に入るパーカッション。クセのあるギターリフ。最高でっす。サビん所でずっと飛び跳ねて、知らないねえちゃんと盛り上がってました 笑。

 アンコールがBig Frogも参加してのGodzilla。一曲終わってもずっと大喝采で拍手の嵐。正直もう一曲やるのかと思っていたのですが残念ながらこれで終了。鳴り止まない歓声に免じてもう一曲やって欲しかった。最後はちょっと不完全燃焼?いや十分でしょー。

 帰りは何故か知らない外人サン達とムリヤリ英語トークをしながら(全然会話できてませーん)東横線まで一緒帰ってきました。テーピングした音源を聞かせてもらい電車で踊るオイラ。恥ずかしい…、この日も飲み過ぎだよ。ライブを観にいってるのか酒を飲みに行ってるのかワカリマセン。
 
 とにかく盛り上がって踊っていると決して忘れている訳ではないんだけど内容を覚えてない事が多い(なんのこっちゃ)。でもその瞬間は間違いなく充実しているし、その充実感、気持ちよさ、感動はちゃんと記憶の中に残っている。そんな2日間を過ごしました。サイコー!

moe.
04/24/05 Bay Hall, Yokohama, Kanagawa, Japan

Set1: Timmy Tucker> Four> Good Trip, Blue Jeans and Pizza, Bearsong> Timmy Tucker

Set2: Waiting For The Punchline, McBain> Buster, Lost Along the Way, Yodelittle> Plane Crash

Encore: Godzilla

スポンサーサイト

2005/4/23(土) moe.@リキッドルーム恵比寿 

 しばらく友人の家へ泊まり歩いて自宅へ帰ってない日々が続いてたので、仕事を早上がりしてまずは銭湯へ(笑)。やっぱりサッパリして気持ちよく観たいもんね。それから恵比寿へ向かう事、17時前には到着してリキッドの上のフロアでビールで乾杯。ついでにmoe.のジャパンツアーTシャツをゲット。
 ジャムバンドのライブは人間観察するだけでも面白い。派手なカッコイイTシャツを着ている人、民族衣装を身にまとう人、露出度が高くてセクシーなおなごなどなど、見ていて飽きないです。

 始まる頃にライブスペースへ行き、最初は左手の奥の方で観ていました。
 一曲目はCaptain America。最初からきたよー。独特のフレーズで音と照明のタイミングがバッチリ。すげーすげー。ただ、音圧があんま感じられない、というより音量が多少小さめなような気がしてならない。リキッドってあんま音出せなかったっけ。など思っていたりで、3曲があっという間に過ぎる。
 アッサリしたセットだ、コレじゃ酒がないとつまらんわーと思って出口の方へ向かうと4曲目に始まった曲がMexico。オイラこの曲大好きなんだよね。人気がある曲なのか周りのオーディエンスも盛り上がる。イントロこそアッサリしていたけど、後半のインプロは凄い!コレだよ、コレ。
 この辺りからだいぶ波に乗ってきたんだけど、ここから2曲で1セット終了。約1時間ぐらいかな。せっかく上がってきたのにちょっと物足りない気分でした。

 2セット目は出入り口のスペースがある所でマターリと観戦。やはり自分の踊るスペースがないと楽しくない。2セット目は1セットの物足りなさを補って余る程の最強のジャムを観せてくれました。
 といっても、3曲目ぐらいまではちゃんと観ていたんだけど、それから外で酒を飲んで友達にFLYのメンバーを紹介してもらいお話をしたり、ちびっ子に絡んだりでうろうろしていました。う~ん、いつもの悪いクセがぁぁぁ。今回はちゃんと全編観るつもりだったんだけどね~。まぁ、多少中の音が聴こえてくるので盛り上がった所で中に入ったり、特にAkimboが始まった時は急いで中に入っていつの間にか出入り口付近に人が増えてきて、雄叫びや歓声が凄い。この曲もやっぱり人気あるんだな。ソロのギターの掛け合いが好きです。
 そしてアンコールの最後にやったラモーンズのカバーが最高。パンクだーと思ったらラモーンズとの事で、何をやってもハマるなぁ、moe.は。

 とまぁ、後半は半分ぐらいしかまともに観てないのですが、とにかく楽しかった!moe.&この日出会った皆さんアリガトー!


04/23/05 (Sat) LIQUIDROOM ebisu - Tokyo, Japan

Set 1: Captain America, Understand, All Roads Lead To Home, Mexico > Happy Hour Hero > Sensory Deprivation Bank

Set 2: Y.O.Y. > Time Ed > George, She > Akimbo > Recreational Chemistry, E: Down Boy, I Wanna Be Sedated

2005/4/21(木) FLY@三軒茶屋グレープフルーツムーン 

 平日に三軒茶屋へ行くってのは結構微妙な感じなんだけど、よくよく考えると職場から行く分には渋谷より近いんだよね。そう思うと別に遠くはないように感じるけど、帰りがちとダルいよね。
 kukieどんがVJをやるってのを当日の朝知って一瞬どしよっかな~と悩んだけど、以前観たFLYをもう一度ゆっくり観てみたい事もあって友達を誘って三茶へゴー。
 
 19:30スタートの一バンド目だったのですが、ギリギリセーフ。先に着いていた友人らとちょっと話していたらスタートしました。

 フロントにベース、両サイドにギターという珍しい立ち位置。(後で知ったんだけど、moe.もベースが真ん中なんだね。)後ろにはドラム、パーカッション、ピアノの本日は全部で6人編成。
ゆるやかに始まって、少しずつ少しずつ上がっていきいつの間にかFLYの世界に引き込まれて行く。ゆるやかな曲調にどんどん盛り上がって行く構成、暖かいギターの音色とメロディー、2つのギターのアンサンブルなどなどとても気持ちよくて、Steve Kimockに通じる雰囲気があるな~と思います。
 曲の繋げ方、というより締め方がちょっとぐだぐだ~な気もしますが、全体的に好きな音なんで今後が凄く楽しみです。
 パーカッション、ピアノが箱の性質のせいか音が小さくて目立たなかったのが残念。あのパートがもっと際立つと彩り豊かなまた少し違った雰囲気になるのかな。

 次のバンドを観ていたら眠くなってきたので、メシを食べに一旦中抜け。世田谷線の駅近くの餃子屋に行って餃子をつまみに麦酒を飲んでたんだけど、タケノコ餃子美味ー!タケノコがウマい季節ですな。
 中抜けのつもりだったんだけど、飲むと腰が重くなるのはいつもの事で、結局グレフルには戻らずにkukieどんと合流して2軒目で飲んでましたとさ。

 いや~、FLYも観に行きたいバンドの1つになりましたわ。kukieどんがこれからどんどん彼らのライブに絡んでいきそーな雰囲気なんで楽しみデス。

2005/4/10(日)Asian Dub Foundation / 渋谷AX 

オープニングアクトは、初来日だというAfrican Head Carge。全く予習なしに初めて聴いたのですが、ダブ/レゲエ系でパーカッションがアフリカンな感じかな。
椅子に座ってマターリと観ていましたが、フロントのおっちゃんが両手や片足を上げてクルクル回っていて楽しかった。ハッピーだぜ。
イケイケの曲よりレゲエでゆったりとした曲の方が本領発揮なバンドですね。

オープニングアクトの割には50分近くの意外と長時間のセットで、今回が初来日だったという期待を感じられたステージでした。

AHCが終わってセットチェンジの間になんとか友人と合流。
スタート時間になっても連絡も取れず現れる気配がなかったので困ってたんですよ。
しょーがないから先に一人で入ってしまったものの、チケはオイラが2枚持っているんでどーしたもんかと思っていたらAHCが終わった頃ちょうど会場に到着。
会場内から無理矢理チケを渡したんだけど、タチ悪いよねこーゆーの。すんません。

んで、ADF。先ほどのAHCとは客のノリが全く違かったス。とにかく大盛り上がり。
最初から全開バリバリで踊ってスンゲー楽しいの。
久々にこんなに踊らされました。

MCが3人で生ドラムなしの打ち込みで、前からこんなメンツのバンドだったっけ?
でもこのMC達の動きがカッコ良い!
盛り上げる所でキチンと盛り上げて、とにかく動き回っててね。
こちらは中盤疲れてバテ気味でしたが彼らは何であんなに動けるんだろう。
ホント凄い!

セットリストはちゃんとは分からないけど、新作半分・今までの半分といった感じ。
オイラは新作と前作しか聴いた事がないのでいくつも知らない曲があったのですが、中々カッコ良いもんで今度昔のアルバムも聴いてみよう。

今回も2階席で好きなように踊れるのがグッドでした。
1階はスゴい混みようだもんなぁ。
そういえばCyroがかぶっているみたいな頭の部分が妙に長い帽子をかぶったヒッピー風のおじいちゃんが目の前を何度も行ったり来たりしているのが目に付いたな。何だか気になるおじいちゃまでした。

こんだけ楽しいと追加公演にも行きたくなってしまいますね。
昨日のZeppのライブはどうだったんだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。