FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/6/9(金) Koolhaus of Jazz 2 (菊地成孔とpepe tormento azucarar 他) @ リキッドルーム恵比寿 

 69(ロック)の日にジャズっていうのもアレなんですが、ニューアルバム「南米のエリザベス・テーラー」ヴァージョンの新バンド菊地成孔とpepe torment azucararのデビュー(?)ライブへ行って参りました。

 この日のリキッドは珍しくフロアに椅子が敷き詰められており意外や意外とすいておりました。あれでスタンティングだったら結構スペースが出来るんじゃないかな。後ろにいって余裕でステージ全体が観れる。うん、良いね。

 最初のバンドはブランドン・ロス“コスチューム”バンドという外人のバンド。ギターとベースが申し合わせたようにヘッドレスの楽器を使っているのがある意味珍しく感じた。でもやってる事はフリージャズ。よくわかんねーわーと思って2。3曲観たら外で一服&酒飲み休憩。しかもこのバンドがアンコールまでやってくれて結局1時間半ぐらい演奏してましたね。オイラは全然知らんバンドですが、結構人気あるのかな。

 で、菊地成孔とpepe torment azucararが始まったのは22時頃。どんな編成が全然知らなかったのですが、ハープはいるわストリングス隊はいるわとゲストボーカルを入れると総勢 11名、女性が多くて華やかです。特にハープが大きくてね、自分の立ち位置が丁度ハープから真正面だったので弾いている姿はあまりちゃんと観れなかったのがちと残念。ドラムセットはなく、パーカッションが二人。全体的に暖かい音色でグッドです。バンドネオンというのがどういう楽器でどんな音色なのかイマイチ分からなかった。

 ゲストボーカルのカヒミさんは2曲(とアンコールで1曲)参加しており、朗読の曲では菊地さんがDCPRGのように腕を振り上げキュー出しをして演奏のオンオフを指示。ああやって突如音が入り、音が鳴り止みってタイミングがスゴい。

 KQLDだとやはりゲストボーカル目当てになってしまうのですが、この編成は素で凄いです。オイラ自身「南米のエイザベス・テイラー」が気に入っている事もあるのですが、生で観る「京マチ子の夜」「ルペ・べレスの葬儀」は鳥肌モノ。特に後者は緊張感張りつめる前半からストリングス全開にブアッと広がる展開がもう感動で。ライブで久々に涙が出そうになるくらい感動。

 本編が終わってから一度引っ込んだと思ったらすぐにアンコールで出てきた。時間が押していたのかな。MCでは恵比寿から3歩で行ける代官山で(どうやっても無理でしょ笑)7/7に単独ライブをやる話。浴衣で来るとプレゼントがもらえるそうなのですがこれは「僕が考えたのではありません」と強調してました。あとはメンバー紹介。情熱大陸も紹介されていて、彼らも短期集中のメンバーなのでしょうか。7/3の放映も楽しみです。

 何とか終電前には終わってギリギリセーフ。この編成こそちゃんとしたジャズなクラブで座ってじっくり観たいですね。とにかくムーディーで夢のような一時でした。代官山ももちろん行きますよ~。

スポンサーサイト

2005/6/8(木) 青山ピアノナイト (高橋大介グループ / IZANAMI 他) @ 青山 月見ル君想フ 

 友人のジャズバンド「高橋大介グループ」が月見ルに出るよ~って事で行って参りました。今回の「ピアノナイト」はこの一週間ピアノをフィーチャーしたジャズ系のバンドが出演するイベントらしくて、このバンド、普段は川崎や馬喰町の小さいジャズバーでしかやった事が無く、こういったライブハウスは初めてなんじゃないかな?まぁ、ベースが「界」というファンクバンドの人だからその気になれば客を引っ張ってこれそうだけど。

 前に一回行った事がある場所だけど、地下鉄って降り口によって景色が全然違うから変な出口から出てしまった為、ちょっと自信なく記憶を頼りに進んでなんとか到着。

 20時をちと過ぎていたのですでに高橋大介グループは始まっていた。友達と合流して、最初は上から眺めていたんだけど酒を買いに下へ降りてそのまま下から観戦。下のフロアも椅子が敷き詰められている。お~ジャズっぺぇ。

 全部で5曲演奏。意外な事にカバーは4曲目にやった曲だけで他の4曲はオリジナルだったみたいです。最後の曲なんてコーラスが入っていて何かのカバーだとばっかり思ってましたよ。全体的にピアノの音が小さくていつもの迫力があまり感じられなかったかな。めちゃくちゃうまい人なのでわざと抑えて演奏してるのかと思ったら、リハに間に合わなくてPAがウマくいかんかったんだとか。あーもったいない。
 中盤少しダレ気味だったけど、元が1時間弱のステージだし頭と最後がノリが良くて決めやメリハリがある曲だったので、全体としては好印象だったのではないかな。これで4回ぐらい観てるけど、観る度にウマくなっていく様を眺めていると面白いよね。まだ伸びしろがあるバンドだと思うので、これからも楽しみです。
 
 この次のバンドがIzanamiというバンドで、黒いドレスにハットを被った姉ちゃんがボーカルでステージに現れた時に目が釘付けになっちまったよ。フルートが入っているバンドって実際に観ろの初めてかもしんね。音の相性良いんだな。

 腹が減ったのでこのバンドを1、2曲観てから外へ出て飲み屋へ。飲んでたら帰るの面倒になっちゃって結局例のごとく上北沢の友達んちにお邪魔になる事にしました。いつも突然ですみません!いつもありがとう!

2005/6/6(月) DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN @ 渋谷クアトロ 

 仕事が立て込んでたのでスタートの19時に間に合うか微妙な所でしたが、何とか開演10分前に到着。ロッカーが開いてなかったので仕方無く荷物を持って行く事に。クアトロはキャパに対してロッカーが全然少ないです。そんな感じで荷物があるから前の方へは行けないな~と思ってたけど、人が多すぎてどっちにしても無理だった。でも左側の下のフロアに降りる階段の手前という、ステージがそれなりに見える場所をキープ。これで柱が無ければ最高なんだがなぁ。

 1曲目は知らない曲でした。同じベースラインがループする中ウワモノやパーカッションが暴れ回っていく感じ。噂によるとマイルスのカバーらしいです。
 
 3曲目が不規則でどろんどろんとした曲で(決めが構造2だったけど)コレが何の曲なのかちょっと分かりませんでいたが、その後構造2のホーンのメロディーにプライメット・ハノイのリズムがかぶさりじょじょにハノイへ。大きく歓声が上がり、爆発したような盛り上がり。この盛り上がり方のギャップが面白いです。頭の方にカオスな曲が続いたのでちょっと疲れ気味でしたが、その後の突き抜け方が大好き。逆にノリノリな曲だけのセットでも気持ち悪いしね。

 次に構造1にいってStayin' Aliveへ。Stayin' Aliveは嫌いな訳ではないんだけど、個人的にどうしてもダレてしまう。すげー煙草すいに行きたくなったけど、一回出てしまうとせっかくのこの場所はもったいなくなってしまうので我慢、我慢。
 
 我慢した甲斐があってか次の曲はCircle/Line~Hard Core Peace、Hey Joe。とにかく盛り上がりが尋常じゃないっす。今回のCircle/Line中盤の長いタブラソロからホーン隊のメロディーに繋ぐアレンジがとにかくカッコイイ。Hard Core Peaceの終盤やHey Joeではみんなジャンプ、ジャンプ、ジャンプ!坪口さんもキーボードを持ち上げて頭弾きをしていたり。今日は特にノリノリでしたね、坪口さん。
 そして本編最後の構造5。この曲もドラマチックな展開で大好き。

 アンコールに入る前に菊地さんMC。情熱大陸の話(30分間放尿と自慰と嘔吐が映って終わるとか、放映の翌日には100万枚売れるとか)やなんとか犯罪型や芸術型がどうとかそんな話を交えつつ、メンバー紹介。
 アンコールは構造5の天国の部分とミラーボールズ。曲の前後に簡単にMC。天国は寺院じゃなくて教会だとか(コレはなるほどと思った。もっと詳しい話が知りたい)、ミラーボールを発明した人にノーベル平和賞を贈りたいとか。
 
 例のごとくミラーボールズでは客席の頭上にあるミラーボール3ヶがくるくる回リ始める。この曲を聴くとライブの締めといった感じ。よく店の閉店時にかかる「ほたるの光」のような(笑)。
 終わって鳴り止まない歓声・拍手の中、最後に坪口さんがヴォコーダーで「デートコース ペンタゴン ロイヤルガーデン」としゃべって一層歓声が。そういえば坪口さん、今回メガネかけてなかったですね。

 約3時間10分、いんや~キツかった。間にジャムバンドのようにセットブレイクを入れて欲しいよね(笑)。しかし19時スタートならば終電に間に合うのでバッチリです。
 この後軽く飲みに行ってやっぱり終電で帰宅。うぅバテバテであります。おかげで翌日は会社遅刻してしまったけど、まぁそれはまたそれでね。

2005/6/4(土) FLY / オガスカワラ 他 @ 渋谷gabowl 

 最近気になっているFLYに友人のkukie氏がVJで絡むので渋谷くんだりまで行って参りました。

 最初のバンドの Neo-Hachi には間に合わずFLYが始まる直前になんとか到着。知っている人が全然おらんでステージ袖にあるkukie氏のVJゾーンの後ろから観戦。何気にVIP席みたい。関係者じゃないのにこんな所にいて良いのかドキドキです。
 1st setのFLYは「来週ボナルーへ行ってきます」とTreyのカバーを交えつつ約1時間のセットでした。ゲストボーカルでi☆nameという女性の方が歌っていましたが。ボーカル物で意外なFLYの姿が垣間見れたけど、このボーカルをゲストに呼んだ意図は何かあるのか不思議なトコロ。

 次のバンドオガスカワラというスカのビックバンド。オイラは目の前のパーカッションに釘付け。色んな小道具があって面白い。
 観客から「マサオ」コールが流れた時にkukie氏が画面に「masao」と流していたのがウケた。VJってのもアドリブプレイなんだなぁ。

 タイムテーブルに23:00から「FLY another set」とあったのでどんな感じなのかと思ったら、オガスカワラとその他知人とのセッション。総勢10名ぐらいで大迫力のステージでした。最初の曲ではギターのこーやん氏がドラムを叩いて、太鼓隊が最大で5名。このセットはマジでやばかった!すんげ~楽しかったデス。
 今日のセットリストを見せてもらうと、最後の曲が「コーヤン」。こーやん氏がボーカルをとる曲でまんまぢゃねーすか(笑)。

 で、23:00から約45分ぐらいのセットだったので終電なんて間に合う訳もなく、ハコ自体は夜中DJが回して朝までやっているのでとりあえず腹ごしらえをしに近くのファミレスへ。さすがに3時過ぎると眠くてしょうがなかったので、一度ガボウルに戻って寝ようかと思ったらDJがガンガン流れていてこりゃ~キツい。気付いたら入り口に座っているFLY・オガスカワラの面々と一緒にゲームをやっていました 笑。そして始発の時間に帰宅。

 この日のFLYの音源を撮ってみたは良いが、ちょっと人様に聞かせられる音質レベルじゃないんだよね。やはりマイクの問題なのかな?それとも iriverはコレが精一杯か?波形編集ソフトってのでいじってみたいけど、Mac用のフリーソフトが少ないこと。まぁ、地道に頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。