FC2ブログ

2006/11/30(木) strobo/dachambo/DMBQ/旅団 @ 渋谷Duo Music Exchange 

久しぶりにstroboの早い時間のライブ。
この日の出演者は旅団・strobo・Dachambo・DMBQというどういう趣旨のイベントなのだかよく分からない感じw。
目当てのstroboはどうやら2番目に出演するようで、イベント自体が18時半スタートという早い時間の為、会社を30分早く上がらせてもらい19時前に到着。

到着したら旅団が演奏中
普段行くライブと比べて年齢層がかなり若い印象。
隊長は右後ろのフロアにガッツリとマイクスタンドを立てていた。
イベント的にテーピングオッケーかどうか分からなかったオイラは機材を借りてステルス録音。
しかし風邪のせいか全然頭が回らなくて思うように準備が進まず、セッティングを手伝ってもらった。

旅団はメンバーが多く12人だか13人だかいるようで、ステージ上に所狭しと乗っている。
最近名前はよく見掛けるんだけど、今回初見。
渋さ知らズを縮小させて民族風味を加えたような音だった。
自分の準備もあって真面目に聴いていなかったせいかあまり印象に残っておらず、とりあえずオイラにとってはあまりピンとくるようなサウンドでは無かったかな。

19時5分には旅団終了、やはり4バンド出るから持ち時間は40分がいいところか。
ちょっと物足りない感はあるけどしょうがない。
stroboの出番に合わせて、右のスピーカーを狙うようにフロア右側に立ち位置を取る。
stroboは19時20分頃から始まった。

1曲目はアルバム「Chaos Addiction」の頭を飾るThousands Of Blueからスタート。
ちょっとベースがこもり気味ではあるものの、音はなかなか良い。
リューダイさんが珍しくドラムセットを構えていて、ツインドラムが大迫力。

Thousands Of Blueと繋がるように2曲目のタイトル未定の新曲。
これは先日のAsiaで初めて聴いた。
ベースラインが特徴的な曲なんだな。

3曲目はCreature。
これも先日のAsiaで初めて聴いたけど、最近のライブではちょくちょくやっているらしい。
最近のstroboには珍しいミクスチャーのような曲調でオイラは結構好きなんだな。

そしてラストはinsight 。
これもライブで演奏するのは珍しい曲。
ちょっとおとなしめの渋い曲調だけど、これはこれでカッコいいんだな。

で、全4曲であっという間に終わってしまった。
Dachamboまで観て行こうか悩んだけど、風邪の具合が良くなかったのでここで退散。

自分もタバコ吸う身分だからあまり大きな声では言えないんだけど、ここはフロアでタバコが吸えるから空気がとても悪い。
せめて分煙にしてはくれないものかと思う。

久しぶりに早い時間のstroboだったけど、いつもはクラブで出番が2時3時は当たり前
普通のライブハウスで普通の時間で演奏する事がこれから増えていけばいーなー。
今年はこれでstroboのライブは終わりなので、来年もガッツリ追っかけていきますよー。

スポンサーサイト



2006/11/23 ERIC CLAPTON @ 日本武道館 

元々クラプトンには興味ある方ではないんだけど、今回のツアーメンバーには若きスライドギターの名手、デレクトラックスが参加。
彼に興味津々はオイラはとりあえず参戦デスヨー。

ライブの日程が勤労感謝の日という祝日のせいか、開場16時、開演17時というなんとも早い時間。
普通に出勤日だったけど、しょうがないから有休を取ってみたよ。

まずは隊長と14時半に新橋で落ち合ってキリンシティーで一杯。
まだ早い時間だというのにダメな大人だなぁ。

16時過ぎには九段坂に着いて、沢山の人の群れにワクワク。
「おまえら、みんなクラプトンか~?」と新橋の駅辺りから乗客を見ながらつぶやいている隊長にはちょっと恥ずかしかったけど、ここまで来ればみんなクラプトンを見に行くに間違い無いってヤツですな。

武道館の前まで来ると、どうやらザッと手荷物検査をしている様子。
ボディチェックまではしてなかったから、とりあえず荷物をざっと整理して会場の中へ。

今回は南西のNという席番号で結構左寄りな場所だったけど、目の前が通路だったのでマタリと座る事が出来た。
ウドーの先行予約でチケを購入してくれたM氏は先に来ていた。
旦那のK氏はやはり時間を間違えていたようで急いで家を出たからギリギリになるかもや、との事だったが思ったより早く到着して一安心。
まずはビールを飲みながら、スタートをのんびり待つ。

17時10分過ぎにスタート。
やはり武道館は広い。
ステージ上全体を見下ろせるのはとても良いが人間がとても小さく見れる。
ライティング&VJはふんだんに使われていた。
音もなかなか良いんじゃないのかな。

中盤にはクラプトンは椅子に座ってのアコースティックセットも挟みつつ、終盤にはレイラでわっと盛り上がる。
アンコールは一曲のみで2時間弱で19時過ぎには終わったのでした。


と、悪い要素は全くないんだけど、どうしてもテンションが上がらないオイラがいましたよ。

クラプトンに関してはCM等で使われている超有名曲とアンプラグドを1枚聴いたっきりであまりよく知らないというのも問題なのかもしれないんだけど、ちーっともワクワクしない。
御大という事でそれなりに期待していったのですが、随分とアッサリしたライブだったなぁ。
中途半端に酒を飲んだせいか途中でウトウトしてしまったし(苦笑)。
もちろんレイラが大好きなオイラはあの瞬間はテンション上がりましたが、それっきりでしたねー。
ちなみに、周りは大人しく座って観ているんだけど、レイラの時ばかりは何人かスタンディングしていました。
レイラの時のクラプトン、ちょっと声つらそうでしたね。

目当てのデレクのスライドギターは冴え渡っていましたよ。
御大を差し置いてガンガン前に出る訳にもいかないながらも、結構見せ場はあったんじゃないかな。
来年は是非自身のバンドでの来日を期待!!

という訳でオイラにはちょっと敷居が高かったような感じのするエリック・クラプトンでした。
家でCD聴いてるぐらいがちょうど良いような感じではありますが、
まぁ“体験”としては良い体験を出来たのではないか、と思う事にします。


以下、セットリスト転載。

ERIC CLAPTON JAPAN TOUR 2006
23.Nov.2006
Tokyo Budokan, Tokyo, Japan

01. Tell The Truth
02. Five Long Years
03. Got to Get Better in A Little While
04. Old Love
05. Motherless Children
-----------
- Sit Down Set -
06. Driftin' Blues
07. Key to The Highway
08. Outside Woman Blues
09. Nobody Knows You When You're Down and Out
10. Running On Faith
-----------
11. After Midnight
12. Little Queen of Spades
13. Anyday
14. Wonderful Tonight
15. Layla
16. Cocaine
- Encore -
17. Crossroads

2006/11/21(火) ALTERED STATES PLAYS PINK FLOYD @ 新宿PIT INN 

アルタード・ステイツによるピンクフロイドの完全再現コピー大会。
去年はサンタナの「ロータスの伝説」をやったそうなんだけど、その当時はアルタード・ステイツ自体知らなかったのでそんな企画があるとも知らず、今年はライブ情報をチェックしてたらこの企画を見つけたのでしめしめと思い参戦。

ピットインは初めて行ったんだけど、スタートも大人時間だし場所も思ったよりは遠くなく。
今までは時間・場所でなかなか足が運ばなかったんだけど、コレぐらいなら平日でも普通に行く事が出来そうだ。
中は椅子が100席ぐらい、あとは後ろでスタンディング。
この日は大盛況な人入りで、正に前は天国・後ろは地獄状態。
セットブレイクの時に、何度か全体的に椅子席を前に詰めてだいぶ後ろの方にスペースが出来た模様。

1st setは「原子心母」よりA面の25分の大曲の原子心母を一曲。
完全再現を目論んでいるのでゲスト参加が豊富。
ホーンセクションが6人、1フレーズ×2しか出番がないヴァイオリンの勝井祐二、コーラス4人、SE担当とキーボードと随分な大所帯になっていた。
「原子心母」は未聴だけれども、スゴイ凝っているのは十分に理解出来る。
馬の鳴き声や蹄の音もSEで再現。曲の尺もほぼ同等。
アルタード・ステイツ三人衆より、ホーンセクションやコーラス部隊の活躍が目立ったセットでした。
1st setはこの一曲約25分で終了。

内橋和久(g)/芳垣安洋(ds)/ナスノミツル(b)
松本治(tb)/青木タイセイ(tb)/足立恵子(tb)
松永卓朗(tp)/榊原聖人(tp)/村上基(tp)
勝井祐二(vln)/岡本洋(kb)/塚田珠美(sampler)
久保田安紀(cho)/原みどり(cho)/MAX(cho)/丸山純(cho)

2nd setは「狂気」丸々全曲演奏。
最初、機材トラブルで10分ほど遅れたけど、無事に演奏スタート。
1st setでコーラスをしていたMAXがメインボーカル&サブのギターを担当、
この外人さんちょっとフレディに似ていたり。
狂気となると歌ものがメインになるので、ここで外人さんを起用というのはこだわりを感じる。。

こちらのセットの方がシンプルにハードロックなので、アルタードステイツの面々の演奏も光る。
ギターやベースだけでなくドラムの音質も似せているんだなぁ。
それにしても芳垣さん、特別凄いフレーズを叩いている訳ではないんだけどタッチがとても柔らかくてやっぱりこの人は凄いお人だ。

コーラスの女性もなかなか頑張っているのだが、途中のスキャットで声がかすれてしまっていたのが残念。
でやっぱり40分強で終了。

内橋和久(g)/芳垣安洋(ds)/ナスノミツル(b)
MAX(vo&g)/金津朋幸(sax)
岡本洋(kb)/塚田珠美(sampler)
久保田安紀(cho)/原みどり(cho)
アンコールのみ 鬼怒無月(g)

アンコールは「炎」よりクレイジー・ダイアモンド。
2nd setのメンバー+鬼怒無月のギターが加わり、中盤のツインギターのアンサンブルがかっこよかった。

最後に今回参加したメンバーをステージに上げて、メンバー紹介などを。

・ホーン隊紅一点の足立恵子さんを紹介する時に内橋さん「感動しました」とオヤジ発言。
・一瞬しか出番が無かった勝井さん、「彼のおかげでこの曲をやる事が出来た」と紹介。
・コーラスの丸山さんは、数日前に男性ボーカルの弱さを感じて急遽ナスノさんの友人である彼に声をかけたそうな。
・芳垣さんのドラミングは内橋さんの「下手くそに叩くのが大変だった」という言葉に対して、「似せるのが大変だったんだよー」とフォロー。

全体的に原曲にとても忠実で多少の荒さは感じたものの再現度は非常に高い。
無駄にクオリティーの高い(笑)楽しいライブでした。
自分達で普通に即興でのライブをやるよりも、今回はえらい大変だったんじゃないかな。
芳垣さん大好きのオイラとしては、今回のライブはネタがネタだけに彼のドラミングは見所になり得なかったので、次回はちゃんと彼ら3人のライブが観たいもんだ。

この企画はどうやら毎年恒例になりそうな雰囲気なので、来年は是非「Live Dead」を推したいところだ。

2006/11/12(日) JamBay (MJC / Freaky Mashine / らぞく / Tegwon) @横浜ベイホール 

静岡で前日朝の5時まで飲んでいたけど、横浜に舞い戻らなければ行けなかったので午前中には静岡を後にする。

国道一号線の静岡駅を越えてちょっと行ったところで真ん前にどでーんと雪をかぶった富士山が見える。
このアングルが何とも良かった。富士山を見ると意味もなくワクワクする。

ベイホールには15時頃到着。
15時開場だと思っていたらどうやら15時半だったみたいで、寒い中缶のコーンスープを飲みつつ開場を待つ。

時間通りにオープンし、颯爽と中へ入り準備をする。
トップバッターはTegwon。
ギターの一人ブルースコーナーから入り、その後はドッカーンとtegwon節。
ここのところ観てなかったけど、相変わらずの元気モリモリな感じで何よりで。
始まったばかりで客も少なかったけど、そんな事お構いなしにアツイ演奏でした。

せっかくのベイホールなのに、ステージ上に敷き詰められている照明はあまり出番が無くてちょっと寂しい。
個人的にはVJよりライティングの方が好きなので、こことぞばかりガッツンガッツンとライティングを使って欲しかったな。

次はらぞく。
音出しをしていると思ったら突如演奏が始まるから彼らのライブは恐ろしい。
今回も出だしの数秒は録音失敗してしまった。

フジの時に初めて聴いたキーボード入りの曲から始まり、いつも演奏している曲がコンパクトに収められたセットだった。
要はあんましジャムジャムしていなかった印象
彼らの魅力は歌モノとジャム度の高さなんだけれど、後者は今回はあまり目立ってなかったのが残念。
ライブの本数が多くて疲れているのか、イベント系だからわざとこういった中身にしたのか、オイラには分かりかねるが、良くも悪くも普通でいつもどお
りな内容だっただけにちょいとインパクトに欠けたかな。

らぞくが終わり、右側のスペースで叩叩叩が始まる。
この間にメインステージはセットチェンジ。
あまり真剣に聴いてなかったのであんまり印象に残ってないんだよね。
女性のMCが入っていたから女性もいるんだ~とぼんやり思ったり。

叩叩叩が終わり、それに合わせてFreaky Machineがフェードインしていく。
フリーキー、序盤は照明も暗く演奏もかなりの重低音に感じた。
リューダイさんが正式加入したそうだが、元々のフリーキーマシンの音をあまり知らないのでどのぐらい差異があるのかは感じ取る事が出来なかった。
ラストではkengoさんの熱いメッセージ。
税金とか戦争より何よりも、将来の年金の方が不安なんだよな~と思ってしまうオイラはやっぱり小物ですかね(笑)。

んで、ラストはMajestic Circus。
ベースが変わってからの新生MJCは今回初めて。
評判はなかなかな良かったので楽しみにしていたんだけど、うんコレは良いね。
ステージ上のメンバーもとてもリラックスしていて、アットホームな印象を受けた。
彼らの素晴らしい演奏に反してフロアはガラガラで、オイラも久しぶりにフロアに下りて踊ってしまった。
アンコールでは各メンバーのソロ回しもあり、ベースの人はまだ若いにも関わらず力量は凄いもんだ。

16時過ぎに始まったこのイベントも21時過ぎには終了。
こういったイベントは夜中に行われる事が多いのだが、今回は日曜の早い時間からだったので、夜に弱いオイラにとってはそれなりに楽チンなイベントではあったけど、ともかく集客が少なかった。
らぞくの時がピークで、ピークといっても200いたかどうかだと思うし、らぞく以降はどんどん減っていきラストは40人ぐらい。
出店が沢山あったのでどこまでスタッフなのか分からないけど、純粋に客の数よりスタッフの方が多かったんじゃないの~と思わせるイベントだったなぁ。

2000円でこれだけのバンドを観れるのはかなりお得感はあるはずなんだけど。
まぁ1バンド1時間ぐらいの持ち時間だから、好きなバンドは単独で観たほうが絶対楽しいだろう。

ジャム系のイベントの難しさを感じた今日この頃でした。

2006/11/11(土) Sim Redmond Band / YoLeYoLe @ 静岡BoomBoomBush 

Sim Redmond Bandの公演は横浜・東京であるものの平日で都合悪かったりなんだったりで、静岡公演は土曜日、しかもYoLeYoLeもオープナーで出演するというので「それじゃ静岡行ってみようか」と一路静岡市内へ。

日中天気はあまり良くなかったけれども夜には雨はやみ、オープンの20時に会場であるBoomBoomBushへ。
ここは今回で2回目。5月にLotusを観に来た事があるハコ。
ただ前回はマイクスタンドを音の吹き溜まりのような位置に置いてしまったので、低音が割れて失敗に終わった。
今回はその反省を踏まえてシュミレーション済み、リベンジですよ!
21時になってKeita&Kouheiが始まる。
このKeitaという人は初めて観るけど、なかなか良い声しているね。
アコギと歌のみなので出音のレベルは低く周りががやがやしているのが目立ったのがちょっと残念。
ギターのボリュームがもうちょっとあると良いんだけど、まぁこーゆーデュオだからしょうがないか。

30分ほどで終わり次はYoLeYoLe。
最初よりは大分客が入り、前の方ではみなフロアに座って観ている。
リューダイさんがカフォンでゲスト参加しており、リズムが一つ加わるだけでも元々がシンプルなだけに音が華やかになる。
ただこちらもボーカルの音量に対してバックの演奏の音が小さすぎる。
元々うるさいバンドじゃないけど、もうちょっとバランス良くしてくれればいいんだけどなぁ。
最後にKeitaが加わって一曲演奏して終了。約1時間のセットでした。

彼らのライブは静岡では初めてだったらしいけど、なかなか好感触だったんじゃないかな。
この界隈のバンドの中では珍しく歌モノメインのアコースティックバンドなので是非頑張ってもらいたい。

22時にはSim Redmond Bandが始まるかと予想していたけど、結局は22時半頃になってしまった。
これで1時過ぎまでかかるのは決定。
静岡っていつも時間が中途半端なイメージがあるんだけど、これが都内だったら1時過ぎまでライブやって終了なんてまずありえない。

Sim Redmond Bandは今回で2回目。
去年のグリーンルームで一度観ているんだけど、あん時は40分ぐらいのセットだったし結構酔っ払っていたからなー。
初っ端がオーグル絡みだったり録音オッケーという面があるけど間違いなくジャム系ではないし、その爽やかサウンドからサーフ系にカテゴライズされる事が多々あるけどそれも絶対違う。
知人がフォークロックバンドと表現していたけど正にその通りだよ。

女性ボーカルが変わりキーボードが加わった事で、以前より音の厚みが増しちょっとロック度が高くなったような気がする。
ベースの人がパーカッションを兼任しているらしいんだけど、時折入るドラム・パーカスソロがかっこよくて胸が躍る。
彼らが繰り出すメロディーも、ポップ且つどこか切なくてすげー好きなんだよね。
ニューアルバムはもちろん買ってもないし聴いてないけど数曲は知っている曲もあり、終始ゆらゆら踊りながら観ていたよ。
録音がオッケーじゃなければ絶対に行かないバンドではあったけど、ちゃんとライブを観てみればそれはそれは良いバンドであったし十二分に楽しめました。

結局終わったのは1時過ぎ。
片付けして1時半頃撤収、SOMAというバーへ行き静岡のI夫婦と合流。
ダチャンボ好きのこのご夫婦は都内のライブ会場でよくお会いするのだがちゃんとお話する機会も早々なくて、こういった機会はホント貴重。
音楽の話やプライベートな事を話してあっという間に時間が過ぎてしまった。
途中、BレコードのD氏と共にSRBのメンバーが来たんだけど、オイラは英語も話せないし特に話す事もなかったし、サインをもらうにも書いてもらうものがなかったので断念。
メンバーが帰った後にD氏に来年の動向を聞いてみたり会場を予想してみたり。
コレで来年の楽しみが増えたぜぃ。

最初は翌日の日曜も横浜でライブに行くから軽く一杯のつもりが結局5時過ぎまでお邪魔してしまった。
静岡楽しかったなー。
お世話になった方々ありがとうございました!

2006/11/08(水) Sardine Head @ 渋谷クロコダイル 

風邪を引いてたぶん多少熱もあったであろうし体調はあまりよろしくなかったのだけれども、大阪ライブの興奮を忘れられずダルダルな体にムチを入れてSardine Headを見に渋谷へ。

19時過ぎに到着。会場にはまだVEGOOSE帰りのY氏しかいなかったが、しばらくすると続々と顔なじみが到着。

そしてMeltoneは予定より10分~20分ほど押してスタート。
久しぶりにみるMeltoneは打ち込み音をふんだんに使ったベタな4つ打ちロックになったような印象を受けた。
もちろん4つ打ちはあったりなかったりなんだけど、メロディーやら全体的な印象やらに妙に80年代臭さを感じてしまうのはオイラだけでしょうか。
ラストの曲は初めて聞いたけど、この曲こそがそういった懐かしい感じが一番色濃く出ていた曲でした。

この日は体調の悪さを言い訳に録音機材は持って来ず、
レコーダーのR-9だけを隊長のDATにパッチさせてもらった。
オイラの通常の機材はプリアンプもないし他の人と比べると全然軽いのは承知なんだけど、機材があるより手ぶらでライブ遊びに来るのは心持ちもなんだか軽く感じるわな。

Sardine Headが始まる頃にはテーパーがワサワサワサとステージ前のテーブルでオンステージ録音する為に作業中。
あいかわらず日本で一番テーパーが多いバンドだw。
会場の中には最近発売になったZOOMのレコーダーを持っている人が二人もいて、その内臓マイクで録音をしようと試みていた。
このZOOMのヤツ、SONYのアレみたいにマイクが付いてるんだよね。
オイラとしてはマイクいらないからもっと安くならないかなーと思う。

スタート前にドラマーの小林さんから彼らのニューアルバムを購入。やっと買いましたよ~~。

最初の曲はニューアルバムのタイトル曲でもあるShuffleから。
3連のリズムに乗りリフを延々と繰り返す曲なんだけれども、一方のギターが妙に絡んできたり途中でドラムが暴れたりと一筋縄ではいかないので飽きる事はまず無い。

そして間髪入れずにFunk、38 Piecesと続く。
次のYellow Taleからゲストのアラジンさんがドラムで参加する。
このゲスト参加があったからこそオイラは無理にでもライブに来てみた訳なんス。
そしてこのツインドラム編成、期待以上の出来でドラムの破壊力が一層と増す。
Chi Chi Boooooなんて二人のドラムバトルが大迫力ですよ、えぇ。
続くTrick Cyclingはリズムを強調するようなアレンジに変えていて面白い。

今回のTrick Cyclingのように”出来た曲を一度壊して再構築”するようなアレンジを多々使っており、彼らのライブは毎回違くて同じライブって二度とない。
その部分を含め彼らのライブは今一番のお気に入りなんだな。
でもSardine Headに”ジャムバンド”と使うのは非常にナンセンスだと思うんだよね。

次のHalf Sunsetもツインギターが盛り上げて繋いでの終盤のツインドラムソロも圧巻。
ドラム祭ですよ、こりゃぁ。
ドラムソロだけでなく全体的に見てもハイハット・スネアを叩く微妙なズレがROVOのツインドラムを彷彿させる。
このポリリズム感スゲー大好きなんだよね。

この曲でアラジンさんは退場、Block Signalで本編終了。
そしてもちろんアンコールがある訳なんだけど、アラジンさんを含めた5人で低空飛行なインプロから入りシャッフルの終わりのフレーズが飛び出て来る奇怪な曲。
序盤ではアラジンさんが立って小林さんのドラムセットのシンバルを叩いたりと茶目っ気をだす。
そして最後にLoop。コレも中盤から終盤にかけてかなりの炸裂具合でいやいやカッコいいわな~。

遊んでいたら風邪の具合も大分良くなったしw、ともかく行って良かったス。大満足。
次回は12/15に新宿だとか。これまた楽しみです。