FC2ブログ

2007/12/31(日) Warlocks @ 梅島ユーコトピア 

大晦日は足立区梅島のユーコトピアでWarlocksのカウントダウン。
今年縁のあったバンドは、藤沢や横浜や上野kinackなど各地でカウントダウンライブを行っている。
去年はMMWがあったので、知人らはここに出没して一緒に過ごす事もあったけど今年はみんなちりぢりなんだろうな。

Warlocksは今年の4月に初めて観て、今回で4回目かな。
Grateful Daedのカバーバンドではあるけれども、DeadにチンプンカンプンだったオイラにDaedの音楽の一片を体験させてくれたバンド。
今までDeadの音源をいくつか聴いても、どうもピンと来なかった。
いろんなバンドがライブでカバーしているけど、全然曲も知らなかった。
今年はWarlocksを通じて、自分がDeadに少し近づいた年であったかもしれない。

駅前の回転寿司を食べようと思っていたけど年末のため店が閉まっていたので、駐車場向かいの中華屋でチャンポンを食べてからユーコトピアへ。
21時前に店に行くと、CATCH & RELEASEというバンドが演奏していた。
メンバー見た事ある顔だな~と思ったら、どうやら前日の鰯@クロコにいた人だ。
その繋がりで昨日いた人が何名かいたみたい。サーディンの話題で盛り上がったりしている。
といっても知らない方々なのでその輪には入らず、録音の準備をしながらマッタリ、マッタリ。

Warlocksは22時頃からスタートした。
1st setはまだ腕鳴らしといった雰囲気で低空飛行気味だったけど、その後の2nd setでは大爆発だ。
2nd setはちょうど2007年へのカウントダウンからスタート。
0時5分前になっても3分前になっても、店内は時間など皆ゆるやかに過ごしていて全く年越しの気分にならない。
カウントはあったものの、自分の時計より少し遅れていたので実際はどうだったものか(笑)。
まぁそんなゆるやかさもアリでしょう。
そしてニューイヤーと共に演奏が始まる。
Sugar magnolia > China Cat Sunflower と続いてもうノリノリやね~というセット内容。
もちろん店内も皆踊りまくり。

しかしながら、例の如くオイラは後半から睡魔が襲って来て撃沈。
2nd setが終わる時に声をかけてもらって、また眠る。そして3rd setが始まる頃にまた起こしてもらう。そしてまた眠りに落ちる。。。
3rd setが終わる頃ちょうど目が覚めると、オーディエンスはすっげー盛り上がっていた。
というか、酔っ払いなのかアレなのかちょっとした壊れよう。

終わってみれば、90分×3setという脅威の内容。
終わったの3時半ですよ。メンバーの皆さんもタフだよね、オイラもこんな寝てる場合じゃないっての。

終わった後はメンバーの身内の方が作ってきたオニギリ&おせち料理を頂く。
おせちを見ると一気に正月モードになるね。

Warlocksが終わった後はFLYがやっているキナックへ行こうと思ったんだけど、店の前を通ってみるともうシャッターが閉まっていた。どうやら3時ごろに終わっていたみたい。う~ん、残念。


まぁこんな訳で録音で始まり録音で終わった2006年でした。
おかげ様で知り合いも増えました。
皆々様、お世話になりました。
それでは2007年も宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

2006/12/30(土) Sardine Head @ 渋谷クロコダイル 

img785dfb6bzikezj.jpg

毎年恒例の年末ワンマンライブ(といってもオイラが参加するのは去年から2回目デス)、2006年最後の鰯頭。
今年のサーディンヘッドは17回ライブがあった中15回参戦。
2回欠勤しているので皆勤には及ばずだけど、たぶん2006年中一番観たバンドだと思う。

20時過ぎにはスタート。
最初のMCで「今日は1setでいきます」の宣言で、レコーダーのバッテリーや容量の残量が心配でヒヤヒヤするライブになってしまった(笑)。

途中に新曲をはさみつつ一時間強の時点でLoopが飛び出したのちに、メンバーがオーディエンスにテキーラを振舞うテキーラタイムに突入。
このテキーラタイムがセットブレイク的に休憩になった感じかな。
前半に演奏した新曲も相変わらず奇怪な曲でかわださんのタッピングにニヤリです。

その後の後半はまず田園の東、Cream Cheese Cakeというオイラが未だ聴いた事のない曲を演奏。
一年間通して観てきたけどまだまだ知らない曲があるんだなぁ。
特に後者のCream Cheese Cake、メンバーのハモリコーラスが入るなかなかコミカルな曲だったけどコレは4年ぶりだという。
知っている人なんてホント2人ぐらいしかいないんじゃないか。

その後に一曲はさんで新曲パート2。
この曲は前半は低空飛行で進んでいって、途中の突き抜ける展開や曲調が何ともポップな雰囲気でコイツもまたニヤリ。
最初の新曲といい今回が初披露なので、この曲が幾度のリハ・ライブを経てどのように進化していくのが非常に楽しみ。

Block Signalでは小林さんのドラムソロをはさんで盛り上げて盛り上がって本編は終了。
この時点で3時間。23時ちょい過ぎ。
そしてアンコールに2曲、Movin'で締めて終了。

終わってみれば本編3時間プラスアンコールという約3時間半の怒涛のセットですよ。
渋さやDCPRG並みじゃないの。
まさに年末締めくくりにふさわしくもあり、翌年への期待もいっそう膨らむ良いライブでした。

2006/12/28(木) BLACK BOTTOM BRASS BAND @ 渋谷クアトロ 

知人のご好意でBBBBのライブへ行って参りました。
こういった普通のライブに行くのは随分久しぶりのような感触。

会場内へ入ると随分と若い女性客が多い印象。
BBBBは実は聴いた事ないので、ニューオリンズジャズに影響をうけている事以外は全く分からなかったりする。
それだけにちょっと楽しみだったりするんだけどね。
スタート時間になるとフロアは大分埋まってきた。

19時半過ぎになると、メンバーがフロア内で演奏しながら登場。
どうやら関西圏のバンドのようなので、やたらノリが良い。
曲が終わる毎にMCが入り、ワンマンライブなので趣向を凝らしてフロアをブロックに分けて輪唱したり、トロンボーンの人が祭りなカッコで登場したり、ゲストでタップの人が入ったりと、序盤は音楽以外の面が随分と多かったような。
特に客との共同作業(コール&レスポンス)が随分目立った。

半ケツ王子の寸劇をやった中盤以降は、畳み掛けるように演奏をしてライブのテンポがよくなったから良かったものの、序盤の進行の悪さにちょっと疲れてしまった。
演奏は悪くないだけに、こんなしゃべり好きなのはどうなんだろうなぁ。
まぁ彼らのファンはそれを目当てに来ている人もいるんだろうけどね。
同じブラス系バンドのPe'zもこういった面が目立ってたような気がする。

アンコールの最後では、フロアをパレードしながら生音で演奏。
とにかくお祭り好きなバンドでした。
そして、合言葉はワッショイ。
ワンマンだとファンのノリも良いから、いろんな事が出来て面白いよね。
オイラはちょっとしんどかったですが(苦笑)。


たまには、普段聴いている・観に行っている音楽とはちょっと離れてみるのも良い体験かもしれないですね。

2006/12/17 Happy LIVEs #14 (sardin head/MJC/らぞく) @ 代々木公園 

img51c6fc91zik2zj.jpg

代々木公園のステージでのフリーライブ、真冬のハッピーライブス。
天気が少し危ぶまれていたけれども、午後には晴れ間もさす良い天気。
そしてビール持つ手も震えていた去年と比べて、今年はホントに暖かくてとても過ごしやすかった。

13時頃、OSGさんのDJにセッションするようなカタチからsardine Headがスタート。
最初は相変わらずというかマイペースというか奇怪な音から入っていったけど、Shuffleが始まりその後はノリノリなセット内容。
なんせ二回目の野外で、初めてサーディンを見る客も沢山いるだろう。
是非Loopなんぞをガツンとかましてもらいたかったけど、比較的分かりやすいこういうセットもありだろうなぁ。
といっても十二分におかしいサウンドですけどね。

次のMJCは「聖者が街にやってくる」からスタート。
彼らのハッピーなサウンドにやられっぱなしです。
しかしこの辺りから酔っ払いすぎて記憶が曖昧(笑)。
途中でキーボードのゴローさんの靴が飛んでいったりなんて事があったそうなんだけど、全く記憶にございません。
まぁワイン持ってウロウロしていたからね~、ダメ人間です。

このイベントはドネーション制なんですが、実は今までドネーションした事がなかったんス。
今回はちゃんとドネーションして、焼酎一杯と今までのハッピーライブスのライブをまとめた音源を頂く。
あとはその辺りにちらばるサーディンのメンバーを見付けては、今年発売したアルバム「shuffle」のジャケにサインを頂いた。

そしてらぞく。
最近のらぞくは観るライブが悪いのかあまり良いなと思う事は少なかったんだけど、
この日は随分とメタル調な曲からスタートして、おぉ!?と今回のセットにちょっと期待が持てた。
期待通りらぞく本領発揮という久しぶりに満足がいく内容(ってあんま覚えてないんだけどね)。
いやいや、良かったよ。

その後には3バンドが入り混じってセッション。
絵的に凄かったらしいけど、ここいらは全く覚えてない。
らぞくの途中で録音失敗しちゃって音も残ってないから、どんな内容か確認のしようも無い。
まぁそれはそれでね。

ともかく、久しぶりに大酔っ払いだったけどとにかく楽しかった。
今をトキマクこの3バンドがフリーで野外というのは凄く贅沢だよ。
客入りは今までで一番だったけどあまりガツガツしてなく、
演奏内容も雰囲気も共に忘年会雰囲気の良いイベントでした.

ライブが終わった後は、知り合い連中20人弱ぐらいで忘年会飲み会。
その後もサッカーが見れるバーへ行って、結局22時ぐらいまで渋谷にいた。
後半はさすがに具合悪かったけど(笑)、楽しかったよ~。

2006/12/15(金) Sardine Head / uni-barth @ 新宿Sact! 

サーディンヘッド、12月には3本もライブがある中の一発目。
新宿Sactは初めて行くハコで、HPには新宿駅から徒歩10分と書いてあったけど、実際は20分ぐらい歩いたんじゃないかなぁ。思ったより結構遠かった。

20時頃到着。随分小さい作りの場所でちょっとびっくりした。
ライブハウスというよりはカフェですね。
フロアにはテーブルと椅子が並べられており、後方は一段高い作りになっている。
後ろから外音狙って録音したかったんだけど、その一段高い所も相当狭いので断念。
諦めて一番無難なオンステージ録音にした。

トップバッターのuni-barthは既に始まっていて、とりあえずは後ろから観戦。
ジャズっぽいかんじで、女性ボーカルもの。
ベースとドラムがうまい。グルーブ感が良い感じ。

次はサーディンヘッド。
ライブの告知からスタートw。
ステージもあまり広くなく奥行きがないので、4人がほぼ横に並んだセッティング。
ベースの音はスピーカーから出ている音の方が良いので、最前列で見るよりちょっと後ろに下がって見た方が音のバランスが断然良い。
と言っても珍しく一番前に観戦。
近い位置なので食いつくようにライブを観戦。
ゴールドのダブルレスポールの存在感がたまらんです。

「歌がモニターからよく聴こえるので笑ってしまう」といった情事さんのMCをうけて、Movin'の歌パートが始まった途端に笑い声が溢れて大盛り上がりだったり、アンコール時に「今宵最後の曲です」と本編のラストと言った言葉そのまんまで2回目の今宵最後が飛び出してきてやっぱり大笑いしたり、となかなか笑いが絶えないライブだったかな。

内容は相変わらずヘンチクリン。
でも二度と同じ内容のライブが無いのがやはり楽しい鰯頭でした。

終電が無くなるだろうと見越して上北沢の知人に前もって世話になるよう頼んでおいたんだけど、予定通り(笑)。
いつも世話になってサンクスです。