FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/3/31(土) 中村まり @ 四谷pocotan 

一週間前の飲み会の時に「来週中村まりがワンマンをやるんだよ」という情報を教えて頂き、家帰って調べて早速予約してみた。
中村まりは去年のリキッドへブンで見たんだけど周りがガヤガヤしていて全然聴こえず、リベンジの機会を伺っていただけにこのワンマンはちょっと嬉しいライブだ。

オープン20分ぐらい前に到着して一番乗り。
良い席ゲットだぜ~と思ってたら予約した順に並び替えられて、しかも会場内は椅子に自分の名前が貼っていて席が決まっている始末。
早く行った意味ねーじゃん、コレなら何処かで食事してノンビリ行けば良かったわ。
この日はソールドアウトしたようで、ステージ前のスペースに詰めるだけ詰めてみました、といった感じでそこの場所だけ人口密度高くてぎゅうぎゅう。
でもまぁ、かぶりつきで見れるならまだ良いよね。
オイラは予約するタイミングが遅かったせいかテーブルが無い席で、その密集部分より少し下がったセンターな位置。
なかなか良い席じゃないの~。

Guitar Music Barという場所だけあって、ステージ後方にはギターが何本もかけられていた。
壁にも色んなギターリストのジャケが額に入って飾ってあり、ここのマスターの音楽に対する愛を感じる。

んで、実質ちゃんと観るのは初めての中村まり。
ギター巧い、歌巧い。巧いというか渋い、渋い。
オイラの2歳上の姉さんでありますが、この若さでカントリーやブルース、フォークといった部分をフューチャーするのはかなり渋いぜ。
そして、凄い良い雰囲気出しているなぁ。

45分×2set。
Doc WatsonやTom Waits、Paul McCartney、Misissippi John Hurtといったカヴァーも含め全20曲。
アコースティック系だと、抑揚が少ないので途中でちょっと眠くなりかけたけど、凄い良かった。
set2のアタマではブルースハープを吹きながらのプレイもありで多彩なプレイですね。
10代の頃にアメリカに住んでいた事もあって英語も上手だ。

会場ではライブ情報を教えてもらったp氏の他にTカップルやBレコードのD氏といった面々に出会い、思ってもみない場所での遭遇。
やっぱりみんな好きなのね~~。
自主制作盤が500円との事なので早速購入。
ちなみに2ndアルバムはよくライブでお会いするあるエンジニアの方のお仕事らしいので、そちらの方も興味ありです。

決してメジャーには成り得無い、例えなったとしてもバカ売れするアーティストでは無いけれど、セールスとは関係無く本当に良いッス。
最近は精力的にいろんな人とジョインするようで、今後の動向も楽しみですな。
特にエイモス。
うわ~、どうやってエイモス御大と絡むんだろう。観てみたいス。

何故かサーディンファンにはまり嬢のファンの方が多いので、いつかその二つのバンドの対バンが実現したら面白そうだな~ なんて思ったり。
機会があったら、是非ご本人とお話しして録音の許可をもらい、ちゃんとテーピングしてみたいです。

スポンサーサイト

2007/3/25(日) Sardine Head/OCCURPOO / RUSTIC RENAISSANCE @ 渋谷クロコダイル 

この日はサーディンとあと2バンド対バンがあるライブ。

最初のバンドは、サーディンの川田さんと湯浅さんが所属する女性ボーカル物のRustic Renaissance。
普通に歌メインの正統派な音楽で、変態プレイは一切なくバックの演奏に努めるギター・ベースのお二方が新鮮でした。

二バンド目はOccupooという、女性キーボードと男性ドラムのデュオ。
何となくkiiiiiと似たような雰囲気を感じる。
まぁ、あそこまで壊れちゃいないけどね。

んで、トリがサーディンヘッド。
一曲目から新曲で始まった。
最近は新曲か!?と思うと違う曲が始まるので、どうも騙されてばっかりで気が抜けない。
またまた~新曲と思わせて違うでしょー、と思ってたけどココは新曲でした。あうあう。

で、ここ最近の新曲もなかなか良い感じだし、38 Piecesもぐっちゃんぐっちゃんになって良い感じ。
相変わらず面白いわ。
アンコールでは例のイントロからMovin'に行くか?とフェイントをかけてLoopへ。
湯浅さんのストラップが切れてしまったのか、ベースをアンプの上に縦に置いてガッガッガッと弾いていたのが印象的。


今回のライブではプリモからレンタルしているピンマイクで試しに録音してみた。
結構クリアな音で取れていて良い感じじゃねー??と思ったんだけど、シンバルの音がいやにチンチンシャンシャンと目立つ。
それ以外は問題なくバッテリーボックスも小さいので荷物の軽減にも良いんだけど、一つでも不確定要素があるのならば手は伸ばさない方がよい。
という訳で購入は見送り。試行錯誤の日々は続く。。。

2007/3/15(木) Sardine Head@新宿Sact! 

2回目の新宿サクトでのライブ。この日は他の対バンが各メンバーのソロもしくはデュオという変わった趣向で、まさに即興界隈的な題名をつけるならば「サーディンヘッドやりっぱなし」と言える内容だ。

サクトは小箱で小さいスピーカーな割に外音が良い場所だ。
前回オンステージで録音した際にベース音がちょっとパワー不足だったので、今回は迷わずPA横のテーブルを陣取って後ろにマイクスタンドを立てた。

img62cc59e1zikdzj.jpg

一番手はジョージ&タカシ。ギターの情事さんとベースの湯浅さんとのデュオだ。
二人ともエレアコを使用、サーディンとはまた一味違う控えめのプレイでカントリーやブルースのような音楽だった。
特に湯浅さんはサーディンでのエフェクター使いまくりの変態プレイではなく、フレーズをぐいぐい引っ張って聴かせる演奏で、この人やっぱすげーなぁと思った。

img6cdda0b0zik7zj.jpg

次はドラムの小林さんのソロ。
ドラム一人でどんなプレイをやるのかと思っていたら、やはりそこはサンプラーをいじりながらドラムを叩いて行くプレイ。
ドラマーだと確かにサンプラーを使っていくか、小道具を増やして一人でアンサンブルを作って行くかしか選択肢ないもんなぁ。
最初はドラムセット+ジャンベのようなもの叩いているように見えたけど、アレはどうやらエレクトリックタブラだったみたい。
叩く位置で出る音が変わるだとか。
いやぁ、そんなものも存在するのね。
現物を自分の目で確認しなかったのでちゃんと見てみたかったな。

小林さんのプレイもバカみたいな派手さは無いものの、唐突に曲が終わったりドラムンベースのような音を出したりと、吉田さんや芳垣さん等に繋がるユーモアは十分に感じた。
うん、面白いわ。

img28726d43zik6zj.jpg

ラストはサーディンヘッド。
川田さんだけがサーディンだけの出番だったせいか、フラストレーション炸裂で凄いプレイだったような印象(笑)。
新曲2曲やるというアナウンスがあり、聞き慣れぬイントロが始まると「お、新曲か??」と思うと違う曲が始まったりと、なかなかドキマギするライブだった。
38 Piecesも曲の最初にMCが無かったら全然分からない感じだったよ。
相変わらず変なふうに進んで行き、新曲2曲連続演奏したのち本編ラストはBlock Signalにて終了。

アンコールはLoop。
しかも湯浅さんはベースを最初に使用したアコースティックに持ち替えて、その途端に大歓声。
いやぁ、すげーすげーです。やっぱLoopはカッコいいなぁ。


いつもとちょっと趣向が違うライブでしたが、他の対バン無しで全部メンバーでこうやってくれても全然面白い。
また最初の二バンドの出番を楽しみにしています。

2007/3/8(木)  内橋和久+マニ・ノイマイヤー / にせんねんもんだい @ 高円寺UFO CLUB 

最近ジャーマンづいているところに見付けたこのライブ。
マニさんも興味があるけど、内橋さんとのセッションというならばこりゃ行かない手はないでしょう。
という事で初UFO CLUBです。
UFO CLUB入ってビックリ、中央線沿線らしいアングラなハコでした。しかも狭い。

19時半頃到着すると最初のバンドが既に演奏中。
2番手はにせんねんもんだい。女性3人の変ちくりんなバンドで観るのは今回二回目。
音楽自体はちょっと神経質っぽいサウンドの中ミニマルな感じに少しずつ展開していく音楽で、女性がこういった音楽をやっているという事には面白いと思うけど、音楽自体には特に目を惹くものでも無く。
直線的な展開なんだよね、もうちょっとひねくれたら自分好みになるかもしれない。
それでも前回観た時よりは全然良かった。

にせんねんもんだいのライブ中に後ろから背伸びして何とかステージを観ようとしているかわいらしい老外人がいて、知人に「あの人がたぶんマニだよ」と教えてもらいあまりにも普通の人っぷりにびっくりしてしまった。

そして内橋・マニのデュオ。
「コンバンハー、イラッシャイマセー」というマニのおどけたMCからスタート。
一番後ろのバーカウンターで椅子に座ってみていたのでステージ上は全く見えなかったけど、マニ・内橋両氏の多彩なアンサンブルは凄かった。
マニのライブは知人から客にピンポン玉を投げさせるとか変な話ばかり聞いていたので、ドラミングには全く期待してなかったんだけど、期待してなくてゴメンナサイとあやまりたくなるぐらい良かった。
とにかく手数多いし、引き出しの数が計りしれない。
ギターのフレーズに絡むようなドラミングに内橋さんもガツンガツンと答えていくし、何ともレベルが高いライブだったな。
最初の2バンドが霞んだのは言わずもがな。

内橋さんのギターは、去年アルタードステイツを見た時はちょっと苦手目かなーと思ってたんだけど、いやいや全然そんな事ないや。
今回のライブでいっぺんに好きになりました。

アンコール無しの22時頃には終わる約1時間のセットで、思ったより早く終わったけど内容は大満足。オイラの場合自宅が遠いので早く終わる事に越した事はないしね。

という訳で音楽の懐の深さを感じた今日この頃でした。

2007/3/2(金) Trad Gras och Stenar / ACID MOTHERS TEMPLE @ 初台Doors 

正直あんま気乗りしなくてしょうがないなぁと思いながら行ったライブだったんだけど、コレまた凄いライブだったよ。

19時40分ぐらいに到着して、すでに始まっていたアシッドマザーをラスト2曲だけ観戦。
パッと観なんで評価のしようがないんだけど、とにかく凄い爆音だったのとフロントの人がもろヒッピーだったのとギターの人がネックを持って逆手にギターを振り上げていたのが印象的。
またの機会があったらまた観てみたいけど、彼ら東京じゃ人気ないみたいだから次回はいつやるのかしら。

そして今回の目玉のトラッド・グラス・オー・ステナー。
全く予習せずに行ったので音楽はどんなのか分からなかったのですが、スウェーデンのカルトサイケバンドだそうな。
重いリズムの中サイケデリックを彩るツインギターがどろんどろんと突き進んで行くが如くの音楽。
60年代からやっているバンドなので、メンバー皆おじいちゃん。
楽しそうに満面の笑顔でステージ上で演奏しているんだよな。
観てるこっちも楽しくなっちゃうよ。
左側のギターのおじいちゃんなんて顔くしゃくしゃにしてギター弾いていて、MCでしゃべる言葉もたどたどしいくせにボーカルパートではシャキッと歌っちゃってるし。
とにかく感慨深いライブでした。

中盤では、ジムオルークとアシッドマザーの河端さんがゲスト参加して音響系な曲を披露。
ジムオルークは左端に座っており、彼の出音も凄い小さくて何をやっているか全然分からずでした。


ふと足を運んでみたライブが思いかけず良いライブで胸一杯です。
サイケシーンは全く知らない世界なのですが、いやはや世界は広い。が、シーンは狭い(爆)。
オーバーヘッズのT氏やレインボー等をオーガナイズしているH氏をフロア内でお見掛けして、意外な場所で見た事がある顔に出会うというサプライズもありました。

おそらく最初で最後の来日だと思われるので、貴重なライブ体験でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。