FC2ブログ

2007/6/7(木) THE WORLD HERITAGE @吉祥寺MANDALA-2 

今回はいつもの4人に加え、関東地区では珍しく山本さんも参加して最強の布陣。
おかげで平日なのに満員御礼です。
椅子取っておいてもらったから良かったけど、これで立ち見はツラそうだといつも思う。

まずはナスノさんが一人ずつメンバー紹介してフロアへ呼びむかえるという趣向でしたが、年始の叩きっぱなしと同じように呼んだメンバーと違う人が入って来るというナスノさんいぢり再び。
まったく、みんなしょーもない事が好きなんだなぁw。

さて、山本さんのギタープレイはROVO以外では初めてみるのですが、クリーントーンで単音フレーズを弾き倒すプレイが基本形なのですね。
歪んだ音でハードに定型フレーズを刻んでいく鬼怒さんとはまた違ったプレイなのが対照的。
特に一曲目の山本さんのプレイがキャッチーで、一曲目から引き込まれた。
鬼怒さんと山本さんの役割がいつの間にかクルッと変わっていたりで、あーゆーのはどう取り決めているんだろう。
吉田さんは通常の乾いた音がするスネアと低音気味にチューニングしてあるスネアの2種類が左手に並べてあるようで、ツ ドンドンドン と音の使い分けが興味深い。

しかし悲しいかな、ステージ上の立ち位置のせいだと思うんだけど、両翼で一歩前に出ている勝井・山本のROVOチームの出音が大きく、ドラムの両隣に位置する鬼怒・ナスノの是巨人チームの音がちょっと引っ込んでしまっている。
特に鬼怒さんのギターの音がトーンのせいもあって聴き取りづらい。むぅぅ。

5人になる事で音数が増えてもっと混沌とするかと思っていたけど、意外に整合性が取れているようなスッキリとした印象。
山本さんが弾くフレーズのせいか、結構聴きやすく好みな展開が多かったのが良かった。
山本さんと勝井さんの絡みもさすがと思わせるプレイでした。

set1は4曲約50分にて休憩。

物販を置く場所が無いという事で、フロアのセンターにCDが無造作に陳列されている。
World Heritageの2ndアルバムの没ネタ集CDRが本日のみ限定40枚、これをフリーク達が我や我やとステージへ詰めよるもんだからトイレへ行こうと逆走するのが大変で大変で。
しかもマンダラ2はトイレが1つしか無く、手を洗うのも個室内にあるのでとかく時間がかかる。本当にサイアクだ。
トイレで並んでいる間、自分の席の近くでグラスが床に落ちる音がして、マジかよ~と思ったけど自分とこじゃなくて良かった。
コレさ、ただでさえ人が多い所に物販買いに行く人・トイレに行く人・飲み物を買いに行く人と入り乱れるものだから本当に大変よ。

気を取り直してset2へ。
set2では高円寺百景の久保田安紀が一曲ゲスト参加。
高円寺百景は未体験なのでどんなものかと興味津々。
何語とも分からないオリエンタル風な言葉とメロディーを歌い、歌というよりか声が楽器という感じだな。
彼女の歌声をフューチャーするような演奏でこれがとても良かった。
こんな感じなら高円寺百景も観てみたいわな。(コレは1ヶ月後に良くも悪くも裏切られる訳ですがw)

この後に演奏した曲は吉田さんにしては結構珍しいようなリズムパターンで。
疾走感溢れる吉田さんのドラムにROVOチームのメロディーの絡みが逸材な曲で、これまたグッと引き込まれてましたね。

40分ほどでset2は終了。
アンコール前のMCでは各メンバーの告知。山本さんとナスノさんは「オレはいいよ」と言って奥ゆかしい。
鬼怒さんの告知で面白かったのが、
スーパーギターデュオライブ、クラシックの異端児とロックの異端児というフレコミでスゴいねぇ、という話。
あとは吉田さん参加のACID MOTHER TEMPLE SWRレコ発ライブはアルバム再現を目指すらしい。

で、ゆるい感じにライブ告知があった後はアンコール一曲。
これもフレーズが優しく美しい曲で、カッコいい、カッコいい。

今回を含め体験3回目の世界遺産ライブですが、文句無しにベストライブ。
これレベルの即興なんてそうそう観れないんじゃないか。
しばらく彼らのライブは無いっぽいのですが、また是非5人揃ったライブを観たいものです。

スポンサーサイト



2007/6/3(日) Y's Country World @横須賀芸術劇場 

act : Rodney Ceowell / Pam Tillis / Mandy Barnett / The Players

我が街である横須賀市の市制100周年イベントの一貫としてカントリーバンドが横須賀芸術劇場でやるっちゅーので、そんなに気合入れてなかったので値段が安い2階席のチケを購入して行ってきました。
カントリーってオイラにゃ馴染みの無い音楽なんだけど、スゲー良かったです。

会場にはカウボーイハットを被ったカントリースタイルなファンがわんさかと、横須賀ではあまり見かけない光景が興味津々。
入り口で渡された袋の中にはこのイベントに出演するアーティストを説明してある小冊子もあり、市が関わっているだけあってなかなかの充実ぶりでした。


一番手は今回他のアーティストのバック演奏もつとめるThe Players。
ナッシュビルで一番人気のスタジオミュージシャンだとか。
余裕しゃくしゃくにカッコいい演奏。
このグルーブ感ちゅーのかな、うひゃー、スゲーなぁ。
といいながらも、ここに来る前に少々麦酒を飲んで来たので強い眠気がやってくる。
彼らの気持ち良い演奏をバックにうたた寝してしまった。

二番手はMandy Barnettという女性ボーカル。
こちらもなかなかうまいボーカルです。
しかし、やはり前からの眠気が覚めず、夢の中で音楽を聴いている気分。
それはそれで心地良かったですが、申し訳無いことにほとんど印象に残っておらず。

三番手はRodney Crowell。おそらく今回のイベントの一番の目玉じゃないだろうか。
一人弾き語りからスタートし、全体的にアコースティック主体な爽やかな演奏でした。
ポップ色が強い他の女性ボーカルと一線を画しているのもあって、一番良かったと思います。
終盤ではボブデュランのカヴァーを披露。
客の反応は特出した所は無かったので、カントリーファンとボブデュランは交わりは少ないか、という結論だそうです。

ラストはPam Tillis。
途中からMandy BarnettとRodney Crowellも参加してオールスター共演です。
Pam Tillisは曲間の度にしゃべっていたのでMC好きなのだろう。
しかし、英語だと何しゃべっているのか相変わらずワカリマセン。

先述の通り、カントリーは特に聴いた事も無く馴染みの無い音楽でありましたが、ちょっとカントリーに対して勘違いしていた所もあったのかもしれない。
オイラがカントリーと思っていたものはブルーグラスで、カントリーそれ自体は非常にポップなんだね。
特に日本ではカントリーに大しての知名度が低いのであまり話題になる事が少ないのかもしれないなぁ。
こんだけ良い音楽なのにもったいない。
今回司会役をしていたトムスキャビンの麻田さんが言っていましたが、カントリーは世界で一番売れている音楽なんだって。
こうやってライブを体験して「なるほど」と思わせる良きライブでした。
実際みんなスゲーうまいもんな。
機会があればまた観たい。けどめったな事じゃ来日せんだろうなぁ。

2007/6/1(金) God Johnson / Sardine Head @ 梅島ユーコトピア 

God Johnsonの対バンにサーディンヘッドが決定した知らせを聞いて、そう来ましたかと思いながらも参戦。
スタートが19時という事でいつもより一時間も早いのがツライ。
仕事を早びけし18時40分頃に到着するも、会場内にはまだメンバーと4&3氏しかおらズ。
その後はぞくぞくやって来て、いつものサーディンファンに加えGod Johnsonのメンバー+αでフロアはいつになく外人率高し。
対バンだとかスタート時間が早い事もあって、普段よりサーディンファンは若干少なかったような感じ。

ほぼ定刻通りにSardine Headスタート。
一曲目Shuffleは肩ならし的な演奏で次のCream Cheese Cakeのソロから加速的に上がっていく。
そしてなんといってもBeg。去年の暮れが初披露の新曲なのだが半年にしてもう大リニューアル。
今まではジャッジャッジャッとカッティングで切っていたフレーズが今回は滑らかにメロディーを聴かせるフレーズに変わり、中盤に急展開を見せる。
一旦曲が終わったか?と見せかけてとても怪しいフレーズが飛び出し、聴いている方は本当に手探り状態な展開が続く。
一瞬何が起きたかわからなくて終わってみればエラいもん見ちまったぜー、な衝撃。
何度もサーディンのライブに足を運ばないとわからない感覚だけど、こんなビックリ箱なライブは他に類を見ないだろう。

この曲の後はお腹がすいたもののユーコトピア内では落ち着いて食べれるスペースが無かったので、一旦外へ出て300円ラーメンを食べた。
さすがに安価なせいかちょっと量が足りなかったので、ケチらずに餃子も頼めば良かったかなと思ったり。

で食べ終わったらすぐに戻ってライブの続きを楽しむ。
この後は特に大きく崩した曲もなくBlock Signal やYellow Taleをノリノリで観戦。
終わってみれば80分に及ぶセットで、オープニングアクトだと60分がいいところかなと思っていたので大満足なり。

次はGod Johnson。the big wuの元ギタリストが率いるバンドである。
ちなみにこのギタリストは去年のthe big wu来日の際に、現ギタリストが来れなくなったので代役をしていた人だ。
ギター・ベース・ドラム・キーボード×2・サックスといった編成でステージに所狭しとセッティング。
サックスは参加していない曲もあるが、キーボードとサックスがいる事でthe big wuよりも華やかなサウンドになっている。
アメリカ人というのはリズムのノリが濃い感じがするよね。
最初はジッと観察しているが如くの客も次第にノリ始め、中盤ではPhishのカバーが飛び出し大盛り上がり。

演奏も巧いし歌やコーラスも巧いしなかなか良いバンドだとは思うんだけど、長時間観ているとちょっと正直飽きる。
しかしこの手のボーカル&コーラスはさすがなので、歌が苦手なバンドが多い日本のジャム系も是非これぐらいのレベルまで底上げして欲しいものだ。

2時間近くやったところで一旦5分ほどのトイレ休憩が入る。
休憩を入れるんなら1時間×2セット仕立てでやれば良いのに、なんて思ったり。

休憩後、奥のキーボードの人がフロントに立ちトーキングヘッズのカヴァーが始まると大爆笑の渦。
あまりにも疲れていてやる気が起こらないオイラは最初は笑いのツボが全然分からなかくてノリ遅れてしまった。
キーボードの人のコミカルなボーカル具合がおかしかったス。
目を見開いてくねくねノリノリに歌っている様子は、この人がキーボードの人とは気付かなかったぐらいだ。
その後も2曲ほど演奏して終了。休憩後の演奏はアンコールみたいなものだな。

終演後はみんな集めて記念撮影なんてものをやっていたけど、オイラは片付けがあるので参加せず。
2回目の時に顔だけひょこっと出してみたけど、たぶん映っていないだろう。

で、God Johnson。悪いバンドでは無いけどB級感は拭えないなぁ。
予想以上の展開を望めなかったかな。
彼らの曲はほとんど知らない人が大半だったので、カヴァー曲ばかり盛り上がってしまうのもある。
特に日本じゃ知名度も無いし、大々的にライブ告知していた訳でもないのでこの辺りが限界だろう。