FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/5/29(木) Geoff Muldaur @ 横浜Thumb's Up 

先日来日したマリア・マルダーの元旦那さんです。
前回のトムス・キャビンで来たクリス・ヒルマンの時が異様に高い年齢層だったせいもあって、今回は若く感じる客層でした。実際30代とか多そうだし。
しかし普段よりも客足が悪く、いつもは窮屈に敷き詰められている場内のテーブルが若干少なくなって、スペースが出来てゆったり観る事が出来ました。

オープニングアクトは、Mad-WordsのMooneyさんのギターソロ。
まったりと優しい雰囲気でした。
ラストはツボと洗濯板が参加して、2年前のフリッツ・リッチモンドのトリビュートライブの時の事を歌った歌で締め。約30分のショウでした。
ジャグバンドはこの空気感が良いですね。

ちょっとだけブレイクが入って、麻田さんの口上から始まりジェフ・マルダー登場。
麻田さん曰く、「彼のギタープレイ、意外にちゃんと聴くと凄いんです。」
今回は珍しくアルバムを数枚借りて予習してみようと思ったのだけれども、家だと”ながら聴き”になってしまうので、雰囲気は分かったけど曲は覚え切れませんでした。
一般的にジェフに対する評価や印象というのも良く分かってないので、麻田さんの口上でギタープレイに関してはあんまし評価が高いとはいえないアーティストだと知るのでした。

ジェフの持つギターは、けっこう小振りのアコースティックギター。
どうやら専用モデルだそうな。
そのギターから奏でられる音色は暖かく柔らかい。
確かに派手ではなく地味なプレイだけど、堅実で良いプレイ。
声も意外と高くて、歌も良い雰囲気です。

途中でMooneyさんがスプーンで一曲参加、その後ツボと洗濯板のお二人も加わってもう一曲。
このスプーンが凄い。
二つを重ね合わせて膝と左手を使ってカスタネットのように叩くんだけど、音色は洗濯板のような金属音。
スプーン二つで始められるパーカッション。
これはちょっと練習する価値ありかも。
ツボや洗濯板を使うのもそうだけどジャグバンドやブラジルのパーカッションの、何気ない家庭用品で音を奏でる発想が何とも良い。

アンコール込みで約90分のショウでした。
アコギ一本でソロライブというとやはり音の線が細くなってしまうけど、ジェフの歌とギターの良いところがクローズアップされた良いショウだったと思います。

セットリストも大体いつも一緒との事で、ジェフ的様式美が確立されているんでしょうか。
まぁポイントは抑えているっちゅー事なのかな。
45年のキャリアの中でデビュー当時から一貫とブレる事なく同じジャンルに身を置いているというのは素晴らしいです。

終演後にTシャツを購入してサインして写真撮ってもらって帰宅。



先日トムス・キャビンのHPを見て知った事。
95年にトムス・キャビンが呼んでMM&Wが来日してるんですね。
このプロモーターってフォーク・カントリー・ブルース系が多いからちょっと意外だったよ。
その頃に目を付けたのはさすがと思うけど、ちょっと時期が早かったんじゃないかな。
来日コンサートのタイミングって早すぎても遅すぎてもダメだから難しいね。
この時にライブ観に行った人っているのかなー。

スポンサーサイト

2007/5/17(土) DOUDOU N' DIAYE ROSE PERCUSSION ORCHESTRA @ 関内ホール 

PIT INNにラクダカルテットを観に行った時に入っていたフライヤーを見て興味をもったライブです。
そういえばあの時期はラクダカルテット以外にも何回か続けてPIT INNに通っていたんだけど、何故かラクダの日にしかこのフライヤーが入ってなかったんだよね。
どーでもよい話なんだけど、ちょっと不思議な話。

2007年に人間国宝に認定されたセネガルのドゥドゥ・ニジャエ・ローズ率いる打楽器集団という事で、チケット代もそんなに高くなかったしアフリカ打楽器ものなら楽しいでしょって思って行ってみたよ。

会場内はやけに子供というか赤ちゃんが多かったので「何事じゃ」と思ったら、席を必要としない未就学児一名は無料だった模様。
おかげで家族連れでショウを観に行けるのはいーんだが、おかげで横から後ろから至る場所から泣き声や奇声がたま~に飛び交う状況。
演奏が波に乗ってしまえばそんなに気になる所でもなかったから、まぁって感じです。

オープニングアクトで日本人の太鼓集団「ヒダノ修一スーパー太鼓プロジェクト」が40分程度。
鼓童のような和太鼓もの。
嫌いな訳ではないんだけど、どうも和太鼓ものは食指が動かない。

そしてブレイクを挟んでドゥドゥ・ニジャエ・ローズ・パーカッション・オーケストラが登場。
最初は3人で1人四つ付きの打楽器(名前わかんらんのです)を叩いて、リズムと音の高低の妙を楽しむ。
そこから違うパートが少しずつ増えていき、総勢11名にもなると音の渦が凄くて気持ちよい。
ノーPAなのに会場内にとても響く。ホールって凄いなぁ。

肝心のドゥドゥさんは、自身ではあまり打楽器を演奏する事なく、ステージ上を動き回り、妙な踊りを踊ったり、指揮をしたりする事多数。
渋さでいうところのダンドリスト不破さんみたいな役目なのでしょうか。
いつだか来日した時もあんま叩いてなかったというので、元々そのようなスタイルなのかなぁ。
でも、あれで70歳オーバーというのが恐ろしい。
元気なおじいちゃんである。

時折オーディエンス側から手拍子が始まるんだけど流動的に変わっていくリズムには間違いなく対応出来ないので、実際の演奏とこの手拍子がズレていく様が何ともシュールに感じました。
日本人ってホントに手拍子が好きだよね。
そういや、先日のクリス・ヒルマン&ハーブ・ペターソンの時は思ったより手拍子が起こらなかったな。

中盤では女性ダンサーが一人ずつソロダンスをしている時に、オーディエンスのアフリカ人がステージに乱入して踊ってみせたりと、数名の人が我はと続いて面白かった。
あの右足左足とジタバタするようなステップがあちらの様式なのかな。
巻きスカートだと中が見えそうになるんだけど、そこはバッチリとスパッツなど履いてガードしてましたね。
中にはオヒネリを渡すお兄ちゃんもいて、去年のザンジバルのライブを思い出しました。
でも途中からスタッフのストップが入ってしまったのが残念。
邪魔をしている訳じゃないんだからやらせておけばいいのにな。

とにかく音楽理論的に詳しい事はわからないけど、アフリカのリズムってとても濃い。
そりゃ日本でも芳垣さんのオルケスタ・ナッジ・ナッジとか仙波さんのカルガモーズとか打楽器モノで好きなアーティストはいるけど、やはり本場の人はリズムの根っこの部分が非常に深く感じるんだよね。

アンコールでは、オープニングアクトの日本人も入ってのリズムセッションにて大団円で終了。

リズムモノはとにかく胸が躍って楽しい。
良いライブでした。

6月の観戦予定 

6月の予定です。

6/1(日)New Raga Acoustics@鎌倉光明寺
ヨシダダイキチ(シタール)とアルナングシュ・チョウドリー(タブラ)のお二人によるライブです。
鎌倉以外のも地方巡業や都内のカレー屋さんなどでライブをやる予定
お寺にライブ見に行くのは初めてなので楽しみです。

6/6(金)THE JACK AND JIM SHOW@新宿PIT INN
ユージン・チャドボーン(G)ジミー・カール・ブ ラック(Ds)のお二人によるライブです。
ジミー・カール・ブ ラックはフランク・ザッパのバンドに参加していたドラマーだそうな。
2daysの一日目はCAPTAIN BEEFHEARTのカヴァーをやる予定です。

6/7(土)RAINBOW ROSE Vol1@小田原峯自然
CATCH & RELEASE企画の野外イベントです。
野外で見るSardine Headは久しぶり。
遠足気分で楽しんできます。

6/8(日)SAVE THE FUTURE「渋谷エコライブ」(Perfume/山嵐) @ NHK放送センター
特別番組「SAVE THE FUTURE」の一環で行われる生放送ライブです。
観覧募集に応募してオイラは落選してしまったのですが、某肉兄貴が当選したので行ってきまス~。
最近抽選モノは落選してばかりだ、トホホ。

6/8(日)THE JACK AND JIM SHOW@新宿PIT INN
2daysの二日目はやっぱりFRANK ZAPPAカヴァーです。

6/11(水)是巨人@高円寺MISSION'S
今年初のワンマンライブかな。
今回は場所を変えてミッションズにて。

6/17(火)ORQUESTA NUDGE! NUDGE!@新宿PIT INN
やってきました、芳垣4days。
本音を言うならばナッジナッジは円形ステージで見たい。

6/18(水)ナンバジャズ@新宿PIT INN
芳垣さんと山本さんの武士なデュオです。
山本さんの人柄にそっと触れる良いショウを期待。

6/20(金)Sardine Head@梅島ユーコトピア
ユーコにてサーディンライブです。
ワンマンか対バンあるかはまだ未定だそうな。

6/21(土)Perfume/SPECIAL OTHERS@Zepp Tokyo
ホットスタッフ30周年イベントの一つです。
チケット難民続出だそうです。
Perfume人気スゲー。

6/26(木)COMBO PIANO@新宿PIT INN
内橋さんとボアダムスの千住宗臣も参加しているピアノトリオ、なのかな。
今回初めて観ます。


他にはこんなんあります。

6/2(月)酒井泰三、ナスノミツル、嶋田吉高@関内STORMY MONDAY
5月頭に観たライブがえらい良かったので、次回も行きたい気分です。

6/7(土)南博Trio@MOTION BLUE YOKOHAMA
南さんのリーダーバンドがこういった場所で観る機会ってのもそうそう無いから行きたかったけど、小田原と被っちゃってるので残念。

6/10(水)南博Go There!@新宿PIT INN
ここ何度かパスしていたので、久しぶりに観たいです。
きっと南さんの「買って、買って」なMCが炸裂する事でしょう
彼著作の「白鍵盤と黒鍵の間に」は先日のライブの時に購入しましたが、まだ全部終わっておりません。

6/22(日)林正樹・芳垣安洋@大泉学園inF
ピアニストの林さんと芳垣さんのデュオ。
非常に行きたいけど大泉学園遠すぎ。

6/29(日)ギターの日キター@六本木SUPERDELUXE
ギタリストが総勢20名参加するというギタリストのみのライブ。
内橋さんや山本さんや鬼怒さんや灰野敬二や、見てみたい加藤崇之さんなどが参加してこれはヤヴァそうだぜ。
でも悲しいかな、この日は「カエル祭り」のために長野県松本に行ってしまっているので行けないのですー。

ブログお引越し完了だべさ 

無事引越し完了。
一つずつコピペで持ってきてしんどかったです。

元々更新あんましてなかったのですが、新しい場所へ移れば多少なりともワクワクするじゃないですか。
これが、モチベーションアップに繋がると良いのですが。
まぁ無理せずサボらずのんびりやっていきます。

今までと同じようにライブ感想をメインに書いていきますが、
ライブだけに拘らず他にネタにしたい事もあるので、それらも書いていければなぁと思います。

んでは、宜しくお願い致します。

オイラ星人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。