FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/14(火) Jon Cleary @横浜Thumb's Up 

久しぶりにバッファロー・レコードのライブへ。
トムス・キャビン以外のライブでサムズへ行くのも随分久しぶりです。
このジョン・クレアリー、ニューオリンズのキーボーディストでボニー・レイットのバックバンドで弾いていた経歴もあり。
例の如く、ワタクシは全然知りません。
一応予習にと新しいアルバムを貸してもらってはいたのですが、ほとんど聴いておらず。

そしてバックを務めるThe Absolute Monster Gentlemen、特に小錦級のガタイのギタリスト(一説によると小錦より体積があるみたい)は見るだけでかなりのインパクト。



ギターのストラップは一応肩にかけていたけど、肩にかけるというか首に引っ掛けるといった方が正しいかもしれません。

デカイ図体に似合わない繊細なフレーズを弾いておりました。

自分的には十分黒いグルーブだと思うのですが、同行者曰く「白人がやるとどうしても音が軽くなってしまう」ような話をしていたので、この辺りは月末のネヴィル・ブラザーズのライブで身をもって体験してきますか。

歌も巧いし演奏も上手で楽しかったですよ。

スポンサーサイト

2008/10/12(日) Fanfare Ciocarlia / 渋さ知らズオーケストラ @よこすか芸術劇場 

いつもは遠出してのライブばかりだけど、今回は珍しく我が地元にてのライブです。
芸術劇場は去年のカントリーイベント以来です。
席は右ブロックの一番前です、ステージ近いわ!!

最初は渋さ知らズオーケストラ、約50分の演奏。
例の客席を縫っての行進はなくて、普通にステージ脇から登場でした。

渋さメンバーは珍しく女性分少なめ。
関根さんとペロさんとおしゃもじ隊(南国バナナ娘?)と白塗りの人だけで、室舘さんも小森さんもおらず、ついでに片山さんの姿も見えない。
泉さんという方が参加しているのが珍しいみたいなんだけど、この人の顔が分からないんですよね。
最近はだいぶメンバーの顔も名前も覚えてきたと思ってたけど、まだまだ知らないメンバーも沢山います。

白塗り隊はステージ登場時は段ボールを頭に被っていて、よつばと!のダンボーを彷彿させます。


そして、残念ながらオイラは中盤でうとうと~~とうたた寝してしまいました。
なのであまりライブの記憶が無く。すみません。
終盤では不破さんがオーディエンスに手拍子やコーラスを煽る場面もあって、不破さんのテンションがちょいといつもと違う感じでした。
あんまし酔ってなかったのかな。

数分のブレイクを挟んで、ファンファーレ・チョカリーア。
低音管楽器チームが厳かに演奏していて、順々にサックスなどのフロントマンがステージ上に登場する演出。

世界最速のジプシーバンドと呼ばれるだけあって、なるほど速い速い。
特に低音部隊がズッチャッズッチャッと速いビートを刻んでいて、すげーなといった感じです。
曲は基本的に知らないんだけど、何となく聴いた事があるメロディもあったのでカヴァーも何曲かやっていたかもしれません。

途中で踊り子は二人出てきて、一人は彼らと一緒に回っているルーマニア人だと思うんですが、もう一人がインド人でこの女性が独楽のようにずっっっと回っていて、座って回って立って回ってとかなり凄いお方でした。
笑顔も絶やさずふらつく事なく素晴らしい。

アンコールでは渋さメンバーも入り乱れての「火男」。
どちらかというとファンファーレメンバーはあんまし目立ってなかったけど、両バンドの踊り子さん達は目立ちまくり。
インドの踊り子さんがおしゃもじ隊のバナナ抱えて踊ってました。
さて終わるかと思ったところに袖に戻らない渋さメンバーが2、3人。
彼らが「犬姫」を演奏し始めると何人かステージに戻ってきてしんみりと演奏して終了でございました。

ライブ本編が終わった後も祭りはまだまだ終わりません。
会場の入り口でファンファーレチームが生音で演奏&おひねりタイム。


ぶっちゃけこっちの方がメンバーもオーディエンスも生き生きしているように思えます。
ここで60分ぐらいライブやっちゃうのもアリでしょう。

インドの踊り子さんは、入り口で女性の手の甲になんかやってました。


ジプシー系のライブは今回初めての体験かな。
なかなか面白いもん観させて頂きました。

2008/10/8(水) Multikaluti @新宿PIT INN 

先月のO-Eastでのライブも記憶に新しいところに、再びピットインでライブです。
しかし珍しく客席はガラガラで、半分埋まっているか埋まってないかぐらいでした。
一番前の席なんて空いてるのに座る人が少なく、おかげでステージはよく見えたのは良かったのですが。

set1は片山さんに捧げナイト、という事でチャーリー・ミンガスとローランド・カークのカヴァー。

「Better Git Hit in Your Soul」はのっけから非常に濃い演奏で、先日のO-Eastはハコの大きさと音響が相成って音が広がっていく感じだったけど、ピットインでのライブは音が迫って来る勢いです。
大友さんがギターや腕を振り上げてキュー出しする場面も。
例の漢気満点のコーラスパートでは、やっぱりふなとさんは歌ってないようだけどニヤニヤと演奏する姿が印象的です。

「Fables Of Faubus」は斉藤社長と大友さんの掛け合いが面白かったです。
斉藤社長が思わず声高々に笑う姿が印象的。

「Inflated Tear」は正にふなとさんフューチャーしたような曲。
いつでもニコニコと笑顔で演奏しているのにその演奏の中身は鬼気迫る勢いで凄いです。

「Jelly Roll」は今回初めて聞く曲。
「ミンガスの楽しい曲を壊れそうな演奏で」と紹介。
2ビートで高速なBPMで突っ込んでいく様子は、確かに壊れんばかりの勢いの演奏でした。

set2はオーネットコールマン周辺のセット。

一曲目はこの編成ではお馴染みドン・チェリーの「Mopti」。
ドン・チェリー関係の選曲がEmagencyとMultikaluti、要は水谷さん編成とふなとさん編成の特異点になるのでしょうか。
そしてこの「Mopti」は西アフリカの部族の音楽をドン・チェリーがパクッたとか何とか。
なるほど、テーマとなるメロディが延々と繰り返し出てくるミニマルちっくな展開は、アフリカのトランスがかった音楽に似ているとも思えますね。
とにかくカッコ良いです。

「Lonly Woman」は静かに静かに盛り上がっていきます。
ギターフレーズの後ろでふなとさんと芳垣さんがかなり弾きまくり~叩きまくり~で暴れまわります。
この二人のリズム隊は本当に鉄壁ですね。凄いや。

で、三曲目は「Birdboy」。
これはO-Eastの時に曲名が分からなかった曲ですね。
ここで今回のset2がこの間とまるまる同じ演目だというのに気付きました。
この曲はダブっぽい雰囲気でした。
ドン・チェリーの曲は結構自分の好みっぽくて気になるまくりです。

本編ラストは毎度お馴染みで「I Say A Little Prayer」。
こちらもO-Eastの演奏と同じように、終盤からリズムチェンジしてアップテンポになる展開。
スタンディングのライブだとこの展開は盛り上がる事間違いないからO-Eastの時専用のパターンだと思っていただけに、ピットインでもこの展開で行くとは予想外でした。

アンコールは「Mood Indigo」。
静かな静かな演奏。
ふなとさん以外のメンバー全員がふなとさんの演奏をじっと見つめている場面にニヤリ。
ベースとドラムが止まっても、ギター二人はそのまま演奏し続けて、芳垣さんが右見て左見てまた右みて左見て、とキョロキョロしている姿にまたニヤリ。
大友さんの口笛なんてのもありました。
そして、やっぱりふなとさんは面白いです。

set1とset2でテーマを持ってのセットリストで非常に興味深かったです。
とりあえずドン・チェリーのアルバムを購入して聴いてみようと思います。

セットリスト

set1
Better Git Hit in Your Soul/チャーリー・ミンガス
Fables Of Faubus/チャーリー・ミンガス
Inflated Tear/ローランド・カーク
Jelly Roll/チャーリー・ミンガス

set2
Mopti/ドン・チェリー
Lonly Woman/オーネット・コールマン
Birdboy/ドン・チェリー
I Say A Little Prayer/バード・バカラック

アンコール
Mood Indigo/デューク・エリントン

PHISH 

http://phish.com

March 6, 7 8 2009
Hampton Coliseum, VA

先日マネージャーの結婚式でメンバーが集まって演奏したのも記憶に新しいですが、とうとうPHISH再結成です。
先日知人と「来年の夏には再結成する!」という話をしていて、どんな根拠やねん?と思っていたのですが、なんと夏より前の3月に再結成。
タイムリーな話題です。
ハンプトンのライブ以降もライブ続けるみたいなので、今後の展開が楽しみです。


周囲には熱狂的になファンが沢山おりますが、オイラはリアルタイムで体験していないので皆様ほど思いいれがある訳ではありません。
出来る事なら体験したいバンドの一つですがアメリカまで観に行く事は無いと思うので、来年は初来日から10年経つのでフジロックで3日間ぶち抜きで来日して欲しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。