FC2ブログ

2009/6/27(土) 芳垣安洋x田中信正Acoustic Jazzset @新宿PIT INN 

メンバー:芳垣安洋(Ds)田中信正(P)
ゲスト: 井上陽介(B)藤原大輔(Ts)Gideon Jucks(Tuba)

毎年恒例、芳垣4daysの三日目です。
アコースティックジャズという事ですが、参加メンバーが目新しくて予想が付かないだけに、かなり楽しみに久しぶりにピットインへ。

さて、今回のステージは今までとちょっと違うセッティングです。
各楽器にはマイクが設置されておらず、ステージとフロアの境目に自分の身長強の高さでマイクが2本立てられており、最初「オンステージ録音?芳垣さんやる気じゃないかっ!」と思ったのですが普通にPA用のマイクだった模様。

set1は、芳垣さんと田中さんとのデュオを中心に、田中さんの曲や田中さんアレンジのマイルスの曲などを演奏。
静かな立ち上がりから、芳垣さんのドラムと田中さんのピアノがユニゾンで展開していき、曲の終盤には二人とも白熱する演奏でこれは素晴らしい。

この田中さん、初めて見ましたが凄いピアニストですね。
なんちゅーか一人プログレ的なピアノの弾き方で、リズムをひっぱって行ったり流れるように弾いたり、ほぇ~と感心。
頭をゲンコツで叩いてリズムを取っていたりする場面もあって、弾いていない時のしぐさからも「奇才」という印象です。
酒井俊さんと一緒にやっている事が多いようで、歌モノの伴奏だとどういった演奏になるのか興味あります。
set1の最後には、大阪時代以来で21年振りに一緒に演奏するというベースの井上さんが参加してトリオでEMARGENCYの曲を演奏して休憩。

ブレイク中に物販コーナーを覗くとキューバ音楽やふなとさんのアルバムなど興味を惹かれるCDもあったのですが、持ち合わせがなくて今回は断念。
翌日にお金があってCDが残っていたら購入しようかな。

set2は他のゲスト、ギデオンさんと藤原大介さんのホーン隊も参加して5人での演奏。
芳垣さんが好きな曲をチョイスしたという事で、一曲目はキューバのポップ音楽、その後は三文オペラなどのクルト・ワイルの曲を中心に演奏。

「ドイツはこれで良かったんですかね。天才なんでしょうけど、こんな退廃的なことばっかりでいいんですかね?」というブレヒトの演劇についての芳垣さんのコメントもあったり。

本編ラストはお得意のバカラックの曲にて終了。
こちらも終盤の盛り上がり方が素晴らしい。
実は最近音楽に対して何を聴いても高揚する気持ちが全然無くて、今回のライブでも「面白いなー凄いなー」と思う気持ちは強くてもどうしても盛り上がり切れず、やっとこの曲でぐおっと気持ちが高揚していきました。

アンコールの時の芳垣さんのMCで、「猥雑ながらもロマンチストな曲ばかり集まってしまった」というコメントもあり、これはきっとイコール芳垣さんがロマンチスト、という事ですよね、えぇ。
アンコールは加藤崇之さんの曲で終了。
これもメロディが非常に素敵な曲で、加藤さんは前々から見てみたかったんだけど未だにライブに行った事なくて、こういった曲を作る人なら俄然興味が湧いたので、何かのタイミングにさっさと行って来ようと思います。

それにしても今回のライブは、田中さんのピアノの一人勝ちですね。いや凄いです。
ほぼ生音だったので、ドラムが炸裂するとベースとピアノが聴こえづらくなってしまうのがちょっと難点ですが、EMARGENCYの漢気ジャズとはまた違ったピアノをフューチャリングした演奏で楽しかったです。


今回のフライヤーを初めて見たんですが、芳垣さんがポージングしている!
これは永久保存版ですね。
オイラのアイドル!

スポンサーサイト



パナのWM-61A改を購入 

世の中には、ライブ等のテーピングフリー(録音OK)なアーティストがいて、ワタクシもたまにそのようなライブへ行っては録音したりしているのですが、今回はそんな録音機材の話をちょっと。

続きを読む

Flowerman Drive 9 @高崎 club Freeze 

21時頃会場へ移動。
フロア後方は物販スペースになっており、Tシャツや雑貨といったものが販売されています。

鰯Tシャツ
こちらはFlowerman作のバティックTシャツ。10枚限定品。
自分に合うサイズが無かったのでワタクシは見送り。

物販スペースからPAブースを挟んで、フロアとステージ。
これだけでユーコのフロア分ぐらいはあるんじゃないかと思うぐらい、かなり広いステージでした。
東京からのいつもの面子も順々に顔を出してアウェー感は薄れたものの、予想以上に人が入っていてビックリ。
これは対バンのTurtle Island効果でしょうか。

22時過ぎにTurtle Islandがスタート。
総勢10名以上で和太鼓などの打楽器モノが多いけど、それでもステージ上は悠々。
フロアはいつの間にか人がぱんぱん。
オーディエンスは年齢層も若めで、浴衣着てたりはっぴ着てる子供がいたりコスプレしていたり、なんだかお祭りな雰囲気です。

このTurtle Islandは愛知のバンドだそうで、和とファンクを融合させた渋さ知らズといった趣きでしょうか。
とにかく大盛り上がりでレール付近は縦ノリ、ダイブもどきまで出る勢い。
PA前の一段上がっているところにマイクスタンドを立てていたので、クラウドサーフがこっちまで来ないもんか冷や冷やもんでした。
ぶっちゃけ人の動きに気を取られて冷や冷やしていたので、音楽の内容はそんなに覚えてなかったり。

一時間ちょい演奏して終わり、DJを挟んでタイムテーブル通りの0時半からSardine Headがスタート。
スタートの時点では、先のバンドの時の半分~2/3ぐらいはフロアに残っていました。

初っ端からRomanchicaと久しぶりに聴いたのかな、嬉しいですね。
しかいs、知らない土地で知らないオーディエンスにとっては一曲目からふるいにかけられているような感覚です。

一曲終わるごとにオーディエンスが減っていき、真夜中という時間的なものもあると思いますがまさにふるい落とし。


鰯1

鰯2

ワタクシは情事さんのおニューのセミアコとは初対面。
傍らにジャズマスターも用意され、後ろで見ていたのでどの曲で使用したか自分では確認出来なかったけど、Fusionで使用していた模様。
きゅるきゅるするエフェクターと繋げてあったので、そのエフェクター用だったのかな。

アンコールはPOOL>LOOPという繋ぎで感無量。
最近は2回に1回ぐらいしかSardine Headのライブに行っていないせいもあってか、久しぶりに聴く曲もあって楽しかったです。
出音もクリアで良かったし、特にドラムの抜けが気持ち良い。
たっぷり2時間の良セットでした。

3時頃に雨がパラつく中会場を後にして、ばびゅーんと車で帰って5時過ぎには品川へ到着。
この時間帯は電車が少なくて、5時4分の始発の後は5時54分まで電車が無いのがツライ。
寝過ごす事なく7時半には自宅に到着。
本来なら10時に起きてAmuseの株主総会へ行く予定だったけど、さすがに体が動かず撃沈でありました。

高崎観光 

高崎のFlowerman Drive 9へSardine Headを観に行った際に、
ちょっと早めに出発して高崎観光をしてきました。

写真多めなので、格納。

続きを読む

2009/6/10(水) the NewDeal @渋谷O-nest 

カナダの人力テクノバンド、the NewDealの初来日公演です。
2004年に神立で行われた”宴”というイベントに出演予定だったのがドタキャンになって以来、来日に関しては全く音沙汰が無かったので、旬な時期を外して今更感が漂いますが、それでももう見れる事も無いと思っていただけに今回の来日は嬉しい限りです。

19時頃に会場に到着、チケットを忘れた事に気付く。。。
知人が余分に取り置きしていたチケットで入場出来たものの、普通に外タレ級の料金になってしまい自分の失態に自己嫌悪です。
ま、せっかく行ったのに入れないのも悔しいのでしょうがないっす。

さて、このthe NewDeal。
巷に蔓延しているオサレエレクトロニカとは一線を画しており、80年代的な4つ打ちとでも言うのでしょうか。
微妙にダサいピコピコサウンドなのですが、これがエラいカッコイイんです。
分かりやすい展開の中でもセットリストを見ると意外とジャムっている事も多いようで、20分から30分区切りで演奏している中でジャムの比重は多いんじゃないかな。

好きなあの曲とかあの曲とか(曲名が相変わらず覚えられません)が聴けたのも嬉しい。
やっぱりCDで聴くのと体感するのは全然違いますね。
ドラムが思ってたよりパワードラムでタイトだったので体に気持ちよく響いてきて、3人の息の合い方もブレが全く無いです。

P1040383.jpg

一番後ろで見ていたので、ステージ上がどうなっているのか全然見えなかったけど、VJが入っていた割にはライティングもそこそこ頑張っていて、レーザー光線を見ると無条件にテンションが上がってしまいます。
あのレーザー光線で、某Pのバンドを頭に思い浮かべたのはオイラだけじゃないはずっ。

P1040386.jpg

一説によるとあの会場に300人入ったとかで、会場内は確かに熱気ムンムンで人も多かったですが、覚悟してたよりはマシだったと思います。
上のバースペースやフロアの外とか逃げ場がそれなりにありますからね。
アレなら数年前のLotus@スーデラの方が逃げ場も無かったし相当ツラかった。

1時間50分をダレる事なくワクワクして見れたから、チケ代×2払ったとしても大満足であります。

そして最後の最後にエレベーターの罠が。
フロア出たのが他のオーディエンスより圧倒的に遅かったからエレベーターも空いているだろうと思ってましたが、上のバースペースはまだ人多いしエレベーターも並んでいるし。
結果的に終電間に合ったから良かったけど、ちょっと冷や冷やもんでした。

次は9月のSTS9ですね。
メタモはタンジェリン・ドリームの出演が決まった時点でチケットを購入しましたが、都内近郊のワンマンが柏って~~。
観に行くのはメタモオンリーになりそうです。

6月の予定 

そろそろ本腰を入れて、定期的に書いていきたいと思います。

6/10(水) COMA* / The NEWDEAL@渋谷o-nest
5年前に宴で来日中止になったThe NEWDEALの初来日になります。
若干時期を逃した感はありますが、あのダサい感じが大好きなので楽しみであります。

6/20(土) Sardine Head@高崎club FLEEZ
Flowerman Driveのイベントにサーディン初出演!
FlowermanがサーディンのTシャツを作っているという噂も聞きますし、要チェックです~。

6/27(土) 芳垣安洋+田中信正 Acoustic Jazzset@新宿PIT INN
芳垣4daysの3日目。
田中信正・井上陽介・藤原大輔・Gideon Jucksというメンバーで、ギデオンしか見た事ないけど、アコースティックでジャズというのが良い。ちょっと期待です。

6/28(日) VINCENT ATMICUS NUDGE! NUDGE! SPECIAL@新宿PIT INN
ヴィンセントとナッジナッジの混合セット。
この形態も見るの初めてなので楽しみです。


他には、既に終わったものも含めて。

6/5(金) Sardine Head / The Isosceles Triangle@梅島ユーコトピア
6/5(金) the NEWDEAL / COMA* /Dachambo他@南柏DRUNKERD'S STUDIUM

強者は、このライブをハシゴしてきたみたいですね。
いやはや。

6/13(土) ふちがみとふなと@黄金町 試聴室その2
これ比較的近所だし、気になるなー。

6/15(月) 内橋和久+吉田達也@吉祥寺MANDALA-2

ゲスト陣も巻上公一、清水一登のお二方で豪華です。

6/27(土) 日倉士歳朗@横浜サムズアップ
日倉士さんのライブってマッドワーズしか見た事ないんで非常に興味あるんだけど、芳垣さんのライブと被っているのがいかんともしがたい。

6/28(日) アコースティクギター版ギターの日@六本木SUPER DELUXE
沢山ギタリストが参加するイベント、去年はかなり人が入っていてキツかったと聞きましたが、果たして今年はどうでしょうか。

**************************

先日行われたPTA先行、まさかのトリプル当選です~!!
ちょっwww、自分でこわいぐらいの当選率。
とりあえず、仙台初日と名古屋初日、横浜アリーナ二日目(ファイナル)の3日間はガチで行ってきます!

おかげで鰯頭@天空祭りにゃ行けないです。←仙台の日程と丸被り。
メタモは被らないでマジで良かった。
今年のフェス、メタモが最初で最後になるか、フジロックはどうしようか。

以下、ローソン先行の日程。
戸田と新潟狙いで。倍率高いのは承知。

○ローソンチケット先行予約
 【受付期間】2009/06/15(月)19:00~2009/06/22(月)23:59
 【対象公演】戸田・福岡・広島・愛媛・新潟・札幌・仙台・大阪・横浜
 【結果発表】未定
 
 【受付期間】第2次先行予約
  2009/06/25(木)19:00~2009/07/05(日)23:59
 【対象公演】戸田・横浜
 【結果発表】未定