FC2ブログ

2009/6/27(土) 芳垣安洋x田中信正Acoustic Jazzset @新宿PIT INN 

メンバー:芳垣安洋(Ds)田中信正(P)
ゲスト: 井上陽介(B)藤原大輔(Ts)Gideon Jucks(Tuba)

毎年恒例、芳垣4daysの三日目です。
アコースティックジャズという事ですが、参加メンバーが目新しくて予想が付かないだけに、かなり楽しみに久しぶりにピットインへ。

さて、今回のステージは今までとちょっと違うセッティングです。
各楽器にはマイクが設置されておらず、ステージとフロアの境目に自分の身長強の高さでマイクが2本立てられており、最初「オンステージ録音?芳垣さんやる気じゃないかっ!」と思ったのですが普通にPA用のマイクだった模様。

set1は、芳垣さんと田中さんとのデュオを中心に、田中さんの曲や田中さんアレンジのマイルスの曲などを演奏。
静かな立ち上がりから、芳垣さんのドラムと田中さんのピアノがユニゾンで展開していき、曲の終盤には二人とも白熱する演奏でこれは素晴らしい。

この田中さん、初めて見ましたが凄いピアニストですね。
なんちゅーか一人プログレ的なピアノの弾き方で、リズムをひっぱって行ったり流れるように弾いたり、ほぇ~と感心。
頭をゲンコツで叩いてリズムを取っていたりする場面もあって、弾いていない時のしぐさからも「奇才」という印象です。
酒井俊さんと一緒にやっている事が多いようで、歌モノの伴奏だとどういった演奏になるのか興味あります。
set1の最後には、大阪時代以来で21年振りに一緒に演奏するというベースの井上さんが参加してトリオでEMARGENCYの曲を演奏して休憩。

ブレイク中に物販コーナーを覗くとキューバ音楽やふなとさんのアルバムなど興味を惹かれるCDもあったのですが、持ち合わせがなくて今回は断念。
翌日にお金があってCDが残っていたら購入しようかな。

set2は他のゲスト、ギデオンさんと藤原大介さんのホーン隊も参加して5人での演奏。
芳垣さんが好きな曲をチョイスしたという事で、一曲目はキューバのポップ音楽、その後は三文オペラなどのクルト・ワイルの曲を中心に演奏。

「ドイツはこれで良かったんですかね。天才なんでしょうけど、こんな退廃的なことばっかりでいいんですかね?」というブレヒトの演劇についての芳垣さんのコメントもあったり。

本編ラストはお得意のバカラックの曲にて終了。
こちらも終盤の盛り上がり方が素晴らしい。
実は最近音楽に対して何を聴いても高揚する気持ちが全然無くて、今回のライブでも「面白いなー凄いなー」と思う気持ちは強くてもどうしても盛り上がり切れず、やっとこの曲でぐおっと気持ちが高揚していきました。

アンコールの時の芳垣さんのMCで、「猥雑ながらもロマンチストな曲ばかり集まってしまった」というコメントもあり、これはきっとイコール芳垣さんがロマンチスト、という事ですよね、えぇ。
アンコールは加藤崇之さんの曲で終了。
これもメロディが非常に素敵な曲で、加藤さんは前々から見てみたかったんだけど未だにライブに行った事なくて、こういった曲を作る人なら俄然興味が湧いたので、何かのタイミングにさっさと行って来ようと思います。

それにしても今回のライブは、田中さんのピアノの一人勝ちですね。いや凄いです。
ほぼ生音だったので、ドラムが炸裂するとベースとピアノが聴こえづらくなってしまうのがちょっと難点ですが、EMARGENCYの漢気ジャズとはまた違ったピアノをフューチャリングした演奏で楽しかったです。


今回のフライヤーを初めて見たんですが、芳垣さんがポージングしている!
これは永久保存版ですね。
オイラのアイドル!

スポンサーサイト