FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/30(水) けいおん!ライブイベント ~レッツゴー!~ @横浜アリーナ 

出演者:
豊崎愛生(平沢 唯 役)
日笠陽子(秋山 澪 役)
佐藤聡美(田井中 律 役)
寿 美菜子(琴吹 紬 役)
竹達彩奈(中野 梓 役)
真田アサミ(山中さわ子 役)
米澤 円(平沢 憂 役)
藤東知夏(真鍋 和 役)

アニメけいおん!の声優さん達によるライブイベントです。
原作4コマもアニメも見て音楽もかなりハマっていたので、このライブは外せません。
e+の先行予約に運良く当選し、アリーナD17列という席をゲット。
この手のライブは初めてですが、なかなかエキサイティングで楽しかったです。

また無駄に長くなったので。
以下、格納。

※一部、加筆修正しました(1/7)

続きを読む

スポンサーサイト

2009/9/26(土) Perfume @名古屋ガイシホール 

8月から始まった直角二等辺三角形ツアー。
ホールツアーから1ヶ月ほど時間が空き、続く東名阪のアリーナツアーはここ名古屋が初日になります。

今回はアリーナ7列目の一桁番台の席、前といえば前だけどほぼ左端。
「こんな前で見れるなんて嬉しいなー、かしゆかサイドだし!」とワッホイワッホイしていたら、なんと花道は中央の一本のみで先端がYに二股にわかれている構造。
こ、これは前の方の席にも関わらず予想よりステージが遠いです。
今までのホールツアーがどこの席でもステージがバッチリ見えたので、こんな事言うのは贅沢なんですけどね。
そしてアリーナ席はパイプ椅子だったのですが、これがぎゅうぎゅうに詰められていて普通に隣の人の肩に当たる。
ちょっと狭すぎじゃないか~、これはしんどい。
実際には、ライブ中は横か斜めを向く場面が多かったので狭さはそこまで気にならなかったけど、振り上げるこぶしが前の頭に何度もヒットしそうになりました。

演出に関しては、ほぼホールツアーと同じ。
白い垂れ幕にスタート前から映像を流して、take off の演出も一緒。
光の量はさすが増えており、天井まで照らすライティングに後方からレーザー光線発射などスケール感がアップした印象。
チョコレイトディスコではミラーボールで会場全体がキラキラと光り感無量。
演出面はアリーナ席ではなくて、後方のスタンド席辺りで見た方が楽しめるかもしれませんね。

Zero GravityやI Still love Uなど1/3以上の曲は花道でやっていたと思いますが、遠目であまり見えないけどバックショットを拝めるのもなかなか面白い。
Zero Gravityはやっぱりカワイイですね。

コンピューターシティやセラミック・ガールはホールツアー時には見れなかったのでこれは嬉しい。
特にコンピューターシティは武道館の途中で壊れちゃうパターン以来で、フルで初めて体験出来たのかな。
思わず、A氏とハイタッチかましちゃいました。
本当にちょっとだけど、セットリストを変えてきたのはニンマリですね。

前方のステージでもセンターに固まってフォーメーションをとる事が多かったのですが、とりあえず目視で確認出来るレベルの遠さかな。
Edgeは何度見ても盛り上がるし、ジェニーやPerfumeでやっとステージ端の方に来てくれて、そうするととても近い!
ちゃんとメンバー入れ替わりで来てくれるし、ハイジャンプの際に大きく捲れたかしゆかのスカートにニヤリングです。

MCでは初っ端からのっち節全開。
前日に見た夢で、のっちだけ登場する場所が違うので「がんばるぞ、おー」が出来なくて泣きそうだったという話。
ここ最近はのっちソロでMC頑張っている場面が多くなってきたので、「いいぞのっち頑張れー!」と応援したくなります。

しかし、コスプレをディスるのは、見てるとしんどくなってきたので程々にして欲しいなと勝手に要望。
コスプレしている子を見えればまだしも、自分の位置からはまず見えないし今回はカメラにも映らなかったので全然面白くないんだ。
声出しでの、「こっち」「おー」ってのも「こっち」が何処を指しているのか見えなくて周りの人に合わせるのが精一杯。まぁ、そんな事あったり思ったりです。

アンコール前のMCでもネガティブあ~ちゃんが顔を出す。
ライブの期間が空くと不安に思う事が多いようですが、「そんな事は心配しなくて良いよ!笑顔で笑ってくれぇ!」と叫びたくなりますね。
次のライブでは笑顔あ~ちゃん希望です。

戸田と仙台のホールツアーに参加して今回の名古屋公演。
アリーナだと大きすぎますね、やはり3000人規模の距離間が密度も濃くて現時点で最強だと思います。
あと、Edgeだけでもイチ早く映像化希望!


■セットリスト
01.Take off (ロングver)
02.NIGHT FLIGHT
03.エレクトロ・ワールド
04.Dream Fighter
05.love the world
MC
06.Zero Gravity
07.マカロニ
08.SEVENTH HEAVEN
09.Kiss and Music
10.Speed of Sound (着替え曲)
11.edge (⊿-mix)
12.シークレットシークレット
13.コンピューター・シティ
14.I still love U
MC
15.ワンルーム・ディスコ
16.セラミック・ガール
17.ジェニーはご機嫌ななめ
MC
18.チョコレイト・ディスコ
19.ポリリズム
20.Puppy love

Encore
MC
E01.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
E02.Perfume
E03.願い (Album-mix)

2009/9/26(土) 名古屋遠征観光の巻 

Perfume名古屋公演前の名古屋観光の巻。

続きを読む

2009年12月の予定 

今年も早いものであっという間に師走です。


12/5(土) 是巨人A to Z 全曲演奏@秋葉原グッドマン
12/6(日) 是巨人A to Z 全曲演奏@横浜Stormy Monday

2daysでAからZまで演奏しちゃうという10周年ライブです。
前回のライブではZまで曲が出来ていなかったと思いますが、作曲は間に合ったのでしょうか。
ついでにイエスメドレーも聴けたら嬉しい。

12/9(水) 芳垣安洋Acoustic Jazzset@新宿PIT INN

2daysの初日です。
前回見てぶったまげた田中信正さんも参加しているので、これも楽しみ。

12/10(木) 東京ローカルホンク / Sardine Head@横浜Thmb's Up

久しぶりに横浜でサーディンです。
東京ローカルホンクを見るのは今回初になります。
周囲に評判が良いですよね。

12/11(金) Special Others / Vincent Atmicus@渋谷AX

スペアザの東名阪ツアーの東京でのゲストは芳垣さん率いるヴィンセントアトミクス。
チケットは一般発売で瞬殺だったようですが、知人のご好意で行けるかもや。

12/19(土) 木村カエラ / AI / Perfume @渋谷AX
カエラちゃん企画の女性限定ライブです。
女性に生まれて良かったと思いながら、オンナ臭いライブを堪能してきます。

12/30(水) けいおん!@横浜アリーナ

アニメけいおん!のライブです。
けいおん!の音楽は非常に良く出来た作中曲でただのアニメバンド・声優バンドじゃないですよ、たぶん。
先行予約に運良く当選したのでワッホイしてきます。

12/30(水) Sardine Head@渋谷クロコダイル
年末恒例のサーディンクロコですね。
けいおんライブが終わったらこちらに駆けつけます。
たぶんset2ぐらいには間に合うかな。


他、気になるライブシリーズ

12/4(金) 濱Jam祭Vol.29@横浜Thumb's up

メンバーが勝井さん沼澤さん岡部さんらの他にダチャンボのAOさんが参加していて、ちょっと面白そうな感じ。
もう終わっちゃいましたけどね。

12/21(月) 石割桜@秋葉原グッドマン

吉田達也がやっているバンドの一つですね。
岩手県の名所を指す名前の通り、岩手県出身のメンバーだそうです。

12/24(木) 大友良英トリオ@新宿PIT INN
大友さんのクリスマスライブはトリオでのライブになるようです。
例年ほど満員にはならないだろうから、見に行きやすそうですね。

12/25(金) 山本精一「スイミンSHOW for Jesus」@六本木SUPER DELUXE

70名限定の睡眠グッズを持ち込んで全員寝たままの状態で行われるライブだそうです。
天井に映像を映し出されるのかな。

12/31(木) ワーロックス他@梅島ユーコトピア

年越しライブです。
行こうか悩み中。

2009/9/25(金) Earth Concious @Cafe Wookies富士 

翌日のPerfume名古屋遠征に先駆けて静岡の友人宅に遊びに行き、そのご夫婦が遊びに行くライブにご一緒させて頂きました。
ご夫婦とは富士駅で合流。
初めて降りる富士駅の何もなさに絶望した!
駅前にミスドがあるぐらい、あとは居酒屋が数店舗。
立ち食いそば屋の一つでもあれば問題ないんだけど、一人で食事出来る店がありゃーしないのね。
散々迷いながらモスバーガーに入ったけど、客が一人もいなくてがらんどうでした。。

ご夫婦にピックアップしてもらい駅から20分程度車を走らせて、高台にある会場へ。
富士の夜景が一望できます。

Earth Conciousは初めてみるのかな。
DachamboのパーカッションのYAOさんが参加している、アフリカなどの民族音楽を取り入れているバンドというのでしょうか。
ノーマルなドラムセットに加えて自作のバラフォンや他にも自作パーカッションといった楽器を使うのが面白い。

バラフォン

自作打楽器

バラフォンの演奏を見るのは外山・大儀見デュオで外山さんが使っていたの以来だと思われ。

他にもTENORI-ONを使っている人もいたり、非常に興味深かったです。
演奏場所がテラスで暗闇な野外だったので、あの光るドットがはえるんですよね。
クラムボンのミトさんがライブ中に一回だけ使っているのを見たきりで、まさかTENORI-ONを普通に使っているのを見れる機会があるなんてちょっと感激でした。

テノリオン

基本的に静か目な音楽なのでパッカッションのリズムやデジュリデゥといった線の細い音色もしっかり聴こえるし、そこにTERORIONなどにデジタルサウンドやギターのメロディを乗せてきて面白い。
談話する人は店の中に入っているし、ちゃんと音楽聴く人は芝生に座ったりしてジッと聴き入っているので良い雰囲気でした。

アースコンシャス

野外なのでちょいと寒いのが難点でしたが、フリースお借りしてさんきゅうでした。

0時近くに終演。
帰り道でラーメンを食べて、ご夫婦のお宅にお世話になるのでした。

2009/9/22(火) Lonesome Strings w/中村まり @吉祥寺MANDALA-2 

メンバー
桜井芳樹(G)
田村玄一(steel-G)
原さとし(Banjo)
松永孝義(B)
ゲスト
中村まり(G)

祝日だけど会社は出勤だったので会社が終わってからいそいそと吉祥寺へ。
先日の中村まりのレコ発ほどではないけどそこそこの人入りで、この界隈は普段自分が行くライブとは随分と客層が違うな~と思ったり。

Set1はLonesome Strings単体で演奏。
前回の時は途中でうとうとしちゃったし、ロンサムをちゃんとライブで聴くのはこれが初めてかな。
音色が柔らかくて気持ち良い演奏。
じっくりと堪能出来ました。

MCでは「ギターの弦が総勢何本」なんていう、人数に対して恐ろしい本数な話題もあり面白かった。
バンジョーの原さんは普段エフェクターをかなり使っているようなんだけど、今回は直結だったそうで。
それでもいつもとあまり変わらない音色だったみたい。
原さんのバンジョーてすげー超絶なんですよね。
これはバンジョー祭りってヤツもちょっと見てみたいぞ。

Set2はまり嬢を加えての演奏。
といっても全員が一堂に会して演奏するのではなく、編成は流動的。
桜井さんとのデュオはかなり楽しみにしてたんだけどレテのコンサートほどの感動は無く、それでも全体的に良い雰囲気でした。
まり嬢はソロも良いけど、やっぱりバックが入るとぐわっと風景がひらけるように音の幅が凄い広がりますね。

セットリスト
Set1:
01. Snow Queen >
02. Deja Vu
03. 南の噂
04. Cluck Old Hen >
05. Buck Creek Girls
06. Bear creek song goes to new lost city
07. 幻の港
08. 捨てられたギターのプレリュード
09. 旅行

Set2:
01. Rajamati Kumati
02. A Brand New Day (中村)
03. John Henry (中村+桜井)
04. Peace Of Mind (中村+桜井+松永)
05. I am a Man of Constant Sorrow (中村+Lonesome)
06. Lonesome for you (中村+Lonesome)
07. Inbetweenies
08. ケルン・コンサート
09. Candela
Encore:
10. Foggy Mountain Breakdown
11. Gee Baby, Ain't I good to you
12. Some Happy Day (中村+Lonesome)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。