FC2ブログ

2009/11/16(月) 内橋和久+ドラマーズ @新宿PIT INN 

メンバー
内橋和久(g), 芳垣安洋(ds), 外山 明(ds), 吉田達也(ds), 本田珠也(ds)

内橋さん生誕50周年3daysの初日です。ドラマーの個性を感じ取って欲しいという事でタイプの違うドラマーを4人集めた企画です。ギター4人はあってもドラム4人は初めての体験です。これは!とワクワクしながらピットインへ。

ピットインへ入ると、ステージ上には4つのドラムがセッティング。どれもセッティングが違うので誰がどのドラムだか一目瞭然です。

携帯カメラなので画質悪し。
バスドラの胴が長くて、全体的に平べったい印象の外山さん。
外山

今回のメンバーの中で唯一タムが二つある吉田さん
吉田

消去法で本田さん。シンプルなドラムセットでしょうか。
本田

本田さんと似ているけど、シンバルの数とか写真には写ってない小物類で芳垣さんと分かる。
芳垣

セット1は内橋さんと各ドラマーとのデュオ。特に順番は決めてなかったようで出順も即興。一番手の本田さんとは今回初めての共演だそうで、他のドラマーが変態過ぎるのもあってこの中では一番真っ当なドラマーに見えます。ジャズな叩き方で細かく手数は多め、テンションが上がると激しく叩いていき、内橋さんとうまくマッチしていたと思います。

二番目は1/4世紀以上の付き合いだという芳垣さん。さすがに一筋縄ではいかない二人のセットで、終盤は手で小さく叩く芳垣さんに、ボタン操作の音やエフェクターを叩いて対抗する内橋さん。

デュオ形式は予想以上に疲れる、疲れることは先にやってしまおう、と三番手は吉田さん。超即興でお馴染みのお二人だけに爆走・爆音。このデュオだけ2曲演奏。

そしてラストは一番アホだという外山さん。確かにアホですよ、この人。手にはめたカウベルを指で叩いて使用したり、立ち上がったと思ったら座ったりやろうとしたらすぐやめたり。内橋さんと外山さんから発せられる音もシュール。微妙に外しているけど、ちゃんと成り立っているのが面白いです。

セット2は内橋さん+ドラム2人というトリオ形式。まず芳垣さん外山さんとのトリオ。外山さんのドラミングに合わせようとする芳垣さんに、フェイントを入れたりして目一杯外そうとする外山さんとの二人の絡みが予想以上に面白い。次は吉田さんと本田さんとのトリオ。こちらは爆走二人組。音数が凄い。

そして最後に全員セッションとなるのですが、これがもう笑いしかでないぐらい凄い。爆走する吉田・本田チームに対して、変化球を送る芳垣・外山チーム。先導するのは本田さんで、他の3人がそこに合わせて音を重ねていくような雰囲気でしたね。

アンコールは、というと内橋さんが一人ステージに出てきて、迷ったあげく芳垣さんのドラムに座りドラムソロ、しかもブルースだそうな。

内橋さん曰く、他にも紹介したいドラマーは沢山いるようで、またこの企画は望むところです。
次回は千住さんや山本達久さんなどの若手チームを交えたライブも見てみたいです。

スポンサーサイト



2009/11/7(土) bluestrip vol.7 @三軒茶屋HEAVEN’S DOOR 

出演アーティスト
easybluezys / Mgova / FLY / Sardine Head / カナリア時限爆弾


easybluezys主催のイベントも今回で7回目を迎えるようです。初期の頃は友人がVJで参加していたのもあってよく遊びに行ってましたが、最近はご無沙汰していまして、久しぶりに遊びに行きました。

日中は、代々木公園のイベントでチナキャッツが出演するというので15時半ぐらいに代々木公園へ。渋谷に着いた途端「微妙に荷物が軽い…?」と不審に思うと、マイクスタンド忘れてたー!いやいや、大きい忘れ物したの初めてですよ。

うなだれるもこればかりはしょうがないので、とりあえず代々木公園へ。そこで何人かと合流して一杯やりながらチナキャッツを聴き、三茶に移動>立ち飲み屋を経てHEAVEN’S DOORへ。

三茶はグレープフルーツムーンしか行った事がないので、このハコは今回初めて。小さいキャパの昔ながらのロック箱という雰囲気ですね。

今回出演するバンドはどこもギターバンドだった事もあって、ギター祭りなんて称している方もいました。まずはFLY、mgova。両バンドとも久しぶりですね。

遅れてくる隊長にマイクスタンドを頼んでいたので、サーディンには何とか間に合ってセッティング。なので、今回は久しぶりにオンステージ録音です。

先日のお座敷ライブが終わってのショートセットでしたが、鬼怒さんとの共演、アコースティックセットのライブを経て、いやまぁ脂がのりにのった時期とでもいうのでしょうか。短い時間にギュッと濃縮された素晴らしいセットでした。初っ端からぐあんぐあんと揺らされまくって凄い楽しい。

MCでは情事さんがtwitterにあやかって「ステージなう」な発言もありました。一部は盛り上がり、大半はきっとお口ぽかーんだった事でしょう。

Easybluezysもかなり久しぶり。何年振りになるでしょうか。たろさんがアコベじゃなくてエレベを持っていたりキーボードが女性になっていたりと知らぬ間に変わっている所もあり、何となく音が厚くなった印象。

久しぶりに会う方々もいて(いつも顔と名前が一致しなくてすみません、本当に…)楽しいライブでした。

イベントは最後まで見ないで地上に上がり、近くのラーメン屋でまた一杯やるのでした。なんか今回も昼から夜までダラダラ飲みでした、ハイ。

2009/11/3(火) 是巨人 @法政大学市ヶ谷キャンパス 

是巨人が出演する法政大学の学園祭に遊びに行きました。あの変拍子プログレバンドが学園祭になんて、主催者はアホとしか言いようがありません(褒め言葉)。しかし他の出演者を見ても知っている名前はいないので、どういった基準で出演バンドをチョイスしているのか不思議にも思います。

午前中は関内で行われている孤独のグルメオンリー会を覗いてから中華街で昼食を済まし、都内へ。予定より早く到着しそうだったので、駅周辺に何もないという水道橋は避けて飯田橋にて軽く一杯。16時過ぎに法政大学に到着するも是巨人の出番はラストの20時だったので、飯田橋まで戻ってまた居酒屋へ。
ライブ前に飲んでばかりで、ライブ見る時間より飲んでいる時間の方が圧倒的に多いという事実でありました。

20時前には法政大学へ舞い戻り、その前のエビなバンドをチラ見。溺れたエビの検死報告書という名前のバンドですが、エビコスプレすげぇっすわ。そして、ほぼ定刻どおりに是巨人スタート。

ぎゅうぎゅうというほどじゃないけど、フロアはほとんど人で埋まっていました。始まった途端に半分ぐらい減るんじゃないかと思いましたが、意外にもステージ前の学生さん達はジッと見入っていて、自分が見える限りでは立ち去る人は特に見当たらず。

音響があまりよろしくないのは、学祭のフリーライブなのでご愛嬌。ギターはギンギン、低音も強め、おかげでドラムの音が引っ込んでしまっている。非常にバランスがよろしくない。ここは吉田達也のドラムをガンガンに出すところでしょう、もったいない。

40分という短い時間なので、定番曲をメインに次々と演奏。ナスノさんのMCがないと本当にストイックなバンドです。MCはAtoZライブの告知のみでしたが、ナスノさんのアレなしゃべりに学生がどういう反応を示すかちょっと見てみたかったかも。

個人的には久しぶりにスタンディングで是巨人を見れたので、ノリノリで楽しかったです。

【セットリスト】
01.Arabesque
02.Swan Dive
03.Tundura
04.Never Cell
05.Jackson
06.Isotope

2009/10/29(木)30(金) Perfume @横浜アリーナ 

直角二等辺三角形TOURの追加公演の2daysです。最終日だけの予定でしたが、急遽一日目のチケットを入手して二日間行く事になりました。

一日目は東スタンドの上の方。二日目はアリーナ席の2列目。両日とも違ったアングルで見れた収穫は大きいです。
二階席で見て、アリーナツアーでもステージ床の照明を仕込んでいるのに初めて気付いたのですが、ホールの時よりも全体の光量が多いのであんまし目立たなかったのがもったいない。でもこうやって上の席で見ても楽しめる仕掛けを作るのはうまいし嬉しい。ライティングは特にどの席で見ても楽しめるようになってると思います。
二日目の席はかしゆか側の花道先端が近くて、さすがに衣装の透け具合までは見えませんでしたが、かしゆかを堪能。

ライブ構成は、今まで見た戸田・仙台・名古屋と特に変わらないので特別書く事もないんですが、ライブDVDの撮影も終わった事もあって、おそらくツアー中で一番リラックスしていたんじゃないでしょうか。
MCでの3人でのやりとりが豊富で、まぁ依然とぐだぐだではありますがこれが良い。

かしゆかのジョジョ好きの話から62巻のジョルノが地球を持ち上げているポーズを、シェーのポーズで茶化すあ~ちゃんとのっち。この日限りのジョジョ立ちコールも入ったり。至る場面でシェーのポーズをしているあ~ちゃんかわいい。

のっちの「人間シリーズ」。人間は「お腹が空いたまま寝れる人間と、寝れない人間」の二種類に分かれるという話。それも結局かしゆかとあ~ちゃんの意見が違い、この3人だけでも三者三様。二種類じゃないじゃん、全くダメダメであると茶化されて終了。
そして、人間の体には肘が三つあるとかー右肘・左肘・アゴーとかー。のっち、、、頼むよ。
のっち解釈はすげーの一言っすわ。それに対する二人の絡みが楽しい。

なんかね、こーゆー3人の絡みが見たかった訳ですよ。この二日間はかなり自由にMCやっていたんじゃないですかね。今回のツアーはかしゆか単体やのっち単体のMCを取る場面も増えてMC巣立ちの時!みたいな。あと、全体的にコスプレしている客いじりが多かったけど、そんなのはどうでも良いのですよ。普通に自由にやっているあ~ちゃん・かしゆか・のっちが見たいんだよね。

ライブ内容ではtake offの映像やEdgeは何度見ても良くってテンションが上がり、ここでやっとプラスチックスマイルを見れたり(他の見に行った日は全部パーフェクトスター・パーフェクトスタイルという、ある意味運が良いのか悪いのか)、ただお腹が冷えて途中でトイレへ中抜けしたのが唯一の心残りです。

ファイナル日の最後では、Dream FighterインストをBGMにエンドロールが流れて感無量。ツアーの色々な場面が映像で流れて、Perfumeを追っ掛けて北へ西へと行った日々も思い出されます。いや~ほんと楽しかった。
このツアーでオイラも見尽くした感は大きいのですが、2010年のPerfumeの更なる快進撃を楽しみにしています。まずは、3月のPTA限定ライブからだ!

2009/10/25(日) 維新派「ろじ式」 @にしすがも創造舎 

内橋さんが音楽担当している前衛演劇集団です。去年の琵琶湖の湖上での公演が素晴らしかったようで、今年は東京でも公演があるからこの機会にと思い行ってみました。舞台や演劇といったものをみるのは今回初体験になります。

会場は旧学校。看板とブランコがお出迎え、入り口を入ってすぐに屋台村が出現です。
入り口とブランコ

やたいむら

屋台村を抜けると校庭にはオブジェが飾られています。
とびら

おぶじぇ1

おぶじぇ2


おぶじぇ3


会場内は客席に向かう通路に魚などの箱に入った骨の模型が飾られています。
客席はステージに対してひな壇のように段々とセッティングされていて、後ろから2番目のオイラは上から見下ろす形です。

今回の「ろじ式」は10程度のシーン毎に展開され、各々連続的なストーリーではないので散漫な印象を受けますが、その切り取られた様々なシーンの集合体というものが今回のテーマそのものなのかもしれません。

スタート前は暗くて気付かなかったけどステージ上にも膨大な数の箱が積み上げられています。骨だけでなく靴といった生活用品が入った四角い透明なハコ=標本を舞台セットとして、シーンの中で標本を積み上げたり移動させたりしていき、シーンが変わる毎にそのセットも少しずつ配置を変えていくのが面白い。右奥から左手前を光で照らして、“道”を表現するなど照明をうまく使った効果もあり。
役者の動きは均整が取れすぎていてムダがなく、一人一人が無機質な機械の歯車のようですね。

衣装や音楽など全体にノスタルジーな雰囲気が漂います。音楽はアンビエントでもあり、ミニマルでもあり、不思議が音楽。内橋さんはこういった曲も作るんですね。そして役者の発するポエトリーリーディングのようなもの、言葉のポリリズム。セリフ回しではなく言葉自体も音楽のように一つの演出として使用するのは興味深いです。

それにしてもパイプ椅子だったので腰が痛い。90分座りっぱなしは正直キツくて座り直す事も多かったけど、他の客はほとんど微動だにせず観ていたのが凄いです。しかも中盤に居眠りしてしまう低落。いやはや、オイラはまだまだ訓練不足ですね。

演目が終わった後は屋台村のステージにて内橋さんのライブ。最初はソロで演奏でしたが、途中から屋台村のエリザベスという女性がボーカルで参加。歌謡曲のようなものを披露していて、随分ステージ慣れをしているなーと思ったら上々颱風の方だった模様。なるほど。
うっちー

帰りは巣鴨の商店街を抜けて、駅近辺の中華屋で食事をして帰路に着くのでした。

初演劇、初巣鴨、共に面白かったです。観劇未経験のオイラには少々高尚な感じではありましたが、良い体験だったと思います。話を聞くに今回のろじ式は屋内のせいもあってかセットはこじんまりしていたそうで、もっと大掛かりなセットというのも体験してみたいです。維新派は2010年は夏に瀬戸内海、冬に埼玉という予定だそうで、瀬戸内海は行ってみたいけどさすがに難しいですね。冬の日程と演目によってはまた足を運んでみたいと思います。

2009/10/24(土) Sardine Head @南足柄某所 

2008年にキャッチ&リリーフのキムコさんが主催して小田原で行われた「Rainbow Rose」。
2009年は南足柄にある某宅にてホームパーティー的なイベントになりました。

続きを読む

2009/10/18(日)~19(月) 那須高原旅行 二日目 

さて二日目です。
二日目の工程は、
北温泉>峠の茶屋>殺生石>鹿の湯>ケーキ食べ放題>那須アウトレットモール>横須賀

続きを読む

2009/10/18(日)~19(月) 那須高原旅行 一日目 

地元の友人と紅葉時期の那須高原へ一泊温泉の旅に行ってきました。日曜出発だったので道も空いていて、横須賀から那須ICまで約3時間半で到着。

初日の工程は、道の駅>南ケ丘牧場>峠の茶屋>つつじ吊橋>北温泉

続きを読む

2010年2月の予定 

残念ながら今朝は雪が積もりませんでしたが、積もると大通りまで出るのが困難になるので降らなくて良かったかも。
電車も遅延が無くて良かったです。

それでは2月のライブです。

2/4(木) 是巨人+壷井彰久@高円寺HIGH

是巨人楽譜集発売記念LIVE!!
26曲入り1000円という話ですが、随分お安い!
楽器で弾く予定は今のところありませんが、もちろん購入します。

2/7(日) 栗コーダーカルテット@男女共同参画ホール横浜

見る機会のなかった栗コーダーですが、戸塚で午後早い時間からライブがあるのでちょっと行ってきます。

2/12(金) Brassticks@新宿PIT INN
1月のモーションブルーには行けなかったので楽しみです。

2/17(水) Orzuesta Nudge! Nudge!@渋谷O-East

フロアに円形にセットを組んでライブをやるそうです。
ゲストにタップダンサーやレナード衛藤とか様々な人が参加します。

2/19(金) 第六回濃縮還元ドラムミーティング@荻窪Rooster Northside

植村・外山・芳垣というドラマー3人に向かえ打つは鬼怒・ナスノという是巨人コンビ。
ちょっと恐ろしいですねー。

2/21(日) 相対性理論/ウリチパン郡@代官山LOOP
たまには毛並みの違ったものを。
相対性理論はたぶん一度見れば満足行くと思うんだ。

2/22(月) STUMBLE BUM/大西ツル&Arazin/Sardine Head@横浜Thumb's Up

とおり道なのでたぶん行くと思います。


その他もろもろ。

2/3(水) UA@新宿PIT INN
去年のピットインでのライブで味をしめたのか、今回はUA名義でのライブになります。
チケは速攻売れ切れたので行くには叶わず。

2/9(火) DANIEL JOHNSTON@ラフォーレミュージック原宿
チケットが早々に売れきれたライブですね。
時間的にも厳しいので行く予定にはいれてません。
そもそも、もうチケットないし。

2/18(木) 南博トリオ@渋谷公園通りクラシックス
見に行きたいですが、前後に連荘で続くので今回もパスすると思います。

2009/9/29(火) Sardine Head w/鬼怒無月 @渋谷クロコダイル 

もう4ヶ月前のライブになりますが、去年の続きを更新再開します!
写真多めなので、格納します~。

続きを読む