FC2ブログ

2010/9/26(日) METALLICA @さいたまスーパーアリーナ 

メタリカワールドツアーのジャパン2日目です。
オイラが高校生だった頃はHR/HM(←この書き方自体が死語?)一辺倒に偏って聴いていたので、メタリカももちろん大好きなバンドの一つでした。次に来日したら絶対に行こうと思いつつもなかなか行く事が出来なかったのですが、今回は願いがやっと叶った、初メタリカです。

席は200レベルの2列目というので2階スタンド席かと思ったら、普通にスタンド席の前の方。アリーナ席とフラットに近い位置ですが、アリーナからは随分離れているのでステージも非常に見やすい。これは嬉しい!

ワールドクラスのこの手の音楽のライブは初めて行くに近いのですが、黒Tシャル率が高い事。過去のメタリカTシャツを着ている人も多く、初来日時の便器Tシャツも見掛けました。オーディエンスの熱気を浴びるだけでかなりワクワクしてきます。

前座のTHE SWORDとFEAR FACTORYは椅子に座ってのんびりと観戦。
FEAR FACTORYはこの界隈じゃ中堅どころでしょうか。オイラでも名前を聞いた事があるだけあって堂々と貫禄のあるライブでした。メンバーの巨体っぷりがワイドスプレッド・パニックの人を彷彿させますね。

そして、メインアクトのメタリカ。定刻過ぎた頃にSEと共に墓場が連なる映像が流れ、メンバーが登場。
P1090141.jpg

2ndアルバムの「Creeping Death」からスタートし、中盤に最新作「Death Magnetic」の選曲を持ってきて、以降は過去のキラーチューンのオンパレード。各アルバムからの曲数は少ないものの、KILL EM’ ALL からブラックアルバムまで万遍なく演奏したのではないでしょうか。個人的にはジャスティスとアンコールのモーターブレスが憎らしい選曲でした。

P1090144.jpg

P1090150.jpg

P1090157.jpg

演奏の方はおそらく荒々しいほどの勢いは衰えているだろうけど、中途半端に速度が遅いなんて事もなくクオリティーは十分。それにしても、ジェイムズは本当にカッコイイわ~。
ステージバックに映る映像もカメラマンがステージ上でメンバーを映し、メンバーもサービス精神旺盛で手馴れた雰囲気。中盤ではアリーナの最前列のオーディエンスを順に移していき意外と外人が多いな~と思ったり、各々の楽しそうな笑顔を見るとこちらもにやにやしちゃいます。その辺りの映像も含めて楽しめました。

Master of Pupetesでは目の前のアリーナでサークルモッシュが起こる盛り上がりよう。いやぁアリーナで見てたら楽しいけどしんどそうだなぁ。

アンコールでは最前列にいた今回で100ショウ目という垂れ幕を持ったアメリカ人を壇上に上げるという出来事もあり、ファンに優しい一面を見せてくれました。

前日のセットリストを見ると結構変えてきているので、これは2days堪能したかったな~とも思いましたが、さすがに8500円×2は厳しいかな。

今回カメラもオッケーだったようで、過去にはレディオヘッドもプロツールでなければ撮影・録音もOKというライブもあるので、大物の方がこの辺りは寛容ですよね。

初めてメタリカ見た身分としてはこれだけでも十分満足のいくライブでした。もっと思いっきりヘドバンしたかった~。

■セットリスト
01.Creeping Death
02.Ride The Lightning
03.Through The Never
04.Disposable Heroes
05.The Memory Remains
06.That Was Just Your Life
07.Cyanide
08.Sad But True
09.The Unforgiven III
10 ...And Justice For All
11.One
12.Master Of Puppets
13.Fight Fire With Fire
14.Nothing Else Matters
15.Enter Sandman
Encore
16.Stone Cold Crazy
17.Motorbreath
18.Seek and Destroy

スポンサーサイト