FC2ブログ

2011/03/20(日) 吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション / DCPRG @新宿PIT INN 

2011/03/20(日) 吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション / DCPRG @新宿PIT INN

3/11に起こった震災で会社も自宅も物理的な被害は無かったものの、地震直後はのんきに「今夜のROVOは大丈夫かな~」と考えていたらライブは中止、その日は自分も電車が止まって帰れない状況に。
そして週が空けてからも停電の影響で電車の運行状況や会社の勤務対応も日替わりで変化していき落ち着かない日々を過ごしていましたが、今週から仕事はとりあえず平常運転といったところでしょうか。まだ予断は許されない状況ですが少しずつ日常が戻ってきたような気がします。

そして震災後はじめて行ったライブがこれ、「I love Poo/ 菊地雅章ベネフィットコンサート」の昼の部。
NYで闘病生活を送る菊地雅章さんを応援しようという趣旨で本田珠也さんの呼びかけで開催されたライブです。まだ電車運行が不安定で夜の遠い外出は避けているのですが、昼ならばと久しぶりに上京してみました。震災の影響で客足は鈍るかなと思いきや満員御礼の大盛況ぶり。

菊地雅章さんのライブは過去に一度、ジョシュア・レッドマンが出演していたスタジオコーストのオールナイトジャズイベントでSlash trioを観たっきり。「susto」は以前DCPRG流れで購入したけど、slash trioはそこからは想像も付かないフリージャズで、しかもドラムが吉田達也。フリージャズで吉田さんというと不思議な感じですが、そのスタイルは至っていつもと同じで笑っちゃいました。

今回のライブもslash trioのメンバーで雅章さんの甥でもある菊地雅晃と吉田達也を軸にしたセッション。他のメンバーは藤原大介、松村拓海、坪口昌恭。
吉田さんは相変わらず手数は多いけどシンプルにビートを刻む場面や他の演者のソロの時には抑えたドラミングで、プログレやっている時とは一味違いましたね。基本的にソロ回しをメインとした演奏でしたが、譜面が用意されててサックスとフルートがユニゾンでメロディを奏でる場面もあり、大枠の展開は決まっていたのかな。
フルートが入った編成を見るのは個人的には珍しく、坪口さんのキーボードの音色も良いアクセントになっていて面白かったです。
ただ昼間からちょっと飲んでいたので気持良く、半分ぐらいくくぅ~と寝落ちしてしまいました、スイマセン。フルートの音が妙に心地良いんですよね。

セットチェンジ中に成孔さんのMC。今日は持ち時間短いからMCも無いかなぁと思っていたのでこれは嬉しい。
いつも通りの軽妙な語り口で
「菊地姓ですが菊地雅章さんとは関係がありません」
今までご親戚だと思ってましたスイマセン。
「I love Pooじゃなくてどう考えてもWe love Pooだろ」
「1983年に中野サンプラザで菊地雅章さんのコンサートを見ました」
「sustoとはスペイン語で突然やってくる恐怖、英語でいうとPanic」
「非常に難産なアルバムで、その難産ぶりはライブにも現れていて「circle line」は演奏は開始されたけど誰も演奏出来なかった」
「俺は将来絶対にこの曲を演奏してやるぞ、と心に決めた」
「菊地雅章さんの曲を10年以上にわたって演奏し続けているのは銀河系で我々だけ」
という相変わらずなMC。

正式メンバーのギター大村さんはマーティ・フリードマンのツアーで参加予定でなかったので(それもキャンセルになったようですが)、野音と同じく元ジュディマリのTAKUYAがサポート参加。
「susto」収録の「new native」をマッシュアップしたという「PLAY MATE AT HANOI」と「CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE」のお馴染みな2曲を演奏。

野音の時と比べて全体的にまとまってきた印象。野音の時は見えなかったのもあってあまり目立ってなかった丈青が結構弾いてたし、その分坪口さんは効果音や低音的なパートに回る事も多かったし、二人の役割分担がうまくハマってきた感じ。
終盤では坪口さんとTAKUYAがフロアを煽って沸かせてニンマリする場面もありましたが、TAKUYAの弾きまくりギターソロタイムが無かったのがちょい残念だったかな。
狭いPIT INNで見るDCPRG、非常に濃い空間でした。HARD CORE PEACE部分の突き抜けるところが今の自分のもやっとした気分を吹き飛ばしてくれたかも。良かったです。
やっぱりホーン隊の音の軽さが気になってしまうけど、このメンバーでのアレンジも良い感じになってきたので早いとこ新曲にも期待したいですね。

アーティスト達の自分の出来る限りをプレイしブレないスタイルにちょっと勇気づけられた気がします。ライブ見に行けて良かった。

■吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション
吉田達也(Ds), 菊地雅晃(B,electronics), 坪口昌恭(Org,etc), 藤原大輔(Ts), 松村拓海(Fl,B-Fl)
01. Improv

■DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
菊地成孔(key,Conductor), 坪口昌恭(key), 丈青(key), アリガス(B), 千住宗臣(Ds), 田中教順(Ds), 大儀見元(Per), 津上研太(Sax), 高井汐人(Sax), 類家心平(Tp), TAKUYA(G)
01. PLAY MATE AT HANOI
02. CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE

スポンサーサイト

2011/2/20(日) けいおん!! ライブイベント - Come with Me!! @さいたまスーパーアリーナ 

一昨年の12月に引き続き、けいおんライブです。家を出発する直前にけいおん!!20話(学園祭ライブ回)を見てギアを上げて心の準備はバッチリです。

今回の座席は200レベルのステージ正面から左寄りのほぼ最後方。フロア全体を眺められるもののステージは遠く、ステージ上の人間も豆粒だし三面あるモニターも目の悪いオイラにゃ良く見えない。しかし見える見えないよりもその場に居るという事が最重要事項なのですよ。


◆セットリスト
1.GO! GO! MANIAC
2.Listen!!
3.Oh My ギー太!! (平沢唯 / CV.豊崎愛生)
4.青春Vibration (秋山澪 / CV.日笠陽子)
5.Drumming Shining My Life (田井中律 / CV.佐藤聡美)
6.Diaryはフォルテシモ (琴吹紬 / CV.寿美菜子)
7.Over the Starlight (中野梓 / CV.竹達彩奈)
8.ウキウキNew! My Way (平沢憂 / CV.米澤円)
9.純情Bomber!! (鈴木純 / CV.永田依子)
10.Jump (真鍋和 / CV.藤東知夏)
11.寸劇
12.いちごパフェが止まらない
13.ときめきシュガー
14.Honey sweet tea time
15.ごはんはおかず
16.Maddy Candy (DEATH DEVIL)
17.ラヴ (DEATH DEVIL)
18.寸劇
19.ぴゅあぴゅあはーと (HTT生演奏)
20.U&I (HTT生演奏)
21.天使にふれたよ! (歌:豊崎,日笠,佐藤,寿)
22.ふわふわ時間(HTT生演奏)
Encore1
23.NO,Thank You!
24.Utauyo!!MIRACLE
Encore2
25.Cagayake!GIRLS
26.Don't say "lazy"
Encore3
27.桜が丘女子高等学校校歌 (出演者全員, 伴奏:真田アサミ)
28.Come with Me!! (出演者全員)


各キャラソンで参加メンバーのソロを取り上げたり、声優さんならではのアフレコ風寸劇も入れたりと前回のライブを踏まえつつ、今回特に目立った演出は中盤のセンターステージでのパフォーマンスでしょうか。

部室が使えないから練習場所を探すという紙芝居的なアニメーションを流し、扉が立ち並ぶ迷い込んだ廊下である扉を開けると…リアル5人がアリーナ席のフロアに登場。そのままプロレスリングのような正方向のセンターステージで進んで行きます。遠目で真ん中にステージらしきものがあるなぁと思ってたけど、アニメーションを差し込んで登場するとは。これは面白い演出で気持ちも高揚しました。

ここでは放課後ティータイムとして4曲程度の披露でしたがそれでも十分。そもそも楽器のプレイヤーでない5人だから弾き真似だろうとパフォーマンスを360°角で見せるというのは難易度が高いと思いますが、周囲のオーディエンスを煽りながら楽しそうにステージを駆け巡る姿はとてもかわいい。
ムギ役の寿さんはスタンドにセットしてあるキーボードとショルダーキーの2つを使い分けて動き回っていたけど、ドラマー律ちゃん役の佐藤さんは中央のドラムセットに張り付きなのが若干不憫かなと思ったり。

その後のDEATH DEAVILはいっぺんに場の空気を変えてライブのいいところを持っていきます。ほんまもんのメタルと遜色ない楽曲で、ジャーマンメタルが好きだったオイラにはご褒美みたいなもんですよ。さわちゃん役の真田さんとクリスティーナ役の浅川さんのツインギター(振り)をフィーチャーして会場中にヘドバンが起こりそうな勢いでした。

そしてアフレコ風寸劇では、ひらがなでかわいい字はなんだ、逆に漢字にしてみたらどうだと、スクリーンに「鎖輪固」や「六区」など表示されて笑いを誘います。アニメ同様にしょーもない内容の会話劇で、登場してすぐさま「ひらなががかわいいって盛り上がってたんだよ」「そうなんだ・・・じゃぁ私は生徒会室に行くね」という和ちゃんの随所に光る突っ込みが一番良いとこを持っていったような気もします。

そして再び放課後ティータイムのターン。ここでメンバーの生演奏タイムがやってきます。前回のライブに引き続き今回も一番の功労者はベース澪役の日笠さん。楽器経験が無いだろうにレフティの指弾きにボーカルまで担当なんて結構な無茶振りにも関わらずしっかりとやりきっていましたからね。最初の「ぴゅあぴゅあはーと」は彼女がメインボーカルだから相当緊張した事でしょう。若干歌がお留守になってる感はあったものの、日笠さんを含めた5人の熱演に胸が熱くなります。すごく一生懸命な姿でちょっとミスしようと心の中で「頑張れ!頑張れ!!」って必死にエールを送ってましたよ。ギター豊崎さんとキーボード寿さんは楽器経験者のもあって演奏を支えて余裕すら感じました。U&Iが特にすっげー良かった。

オイラの大好きな曲「天使にふれたよ」はあずにゃん役の竹達さんは一旦抜けて、演奏はバックバンドに任せて3年生チーム4人で歌います。ここでスクリーンにアニメのハイライトシーンが次々に映しだされ、アニメ本編でこの歌を披露した場面とシンクロするのはかなり反則。この演出にかなりヤラれちゃった人多かったと思います。

アンコールでは、二期2クール目のOP・EDに懐かしの一期OP・ED。そしてさわちゃん先生のピアノ伴奏による校歌をオーディエンス共々合唱して、キャラソン全員の共通ソング「Come with Me!!」で大団円という流れでした。
本編だったか何度目かのアンコールだったか、一旦ステージを引く時に泣きじゃくる竹達さんを頭ぽんぽん叩いて手を繋いでステージ脇に連れて行く佐藤さんの姿が部長の律ちゃんとても被ったのも印象的でした。

全体的に前期のライブよりもレベルアップしていてとても良いショウでした。楽しみにすればするほどライブに対するハードルが上がっていくから、本番を迎えるまで多少の不安もありましたがそんなモノは吹き飛んでいくぐらいの期待以上のライブだったかな。

特に「GO! GO! MANIAC」や「Utauyo!!MIRACLE」といったOPの電波ソングを見事歌い上げた豊崎さんに敬服です。ぶっちゃけテープ使ってるかと思ったぐらいですよ、相当練習して来たのだろうなぁ。「Utauyo!!MIRACLE」ではOP映像と同じようにぐるぐる回っている人が意外と少なくてちょっと肩すかし。オイラが今回のライブで一番楽しみにしていた場面なんですよ、ここ。

そして「Utauyo!!MIRACLE」のオーラスの部分、「大好き 大好き 大好きをありがとう」という一節を、声優さん達もオーディエンスもあの場にいた全員が同じ想いで合唱した場面が本当に胸にきます。そこだけでも完全燃焼。
そりゃ確かに一期の曲がほとんど無かったとか不満も無い事はないけど、それは本当に些細な事で。
ステージに登場した方々と集まったオーディエンスとあの場にいた全員で作り出す空間に、得難い体験が出来て感無量でした。

映画は今年の年末12/3から。唯たちが高校に在学中のストーリーだそうです。原作のアニメ化していないエピソードか(りっちゃん彼氏疑惑回とかね)、完全オリジナルで例えばライブハウス回再びとか、想像するだけでわくわくしますがこのアニメスタッフなら期待して損はないでしょ。けいおんライブもまた来年と是非期待したいところです。

3/5(土)6(日) ももいろクローバー 

ここ最近友人がマメにイベントに足を運んでいる様子を見てオイラも予定が合えばと思いつつも腰が重くて悠に構えていたら、先週突発的に配信された渋谷AXのust(2/25に行われた神聖かまってちゃんとの2マンの録画配信)を見て猛烈にハマってしまい、呼ばれた気がしたので急遽週末のライブへ行ってきました。


◆3/5(土) ももいろクローバー@立川フロム中武屋上 – 2nd set

デパートの屋上でのイベント。シングルCD予約者には優先席+握手会、予約をしなくてもフリー観覧席から見る事が出来るので始めは様子見と思ってフリー観覧席へ。
メインステージからT字に花道が延びていて、花道を取り囲むように優先席。その後方の通路を挟んでフリー観覧席。ステージがあまり高くないので優先席の頭で全くステージが見えず。せめてメンバーの顔と名前ぐらいはこのイベントで覚えようと思ったけど、そんな事も全く出来ずでした。

MCではメンバーのうち3人の近況。練乳ミルクゼリーを作ってーという長い話をしてたけど、この辺りから妙にお腹がきゅるきゅるしちゃってイベントの半分ぐらいは集中出来ずに意識を失っていた感じで。お外だからお腹が冷えちゃったのでしょう。結局我慢出来ずアンコールラストで脱落。こんな事なら痛くなった時点でさっさと行っておけば良かった。

それでもメンバーが花道先端に来た時は多少見えたし、外周の通路を人力台車で回ってくる時も一瞬ではあるけど近い位置で見れたし、アンコールでちょっとだけフリー席後方で歌ったのもあり、あんな場所でも演出を色々考えているのだなぁと思いました。怪盗少女の特大エビ反りも客の頭より余裕で飛んでたのですっげー跳躍力ですよ。

しかしながら、腹が痛かったのも含め自分の期待値の3割程度しか楽しめなかったのが残念。という訳で翌日にリベンジ。

セットリスト
01. 気分はSuper girl
02. Chai Maxx
03. ミライボウル
04. Believe
05. Words of the mind
06. キミとセカイ
07. 行くぜっ!怪盗少女
Enc.
08. きみゆき
09. 走れ!
10. ツヨクツヨク


◆3/6(日) ももいろクローバー@Zepp Tokyo – 2nd set

三回まわしのショウの1部と2部の当日券があるというので2部をチョイスして行ってきました。やはり金を払ってちゃんとした場所で見たいという気持ちも強いので。
シングルCD予約込みで当日3500円、実質2300円ぐらいかな。こんなシステム初めてだよ。

全指定席で大体フロアに1500人ぐらい入っていたのかな。席は一番後ろの右から3番目。ほんとに角っちょ。当日券といってもかなりギリギリだったっぽいです、入れて良かった。
一段上に上がっている場所なので人と人の間からちょろちょろステージは見えたかな。
やはりキチンとしたハコの方が音響も照明もあって断然に良い!曲が終わる事に暗転して、次の曲のポージングの影が浮かびあがる訳ですよ。ライティングもきれいだったしこれは良いですね。

驚いたのが客の7、8割方が彼女らと同じように踊っているという。上半身だけだとしてもほとんどの曲の振り付けやってるのは凄いな~おかげでかがむような時はステージが良く見えるぐらい。一緒に踊るのがライブの楽しみ方のようですね。これぶっちゃけサイリウムいらないんじゃないか。

踊りもそれなりに全体のフォーメーションも見れたので、席は遠くとも満足でした。サビで違う曲が始まった感が強い「ミライボウル」や超上げ上げの「Chai Maxx」、サビのダンスの足の上がり具合や中間部のアクロバットプレイが見所の「行くぜっ!怪盗少女」、サビの歌詞”ココココ”が現代的ミニマルの「ココ☆ナツ」など色々圧倒されますね。

セットリスト
01. 走れ!
02. Believe
03. ミライボウル
04. Chai Maxx
05. 全力少女
06. キミとセカイ
07. 行くぜっ!怪盗少女
08. オレンジノート
Encore
09. ココ☆ナツ
10. ツヨクツヨク


踊りに関してはビデオももクロの方が楽しめる感もあるので、これは3月末に発売されるDVDが楽しみです。


あとはオススメ動画を貼っておきます。

このYou Tubeはキレイにまとまってて見やすいかも。
【ももいろクローバーに全く興味がない人も応援したくなっちゃう動画 】


こちらはハマったきっかけとなったAX動画。
【「伝説のAX」公式流出中】


相変わらずメンバー全員の顔と名前は覚え切れてないけど、一番最初に覚えた青の子あかりんが4月に脱退すると知ってすっげー寂しいです。髪型が唯一ショートなのと、ラップなど飛び道具的な部分を担当する事が多くて真っ先に覚えたんですけどね。
とりあえず元気だったら来週13日の豊洲フリーイベントにまた行って来ようかな。
と、風邪で半ダウンのオイラでした。

2011年3月の予定 

行きたいライブは沢山あるけど相変わらずサイフ事情が厳しいので今月も少なめに。
4月の来日ラッシュ+αで散財なので今から備えておかないとね。


3/11(金) ROVO@横浜Thumb's Up
濱ジャムイベントでROVOワンマンです。数年前のマンドラ以来だな。満員御礼できゅうきゅうだと思うけど、間近で芳垣&岡部両氏のドラミングが見れるのは楽しみ。

3/20(日) I love Poo/ 菊地雅章ベネフィットコンサート@新宿PIT INN
出演:吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション, DCPRG
菊地雅章さんに関してはDCPRGでお馴染みCircle Lineが収録しているアルバムを持っているのとスラッシュトリオを見たぐらいですが闘病生活と聞いてびっくりでした。
今回は縁のあるメンバーで寄付コンサートという事で、時間は短いけどあそこでDCPRGが見れるのはレアかな。

3/21(月) 広瀬・加藤・芳垣@新宿PIT INN

先日のなってるハウスも行きたかったので同じメンツで再度ライブやってくれるのは嬉しい。


気になるもろもろ

3/1(火)2(水)Elvis Costello@文化村 オーチャードホール
あんま話題になってないけど、ちょうど今日から来日してるんですね。

3/2(水) 奥の細道@秋葉原グッドマン
出演:石割桜, te_ri, 奥州波動, 喜多直毅vln+金沢美也子kb
吉田達也企画のチーム東北によるイベント。

3/5(土)6(日) Bill Laswell presents ... TOKYO ROTATION 5@新宿PIT INN
ジョン・ゾーン、ビル・ラズウェル、高橋悠治のトリオはかなりそそられるものがありながらもおサイフ事情で諦めたのだけど、ジョン・ゾーンが急病のため編成が大きく変更になり、行けなくとも楽しみにしていたライブだったので残念です。

3/12(土)13(日) IRON MAIDEN@さいたまスーパーアリーナ
SPECIAL GUESTS : BULLET FOR MY VALENTINE, RISE TO REMAIN
後述のAKBのチケ落選したらこっち行こうと思います。去年の新譜も2月に買いまして、これぞメイデン!という安心する良い内容でした。

3/12(土) 茅原実里@Zepp Tokyo
みのりんの全国ツアー、ちょっと興味あったけどね。

3/15(火) 南博GOTHERE!@新宿PIT INN
今回も行けなさそうで残念です。

3/16(水)吉野弘志・モンゴロイダーズ・ネオ@新宿PIT INN
いちお予約済みだけどちょっと厳しいかなぁ。

3/21(月)渋谷毅×南博×津上研太@代官山 晴れたら空に豆まいて
ピアノデュオ+サックスという面白そうなメンツですね。

3/21(月) Tortoise @Billboard Tokyo
トータスもとうとうビルボードに登場。

3/25(金)26(土)27(日) AKB48@横浜アリーナ
シーンが熱いうちに一度体験しておきたいライブ。横浜アリーナで昼・夜の部と全5公演。いやいや勢い絶好調ですね。3/3までイープラスで先行やっているので申し込んでみます。

3/26(土)27(日)Soulive @Billboard Tokyo
Souliveもほぼビルボードに固定になりましたね。

3/27(日) 南博トリオ@横浜DOLPHY
横浜なので行きたい所存、ううむ。

3/31(木) 是巨人@秋葉原グッドマン
久々に是巨人ワンマン。年末のSardine Headとの共演で鰯界隈でも注目度が上がっているので楽しみなところ。


という感じで、3月もヒキコモリつつ適度に遊びたいと思います。