FC2ブログ

ベン・トーのサントラに吉田達也氏が参加しているよ 

30歳前後にアニメも嗜むようになったダメな大人のオイラですが、今期放映している「ベン・トー」のサントラの参加者を見て驚愕。

TVアニメ「ベン・トー」公式サイト | 商品情報


参加ミュージシャン
ピアノ/シンセサイザー/プログラミング:岩崎琢
ドラムス:吉田達也
ギター:今堀恒雄
トランペット:YOKAN
アルト&テナーサックス:山本拓夫
ソプラノサックス:松原孝政
アルトサックス:有村純親
テナーサックス:松井宏幸
バリトンサックス:東涼太
ヴォーカル:小倉信哉、小宮一浩、吉田達也



新宿PIT INNや秋葉原Goodmanへ通っている方でしたら一目瞭然だと思いますが、
吉田達也!今堀恒雄!こんな所で何やってんの~!?
今堀さんは過去に坂本真綾や最近ではYUKIのバックで弾いていたりとJ-POPに親和性の高い方というのを最近知ったばかりでしたが、ここで吉田さんですか。しかもボーカルにも参加ですよ。えぇぇ~と驚きと共に笑うしかありません。あのファルセットボイスがアニメの中で炸裂しちゃうかも!


とまぁ、ベン・トーのサントラ参加にちなんで吉田達也氏が初期に参加していた「あぶらだこ」に焦点を当てた以下のエントリーを読みまして、それにインスパイアされた形でプログレ界隈の吉田さんを紹介して行きたいと思います。

ポップな絵とアヴァンギャルドな音の異色の食べ合わせ - 「ベン・トー」のBGMを味わおう! - さよならストレンジャー・ザン・パラダイス


さてさて、吉田達也氏といえば、日本が誇るスーパードラマー。特にプログレ、即興界隈でこの人有り!なドラマーですよね。
オイラも吉田さんの膨大な経歴の中の一部しか体験していませんので、自分の知っている範囲からご紹介します。
※吉田さんのサウンドに触れて5年程度の新参なので、間違っている部分や足りない箇所があったらごめんなさい。


どのバンドにも共通しているのはドラムスタイル。隙間を埋めるようにとにかく叩く叩く、そのスティック捌きはまさに千手観音の如くです。そして同バンドのメンバーの音数も恐ろしいほど多く、吉田さんから渡される楽譜は音符で真っ黒だという話です。
そんな音数や変拍子なリズムなのでライブでは聴いているこちらもかなりパワーを要します。が、これがまた不思議と踊れるサウンドで、ライブではジッと座っている方が多いですが勇気を持ってスタンディングで踊ってみましょう。新しい世界が広がる事に違いありません。これであなたも変拍子の虜ですよ。

それでは、吉田さんのリーダーバンドをいくつか紹介したいと思います。


数あるバンド・ユニットの中でオイラが一番通っているのは「是巨人」。
ドラム吉田達也氏をリーダーとした鬼怒無月(g)とナスノミツル(b)による最強トリオのプログレバンドです。
イギリスの「This Heat」と「Gentle Giant」の二バンドから名前を取ったようですが、その演奏内容が両バンドにインスパイアされているのかは不明、というかオイラが知らないだけです。ゴメンナサイ。

変拍子・拍子チェンジを多様とした超絶怒涛のプログレバンドで、まさに変拍子は正義!ハイスピードで駆け巡るポリリズムなメロディから三者ユニゾンに揃う場面などは鳥肌ものです。


また1フレーズぶつ切りでパッチワークのように継ぎはぎした「Yesメドレー」といったユニークなアレンジも吉田さんの魅力の一つ。



そして、歌ものというと真っ先に思い浮かぶのが「高円寺百景
フランスのMAGMAにインスパイアされたバンドという事ですが、実際歌われている言語がコパイア語なのかは分かりません。ファルセットボイスを多用したボーカルというとイタリアのAREAも彷彿させますね。女性メンバーが多いので見た目華やかですが、音はテンションが高く管楽器の音数の多さなども極悪の部類です。
こちらのメンバーはボーカルの女性などマメに変わっているようですね。



吉田さんのキャリアの中で一番有名であろう「Ruins
オイラは「Ruins Alone」というソロ形態しかまともに見た事がありませんが、aloneですとバックトラックのサンプラーを流しながら独り叩きまくり、時には例のファルセットボイスで歌うというユニット。
こちらもその時々で形態やメンバーを変え、様々なパターンでライブを行っておりますね。



あとオイラが是巨人と同じぐらい大好きで、某レーベルの社長に「ドリームバンド」と言わしめた「World Heritage」。日本語訳で世界遺産です。是巨人メンバーにROVOの勝井祐二(vn), 山本精一(g)を擁した5人組のバンドです。
こちらはメンバーが多忙なせいか年1,2回程度しかライブを行いませんが、是巨人のパワフルな演奏に浮遊感溢れるROVOテイストが加わり、まさに最強バンドに相応しい。



また「大文字」というホッピー神山さんのシンセをフィーチャーしたシンフォニックなプログレバンドもありますね。元々戸川純のバックバンドだったのが戸川さんの遅刻で、三人で演奏を始めたのがきっかけ。当初「インプログレ」という名前だったそうですが某レーベルの社長のウケが悪くて大文字に改名したとか。


また同じくサントラに参加している今堀さんとデュオで「Dots」というアルバムを出しています。ポリリズムを得意とする今堀さんのギタープレイと相まって、こちらもかなりいかついサウンドに仕上がっています。こちらはライブ未体験なオイラ。新作を作るタイミングじゃないとライブはもうやらなそう。


これらは主に吉田さんリーダーバンドでプログレ分が多いのですが、他には多国籍なサウンドの「シカラムータ」やフリージャズの「菊池雅章slashトリオ」など様々なジャンルのバンドにも参加しています。
即興では、ギター内橋和久さんとのデュオ「超即興」やドラマー外山明さんとのデュオもありますし、最近ではメンバーが岩手県出身者の「石割桜」など新しいユニットも増えているので、そのキャリア全てを網羅するのは至難の業でしょう。と言ってもさすが世界広しで、毎度では無くとも吉田さんのほとんどのバンドを追っている方がいるのも事実。→ TAKE's Homepage

オイラが初めて吉田さんを見たのは横浜ストーミーマンデーという約40人が定員の小箱での「是巨人」。至近距離で見る吉田さんのドラミングにおくちあんぐりでした。あと印象に残っているショウは即興系のライブで「Sunshine of Your Love」と「太陽と戦慄パート2」をトリオ×2で同時演奏するという無茶ぶり。発想がアフォとしか思えません。


で、ベン・トーに話を戻します。
一言で説明すると、スーパーの半額弁当争奪戦をするってだけのアニメです。これを見ていると妙にお弁当やどん兵衛が食べたくなるので困ったものです。

※ニコニコチャンネルで無料配信分がありました。
ベン・トー - ニコニコチャンネル

肝心のサントラはと言うと。
戦闘の場面ではテンションの高い管楽器の音楽。高円寺百景のソプラノサックスのパートがバスに変わったようなサウンドは紛れも無く吉田さんじゃないですか。怪しいボーカルも入っているしドラムも叩きまくっていますね。そんな怪しい音楽に対比してボコーダーをかけた普通にロック調の曲も揃えているのが面白い。

また、知人よりタレコミで「Battlesに似ているよ」との情報があったので確認してみると、確かに2話OP後の本編冒頭の音楽がBattlesの曲に似ている。なるほど。



紙一重でドン引きになる危険性も持ち合わせるアフォなユーモアさと、一歩間違えばお笑いにも取られかねないバカみたいな叩きっぷり。まさにこの二つが吉田達也氏の真骨頂でありますが、これは半額弁当に命をかけて死闘を繰り広げる「ベン・トー」の世界観に似ているのではないかと。そのアフォみたいな設定の中でも登場人物達は真摯に向き合っているのですよ。
単に弁当を取りあうだけなので難しい設定などを覚える必要なし、ただ頭を空っぽにして楽しめる。これは吉田達也氏の情報量が多い演奏で逆に頭が空っぽになり集中するのに近いものがあるんじゃないかな。
おぉぉ、吉田さんの演奏とベン・トーにこんな共通点が!(無茶ぶり~~)

オイラが好んでライブに足を運ぶ音楽界隈でもアニメ音楽に関わっている方は色々おりますが、とうとう吉田さんも参加されるとは胸熱です。

スポンサーサイト



2010/10/2(土) ロウきゅーぶ @電撃文庫 秋の祭典2011 – 秋葉原UDX 2F 

出演者:
花澤香菜, 井口裕香, 日笠陽子, 日高里菜, 小倉唯, 梶裕貴

電撃文庫のライトノベルからアニメ化された作品関連のイベントです。サイン会やトークショウなど様々なイベントがある中で、夏にアニメ放映していた「ロウきゅーぶ」のトークショウ&ミニライブに応募して当選しました。
女性声優さん5人による「RO-KYU-BU」のライブがお目当て。10月と11月に行われるワンマンライブは残念ながら落選したので、せめてこれぐらいはね、当選して本当に良かった。

整理番号は200番前半だったので大体フロアの中段辺りを位置取り。この位置でも埋もれてしまうので、ステージもほとんど見えず。トーク時に井口さんがちょいちょい見えたぐらいかな。
今回の出演者はメインの女性声優さん5人に加えて主人公の長谷川くん役の梶くんを含めた6人。進行は梶くんが努めます。
女性声優さん5人は背番号をもじった二つ名で登場。「ファンタスティックフォー、花澤香菜です」とか「シックスセンス、日笠陽子です」とか意味分からんで笑えます。

トークショウでは収録の思い出やキャストへの簡単な質問など。梶くんの「まったく、小学生は最高だぜ!」のセリフが飛び出すと会場内は大盛り上がり。まさにここでしか叫べない合言葉ですよ。
「ひよっちは芸人だから」とどこでも芸人ネタが飛び出す日笠さんは人柄の良さがうかがえますね。「SHOOT!」のジャケ写真がドヤ顔すぎてヤンキーみたくなった、など笑える裏話も色々飛び出しました。
「昴は誰が本命なんだ」という問いに対しては、原作者のザジさんから頂いた「小学生はみんな天使だから、誰が好きだとか選べないよ」という言葉をそのまま述べる梶さんにキャストも皆ブーイング。声優業だからテレビ等のメディアに顔が映る訳ではありませんので、こうやって壇上でキャッキャワイワイしている姿を見るのも良いものですね。

後半は「RO-KYU-BU」のライブ。OPの「SHOOT!」とED「Party Love~おっきくなりたい~」の2曲。ライブになると周囲も一層盛り上がるのでステージは全く見えない。ダンス見たかったので残念であります。サイリウムを使っている人もざっと半分ぐらいだったかな。オーディエンスのコールは先走って不発な人も居たりでまだ統一されてない部分もあったけど、この辺りの単独ライブはどうなるか興味深いところ
練習もかなりしているようだけど、全体的なクオリティがねぇ、特に歌が惜しいですね。
まぁ音響もライブ仕様では無いのでこのイベントだけで判断するのは早急だと思いますが、でも単独ライブは行けないしなぁ。

そして最後に「ロウきゅーぶは!」「最高だぜ!!」とみんなで叫んでイベントを締めくくりました。日笠さん以外は生で見るの初めてですが、花澤さんが写真より動いている方がかわいいな、とか5人とも普通にかわいくて良かったです。
しかしアルバムジャケの写真は無いだろう・・・もうちょっと写りの良い写真を使ってあげて下さい。

終演後はフリースペースで観覧していたY氏と合流して、アメ横の焼き鳥屋で一杯 > サイン会があるY氏と別れてH氏と新橋飲み > Y氏と仕事終わりの隊長が合流、と酔いどれコースでした。

2011/10/8(土) 彼岸の此岸 @横浜プロムナード - NHK横浜放送局 

メンバー:
吉野弘志(B), 太田恵資(Vn), 鬼怒無月(G), 吉見征樹(Tabla)

横浜のジャズフェス・プロムナードの一環でフリーライブが行われるという情報を当日の朝に知り、時間の都合も付いたので関内まで足を運んでみました。彼岸の此岸は横浜ドルフィーのスケジュールでよく見掛けて興味があったものの未体験だったのでこれは良い機会でした。

整理券配布時間をちょっと過ぎた頃に会場へ到着すると既にかなりの列が形成されていて、客層はだいぶ年配な60~70歳の方々が大半。おそらくプロムナードの客層なのでしょうが、普段どのライブですら見掛けないような普通のおじちゃんおばちゃんばかりでちょっとびっくりです。
こちらのフリーライブはFMで生放送されるようで、司会者の自己紹介と簡単な説明を受けてオンタイムにライブスタート。

トルコやアラブ等の民族音楽がメインなのは、同じく吉野さんのバンドnbaba trioと同じような選曲ですかね。中近東方面の民族音楽をメインに演奏するジャズマンはそうは居ないので、こういった選曲も面白いなーと思います。
ラストに演奏していた吉野さんオリジナルの「竹」はnbaba trioで演奏していた記憶あり。中盤では吉見さんのタブラソロ&ボーカルを取る場面もあって、編成の違いでアレンジもかなりインド仕様に変わっていると思います。これはnbaba trioのヴァージョンと聞き比べしたいですね。

旋律を流れるように演奏する鬼怒さんと太田さんのお二方のスタイルが楽曲のメロディにとても合っています。前日のライブでホーミーを魅せてくれた太田さんは今回はアラブっぽく歌ってました。
吉見さんはおそらく床に座っていたと思うので客席からは全然見えず。椅子エリアより後方にはモニターが付いていたので、そっちの方が演奏している姿は見えただろうな。

司会者の「ジャズの祭典のスタートでタブラが流れて驚きました」的な発言に対して「そうかもしれないけど、自分達にはこれが当たり前、スピリッツはジャズで形は自由。」「ジャズのスピリッツとは好き勝手にやる事、権威に負けない。」と答える吉野さんかっけー!でした。

2011/10/7(金) Yolcu-Yoldas @新宿PIT INN 

メンバー:
太田惠資(Vn,Vo)今堀恒雄(G)岡部洋一(Per)

ここ数ヶ月会社帰りに都内に出るのがおっくうだったので足が遠のいていましたが、帰宅しても家でダラダラ過ごすだけだしなーと、ちょっくら気合を入れて数ヶ月のPIT INNへ。

太田さん今堀さんと女性に人気な二大巨頭だったので多少混雑するかなーと思いきやそうでもなくてちょっと拍子抜け。太田さんを見たのはVincent Atmicusと渋さ知らズオーケストラぐらいなので、彼メインのライブを見るのは初めてです。ちなみにこの編成、前回は巻上さんとの対バンだったそうでフルライブはこれが初めてらしいです。

60分をノンストップで×2セット、どうやら長いインプロから後半は曲に移行していく内容だったようです。
他のライブで見せるぎゅんぎゅんに歪んだ音色や拡声器を使ったプレイなどはほどんど無くて、アコースティックに近い音色でしたね。ノリに乗った場面ではすごく弾きまくり。また太田さんのホーミーも十分に堪能。
今堀さんはポリリズミックなプレイはなりを潜めて出音も小さめで前に出過ぎない演奏でしたが、ソロを取る場面では今堀節が炸裂でしたね。
岡部さんはジャンベ・カホン・フロアタムにハイハット&シンバルがメインで、後は多少の小物類。Set2の頭ではカリンバやビリンバウ等をループマシンでループさせてのプレイなんてのも。ドラマーでループさせてる人は初めてみたかもしれんで新鮮でした。さすが、皆さん色んな引き出しを持ってらっしゃる。いつも見るライブと違う編成だと色んな技が見れて楽しいです。
終盤は3人とも鬼気迫る勢いの演奏でとても素晴らしかったです。

帰りの物販でUnbeltipoのスタジオ盤を購入しようと思ったらテーブルに出てるのはライブ盤のみで、「これが一番新しいライブ盤ですよ」と2009-2010をオススメしてくれてたけどLive2006を購入。いやまぁ新しいのはいつでも買えるから古い音源から揃えたかったんですよね。こちらのアルバムもとても良かったのでライブに足を運んでみたいです。