FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/11/2(水) YUKI @横浜アリーナ 

ジュディマリは初期からずっと追っていたものの、ソロになってからは全く聴いていなかったYUKIちゃんですが、音楽好きーな界隈でもライブの評判が良いのでちょっくら行ってみました。
会場はオッサンやヲタが皆無でリア充だらけ。微妙に居心地の悪さを感じるけど、今回はJ-POPの社会勉強だからしょうがない。結局新作のアルバムはちょいと聴いたけどほとんど予習もしてなかったもんな。
アリーナAブロック4列目という良席で、小さくなってスタートを待つのでした。

OPではステージ後方を前面にスクリーンにした大画面にYUKIちゃんが踊っている映像が流れて(しかもローアングル!)、パイロが爆発したところで花道の先端にYUKIちゃん登場。

体と歌一つで大会場のオーディエンスを盛り上げるその圧倒的なパフォーマンスは、女性歌手の中でも理想型に上げられるかもしれないな。特に凝ったダンスがある訳でもなく、過剰な演出も無く、仕掛け自体は金かけてるけどショウは至ってシンプルな構成。
1曲目のJOYはサビでラジオ体操みたいな手の振りがあり、こーゆーの無いと思ってたから勉強不足ですいません。
あと手拍子!そうなんだよね、メタルだったらヘッドバンキングするし、アイドルの現場だったらサイリウムを振りまくっているので、それらのライブでは手拍子はほぼ無いんだよ。そうすると手拍子するしか無いってヤツだ。新鮮だけどオイラはやっぱり手拍子は苦手なんだよな~。まぁ理由の一つはアレですが。

衣装チェンジのタイミングで新作ジャケ撮影のオフショット的な映像や、スカートが風船みたいになってる奇抜な黒いドレスで踊る映像を使ったりと、バックトラックや映像も凝っていて飽きさせません。
ディスコ調の曲ではステージ後方から大きなミラーボールを照らし、映像に現れたYUKIちゃんとシンクロした動き。ドーム公演のPerfumeの掟に近い作りですな。こーゆーの大好き。
特にステージ後方を前面に使ったスクリーンは大迫力ですね。

他には「Wild Ladies」では自身がギターを弾く姿を披露したり、「WAGON」では銀テープ炸裂で、拾い損ねたら一個もフロアに残ってないという。どうやらYUKIちゃん直筆メッセージが書かれてたそうなので惜しい事をした。

あと衣装がガチエロまでは行かないんだけど色っぽいっていうか。
最初は黒のミニ丈スカートで、横から見ると付け根あたりが開いていてよう見える(下にもちゃんと履いてるけどね)。
2回目は蛍光色のドレスっぽいロングのスカート。左右の真ん中に深めにスリットが入ってるので歩くと太ももがあらわになるのですよ。
3回目はボンテージっぽい黒のミニスカート。胸の形に沿って左右に三角形にベルトが付いててなんちゅうかボンテージ風。
アンコールは白いドレスっぽいのかな。ウエストが締めてあるから乳袋的ではあるけど、YUKIちゃんそんなに胸なさそうだからこれは特別にエロいわけでもなく。

「YUKIちゃん、かわいい」という声が多いけど、オイラはかわいいというよりかっこいいと思うや。というのも映像がアップになるとさすが40歳の貫禄は隠しきれないもので、「かわいい」という言葉自体は仕草やトークを指すんだろうけど、やっぱり「かっこいい」の方がハマっている気がする。

声はジュディマリ時代と全然変わらんなーと思ってたけど、日によって喉の調子が全然違うみたいですね。ツアー最初の幕張メッセではかなり調子悪かったらしいですが、この日は結構良かったみたいで良い日に当たってよかった。
という訳で久々のJ-POP観賞でYUKIちゃん社会見学1時間半ちょい、普段行くライブとは違う空気感も新鮮でクオリティの高いものを見れて楽しかったです。

■拾い物セットリスト
01.JOY
02.勇敢なヴァニラアイスクリーム
03.ビスケット
04.キスをしようよ
05.Wild Ladies
06.ひみつ
07.二人のストーリー
08.笑いとばせ
09.ハローグッバイ
10.Hello
11.ワンダーライン
12.クライマークライマー
13.ランデヴー
14.揺れるスカート
15.マイプライベートアイダホ
16.ティンカーベル
17.WAGON
18.鳴いてる怪獣
19.相思相愛
Encore
20.Dear.ママ
21.集まろfor tommorow

スポンサーサイト

2011/10/30(日) ももいろクローバーZ - 女祭り @渋谷O-EAST 

9月に行われた秋葉原でのイベントも当選したものの二日酔いでぶっちしたので、8月の極楽門以来のももクロ、今回は女性限定のライブになります。
O-EASTの2階席(建物の実質3階)からのという変則的な入場だったので、一階フロアは階段側である右側が密集状態。600番台後半だったので、ステージ前のフロアへは既に柵を閉じられていて入れない状態でした。PA前の通路を通り左側へ抜けるとさほど混雑していないので、ステージ前フロアから一段が上がった柵の2列目を余裕で確保。視界も良好で、ステージはほぼ全体が見えます。
こちらはまったりゾーンだったので、熱狂するような盛り上がりには欠けたけど今回はこれぐらいが丁度良い。

ただオイラの前に子連れの親子が二組ほどいて、小さな子供が柵に上って身を乗り出していたのが少々危ない。座席有りのホールならともかく、ソールドアウトしている長丁場のスタンディングライブに小さな子供を連れてくるのはいかがなものだろうか。

OPでは労働賛歌のPVを初披露、地下鉄通勤や土木現場、居酒屋風景など「労働者」を強くイメージしたPVで、相変わらずれにちゃんは一番の汚れ役ですの。
そしてステージに登場したメンバーは大きな和太鼓を叩くパフォーマンスと共にOvertureが流れお祭りの如く本編がスタート。

一曲目から「ワニとシャンプー」で始まりテンションの高い曲が続いていき、女祭りしか出来ない事という「ももクロガールズコレクション」と称したファッションショーが途中で3度挟み込まれます。
「スピンズ」「BEAMS」「galaxxxy」の3ブランドを5人とも行うのでかなり長い。着替え中の尺は手の空いている2人・3人が「女の子だけにしか話せない内緒話」と事前に受け付けた悩み相談室。

「おならをするタイミングはどうしたらいいか」「酢豚に入ってるパイナップルが許せない」といったオバカな悩みから、「バイトで50歳のおじさんと会話が続きません」「ももクロのライブに行きたいのに危ないと旦那が行かせてくれない」と真面目な質問まで。ももクロメンバーも「あーりんはおならの匂いはわたあめ、しおりんはカレー」といったアフォな回答から、オバサンの井戸端会議風な寸劇を交えてグダグダと脱線しながらも意外に真面目な回答もあったりで、尺が長すぎる事を除けば何気に面白かったかな。
「テストの点も良いという噂のももクロちゃん、勉強の仕方を教えて下さい」という悩みには会場内からも笑いがチラホラと。ちょうど有安が居なかった場面だったのが惜しいですな。
全体的にあーりんの仕切りがうまいなぁと思わせるMCっぷりでした。一番若い15歳だってのにしっかりしてるわ~。

ファッションショーの方はステージ衣装とは違った私服な彼女らがすげー可愛い。カツラを使ってのあーりんのショートカットやしおりん・夏菜子のロングはなかなかレアじゃないの。
こちらも正直尺が長くてファッションショーの終盤は「早く終わらんかなー」て思う始末でしたが、いつもと雰囲気が違う普通の女の子らしい格好を見れたのは良かったかな。

セットリスト自体は鉄板曲をメインにソロ曲があり、ももクロの曲をもっと見たかったオイラとしては物足りなさが残る。
ソロ曲は初体験なので、もこもこのジャケットで登場して華麗に脱ぐあーりん、思ったより露出度は高く無かったけど感無量。中学生とは思えない色っぽさ。決して太っている訳じゃないけど、むちむちな太ももとか良いですよね。

中盤に労働賛歌の生パフォーマンス、こちらもお初ですね。サビの腕上げスクワットは凄く分かりやすいし、中間部に一瞬入る有安ソロもなかなか見所があります。PVと同じくピンクの拡声器を持つ場面もあったけど、あれフリだけじゃなくて拡声器オンにして欲しいな。VINCENTの太田さんオマージュで。

終盤になると有安の声が出なくなってしまい、アンコールでは有安パートを他メンバーがフォローしたり、ダンスのフォーメーションチェンジの合間に肩を叩いて励ましたり。
本来なら声が出ないなんてマイナス要因にしかならないけど、それを感動的場面に摩り替えるのは素晴らしい、仲間って良いよね。オーディエンスからも「もーもか!」と一層大きくコールが上がり、アクシデントまでも一体感に変えるという。良いもん見させて頂きました。オーラスのMCでは有安の悔し涙と負けん気の強さがとても印象に残りました。

終演後にドリンクを引き換えたけど、今回もノンアルコールのみ。500円取っておいてビールが無いのは未だに疑問です。これだけは毎度いただけない。他のアイドルの現場はどうなのだろう。

01. 労働讃歌 (PV)
02. ワニとシャンプー
03. ミライボウル
04. ピンキージョーンズ
05. D'の純情
06. キミとセカイ
07. ももクロガールズコレクション
08. ありがとうのプレゼント / 有安杏果
09. 恋は暴れ鬼太鼓 / 高城れに
10. 労働讃歌
11. CONTRADICTION
12. 未来へススメ!
13. キミノアト
14. ももクロのニッポン万歳!
15. ももクロガールズコレクション
16. …愛ですか? / 玉井詩織
17. 太陽とえくぼ / 百田夏菜子
18. 全力少女
19. Believe
20. Z伝説 ~終わりなき革命~
21. Chai Maxx
22. 行くぜっ!怪盗少女
23. ももクロガールズコレクション
24. だってあーりんなんだもん☆
25. スターダストセレナーデ
26. オレンジノート
27. ツヨクツヨク
Encore
28. 走れ!
29. コノウタ

2011/10/27(木) 是巨人 / Deep Cover / 深巨人 @代官山 晴れたら空に豆まいて 

久しぶりに行った是巨人のライブですが、この日の目玉は何といってもDeep Coverの二人を加えた深巨人(ふかきょじん)。この日限りの合体ユニットです。

普段より女性客が多かったのはDeep Coverによるものだったみたいですね。そういや若手ドラマーって女性人気があるけど、吉田さんファンの女性って何となく少ないような気がします。

■Deep Cover
横浜界隈で名前はよく見掛けるけど見るのは初めて。ドラムとキーボードのデュオ。覆面ユニットという事なのでビートクルセイダーズみたいにお面でもしてるのかと思ったけど、帽子にサングランス、服装も二人お揃いで黒尽くめ。ドラムセットもツヤ消しの黒塗り、側面だけでなく底面や叩く面も真っ黒という。キーボードが赤なのが惜しい。

ボーカルとベースパートを打ち込んだバックトラックにキーボードとドラムを人力で音を乗せていきます。乱暴な言い方をするとスタイルはRuins Aloneで内容はTne New Dealといったところかな。サンプリングのボーカルは元ネタが色々あるみたいだけどオイラは分からずでした。

重低音なドラムとファンキーなキーボードでかなりダンサブルです。左右の端と後ろの方では立って踊っている人も多かったので、こういう着席のライブよりスタンディングの方が断然楽しいんじゃないかな。
終わった後は久々に耳鳴りしていたのでかなりの爆音だったのですね。約50分ノンストップでした。

■是巨人
こちらも50分のショートセット。鬼怒さんは「踊りにくいと思いますが」「次の曲は聴きやすいと思います、僕ら流のJ-POP」などDeep Cover ファンに考慮してMCで解説。オイラにとってはDeep Coverより是巨人の方がダンスミュージックかもしれんですが。
1曲目は初めて聴くような気がしたので新曲なのかな。4曲目も耳馴染みが無かったので新曲だと思ったらWの曲だったのね。これは2回ほど見ているはずなんだけど記憶薄し。

是巨人のライブはいつも後ろの方から見る事が多いのですが、今回はステージ傍だったので鬼怒さんの足元も良く見えました。ループマシンを使う場面もあったので「お!」と思いましたが、もしかしたら今までも気付かなかっただけなのかも。ナスノさんは譜面台や卓上でエフェクター使っているから遠目でも分かりやすいんですけどね。

シンバルの止めネジが飛んでいったり(結局見付からず?)、スティックが割れてステージの前の方まで飛んでくる事もありましたが、新品のスティックを使ってるのに割れるっていうのはどんだけのパワーなんだろう。

コンパクトなショートセットでも濃厚でしたがJACKSONが無いのが少々寂しい。

セットリスト
1.On Reflection
2.Swan Dive
3.Tundra
4.Watershed
5.Objection
6.Isotope
7.Kaleidoscope

■深巨人
最後に合体ユニット深巨人。「森俊之さん役の~」「沼澤尚さん役の~」と一応言葉を濁してメンバー紹介。
テンポゆっくりの出だしで森さんのエレピの音色も相まって何となくジャズテイストな始まりに感じました。序盤は是巨人の「Gibraltar」を下敷きにしながら徐々に即興。森さんと沼澤さんは割と自由にプレイしていて、鬼怒さんも途中から完全に即興に流れたけど、ナスノさんはGibraltarのベースラインに舞い戻る。上物はわいのわいの弾いていてもベースが軸にあるとちゃんと「Gibraltar」っぽく聴こえるのが面白い。
そんなナスノさんも中盤は完全に即興へ展開。吉田・沼澤両氏のドラムバトルも交えつつ鬼怒さんのキュー出しで「世界遺産のテーマ」へ。セットの終盤にガッチリとしたキメがあり疾走感溢れるこの曲を持ってくるのはうまい。
吉田さんと沼澤さんのドラムスタイルの対比なども面白く、沼澤さんも手数が多い方ですがやっぱり吉田さんすげーでした。

壷巨人のように是巨人の曲を皆で演奏すると予想していたのですが、どちらかと言うとWorld Heritage寄りでしたね。こういったセッションは望むところですので、かたちを変えてでもまたお願いしたいです。

2011/10/25(火) Sardine Head w/ 佐藤研二 @渋谷クロコダイル 

毎年恒例のSardine Headのゲストシリーズですが、今年は元マルコシアスバンプのベーシスト佐藤研二さん。佐藤さんは過去に3回ほど見ています。
2008/9/3(水)Kunzu Hogurezu, 2008/7/15(火)D.I.R.E., 2011/12/29(水) ERA SPECIAL SESSION
いずれも佐藤さん自身のバンドではないもののよく喋りよく弾くイメージでしたので、今回のライブも楽しみなところでした。

Set1はSardine Headのメンバーだけの演奏。「River the Wild」の中間部が変な事になっていて、相変わらずのユーモアなアレンジ具合です。


R0011093.jpg

Set2は佐藤さんが入ってインプロ風な導入から「Shuffle」へ。そういえば、ゲスト入りの大抵の場合はShuffleから始まっているような気がします。

R0011100.jpg

以前ゲスト参加したナスノさんもMCはいつもの調子で喋りはなかったので、佐藤さんもあまりMCを取らないかと思っていれば、先導して誰よりもよく喋る。そのトークの中でクリームのベーシストのジャック・ブルースに対する思い入れが十二分に感じ取れました。
オイラはマルコシアスバンプも音は全く知らず、佐藤さんの演奏はインプロ系でしか見た事が無かったのですが、ジャックブ・ルースの影響がとても濃い方のようですね。左手の白手袋の由来はちょうど聴き逃しちゃって無念であります。ともかくMCでもサービス精神旺盛なお方で芸人のようですよ。

クリームの「Politician」のカヴァーでは佐藤さん自らボーカルを取りフレッドレスのベースでプレイ。同じようなSGのベースが二本用意されていたのは、フレッド有りと無しの差だったのね。「まさかサーディンがクリームを演奏するのを見れるなんて」と某兄さんが感極まっている姿もニヤニヤものでした。
別の曲でもSmoke on the waterやSunshine of Your Loveのフレーズを挟み込んだりと、佐藤さんは自由に楽しく弾いていましたね。

R0011101.jpg

序盤はステージ間近から見ていましたが、ベースの運指が気持ち悪いぐらい動いて音数多い。合間合間にポーズを加えたりと演奏中にもお笑いを取るのも忘れず、めっちゃ笑顔で弾いている姿がとても印象的。
みんなでダブルピースで終演、という何とも楽しい場でありました。

22時半前にはアンコール突入だったので余裕で終電間に合うと思っていたのに、思いのほかアンコールのMCが長くて終演後に急いで駅に向かうのでした。サーディンのライブでこんだけMCがあるのも珍しいですが、楽しいライブでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。