FC2ブログ

2012/1/25(水) California Guitar Trio with Tony Levin – Late Show / ビルボード東京 

Member:
Paul Richards(Guitar)
Bert Lams(Guitar)
森谷 英世(Guitar)
Tony Levin(Bass)

ご縁がありまして、今年二回目のビルボードへ。レイトショウだったので時間に余裕があったのでちょっと六本木をうろついていたのですが、意外に外人が多いのと東京タワーが近いのを発見。ミッドタウンやヒルズがあるこの街にはライブ以外には足を運ぶ機会もありませんが、街中は割と雑多なのかな。

さて、カルフォルニア・ギター・トリオ。
例の如く事前情報をほとんど頭に入れず、元クリムゾンのトニー・レヴィンが入る事でプログレ色が強いのかと思いましたが、プログレ一辺倒という訳でもなく幅広い選曲でした。
オイラはCGTもトニー・レヴィンもよう知らず不勉強で恐縮でありますが、そんな時は困ったときのwiki。終演後に帰宅してちょっと調べてみましたよ。
トニー・レヴィンは80・90年代頃のクリムゾンに加入していたベーシストなのですね。クリムゾンは超有名な3枚しか持ってないので、彼が参加しているアルバムは聴いた事がないかな。
カルフォルニア・ギター・トリオのwikiもあったのでこちらも確認。2003年にフジロックに出演していたのかー。確かキモックさん来日の年ですよね、これは知らなかったや。

ステージには右手にCGT、左にトニー・レヴィンと一列に4人並び、両サイドはスキンヘッド。トニー・レヴィン、手はとても大きいし渋いおぢさまで素敵です。
エレキのアップライトとエレキベースの2本を使用。

セットリストは分からない曲も多かったですが、ロック・プログレ・クラシックと基本なんでもアリなのですね。
自分の中で一番ヒットしたのはピンク・フロイドの「Echos」。アコギ+ベースであの曲を表現するのに音作りやサウンドなど巧みで、この曲はかなり気合が入っていたんじゃないかな。
バッハの曲では3人が一音ずつ順繰りに弾いていく「サーキュレーション」というスタイルでプレイ。トニー・レヴィンはアップッライトを弓弾きでプレイ。「サーキュレーション」というと自然とアレを思い浮かべてしまう訳で、ついニヤリとしてしまいました。
クイーンのボヘミアン・ラプソディはお家芸のようで、「歌詞が分かる方は皆さん歌ってください」と客席にマイクを向け、ギターでメロディラインを奏でる。フロアからどことなく歌っているのは聴こえてきました。

アンコールでは、「ロバード・フリップがこのアレンジを聞いたらどんな顔をするだろう」「トニーが良いんじゃない?と言ったので全責任は彼に取ってもらいます(笑)」と前説が入り。クリムゾンの21世紀の精神異常者に演歌を差込むアレンジで、途中に森谷さんの歌も入りまさにズッコケな演歌風21世紀~。これはネタ過ぎる、楽しすぎる。アルバムに「21世紀のズンドコ節」が収録されているようなので、これも十八番なのかと思われ。

それにしても、多ジャンルに渡る曲を見事に弾きこなす技量もさながら、アレンジや音作りにも凝っていましたね。エコーズではアコギ歪ませたりとあの雰囲気作ってたのが良い。アコギ三人だけではどうしても音が軽くなってしまうところを、トニー・レヴィンのベースが入る事でどっしりと土台が出来て良いバランスになっていたのではないかなと。

いや~これはシリアスとコミカルが融合したバンドでしょう。本国ではどんなポジションのバンドか分からないけど、個人的にはサムズ辺りでリラックスして見たいバンドですね。ビールぐびぐび飲みながら見た方が絶対に楽しいでしょ、ビルボードじゃちょっとかしこまっちゃうよね。

レイトショウも22時50分に終わって終電ギリなので、オイラには少々時間も厳しい。来月のヨーマもこのぐらいの時間に終わる事を祈ります。

スポンサーサイト



2012/1/15 (日) Coil / Sardine Head @元住吉Powers2 

Sardine Headの過去のライブに2回ほどゲスト参加した事のある鬼怒無月さんですが、今回は自身のバンドCoilの6年振りとなる復活ライブにて2マンとなりました。

前日のPerfume明けで神戸空港から朝7時20分の飛行機に乗り、自宅には11時前に帰宅。土曜のPerfume後も三宮で23時過ぎまで飲んでたりと睡眠時間少なめのスケジュールだったので、帰ってからとにかくお昼寝して、夜の部に備えるのでした。

Powers2はフロアのテーブル&椅子の配置が変わっており、こちらの方が整然と並んでいて見易いような気がします。客席にはもちろん鬼怒さん&Coilファンも多く、普段のSardine Headのライブとは違った雰囲気で心なしが情事さんも緊張の面差しでしょうか。

一番手はSardine Head。年末に聴かせてくれた、新曲>新曲>River the Wild というコンボもあり、セットリストは全体的にストレートな印象。うん、こういうの大好物です。
新曲の2曲目が特にかっこいいーですな。

R0011544.jpg

先日この青く光るヤツの名前を初めて知ったけど、もう忘れてしまったダメオイラ君(苦笑)
→"E-Bow"だそうです。 Sound House - E-BOW PLUS
R0011545.jpg

今回も情事さんのトーキング・モジュレーターが炸裂。
R0011548.jpg


そしてCoil。鬼怒さんリーダーバンドはSalle GaveauとERA、エレキサミットや他にセッション的なバンドしか見た事が無いのでCoilは初。ブルースロックが基本なのかな。ソロアルバムの曲やKIKI BANDの曲なども演奏。早川さんのゴツゴツしたベースや田中さんのロック然としたドラムがハードなサウンドを強調。

R0011550.jpg

「Spoonful」といったカヴァーや「風は光る」「カントリーロック(仮題)」といった耳に馴染みのある曲まで、他には新曲2曲や過去のCOilの曲など初めて聴く曲などもありました。

過去1st2ndアルバムまでは芳垣さんがドラム参加していたのを後で知ったので、そのサウンドも興味ありますねー。芳垣さんどんなプレイしていたんだろうなー。

Coilは22時ぐらいに終わって随分早いな?と思ったら、「急遽3部やります」とCoilにSardine Headが加わって、8人の大所帯でのセッション大会。小林さんは壇上に乗り切らないのでフロアに下りた状態でコンガ担当。

R0011553.jpg

こちらもブルースから2曲。熱いギターバトルなど見所満載。各人のプレイやサウンドの特徴が強く、ギターの音だけでもその人だとハッキリ分かるのが面白い。

R0011555.jpg

3/30(金)にも同じ場所・同じ対バンでライブが行われるそうなので、次回も要チェックですね。

例によってSardine Headのライブ音源をLMAにアップしたので、ご興味のある方はどうぞ~です。
LMA - Sardine Head Live at Powers2 on 2012-01-15


■Sardine Head
01. Romanchica
02. Leap Frog
03. Beg
04. Untitled
05. Untitled
06. River The Wild
07. Yellow Tale
08. Blow Ripple

■Coil
Member : 鬼怒無月(g), 早川岳晴(b), 田中栄二(ds), 中山努(key)
01. Clamp
02. 新曲 2
03. Monky Mash
04. Red Shift
05. 新曲 1
06. ?
07. spoonful
08. Winds Of The Light
Encore
09. Country Rock

■Coil Sardine(Jam Session)
01. Hoochie Coochie Man
02. Got My Mojo Workin'

2012/1/14 (土) Perfume @神戸ワールド記念ホール 

東京ドーム以来の約1年3ヶ月ぶりとなるワンマンライブ、新作「JPN」を引っ提げてのツアーの初日となります。PTA会員の抽選には残念ながら落選してしまいましたが、Y氏A氏にチケット譲って頂き感謝です。ツアー初日は何としても行きたいですからね。

夜行バスで朝8時頃到着し、日中は六甲山や元町の方をブラっと観光しつつ、会場にはオープン30分前の16時半ごろに到着。今回のホテルは会場目の前のポートピアホテル。18階なので、エレベーターの昇降が気持ち悪かった~。



会場付近はコスプレ撮影会やダンスコンテストに出場したらしい「ねぇ」の衣装を着た男性三人組のフリコピなどで賑わっておりました。物販はノータイムでジャンバーとパンフレットを購入。ジャンバーは買う予定で無かったけど、着ている人みたらかわいいな~なんて思って衝動買いです。PTA限定のLSGTシャツは残念ながら売り切れ。こちらは別の会場か通販で購入する事にします。

R0011522.jpg

会場は1万人弱の会場で、クリスマスのももクロよりちょっと小さいぐらい。割とこじんまりしているのでスタンド席でもかなり近く見えるんじゃないかな。
オイラはアリーナ席の39列目のセンター辺りでした。

一応ネタバレ自重の雰囲気なのでどこまで書いて良いのやらなのですが、
開き直って普通に書いていくので以下格納。ネタバレ上等の方のみ見てって下さい。

続きを読む

2012/1/7 (土) Matthew Sweet Plays GIRLFRIEND - Late show @ビルボード東京 

2012年ライブ初めはマシュー・スウィートの「GIRL FRIEND」再現ライブ。マシューに関してはこのアルバムを以前隊長に借りたぐらいでさほど詳しいわけではないけど、このアルバムはそれなりに気に入っており、カジュアル席で4000円なら良いっしょという具合で久々にビルボードへ。
すっかり忘れてたけどカジュアルはワンドリンク付いてくるのも良いですね。サービス席なんて飲み物の値段すら違うので価格差が本当に大きいです。

4階席の右側の席で、サービス席とステージを見下ろすとこの近くて遠い感じが何ともかんとも。サービス席とカジュアル席には見えない大きな壁がそびえていますね。ステージ後方にはガラス張りの向こうに東京の夜景というかライトアップされた小さいアイスリンクが見えます。これは以前には無かったような記憶。

全体的に客層は意外と若く、オサーンも多いけどメイン層はオイラと同世代から+10歳程度といたところでしょうか。普段オッサン系のライブに行く事が多いけど、今回は90年代のアーティストなんですよね。

バンドメンバーはVelvet Crushというバンドのベースとドラム。ギターの人はソバージュがかかったロングヘアでメタルっぽい風貌。調べてみたけど結局なんの人か分からず。3人とも知らない方でしたので、不勉強すいません。
マシューはなかなかの巨漢っぷりで、噂のラムちゃん刺青は見えず残念でした。

アルバムの内容はおぼろげに記憶がある程度なので、あぁこういった曲があるなーと何となく思い出しながらライブを観ていました。マシューは若干声が出ていない部分もありましたが、ベースの人がメインにコーラスを担当しバック陣の演奏も巧く安定しておりました。ライブ感というか生々しさには若干欠けますが、あのアルバムを生で見れるというのは嬉しいですね。楽曲の良さが光ります。
ラストの一曲は別のアルバムからのチョイスだったようで、アンコール無し80分弱のライブでした。

会場のせいかショーケースな雰囲気が拭い切れないので、クアトロ辺りでスタンディングのライブだったらまた印象が変わっていたかもしれません。

サービス席センターのお兄ちゃんが酔っ払ってか大盛り上がりで、隣に居たらちょっとウザイと思うけど、遠くから見ている分には本当に好きなんだろうなというのも伝わってきて気持ち良いものです。

マシューには是非ともWidespread Panicのベースの人とウォーレン・ヘインズと是非アメリカ版デブパレードを結成して欲しいものです。

Member:
Matthew Sweet (Lead Vocals/Guitar)
Paul Chastain(Bass/Vocals)
Dennis Taylor(Guitar/Vocals)
Ric Menck(Drums)

ビルボードのサイトよりSetlist
1. Divine Intervention
2. I've Been Waiting
3. Girlfriend
4. Looking At The Sun
5. Winona
6. Evangeline
7. Day For Night
8. Thought I Knew You
9. You Don't Love Me
10. I Wanted To Tell You
11. Don't Go
12. Your Sweet Voice
13. Does She Talk?
14. Holy War
15. Nothing Lasts
16.Sick of Myself

2011/12/31(土) COUNTDOWN JAPAN @幕張メッセ 

大晦日は特に用事も作らず、外は寒いしのんびり自宅で録画アニメを消化しようと思っていたところにありがたいお誘いがあったので、たまには若い現場の空気を吸いにお出掛けしてみました。
都内でピックアップしてもらい車でメッセへ向かいましたが、メッセの駐車場は凄くただっ広い。このご夫婦も数年前に車が見付けられず迷子になったという話を聞き、こんな真冬に取り残された事を考えると恐怖を感じますね。

きれいにデコされている入場口。中にはお参り出来る特設神社もありましたね。

CDJ-01.jpg

数年前にPerfumeを見に、その前にもガチンコでカウントダウンをしに来た事があるので勝手は分かりますが、クロークに預けられている尋常じゃないビニール袋の数は壮観です。

CDJ-02.jpg

■UNISON SQUARE GARDEN
タイガー&バニーのOP曲「オリオンをなぞる」で御馴染みのバンド、その1曲しか知らずライブはもちろん初見。
やけにスティックを空中で回すドラムソロから始まり、トリオ編成とは思えない音の厚さ。ギターボーカルはほとんど動けないけど、それを補うようにベースの人はアグレッシブな弾き方でステージを左右に動き回っていました。
序盤なんとなくポルノグラフィティ臭が感じたけど、見ていくうちにそんな事は無かったかな。オーディエンスも曲を知っているようにノったり腕を振ったりしていたので、それなりに人気があるのだな~なんて思ったり。
ラストの「オリオンをなぞる」はさすがの大盛り上がりでした。

■Special Others
スタート前にビールを買いにフロア外に出たら、フロアがもの凄く混んできて規制が入るんじゃないかと冷や冷や。後ろの方は混んでて通り抜けるのもやっとだけど、PA前まで来るとそれなりにスペースはありました。
OPはジャムっぽく始まります。1年に1回ぐらいしか見ないけど、オイラでも分かる曲ばかりでフェス仕様なセットリストでした。
途中ギターのチューニングがズレたままイントロを始めてしまって、一旦ストップ。「俺たちのこんなの超貴重だぜー」なんてMCが入ったり。
ローレンテックで手拍子起こりカルチャーショックを受けたり、大混雑なフロアを目の当たりにしてその人気にびっくりしたりしながらも、楽しいライブでした。

■Capsule
中田ヤスタカとこしじまとしこのユニット、観るのも聴くのも初めてです。
展示場ホールではなくASTRO ARENAというアリーナになっているステージで、スタンド席の上の方から眺めてました。メッセにもこんなホールがあったのですね。
巨大なスクリーンや電飾を使ってど派手なステージで、こしこさんは別に踊るでもなく軽く煽ったりステージをうろちょろしてるぐらいですが、オーディエンスも一緒に腕を振ったりしてとにかく楽しそう。アリーナはとても盛り上がっていてうらやましいぐらいでした。
4つ打ち曲は分かりやすくノリやすいし、Perfumeでやっててもおかしくない曲もあったり。自宅でガツガツ聴く感じじゃないけど、ライブで爆音で踊ったら気持ち良いよコレ。2012年はライブあったら行ってみたいですね。

CDJはこの辺りで撤収。オススメされた亀戸のステーキ屋さんが残念ながら閉まっていたので夕飯はラーメン。
道すがら川からスカイツリー観賞。川にスカイツリーが映って良い場所ですね。iPhoneからなんで写真は暗いですが、肉眼ではもちっと明るいです。

sky tree


そのままご夫婦に梅島まで送って頂き、車の中で年越しを迎えました。新年の挨拶も兼ねてワーロックを観にユーコトピアへハシゴです。
Set2の途中からお邪魔しまして、ラーメン食べたら途端に眠くなってしまったので現場に着いてすぐウトウトしながら聴いていましたが、いつまで経ってもブレイクにならない。
2setは結局3時間20分演奏していたらしいです。すげー元気なおじ様達、そしてフロアの女性陣も本当に元気ですわ。
品川始発4時20分の電車で帰路に着くのでした。

2011/12/30(金) Sardine Head w/ 木下弦二 @渋谷クロコダイル 

年末恒例のサーディンヘッドワンマンライブ。10月のライブとはまた別のゲストが入るのも恒例となっておりますが、今年は東京ローカル・ホンクの木下弦二さんという事で、忍野デッドでのアレが再来かとこれまた楽しみなライブでありました。本来ならドラムの方もゲスト参加する予定だったそうですが、怪我の為に参加出来なかったようで残念であります。

山家で忘年会を兼ねてフライング飲みをしてからクロコダイルへ。
いつものファンに加え久しぶりにお会いする方も多数、忍野チームや天空チームも入り混じって大盛況でした。
今回は特にスタンドもにょきにょきで、テーパーはざっと8人は居たんじゃないかな。下手すりゃセクションがある海外バンドのライブよりもテーパー率高いかもしれません。

Set1はいつものように4人のみの演奏。自分が最近通ってなかったせいもあって新曲多し。Leap Frogと名付けられた新曲もオイラはたぶん初めて聴くと思います。
「Romanchica」始まりという初っ端から濃い演奏の中で、出だしで情事さんがトーキングモジュレーター(で合ってるかな?)をぶっかましてニヤニヤものです。そしてハイライトは何といっても後半の「新曲>新曲>River the Wild」の息をつく間もない組曲のような三連荘。

R0011394.jpg

R0011395.jpg

Set2はゲストの弦二さんが加わり、お馴染み「shuffle」から。ゲストが加わる際はこの曲が通過儀式のようですね。
そして去年忍野デッドで披露した「Eyes Of The World」、ジャムを混ぜつつそのまま「Fire On The Mountain」へ。この曲は確か去年の忍野デッドで準備してたものの披露出来なかった曲だったかな。レエナさん入りのアコライブは見た事がありますが、こうして弦二さんヴァージョンもお蔵入りにならず良かったです。
他にはJerry Garcia Bandも演奏しているヴァン・モリソンのカヴァーもあり、弦二さんのボーカルに焦点を当てたSardine Headには珍しい歌モノメインのセットでした。
デッドナンバーでも例えば同じ曲をワーロックスが演奏するのとは全く色が違うので、バンドの個性が表れて興味深いです。

R0011396.jpg

R0011398.jpg


OSGさんの映像。

Bright Side of the Road - Sardine Head with 木下... 投稿者 osugi65

2011年にSardine Headを観た回数はこれで7回。忍野DEADや小田原、静岡といった遠征ライブには都合が悪く行けず、中央線沿線の会場も自宅から遠いので行くに叶いませんでしたが、ナスノさんのtenelevenとの対バンなど新展開もありましたので、2012年もSardine Headを取り巻くシーンが楽しみです。

鰯メモよりセットリスト

Set 1
01.Romanchica
02.Leap Frog
03.Nelson
04.Untitled
05.Untitled
06.River The Wild
07.Soil

Set 2
01.Shuffle
02.Eyes Of The World>
03.Funk Jam >
04.Fire On The Mountain
05.Killifish Dance
06.Ship Of Fools
07.On The Bright Side Of The Road
Encore:
08. Movin'
09.Yellow Tale
10.Blow Ripple

2011/12/18 (日) 高垣彩陽 ファーストコンサートツアー「Memoria×Melodia」 @東京国際フォーラムA 

前日に食当たりなのかよく分からん症状が出て微妙な体調のまま、座りのライブだから何とかなるかなーととりあえず国際フォーラムAへ。
開場時間が30分ほど押していたので待機列は有楽町駅近くまで伸びて長蛇の列となっておりました。フォーラムの通りが工事中で道が狭かったのでこの列は超迷惑ですね。
入場してもホール内を規制していたようでロビー待機で大混雑。こんなグダグダなのは初めてでしたが、一週間後のももクロでもっとひどい状態を体験するのでした(苦笑)。

で、スタートも30分押しの18時半にスタート。
序盤はバンドセットで、シングル曲をメイン。スタート20,30分程度で一旦幕が落ちて、セットブレイク入るんか?と思われたけど、そのまま暗転だけでセット替え。
この中盤はストリングス4人と生ピアノによる、カヴァーアルバムメインのセットに加え、「たからもの」のストリングスヴァージョンなどを披露。
そしてバンドとストリングスチームが合流し、新曲2曲披露。
Elements Gardenが作曲した戦姫絶唱シンフォギア」のED曲である「Meteor Light」と「十三支演義~偃月三国伝~」の主題歌である植松信夫作曲の「月の涙」。前者は作曲者が「高垣さんの曲でカッコイイ曲といえばこの曲ってなるように」アップテンポで振りもある曲。後者はしっとりとした曲でした。
本編ラストの「Oh Happy Day」ではスタンディングを促し、会場内コーラスでした。

アンコールは割と自由度の高いセットリスト。スフィアの「キミが太陽」のストリングスヴァージョンんでしっとりと歌えあげます。あのアップテンポの曲がこうバラード風にアレンジするっていうのも面白い。歌詞の内容をよく感じ取れますね。
ガンダム00のキャラソンやガンダムSEEDのカヴァーは、特に興味ないオイラにとっては「キグルミ惑星」をやって欲しかったところでしたね。今までの流れをぶっち切るテンションの高い曲でしたが、会場内は一番の盛り上がりを見せる。カヴァー曲メインだとこういった曲を混ぜる構成が難しいのでアンコールでたたみかけるのには納得。
そしてラストは「You Raise Me Up」で大団円で終了。

コンサートの雰囲気に合わせてMCも大人しめで、緊張しているのか喋りのリズムが狂ってるようにも思えたので、もっとテンション上げてガンガン攻めちゃ良いのになー。ダジャレも上に人から言いすぎないようにとのお達しが出ていたようで、たまに飛び出す程度でした。
ステージドリンクは他のライブの映像など見て勉強してあやひが好きなハーブティをご用意していたり、意識調査では、あやひを初めて見る人が少ない事にびっくりしたり。
バンドメンバーはスフィアチームじゃないのね。スフィア界隈には珍しく平井武士さんがメンバーじゃなかった。今回はバンドに加えてストリングスが入り編成にお金を掛けてるなぁとは思いましたが、若干リハ不足を感じたような。

グッズにサイリウムが無かったしカヴァーメインになると思ったので今回は手ぶらでの観賞でしたが、会場内は前半のバンドセットでは半分ぐらい、アンコールのガンダム曲で一番会場がピンクに染まっていたかなー。コンサートの雰囲気によってはムリに振る必要性は感じないんですけどね。この辺りのさじ加減は難しい。

体調不良もあってか若干テンションも上がらず、内容的にも1月の中野の方がインパクトが強かった気もします。歌の巧さには安定があるので、今後の活動に期待です。

そしてショッキングな事に、大阪のアンコールでは「キグルミ惑星」、化物語ED「君が知らない物語」、ture tears OP「リフレクティア」の3曲をやったそうで、マジ呆然しました。まさに年の瀬にこんな敗北気分を味わうなんて・・・。

セットリスト
01. 君がいる場所
02. Be with you
03. 光のフィルメント
04. All around me
05. わたしだけの空
06. Amazing Grace
07. The Rose
08. たからもの(コンサートVer)
09. Defying Gravity
10. Meteor Light
11. 月の涙
12. Time To Say Goodbye
13. Oh Happy Day
Encore
14. キミが太陽(コンサートVer)
15. 祈り†
16. あんなに一緒だったのに
17. dear-dear DREAM
18. You Raise Me Up

2011/12/8 (木) Sardine Head / Teneleven / Ruins Alone @横浜Thumb’s Up 

ナスノさん率いるTenelevenとSardine Headの対バンは以前もサムズで行われましたが、今回は吉田達也さんのRuins Aloneも出演する3マンライブになります。もしかして吉田さんはサムズ初出演じゃなかろうか。

3バンド出演という事で、いつもより早い19時半スタート予定でしたが15分ほど押しで始まりました。
今回は久々にハンバーガーを注文しましたが、ちょうどライブが始まってしまいなかなか食べられない状態に。紙のガサガサがどうしてもうるさくなってしまうんですよね。冬限定のオムライスも気になったので、そちらにすれば良かったかな。

■Teneleven
重厚なサウンド・少しずつじわじわくる展開と引き付けられます。観る度にメンバー自身の楽曲の理解度が上がり、世界観が強固になっていく印象です。
ナスノさんは是巨人やアルタードステイツなどのベースプレイとは全く違う音響的なサウンドに徹していて、音楽的には両翼のキーボードはもちろんドラムの山本さんもキーになっている部分も多いかな。
ササキヒデアキさんのVJと相乗効果で音酔いしそうな妙な感覚に陥ります。
しかし、ナスノさんは自分のバンドだと全く喋らないのですね。
ノンストップで約60分。翌年(もう今年だけど)にアルバムも発売されるようで楽しみです。

■Ruins Alone
吉田さんの一人上手なソロユニット。サムズで吉田さんというのもシュールです。1,2分の曲をぶっ続けで演奏していくので展開が非常に速い。吉田さんのファルセットボイスも聴けて満足です。
J氏が「どんな仕組みになってんの?ドラムに合わせて音が出てるの?」と驚いていましたが、バックトラックに合わせてドラム叩いてるだけですよね。だけって言っても至難の業でしょうが。タイムキープ感が半端無いです。ともかく笑っちゃうようなライブ。
さすがに長丁場はムリのようで約30分の短いセットでした。

■Sardine Head
小田原も静岡も行けなかったので、クロコ以来と割合的には久しぶりなサーディンです。OverheadsのたにやんさんのオイルVJが入り、視覚的にはぐにょんとサイケデリック。

sardine.jpg


スピーディな展開は少なく、割とじっくり聴かせる曲が多かった印象。
Begなどキメのフレーズが変形していたりと従来のファンにも楽しませてくれる内容でした。
今回は前者2バンド目当てのオーディエンスも多かったので、フロアは普段のサーディンライブとは幾分雰囲気が違いましたが、初見の方にはサーディンはどう映っただろうな。
アンコール込みで約80分

Sardine Headのライブ音源はこちらからDL・ストリーミング視聴出来ます。
今回は隊長からAKGマイクをお借りしてMarantzのPMD661に直結で録音しました。レコーダーのファンタム機能が初めて活用出来ました。AKGマイクで低音効いていてばっちりです。
Live Music Archive - Sardine Head Live at Thumb's Up on 2011-12-08


Sardine Headは来年3月に三島と所沢で夜中のライブがあるそうです。
1/15のCOIL復活2マンは、Perfume神戸公演の翌日ですが、当日の朝に神戸を発つ算段で行こうと思います。

2011/12/3 (土) ももいろクローバーZ – 2部 @Zepp Tokyo 

11月に横浜のライブを見たらもう一回ライブ見たいなーと思って何とかチケットを入手してZeppの二部に行ってきました。今回も絶賛二日酔いだったので一部だったら心が挫けていたかもしれんです。

Zeppの女子ゾーンは横浜よりも広く左側の2ブロック分。1ブロックと2ブロックの間ぐらいに位置取り。ステージは下半身こそ見れなかったけどほぼ全体を見渡せたので良かったかな。あまり近すぎると周囲のオーディエンスに埋もれやすく、ステージが視界にほとんど入らないのでこれぐらいが丁度良いかもね。この辺りはスペースもそこそこあって、サイリウム振りやすかったし。ただ、前の子のポニテが顔に当たって凶器化していたのと後ろの子にサイリウムをガンガン頭にぶつけられたのがいかんとも。まぁしょうがない。

セットリストはここ最近の集大成的のような、バランスが取れた好セットリスト。
今回は何と言っても「ももいろパンチ」初体験。ライブで見るのが初めてだったので振りをちゃんと覚えてないんだけど、周りの女子は練度が高い。
そして本編ラストの サンタさん > Chai Maxx > ももクロのニッポン万歳 !の流れが圧巻でした。あれで盛り上がるなっていう方が難しいです。

サンタさんの時にしおりんの腰に手を回すスタッフさん(舞台監督?)がいたので、れにちゃんパートの仕込みだと思ったらけど、どうやらイヤモニのレシーバーを落としちゃったみたいね。あの瞬間、あのスタッフになりたかったわ~。
れにちゃんパートは笑点のネタだったみたいだけど元ネタ分からず。
サンタさんのココナツ部分で左後ろの子達がサークルモッシュやってて、ちょっと乱入したかったです。

歌が一瞬途切れる部分が数箇所あったので、被せでなく生歌率が高くなってるようですね。そうすると、こうやってサボっているのが丸分かりになってしまいますが、踊りながら歌もこなすのは大変だろうなぁ。個人的には生歌率高くなるのは喜ばしい。
あと感じた事、天手力男や労働賛歌はムリにコールする必要無いんじゃないかな~。コールは入れる曲と入れない曲があって良いと思うんだけどね。工夫して入れようとするのは面白いけど、それで曲の雰囲気が損なわれるんじゃなぁ。執念を感じますわ。

MC多めのまったり進行で、テレ朝動画で配信される「ももドラ」の簡単な宣伝なども。
有安の「ももちゃんだよー」がすっげーかわいい。やる前に「マジでやらなきゃダメ?」と言わんばかりに照れて溜めてたのが完璧ですね。いや~本当に顔が好みだったら全力で推せるんだけどなー。
そういえば、あーりんの自己紹介。「だから佐々木って言うなー」まで最近の定番になりつつあるね。

彼女たちが退場して客電が付いた終演後に、メンバーやスタッフそしてフロアにいるオーディエンスをお互い讃えるように自然と拍手が沸きあがるのが良いですね。

セットリスト
01. 走れ!
02. ももいろパンチ
03. ピンキージョーンズ
04. CONTRADICTION
05. Z 伝説 ~終わりなき革命~
06. 労働讃歌
07. D’の純情
08. ミライボウル
09. ワニとシャンプー
10. 天手力男
11. キミノアト
12. ツヨクツヨク
13. サンタさん
14. Chai Maxx
15. ももクロのニッポン万歳 !
ENCORE
16. スターダストセレナーデ
17. 行くぜっ!怪盗少女
18. コノウタ

2011/11/26(土) ALTERED STATES 超歌謡祭 @新宿PIT INN 

kayousai.jpg

風邪に悩まされたアルタード3daysでしたが、途中で脱落する事なく無事に3日目を迎える事が出来ました。
例年の再現プロジェクトは一旦お休みで、今回はノミネート歌手3名による超歌謡祭。事前に歌のリクエストも受け付けていたけど、実際にはどんなリクエストが来ていたんだろうな。

事前に決定していた曲と候補曲があり、歌手がその場で曲と演奏者とプロデューサーを決めるというなかなか無茶ぶりなシステム。演奏だけでなくライブ進行も即興の中で、いつ崩壊してもおかしくない演奏でもしっかりと着地点を作る演奏者の面々は本当に素晴らしいです。ダウトミュージックの沼田さんが曲の解説役を取っていましたが、内橋さんに突っ込まる事も多く今回一番割り食った方だったかも(笑)

内橋さんは途中出番がほとんど無かったのでステージ上で一杯始めてしまうぐらいの緩みっぷりで、実はライブ始まる前に外で一服している時に、「僕はライブ前は全くお酒飲まないんだけどね、飲んでライブするのも面白いかもしれない」なんて会話が聞こえてきたのですが、こんなところで飲み始めるとは(笑)

・巻上公一さん
昭和歌謡のブルース系の選曲が多かったかな。もちろんオイラは一曲も知りません(笑)。
芳垣さんのラッパと岡本さんの鍵盤をバックに歌った「暗い港のブルース」では、芳垣さんはキーを間違えていたそうで、巻上さんは苦心しながらも歌い切ります。女性ボーカル二人のコーラスに携えた左卜全の「老人と子供のポルカ」では途中で芳垣さんと内橋さんが入れ替わり本当に事故のような演奏で大爆笑。芳垣さんがギター持つ姿なんてレア過ぎるんじゃないでしょうか。曲によっては得意のボイスを混ぜたりしながらも、選曲も含め全体的に安定した歌い手でしたが、プロデューサーのアレンジのせいで一番振り回されたような気も。

・おおたか静流さん
今回初めて見るお方です。初っ端から演奏陣が聞かされてない曲を選曲したり、そこに巻上さんと渕上さんの愛の語らいを指示したりとフリーダムながらも、歌の方は歌謡系は抜群で妖艶に歌う不思議な魅力のある方ですね。演奏者の選択やアレンジで演奏陣を振り回しながらも、そのアレンジと彼女の歌いっぷりがとてもマッチしていました。オイラが知っている曲は少なかったですが「真っ赤な太陽」や「舟歌」など良いですよね~。

・渕上順子さん
意外な選曲が多く、ミスチルの「終わりなき旅」は事前にアレンジを決めていたようで、静と動を巧みに使い分ける良アレンジ。ゆーみんの「やさしさに包まれたなら」ではナッスンプロデュースによる移民の歌風のアレンジでロックスター然に歌い、アルタード3人の演奏も凄くかっこいい。これは燃えた。「絹の靴下」では内橋さんへの説教タイムが始まったり、「終着駅」で内橋さん汚名返上したり。ともかくすげー面白かったです。


3人の歌手も個性溢れて、演奏者に振り回される巻上さん、演奏者を振り回すおおたか静流さんと渕上さんという図式が何とも面白い。やはり女性の方が強いのか。

数年前のリクエスト大会みたいなもんかな~と特に期待してなかったのですが、終わってみれば大爆笑ものでした。これで笑うなっていう方が難しい。全体的に関西ノリなライブでしたが、曲目とアレンジで奇跡のような組み合わせを目の当たりにしたり、演奏内容にも随所に引き付けられるものがありました。特に岡本さんは今回の選曲をほとんど知らなかったようですが、それでもやり切る技量があるっていう。
演奏者のプレイヤーも全くの予測不能なライブで、こちらもリラックスして見ていましたが、たまにはこういったライブも良いものです。

Member:
巻上公一(Vo), おおたか静流(Vo), 渕上純子(Vo),
内橋和久(G), ナスノミツル(B), 芳垣安洋(Ds,Tp),
岡本 洋(Key), 高良久美子(Vib,Per), 四家卯大(Cello)

set 1
01 東京の空の下(灰田勝彦) / 巻上・演奏者全員
02 ゆうべの秘密(小川知子) / おおたか・巻上・渕上・演奏者全員
03 終わりなき旅(Mr.Children) / 渕上・演奏者全員
04 暗い港のブルース(キングトーンズ) / 巻上・芳垣・岡本
05 アカシアの雨がやむとき(西田佐知子) / おおたか・四家・ナスノ・高良
06 やさしさに包まれたなら(荒井由実) / 渕上・内橋・ナスノ・芳垣
07 女を忘れろ(小林旭) / 巻上・・演奏者全員

set2
01 真っ赤な太陽(美空ひばり) / おおたか・演奏者全員
02 絹の靴下(夏木マリ) / 渕上・演奏者全員
03 老人と子供のポルカ(左卜全とひまわりキティーズ) / 巻上・おおたか・渕上・演奏者全員
04 舟歌(八代亜紀) / おおたか・内橋・ナスノ・芳垣・高良
05 Beat It((Michael Jackson) / 渕上・巻上(振付)・演奏者全員
06 昭和ブルース(天知茂) / 巻上・演奏者全員
07 花・太陽・雨(PYG) / おおたか・巻上・渕上・演奏者全員
08 終着駅(奥村チヨ) / 渕上・内橋・ナスノ・芳垣
09 君だけに愛を(タイガーズ) / 巻上・おおたか・渕上・演奏者全員
Encore
10 昭和枯れすすき(さくらと一郎) / 全員

2011/11/25(金) ALETRED STATES with 灰野敬二 @新宿PIT INN 

二日目は灰野敬二をゲストに迎え、曰く、内橋刑事・ナスノ刑事・芳垣刑事の4人からなるゲスト扱いではなくアルタードケイジという新バンドだそうです。個人的にはアルタードデカ、略してアルデカとで呼びたいものですね。

灰野さんというとともかくノイズなイメージでしたが、それだけでなくメロディを指弾きでつまびき緩急もあるという。展開がのると爆音でぐぉーといくので、それに呼応するように内橋さんも芳垣さんも珍しくアグレッシブなプレイ。「ナスノさんが灰野さんよりにプレイだった」という声を良く見掛けますが、オイラは灰野さんの音に触れるのは二度目なのでその機微まではよう分からず。しかしナスノさんのベースがキーポイントになっていて大活躍だったのは違いなく、アルタード3人組もいつもと違った演奏で新鮮でした。
Set2では、フレッドレスのギターに持ち替え、終盤では歌も入る。このギター、ショートスケールの小振りのギターのくせにヘッドはベースのように大きく、アンバランスな形がとても不思議。自作したギターなのでしょうか。そして、アンコールではフルートも披露する多才ぶり。

灰野さんに関しては過去に福島で静寂しか見た事ないけど、今回のライブもあってか見る前にもっていた苦手意識はかなり薄れてきました。バンドによってサウンドは変わると思いますが、要は食わず嫌いってヤツですね。

Set1時に灰野さんの音が大きく内橋さんが自分のギターが全然聴こえないというので、ブレイク中に内橋さん用のモニターを追加。2列目で見ていたオイラも終演後に耳鳴りするぐらいのPIT INNでは珍しい爆音ライブでした。
初日の演奏とは全く違うベクトルで、確かにアルタードステイツとは別のバンドでした。またこの企画お願いしたいですね。

近くで見る灰野さんはナスノさんよりも背が小さく小柄な印象。福島で見た時はもっと背が高かった印象なので、ブーツで底上げしていたのかな。
髪の毛を振り回す勢いで弾いているにも関わらず、一糸乱れぬ前髪。
Perfumeのかしゆかやゆらゆら帝国の亀川千代さんと並んでパッツン三人組と称したいと思います。

灰野さんのギター2本
haino_guitar.jpg

2011/11/24(木) ALETRED STATES @新宿PIT INN 

年も明けて一週間というのに、マイペースに去年の感想を書いていきますね。
不肖オイラですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

年に一度のアルタードステイツ3days、これが今年初めてのアルタードのライブになるのでかなり久しぶり。初日はピュアトリオという事で3人だけによるライブ。3日間の中でも一番楽しみにしていた日でもあります。

数日前にダクソフォンの作者Hans Reichelが亡くなったので追悼の意を込めてか、内橋さんは初っ端からダクソフォンを使用。ここ5年ほど追っかけている身をしては、アルタードでは使用するのは初めて見ます。過去に一回しかプレイを見た事無いけどこの楽器相当難しいらしいですね。

2set×3曲ぐらいの短めの展開で。ナスノさんの音がいつもよりも厚く良い感じに鳴り響いていたと思います。芳垣さんも金物や横に設置したタライを使ったプレイが多かった。

MCではナスノさんのトークに対し、「長くても良いけどちゃんとオチがあればいいんだよ」と内橋さんが弄る場面もあり。いやまぁ、ぐだぐだ感があってこそのナスノさんトークですよね。

アンコールのリクエストは長い沈黙の後に出てきたLynyrd Skynyrdの「Free Bird」に対して、内橋さんうまく聞き取れず空耳具合にオイラは大爆笑。内橋さん何の曲だか知らないけどとにかく演る、といういつもの流れですね。このFree Bird、サザンロック好きが聴いたらどう反応するか分かりませんが、タイトル通り確かに自由な演奏ではありました。
あと1ヶ月でクリスマスなので、クリスマスソングをリクエストすれば良かったかなと思ったり。

全体的に短く22時半前に終演。翌日もまだまだ続くので初日は腕慣らしといったところでしょう。

おまけ、内橋さんのダクソフォン。全然うまく撮れてないっていう。
ダクソフォン

2011年の購入CD 

いちおう記録しておきます。

1月
Panty & Stocking with Garterbelt The Original Soundtrack
是巨人 / TUNDRA
「けいおん!!」イメージソング 真鍋和 (CDs)
「けいおん!!」イメージソング 平沢憂 (CDs)
「けいおん!!」イメージソング 鈴木純 (CDs)

2月
Captain Beefheart & The Magic Band / Lick My Decals Off Baby
IRON MAIDEN / The Final Frontier
Johnny Winter / Captured Live
Perfume / LIVE@TOKYO DOME 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」 (DVD)

3月
スフィア / Spring is here "Crystal Spring Box
豊崎愛生 / 春風 (CDs)
ももいろクローバー / Chai Maxx (CDs)

4月
ももいろクローバー / ももいろクリスマス~脱皮 (DVD)

5月
Perfume / レーザービーム・微かなカオリ (CDs)
Phish / LIVE PHISH - JULY 31, 1999
Lonsomestrings & 中村まり / folklore session
豊崎愛生 / love your life,love my life

6月
Tedeschi Trucks Band / Revelator
Umphrey's Mcgee / Mantis

7月
ももいろクローバーZ / Z伝説~終わりなき革命~ (CDs)
ももいろクローバーZ / D'の純情 (CDs)
ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス

8月
TVアニメ「けいおん!!」『けいおん!! ライブイベント ~Come with Me!!~』(BD)
スフィア / sphere ON LOVE,ON 日本武道館』(BD)
ももいろクローバー / 4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 ~眩しさの中に君がいた~ (DVD)
Doors / Collection
Marc Ribot / Muy Divertido! (Very Entertaining)

9月
Goblin / Profondo Rosso
PFM / Photos of Ghosts
寿美菜子 / Dear my... (CDs)

10月
Wilco / THE WHOLE LOVE
Unbeltipo / LIVE 2006
スフィア / HIGH POWERED (CDs)

11月
Matching Mole / Matching Mole
SAM COOKE / One Night Stand: Live at the Harlem Square Club 63
Soft Machine / 1 & 2
Caravan / In the Land of Grey & Pink: 40th Anniversary
TOM WAITS / Original Album Series
東京女子流 / Liar ・ W.M.A.D (CDs)
ももいろクローバーZ / 労働讃歌 (CDs)
高垣彩陽 / melodia
Ned Rothen berg & Kazuhisa Uchihasi / Z
KAM-PAS-NEL-LA / VOLUME 1
BOYCOTT RHYTHM MACHINE II
Perfume / JPN
水樹奈々 / THE MUAWUM II

12月
放課後ティータイム / Singing! (CDs)
放課後ティータイム / Unmei♪wa♪Endless! (CDs)
是巨人with壷井彰久 / DOLDRUMS
化物語 音楽全集
ももいろクローバーZ / サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは (DVD)
ももいろクローバーZ / 白い風 (CDs)


アルバム31枚、シングル15枚、DVD・BD6枚 でした。

相変わらず変な買い方をしていますがその時興味あるのをチョイスしているので、、9月時点ではイタリアンプログレフェスに行く気満々だっとか、11月はカンタベリーブームが来ていたとか、そういった事が見えてきますね。
一時期は年間10枚も買わなかった時期もあるので、多少は購入するようになりました。
ライブもそうだけど、けいおん・スフィア・ももクロのCDを購入する事が増えましたわ~。
基本的にシングル買うの好きじゃないんだけどまぁしょうがないっすね。

2012年の観戦ライブ 

2012年に見たライブです。

2012/12/30(日) Sardine Head @渋谷クロコダイル
2012/12/29(土) ジョニーアップルシード / ken & reflections @国立地球屋
2012/12/28(金) Lonesome Strings w/中村まり、千ヶ崎学、スーマー @吉祥寺MANDALA-2
2012/12/28(金) 魁!アイドル総選挙(i☆Ris/アップアップガールズ(仮)/さんみゅ~/Dancing Dolls/BiS/ベイビーレイズ) @お台場合衆国
2012/12/23(日) BiS @下北沢SHELTER
2012/12/20(木) BABYMETAL @赤坂BLITZ
2012/12/15(土) 私立恵比寿中学 @中野サンプラザ
2012/12/8 (土) CCQ / 桜井進一郎 / たね @高円寺ムーンストンプ
2012/12/6 (木) ALTERED STATES 秋の高齢大歌謡祭 @新宿PIT INN
2012/12/4 (火) ALTERED STATES @新宿PIT INN
2012/12/2 (日) BiS @ラゾーナ川崎プラザ4階ナムコ ヒーローズベース
2012/12/1 (土) The Chieftains(Special Guest 矢野顕子) @八王子オリンパスホール

2012/11/25(日) 私立恵比寿中学 @東京ドーム ラクーアガーデンステージ
2012/11/24(土) 寿美菜子 夜の部 @中野サンプラザ
2012/11/24(土) 寿美菜子 昼の部 @中野サンプラザ
2012/11/18(日) 自家発電 vol.00 第2部:ライブとショウ @四谷OUTBREAK
2012/11/18(日) 自家発電 vol.00 第1部:JOJO広重のノイズ大学 四ツ谷分校 @四谷OUTBREAK
2012/11/11(日) 私立恵比寿中学 2部:エビ中文化祭 @Zepp Tokyo
2012/11/11(日) 私立恵比寿中学 1部:エビ中体育祭 @Zepp Tokyo
2012/11/4 (日) BiS @日大芸術学部江古田校舎 大ホール
2012/11/4 (日) BiS @日本大学商学部体育館
2012/11/3 (土) UBC-jam vol.26(仙台貨物/あらかじめ決められた恋人たちへ/七尾旅人) @早稲田大学戸山キャンパス内記念会堂
2012/11/2 (金) 南流石・渋さ知らズ・こだま和文・EBBY @六本木 新世界

2012/10/24(水) BiS @下北沢ディスクユニオン
2012/10/20(日) BiS @赤坂BLITZ
2012/10/19(土) チャラン・ポ・ランタン @タワーレコード渋谷店
2012/10/13(土) @JAM the Field アイドルコレクション vol.2 @渋谷AX
2012/10/12(金) JOHN SCOFIELD TRIO featuring STEVE SWALLOW & BILL STEWART @BLUE NOTE TOKYO
2012/10/8 (月) Sardine Head / mgova @元住吉Powers2
2012/10/6 (土) TOY @代々木Zher the ZOO
2012/10/6 (土) BABYMETAL 2部 @渋谷O-East
2012/10/6 (土) BABYMETAL 1部 @渋谷O-East
2012/10/5 (金) ももいろクローバーZ ライブビューイング @南大沢TOHOシネマズ

2012/9/29(土) クローバーEXPO @長崎県稲佐山特設ステージ
2012/9/15(土) Sphere @幕張メッセ イベントスペース
2012/9/8 (土) 東京JAZZ 観覧フリーライブ(JAGA JAZZIST) @国際フォーラム広場
2012/9/5 (水) ERA / 大文字 / 南海の決戦 @高円寺SHOWBOAT
2012/9/2 (日) SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012 @山中湖交流プラザ きらら
2012/9/1 (土) 私立恵比寿中学 @池袋サンシャインシティ噴水広場

2012/8/29(水) 夏色キセキフェスティバル @東京国際フォーラム
2012/8/19(日) Summer Sonic @幕張メッセ/マリンスタジアム
2012/8/13(月) @小岩Bush Bash
2012/8/12(日) Sphere @神奈川県民ホール
2012/8/10(金) Sardine Head w/ 山本達久 @渋谷クロコダイル
2012/8/5 (日) ももいろクローバーZ @西武ドーム

2012/7/28(土) Los Lonely Boys @新宿タワーレコード
2012/7/21(土) Kelly Joe Phelps @鎌倉 招山由比ケ浜
2012/7/14(土)15(日)16(月) 忍野DEAD @ふもとっぱら
2012/7/2 (月) 松竹谷清&ピアニカ前田 @国立 酒場FUKUSUKE

2012/6/30(土) 塚本功 / 中村まり w\梅津和時 @西八王子アルカディア
2012/6/24(日) 坂田明『平家物語』 @新宿PIT INN
2012/6/22(金) オルケスタリブレとスガダイローとタップダンス @新宿PIT INN
2012/6/17(日) Sphere @静岡市民文化会館
2012/6/9 (土) ももいろクローバーZ 2部 @東武動物公園 ハッピーオンステージ
2012/6/9 (土) ももいろクローバーZ 1部 @東武動物公園 ハッピーオンステージ
2012/6/2 (土) Sphere @徳島市立文化センター

2012/5/31(木) exPoP!!!!! volume62 (WUJA BIN BIN 他) @渋谷O-nest
2012/5/27(日) JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012 (Johnny Winter/Sonny Landreth) @日比谷野外音楽堂
2012/5/26(土) 今井和雄・井野信義Duo @新宿PIT INN
2012/5/22(火) Little Feat @ビルボード東京
2012/5/19(土) 金谷音楽祭 @金谷海浜公園
2012/5/12(土) Perfume @日本武道館

2012/4/28(土) Sphere @横浜アリーナ
2012/4/27(金) Roger Daltrey @横浜県民ホール
2012/4/25(水) teneleven @新宿PIT INN
2012/4/22(日) ももいろクローバーZ @横浜アリーナ
2012/4/21(土) ももいろクローバーZ @横浜アリーナ
2012/4/12(木) Sardine Head/Tak Tanaka Project @元住吉Powers2
2012/4/10(月) JAZZ非常階段 @新宿PIT INN
2012/4/7 (土) Perfume @愛媛武道館

2012/3/30(金) COIL / Sardine Head @元住吉Powers2

2012/3/24(土) Perfume @静岡エコパアリーナ
2012/3/20(火) FLY @大船SORAYA
2012/3/7 (水) Vinicius Cantuaria & Bill Frisell @渋谷PLEASURE PLEASURE
2012/3/5 (月) ALTERED STATES @新宿PIT INN

2012/2/25(土) きゃりーぱみゅぱみゅ @渋谷クアトロ
2012/2/17(金) ROVO @横浜Thumb's Up
2012/2/9 (木) Jorma Kaukonen @ビルボード東京
2012/2/8 (水) Tedeschi Trucks Band @渋谷公会堂
2012/2/7 (火) LOS LONELEY BOYS @渋谷クラブクアトロ

2012/1/29(日) Perfume @さいたまスーパーアリーナ
2012/1/29(日) 私立恵比寿中学 @大宮ロフトHMV
2012/1/28(土) Perfume @さいたまスーパーアリーナ
2012/1/26(木) BiS @渋谷nest
2012/1/25(水) California Guitar Trio with Tony Levin @ビルボード東京
2012/1/15(日) Coil / Sardine Head @元住吉Powers2
2012/1/14(土) Perfume @神戸ワールド記念ホール
2012/1/7 (土) Matthew Sweet Plays GIRLFRIEND @ビルボード東京