FC2ブログ

2011/11/26(土) ALTERED STATES 超歌謡祭 @新宿PIT INN 

kayousai.jpg

風邪に悩まされたアルタード3daysでしたが、途中で脱落する事なく無事に3日目を迎える事が出来ました。
例年の再現プロジェクトは一旦お休みで、今回はノミネート歌手3名による超歌謡祭。事前に歌のリクエストも受け付けていたけど、実際にはどんなリクエストが来ていたんだろうな。

事前に決定していた曲と候補曲があり、歌手がその場で曲と演奏者とプロデューサーを決めるというなかなか無茶ぶりなシステム。演奏だけでなくライブ進行も即興の中で、いつ崩壊してもおかしくない演奏でもしっかりと着地点を作る演奏者の面々は本当に素晴らしいです。ダウトミュージックの沼田さんが曲の解説役を取っていましたが、内橋さんに突っ込まる事も多く今回一番割り食った方だったかも(笑)

内橋さんは途中出番がほとんど無かったのでステージ上で一杯始めてしまうぐらいの緩みっぷりで、実はライブ始まる前に外で一服している時に、「僕はライブ前は全くお酒飲まないんだけどね、飲んでライブするのも面白いかもしれない」なんて会話が聞こえてきたのですが、こんなところで飲み始めるとは(笑)

・巻上公一さん
昭和歌謡のブルース系の選曲が多かったかな。もちろんオイラは一曲も知りません(笑)。
芳垣さんのラッパと岡本さんの鍵盤をバックに歌った「暗い港のブルース」では、芳垣さんはキーを間違えていたそうで、巻上さんは苦心しながらも歌い切ります。女性ボーカル二人のコーラスに携えた左卜全の「老人と子供のポルカ」では途中で芳垣さんと内橋さんが入れ替わり本当に事故のような演奏で大爆笑。芳垣さんがギター持つ姿なんてレア過ぎるんじゃないでしょうか。曲によっては得意のボイスを混ぜたりしながらも、選曲も含め全体的に安定した歌い手でしたが、プロデューサーのアレンジのせいで一番振り回されたような気も。

・おおたか静流さん
今回初めて見るお方です。初っ端から演奏陣が聞かされてない曲を選曲したり、そこに巻上さんと渕上さんの愛の語らいを指示したりとフリーダムながらも、歌の方は歌謡系は抜群で妖艶に歌う不思議な魅力のある方ですね。演奏者の選択やアレンジで演奏陣を振り回しながらも、そのアレンジと彼女の歌いっぷりがとてもマッチしていました。オイラが知っている曲は少なかったですが「真っ赤な太陽」や「舟歌」など良いですよね~。

・渕上順子さん
意外な選曲が多く、ミスチルの「終わりなき旅」は事前にアレンジを決めていたようで、静と動を巧みに使い分ける良アレンジ。ゆーみんの「やさしさに包まれたなら」ではナッスンプロデュースによる移民の歌風のアレンジでロックスター然に歌い、アルタード3人の演奏も凄くかっこいい。これは燃えた。「絹の靴下」では内橋さんへの説教タイムが始まったり、「終着駅」で内橋さん汚名返上したり。ともかくすげー面白かったです。


3人の歌手も個性溢れて、演奏者に振り回される巻上さん、演奏者を振り回すおおたか静流さんと渕上さんという図式が何とも面白い。やはり女性の方が強いのか。

数年前のリクエスト大会みたいなもんかな~と特に期待してなかったのですが、終わってみれば大爆笑ものでした。これで笑うなっていう方が難しい。全体的に関西ノリなライブでしたが、曲目とアレンジで奇跡のような組み合わせを目の当たりにしたり、演奏内容にも随所に引き付けられるものがありました。特に岡本さんは今回の選曲をほとんど知らなかったようですが、それでもやり切る技量があるっていう。
演奏者のプレイヤーも全くの予測不能なライブで、こちらもリラックスして見ていましたが、たまにはこういったライブも良いものです。

Member:
巻上公一(Vo), おおたか静流(Vo), 渕上純子(Vo),
内橋和久(G), ナスノミツル(B), 芳垣安洋(Ds,Tp),
岡本 洋(Key), 高良久美子(Vib,Per), 四家卯大(Cello)

set 1
01 東京の空の下(灰田勝彦) / 巻上・演奏者全員
02 ゆうべの秘密(小川知子) / おおたか・巻上・渕上・演奏者全員
03 終わりなき旅(Mr.Children) / 渕上・演奏者全員
04 暗い港のブルース(キングトーンズ) / 巻上・芳垣・岡本
05 アカシアの雨がやむとき(西田佐知子) / おおたか・四家・ナスノ・高良
06 やさしさに包まれたなら(荒井由実) / 渕上・内橋・ナスノ・芳垣
07 女を忘れろ(小林旭) / 巻上・・演奏者全員

set2
01 真っ赤な太陽(美空ひばり) / おおたか・演奏者全員
02 絹の靴下(夏木マリ) / 渕上・演奏者全員
03 老人と子供のポルカ(左卜全とひまわりキティーズ) / 巻上・おおたか・渕上・演奏者全員
04 舟歌(八代亜紀) / おおたか・内橋・ナスノ・芳垣・高良
05 Beat It((Michael Jackson) / 渕上・巻上(振付)・演奏者全員
06 昭和ブルース(天知茂) / 巻上・演奏者全員
07 花・太陽・雨(PYG) / おおたか・巻上・渕上・演奏者全員
08 終着駅(奥村チヨ) / 渕上・内橋・ナスノ・芳垣
09 君だけに愛を(タイガーズ) / 巻上・おおたか・渕上・演奏者全員
Encore
10 昭和枯れすすき(さくらと一郎) / 全員

スポンサーサイト



2011/11/25(金) ALETRED STATES with 灰野敬二 @新宿PIT INN 

二日目は灰野敬二をゲストに迎え、曰く、内橋刑事・ナスノ刑事・芳垣刑事の4人からなるゲスト扱いではなくアルタードケイジという新バンドだそうです。個人的にはアルタードデカ、略してアルデカとで呼びたいものですね。

灰野さんというとともかくノイズなイメージでしたが、それだけでなくメロディを指弾きでつまびき緩急もあるという。展開がのると爆音でぐぉーといくので、それに呼応するように内橋さんも芳垣さんも珍しくアグレッシブなプレイ。「ナスノさんが灰野さんよりにプレイだった」という声を良く見掛けますが、オイラは灰野さんの音に触れるのは二度目なのでその機微まではよう分からず。しかしナスノさんのベースがキーポイントになっていて大活躍だったのは違いなく、アルタード3人組もいつもと違った演奏で新鮮でした。
Set2では、フレッドレスのギターに持ち替え、終盤では歌も入る。このギター、ショートスケールの小振りのギターのくせにヘッドはベースのように大きく、アンバランスな形がとても不思議。自作したギターなのでしょうか。そして、アンコールではフルートも披露する多才ぶり。

灰野さんに関しては過去に福島で静寂しか見た事ないけど、今回のライブもあってか見る前にもっていた苦手意識はかなり薄れてきました。バンドによってサウンドは変わると思いますが、要は食わず嫌いってヤツですね。

Set1時に灰野さんの音が大きく内橋さんが自分のギターが全然聴こえないというので、ブレイク中に内橋さん用のモニターを追加。2列目で見ていたオイラも終演後に耳鳴りするぐらいのPIT INNでは珍しい爆音ライブでした。
初日の演奏とは全く違うベクトルで、確かにアルタードステイツとは別のバンドでした。またこの企画お願いしたいですね。

近くで見る灰野さんはナスノさんよりも背が小さく小柄な印象。福島で見た時はもっと背が高かった印象なので、ブーツで底上げしていたのかな。
髪の毛を振り回す勢いで弾いているにも関わらず、一糸乱れぬ前髪。
Perfumeのかしゆかやゆらゆら帝国の亀川千代さんと並んでパッツン三人組と称したいと思います。

灰野さんのギター2本
haino_guitar.jpg

2011/11/24(木) ALETRED STATES @新宿PIT INN 

年も明けて一週間というのに、マイペースに去年の感想を書いていきますね。
不肖オイラですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

年に一度のアルタードステイツ3days、これが今年初めてのアルタードのライブになるのでかなり久しぶり。初日はピュアトリオという事で3人だけによるライブ。3日間の中でも一番楽しみにしていた日でもあります。

数日前にダクソフォンの作者Hans Reichelが亡くなったので追悼の意を込めてか、内橋さんは初っ端からダクソフォンを使用。ここ5年ほど追っかけている身をしては、アルタードでは使用するのは初めて見ます。過去に一回しかプレイを見た事無いけどこの楽器相当難しいらしいですね。

2set×3曲ぐらいの短めの展開で。ナスノさんの音がいつもよりも厚く良い感じに鳴り響いていたと思います。芳垣さんも金物や横に設置したタライを使ったプレイが多かった。

MCではナスノさんのトークに対し、「長くても良いけどちゃんとオチがあればいいんだよ」と内橋さんが弄る場面もあり。いやまぁ、ぐだぐだ感があってこそのナスノさんトークですよね。

アンコールのリクエストは長い沈黙の後に出てきたLynyrd Skynyrdの「Free Bird」に対して、内橋さんうまく聞き取れず空耳具合にオイラは大爆笑。内橋さん何の曲だか知らないけどとにかく演る、といういつもの流れですね。このFree Bird、サザンロック好きが聴いたらどう反応するか分かりませんが、タイトル通り確かに自由な演奏ではありました。
あと1ヶ月でクリスマスなので、クリスマスソングをリクエストすれば良かったかなと思ったり。

全体的に短く22時半前に終演。翌日もまだまだ続くので初日は腕慣らしといったところでしょう。

おまけ、内橋さんのダクソフォン。全然うまく撮れてないっていう。
ダクソフォン