FC2ブログ

2011/12/18 (日) 高垣彩陽 ファーストコンサートツアー「Memoria×Melodia」 @東京国際フォーラムA 

前日に食当たりなのかよく分からん症状が出て微妙な体調のまま、座りのライブだから何とかなるかなーととりあえず国際フォーラムAへ。
開場時間が30分ほど押していたので待機列は有楽町駅近くまで伸びて長蛇の列となっておりました。フォーラムの通りが工事中で道が狭かったのでこの列は超迷惑ですね。
入場してもホール内を規制していたようでロビー待機で大混雑。こんなグダグダなのは初めてでしたが、一週間後のももクロでもっとひどい状態を体験するのでした(苦笑)。

で、スタートも30分押しの18時半にスタート。
序盤はバンドセットで、シングル曲をメイン。スタート20,30分程度で一旦幕が落ちて、セットブレイク入るんか?と思われたけど、そのまま暗転だけでセット替え。
この中盤はストリングス4人と生ピアノによる、カヴァーアルバムメインのセットに加え、「たからもの」のストリングスヴァージョンなどを披露。
そしてバンドとストリングスチームが合流し、新曲2曲披露。
Elements Gardenが作曲した戦姫絶唱シンフォギア」のED曲である「Meteor Light」と「十三支演義~偃月三国伝~」の主題歌である植松信夫作曲の「月の涙」。前者は作曲者が「高垣さんの曲でカッコイイ曲といえばこの曲ってなるように」アップテンポで振りもある曲。後者はしっとりとした曲でした。
本編ラストの「Oh Happy Day」ではスタンディングを促し、会場内コーラスでした。

アンコールは割と自由度の高いセットリスト。スフィアの「キミが太陽」のストリングスヴァージョンんでしっとりと歌えあげます。あのアップテンポの曲がこうバラード風にアレンジするっていうのも面白い。歌詞の内容をよく感じ取れますね。
ガンダム00のキャラソンやガンダムSEEDのカヴァーは、特に興味ないオイラにとっては「キグルミ惑星」をやって欲しかったところでしたね。今までの流れをぶっち切るテンションの高い曲でしたが、会場内は一番の盛り上がりを見せる。カヴァー曲メインだとこういった曲を混ぜる構成が難しいのでアンコールでたたみかけるのには納得。
そしてラストは「You Raise Me Up」で大団円で終了。

コンサートの雰囲気に合わせてMCも大人しめで、緊張しているのか喋りのリズムが狂ってるようにも思えたので、もっとテンション上げてガンガン攻めちゃ良いのになー。ダジャレも上に人から言いすぎないようにとのお達しが出ていたようで、たまに飛び出す程度でした。
ステージドリンクは他のライブの映像など見て勉強してあやひが好きなハーブティをご用意していたり、意識調査では、あやひを初めて見る人が少ない事にびっくりしたり。
バンドメンバーはスフィアチームじゃないのね。スフィア界隈には珍しく平井武士さんがメンバーじゃなかった。今回はバンドに加えてストリングスが入り編成にお金を掛けてるなぁとは思いましたが、若干リハ不足を感じたような。

グッズにサイリウムが無かったしカヴァーメインになると思ったので今回は手ぶらでの観賞でしたが、会場内は前半のバンドセットでは半分ぐらい、アンコールのガンダム曲で一番会場がピンクに染まっていたかなー。コンサートの雰囲気によってはムリに振る必要性は感じないんですけどね。この辺りのさじ加減は難しい。

体調不良もあってか若干テンションも上がらず、内容的にも1月の中野の方がインパクトが強かった気もします。歌の巧さには安定があるので、今後の活動に期待です。

そしてショッキングな事に、大阪のアンコールでは「キグルミ惑星」、化物語ED「君が知らない物語」、ture tears OP「リフレクティア」の3曲をやったそうで、マジ呆然しました。まさに年の瀬にこんな敗北気分を味わうなんて・・・。

セットリスト
01. 君がいる場所
02. Be with you
03. 光のフィルメント
04. All around me
05. わたしだけの空
06. Amazing Grace
07. The Rose
08. たからもの(コンサートVer)
09. Defying Gravity
10. Meteor Light
11. 月の涙
12. Time To Say Goodbye
13. Oh Happy Day
Encore
14. キミが太陽(コンサートVer)
15. 祈り†
16. あんなに一緒だったのに
17. dear-dear DREAM
18. You Raise Me Up

スポンサーサイト



2011/12/8 (木) Sardine Head / Teneleven / Ruins Alone @横浜Thumb’s Up 

ナスノさん率いるTenelevenとSardine Headの対バンは以前もサムズで行われましたが、今回は吉田達也さんのRuins Aloneも出演する3マンライブになります。もしかして吉田さんはサムズ初出演じゃなかろうか。

3バンド出演という事で、いつもより早い19時半スタート予定でしたが15分ほど押しで始まりました。
今回は久々にハンバーガーを注文しましたが、ちょうどライブが始まってしまいなかなか食べられない状態に。紙のガサガサがどうしてもうるさくなってしまうんですよね。冬限定のオムライスも気になったので、そちらにすれば良かったかな。

■Teneleven
重厚なサウンド・少しずつじわじわくる展開と引き付けられます。観る度にメンバー自身の楽曲の理解度が上がり、世界観が強固になっていく印象です。
ナスノさんは是巨人やアルタードステイツなどのベースプレイとは全く違う音響的なサウンドに徹していて、音楽的には両翼のキーボードはもちろんドラムの山本さんもキーになっている部分も多いかな。
ササキヒデアキさんのVJと相乗効果で音酔いしそうな妙な感覚に陥ります。
しかし、ナスノさんは自分のバンドだと全く喋らないのですね。
ノンストップで約60分。翌年(もう今年だけど)にアルバムも発売されるようで楽しみです。

■Ruins Alone
吉田さんの一人上手なソロユニット。サムズで吉田さんというのもシュールです。1,2分の曲をぶっ続けで演奏していくので展開が非常に速い。吉田さんのファルセットボイスも聴けて満足です。
J氏が「どんな仕組みになってんの?ドラムに合わせて音が出てるの?」と驚いていましたが、バックトラックに合わせてドラム叩いてるだけですよね。だけって言っても至難の業でしょうが。タイムキープ感が半端無いです。ともかく笑っちゃうようなライブ。
さすがに長丁場はムリのようで約30分の短いセットでした。

■Sardine Head
小田原も静岡も行けなかったので、クロコ以来と割合的には久しぶりなサーディンです。OverheadsのたにやんさんのオイルVJが入り、視覚的にはぐにょんとサイケデリック。

sardine.jpg


スピーディな展開は少なく、割とじっくり聴かせる曲が多かった印象。
Begなどキメのフレーズが変形していたりと従来のファンにも楽しませてくれる内容でした。
今回は前者2バンド目当てのオーディエンスも多かったので、フロアは普段のサーディンライブとは幾分雰囲気が違いましたが、初見の方にはサーディンはどう映っただろうな。
アンコール込みで約80分

Sardine Headのライブ音源はこちらからDL・ストリーミング視聴出来ます。
今回は隊長からAKGマイクをお借りしてMarantzのPMD661に直結で録音しました。レコーダーのファンタム機能が初めて活用出来ました。AKGマイクで低音効いていてばっちりです。
Live Music Archive - Sardine Head Live at Thumb's Up on 2011-12-08


Sardine Headは来年3月に三島と所沢で夜中のライブがあるそうです。
1/15のCOIL復活2マンは、Perfume神戸公演の翌日ですが、当日の朝に神戸を発つ算段で行こうと思います。

2011/12/3 (土) ももいろクローバーZ – 2部 @Zepp Tokyo 

11月に横浜のライブを見たらもう一回ライブ見たいなーと思って何とかチケットを入手してZeppの二部に行ってきました。今回も絶賛二日酔いだったので一部だったら心が挫けていたかもしれんです。

Zeppの女子ゾーンは横浜よりも広く左側の2ブロック分。1ブロックと2ブロックの間ぐらいに位置取り。ステージは下半身こそ見れなかったけどほぼ全体を見渡せたので良かったかな。あまり近すぎると周囲のオーディエンスに埋もれやすく、ステージが視界にほとんど入らないのでこれぐらいが丁度良いかもね。この辺りはスペースもそこそこあって、サイリウム振りやすかったし。ただ、前の子のポニテが顔に当たって凶器化していたのと後ろの子にサイリウムをガンガン頭にぶつけられたのがいかんとも。まぁしょうがない。

セットリストはここ最近の集大成的のような、バランスが取れた好セットリスト。
今回は何と言っても「ももいろパンチ」初体験。ライブで見るのが初めてだったので振りをちゃんと覚えてないんだけど、周りの女子は練度が高い。
そして本編ラストの サンタさん > Chai Maxx > ももクロのニッポン万歳 !の流れが圧巻でした。あれで盛り上がるなっていう方が難しいです。

サンタさんの時にしおりんの腰に手を回すスタッフさん(舞台監督?)がいたので、れにちゃんパートの仕込みだと思ったらけど、どうやらイヤモニのレシーバーを落としちゃったみたいね。あの瞬間、あのスタッフになりたかったわ~。
れにちゃんパートは笑点のネタだったみたいだけど元ネタ分からず。
サンタさんのココナツ部分で左後ろの子達がサークルモッシュやってて、ちょっと乱入したかったです。

歌が一瞬途切れる部分が数箇所あったので、被せでなく生歌率が高くなってるようですね。そうすると、こうやってサボっているのが丸分かりになってしまいますが、踊りながら歌もこなすのは大変だろうなぁ。個人的には生歌率高くなるのは喜ばしい。
あと感じた事、天手力男や労働賛歌はムリにコールする必要無いんじゃないかな~。コールは入れる曲と入れない曲があって良いと思うんだけどね。工夫して入れようとするのは面白いけど、それで曲の雰囲気が損なわれるんじゃなぁ。執念を感じますわ。

MC多めのまったり進行で、テレ朝動画で配信される「ももドラ」の簡単な宣伝なども。
有安の「ももちゃんだよー」がすっげーかわいい。やる前に「マジでやらなきゃダメ?」と言わんばかりに照れて溜めてたのが完璧ですね。いや~本当に顔が好みだったら全力で推せるんだけどなー。
そういえば、あーりんの自己紹介。「だから佐々木って言うなー」まで最近の定番になりつつあるね。

彼女たちが退場して客電が付いた終演後に、メンバーやスタッフそしてフロアにいるオーディエンスをお互い讃えるように自然と拍手が沸きあがるのが良いですね。

セットリスト
01. 走れ!
02. ももいろパンチ
03. ピンキージョーンズ
04. CONTRADICTION
05. Z 伝説 ~終わりなき革命~
06. 労働讃歌
07. D’の純情
08. ミライボウル
09. ワニとシャンプー
10. 天手力男
11. キミノアト
12. ツヨクツヨク
13. サンタさん
14. Chai Maxx
15. ももクロのニッポン万歳 !
ENCORE
16. スターダストセレナーデ
17. 行くぜっ!怪盗少女
18. コノウタ