FC2ブログ

2007/6/7(木) THE WORLD HERITAGE @吉祥寺MANDALA-2 

今回はいつもの4人に加え、関東地区では珍しく山本さんも参加して最強の布陣。
おかげで平日なのに満員御礼です。
椅子取っておいてもらったから良かったけど、これで立ち見はツラそうだといつも思う。

まずはナスノさんが一人ずつメンバー紹介してフロアへ呼びむかえるという趣向でしたが、年始の叩きっぱなしと同じように呼んだメンバーと違う人が入って来るというナスノさんいぢり再び。
まったく、みんなしょーもない事が好きなんだなぁw。

さて、山本さんのギタープレイはROVO以外では初めてみるのですが、クリーントーンで単音フレーズを弾き倒すプレイが基本形なのですね。
歪んだ音でハードに定型フレーズを刻んでいく鬼怒さんとはまた違ったプレイなのが対照的。
特に一曲目の山本さんのプレイがキャッチーで、一曲目から引き込まれた。
鬼怒さんと山本さんの役割がいつの間にかクルッと変わっていたりで、あーゆーのはどう取り決めているんだろう。
吉田さんは通常の乾いた音がするスネアと低音気味にチューニングしてあるスネアの2種類が左手に並べてあるようで、ツ ドンドンドン と音の使い分けが興味深い。

しかし悲しいかな、ステージ上の立ち位置のせいだと思うんだけど、両翼で一歩前に出ている勝井・山本のROVOチームの出音が大きく、ドラムの両隣に位置する鬼怒・ナスノの是巨人チームの音がちょっと引っ込んでしまっている。
特に鬼怒さんのギターの音がトーンのせいもあって聴き取りづらい。むぅぅ。

5人になる事で音数が増えてもっと混沌とするかと思っていたけど、意外に整合性が取れているようなスッキリとした印象。
山本さんが弾くフレーズのせいか、結構聴きやすく好みな展開が多かったのが良かった。
山本さんと勝井さんの絡みもさすがと思わせるプレイでした。

set1は4曲約50分にて休憩。

物販を置く場所が無いという事で、フロアのセンターにCDが無造作に陳列されている。
World Heritageの2ndアルバムの没ネタ集CDRが本日のみ限定40枚、これをフリーク達が我や我やとステージへ詰めよるもんだからトイレへ行こうと逆走するのが大変で大変で。
しかもマンダラ2はトイレが1つしか無く、手を洗うのも個室内にあるのでとかく時間がかかる。本当にサイアクだ。
トイレで並んでいる間、自分の席の近くでグラスが床に落ちる音がして、マジかよ~と思ったけど自分とこじゃなくて良かった。
コレさ、ただでさえ人が多い所に物販買いに行く人・トイレに行く人・飲み物を買いに行く人と入り乱れるものだから本当に大変よ。

気を取り直してset2へ。
set2では高円寺百景の久保田安紀が一曲ゲスト参加。
高円寺百景は未体験なのでどんなものかと興味津々。
何語とも分からないオリエンタル風な言葉とメロディーを歌い、歌というよりか声が楽器という感じだな。
彼女の歌声をフューチャーするような演奏でこれがとても良かった。
こんな感じなら高円寺百景も観てみたいわな。(コレは1ヶ月後に良くも悪くも裏切られる訳ですがw)

この後に演奏した曲は吉田さんにしては結構珍しいようなリズムパターンで。
疾走感溢れる吉田さんのドラムにROVOチームのメロディーの絡みが逸材な曲で、これまたグッと引き込まれてましたね。

40分ほどでset2は終了。
アンコール前のMCでは各メンバーの告知。山本さんとナスノさんは「オレはいいよ」と言って奥ゆかしい。
鬼怒さんの告知で面白かったのが、
スーパーギターデュオライブ、クラシックの異端児とロックの異端児というフレコミでスゴいねぇ、という話。
あとは吉田さん参加のACID MOTHER TEMPLE SWRレコ発ライブはアルバム再現を目指すらしい。

で、ゆるい感じにライブ告知があった後はアンコール一曲。
これもフレーズが優しく美しい曲で、カッコいい、カッコいい。

今回を含め体験3回目の世界遺産ライブですが、文句無しにベストライブ。
これレベルの即興なんてそうそう観れないんじゃないか。
しばらく彼らのライブは無いっぽいのですが、また是非5人揃ったライブを観たいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/100-c050a5d6