FC2ブログ

2007/10/3(水) 南博Go There @新宿PIT INN 

二回目の南博Go Thereです。
今回は9/1のAG6へ行った時に予約を済ませたので、めちゃくちゃ早い4番目に名前を呼ばれて、こんなに早い番号は初めてッス。

中へ入って、早速一番前の席をゲット。
大抵いつもはスピーカーよりちょっと後ろ目の、前から5番目辺りに座る事が多く、一番前の席に座るのも初めて。
この至近距離で見るとどういった感じになるのかコレは凄い楽しみだったけど、このチョイスは大正解だったみたい。

前回はやはり5番目の右のブロックの席(サックス側)座っていたせいか、サックスとドラムの音が大きくて、ピアノとベースの音がかき消されてバランスがちょっと微妙だった。
南さんのリーダーバンドなんだから、スピーカーからのピアノの出音をもっと大きくすりゃーいいのになぁなんて思ったりしてたんだけどね。
で、一番前の席は南さんのピアノも前に出てハッキリ聴き取れるし、ベースアンプの正面だったせいもあってベースの音も前に出てきていい感じだ。
それでも、サックスとドラムがやかましいのは変わらないんだけどね(笑)。
サックスの出音が大きいのは楽器の特性上しょうがないし、ドラムの手数が多くてやかましいのはコレも見せ場の一つだと思うからコレはコレで。

set1は水谷さんのベースで始まりベースで終わるA3から始まり、前回の時も演奏していたFalling Falling FallingとDecemberとサクラと続いて、マサチューセッツという曲も演奏。
なんだかんだで結果的に1時間以上のセットになった。

A3はあまりに長くて途中の展開が変わったところでメドレー方式で違う曲にいったと思ってたら、また最後にA3のベースラインが出てきたから、たぶん25分強で一曲だったみたい。
マサチューセッツは今回初めて聴いたけど、この曲も好きな感じだ。

この手のジャズのライブは同じ曲は毎回同じ展開なんだろうと思っていたんだけど、先述のA3のような事もあり毎回違う手法を見せてくれるのは嬉しい。

そして、set1中盤の南さんのMCで大爆笑の渦。
南さんが昔アメリカでピアノを弾いていた頃、よく「チャイニーズだ、チャイニーズだ」「北京からきたんだろ」と言われる事が多かったようで。
「東京だ」と答えると「北京と東京はどうちがうんだ」と言われる始末。
その話を踏まえ、
「我々がルーマニアとブルガリアの違いを言えというのと似てるんだよね」
「ルーマニアは吸血鬼で有名で、ブルガリアはヨーグルトの国でしょ」
ヨーグルトで爆笑。
ブルガリアの話から唐突に相撲の話へ
「相撲にもヒールがね、体中に刺青入れてたり、反則ばかりしたりする力士がいたら盛り上がるでしょ」
「相手の目に塩をぱっとかけたり、わざとまわしがほどけちゃったり、NHKも困るでしょ」
南さんはこの日熱があって病院で座薬を入れられた、という話をしきりにしていて
「座薬は新宿二丁目の医者がきっと考えたんだよ」という話まで。

いやぁ、MCの毒舌っぶりが楽しいです。
きっと熱があったせいで変なテンションだったのじゃないかなーとも思うけど、これがきっと本来の南さんの属性なんでしょう。

んで、set2は・・・
この日は目・頭・肩が非常に痛かったので、目をつぶって聴いていたら、うとうとうと~~と。
ふっと目が覚めてはまた眠りに落ちるの繰り返し(苦笑)。
もちろん演奏が気持ち良い、というのもあるんだけどさ、元々演奏中は寝た事無かったのにこの間のパットメセニーの時といい、ここ最近はヒドイわな。
と言うわけで半分以上夢うつつ状態でした、すみませぬ。。。

南さんの体調を配慮して早めに終わるかと思っていたけど、何のこっちゃ終わったの23時過ぎですよ。
ピットインへ良くようになって、一番遅い時間だったかもしれない。
まさに、座薬効果でしょうか。
まだ時間大丈夫だろう、と時計を見たらかなりヤバイ事になっていたので足早に新宿駅に向かうのでした。

しかし、こうやって改めて見るとやはり芳垣さんのドラミングはこのバンドでは異質なものだなぁとしみじみ思いました。
ピアノ・サックス・ベースは美しいメロディーに美しい音色で向いている方向は同じなんだけど、ドラムは手数が多くてやかましいくて、方向性がちょっと違く感じる。
とは言ったものの、芳垣さんはこの間の酒井俊の時には控えめの寄り添うようなドラムを叩いていたので、わざとこうやっているのは承知の上で、だから面白いんだけどね。
ピアノソロの時の、南さんと芳垣さんのアゲまくりな演奏が大好きです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/101-4892529d