FC2ブログ

2007/10/14(日) CARLOS NUNEZ @三鷹公会堂 

相変わらず全然聴いた事ないアーティストなんですけど、隊長に連れられてカルロス・ヌニョスのライブへ行って参りました。

チーフタンズとも親交のある、ケルト音楽をやっているスペイン人ですね。
日本だと、ジブリのゲド戦記のサントラにも参加しているのでそっち方面から聴いた人もいるかもしれません。
ゲド戦記のライブで今年5月にNHKホールで公演をしており、今年二度目の来日になります。
今回はゲド戦記とは関係の無い、彼自身のライブなのですが、どっかしらゲドが絡んでくるだろうと思っていたら案の定ゲド色が強かったように思います。
ジブリのお膝元の三鷹というロケーションもありますしね。

一緒に行った隊長やIさんの話だと、アルバムのジャケットやフライヤーにはいつも頭の途中で切れていて、頭のてっぺんが写ってないんだとか。
なるほど、 プランクトンのサイトを見ると確かに頭は写ってなくてちょっとイイ男風ですね。


会場は800人規模で、三鷹市武蔵野市近辺の400人規模のホールと比べて横に広いですね。
やっぱり作りが古くて客席がちょっと狭いです。
客席にはピーターバラカンの姿もありました。

set1は客席の後ろから一人ずつ一曲演奏しながらステージへ登場する趣向で、カルロスさんは一番手に笛を吹きながら登場です。
その後に続いて、他のメンバーも一人ずつ登場しました。

カルロスさん、ほとんどのMCは日本語で頑張ります。
非常につたないけどとても一生懸命に「ツギノ キォクーハ ・・・」と曲の紹介などをします。

曲によっては、ハープの西山まりえさんも参加して素敵なメロディーを聴かせてくれました。
彼女が使っていたハープは一風変わったハープだそうで、通常のハープは音程を変えられるらしいのですが木の枠に弦が張っているだけなので音が固定なんだそうです。

カルロスさんは曲によって何本も用意してきた笛を使い分け、スペインのバグパイブという「ガイダ」という楽器も使います。
低音がプオーーーーーーと鳴っていて、その上に口で空気を入れながらメロディーを演奏する楽器で、上に黒い布が突き出ていたり低音を他の管のようなものを操作してチューニングしたりと面白い楽器でした。

フィドルの女性もパーカッションの人も良い感じでしたが、左側の弦楽器奏者の音があまり良く聴こえて来なかったのが残念です。
set2終盤のソロではもちろん目立っていたけど、他の時ももうちょっと前に出てくれば良かったのにと思います。


数年前に佐渡のアースセレブレーションに来た時はダンサブルな曲が多かったらしいんですが、今回はホールだったせいかしっとりとメロディーを聴かせる曲が多かった印象です。
ゲド戦記の曲も数曲やっていて、それらの曲がやはり音の調べを聴かせるようなキュッと切ない曲が多かったせいかもしれません。
そのゲド戦記の曲でデビューしたという手嶌(てじま)葵さんがボーカルで数曲参加していて、
全然彼女に対して知識が無かったので、ちょっと前に流行った沖縄系なのか~と一瞬思いましたが、そういう訳でもなさそうでした。

チーフタンズの時の元ちとせはちょっといただけなかったけど、今回の手嶌葵さんの洗われるような歌声で良かったと思います。

ゲドの他には、スペインの伝統音楽にインスパイヤされたという説明で始まったボレロやチーフタンズに捧げるという曲やキューバに渡った移民の曲などをやっていましたね。

あとアレですね。
終盤では横の人と小指で手を繋いで上下に腕を振って踊る曲ですね。
客席の人が次々にフィドルの女性やホールの係員に拉致されて、客席の通路をぐるぐるぐると踊っていきました。
曲は違えど同じ事をチーフタンズもやっていたので、これってばケルトの伝統なのでしょうか。

同じケルト音楽を根っことしていてるチーフタンズとカルロスさんの両者を対比すると、似ているところと違うところがいろいろあるなーと思いました。
アイルランドとスペインというお国柄があるのでしょう。
もっとヨーロッパのケルト民族にまつわる歴史を知っていると理解度が高まるかもしれません。


ヨーロッパの民族音楽は、こっちの音楽のどこかにもその流れを汲んでいるのかもしれないけど、こうやってライブに足を運ばなければそう耳にする機会が無い音楽だったので、もうちょっと掘り下げてみたいなーと思った今日この頃でした。

それでも、音楽的にはとっても大衆的で楽しめます。
ヨーロッパに限らず、アフリカものとかワールドミュージックは面白いですね。


あぁ、そうだ、そうだ。コレを書き忘れちゃいけねぇッス。
ステージに登場したカルロスさんの、スポットライトを浴びてキレイに光る頭が忘れられませんw。
弦楽器の人も頭剃ってるし、ツルピカライブでございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/105-f4d0f6a3