FC2ブログ

2007/10/27(土) 内橋和久ソロ @ 新宿PIT INN 

ピットイン五連チャンの二つ目は内橋さんのソロ@昼の部でございます。
内橋さんのソロへ行くのはもちろん初めてなんだけど、アルタードステイツでもやっているサンプラーやエフェクトを中心とした内容になるんじゃないかとは思っていたけど、その比重は高くて想像以上に不思議な内容でした。

整理番号が一桁台だったので、難なく一番前の席をゲット。
お隣には某サイトのT氏が座っていました。
しかし、この席の並びの三人とも内橋さんが現われればカバンの中をガサゴソ、セットが終わればまたガサゴソと呼吸が同じで何とも妙なものです。


定刻を10分ぐらい過ぎた頃、ステージに現れる内橋さん。
ステージ上にはギターアンプとエフェクター類を置いてある机にピアノの椅子、SGとストラトのギターが2本が用意されたのみです。
そして始まったのは、サンプラーを使ってのアンビエントな出だしから少しずつ少しずつ上がっていき、ギターでフレーズを弾くのではなく効果音的な音を重ねていくような展開。
つーか、ギターを弾くよりエフェクト操作している時間の方が長かったです。
全体的にギターはあんまし弾いてなかったです。
しかし、せわしなくリズムカルにボタンをペンペンパチパチとエフェクター操作をする姿が面白いです。

音をループさせて重ねていくという手法は、一人ジャムバンドのKeller Wiliamsの手法に近いものがありますが、そこはもう音楽性が全く異なりますから、出来上がる音を対極になんじゃないでしょうか。
だからこそ、敢えて先週の来日公演を観に行った人に見て相対評価をしてもらうのも一興かとも思ったんですけどね。

内橋さんの場合は音を重ねていくといっても、半永久的にそのフレーズを使っていくのではなくどんどん展開が変わっていって、飛び道具的な使い方が多い印象です。
その音にエフェクトかけたりディレイ操作したりして、そこから全く展開を作っていくのがから、音の組み立て方はどうやって考えているんだろうと不思議に思ってしまいます。

何気に初めてみるプレイもてんこもり。
ギターのヘッドやプリッジの弦をはじいてペロンペロンな音を出したり、
弦に白いのを挟んでミュートした音を出したり、
ギターをスピーカーに通さないで弾いて後からその音を出力させたり
終盤ではエレキギターをアコギのようにボディを叩いてその反響音にリバーヴをかけたり、
なんてプレイもありました。


実はset2では気持ち良くーって大半をウトウトしてしまい、拍手のタイミングで目が覚めて拍手してまたうとうとの繰り返しでまいりました(苦笑)。
いちお頭の中には音は入ってきていて、set1よりギターを弾いていたような気がしたのですが、一緒に行った人に「どうだった?」と聞いてみると「前半とほとんど一緒」だったそうです。

生で観ていると、どの動作・操作がどの音になっているのかと視覚と聴覚と思考を全開にして注目してしまいがちなんだけど、その音にのみを語るならとても心地良い音だったと思います。
いっそ思考をストップさせて、音に身を委ねてしまうのもアリかもしれません。
まぁそれが、うとうとーになってしまったのかもしれませんがー。

せっかくのソロだから、自由奔放にギターを弾く姿も拝めたかったけれども、これはこれで摩訶不思議ながらも非常に興味深いショウでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/108-3e7043e8