FC2ブログ

2007/10/28(日) ALTERED STATES @ 新宿PIT INN 

ライブの前に関西からの来訪者を交えてピットインの角の餃子屋で軽く一杯引っ掛けてきました。
ここの餃子屋さん、見る度いつも混んでいて一度は行って見たかった場所です。

この日はスーパーデラックスで山本・外山デュオと被っていて大半の客はそちらに流れた模様で、3日間のうち一番空いていたライブでした。

ゲスト参加はset1は岡本洋(p)、set2は天鼓(vo)のお二方でございます。

岡本さんは去年のピンクフロイドコピー大会の時に初めて見て、再現プロジェクトには欠かせない人なのですが、彼自身の演奏というのは今回初めて観ます。
岡本さんは自分から一石を投じてガンガン攻めるタイプではなく、メンバーの演奏に寄り添うような、アルタードステイツの音に彩りを与える演奏でした。
ピアノ主体でたまにキーボードを使用、45分一曲の一発勝負です。。

で、このセットがまたえらい内容で、なんというのかな、本当に凄いものに出会うと「凄い!凄い!」としか言葉が出ないような、そんな内容でした。
なんかね、もうぐわんぐわんですよ。
アルタードステイツでこんなに感動するようなライブはまさか観れるなんて思ってなかったので、涙が出そうになるぐらい素晴らしかったです。

そして、ブレイク中に物販の近くにいた内橋さんに勢いで話しかけてみました。
昨日のライブでの嵐が丘が素晴らしかった、また是非昔のアルバムの曲もライブで聴きたい、という内容の事を伝えたら「あれはねー、難しいんだ。練習しないと出来ないんだ」という事を関西弁で答えてくれました。
なのであまり期待出来なさそうですが、是非お願いいたしますー。

set2はボーカル天鼓さんです。
天鼓さん名前も顔も全く知らないお方で、今回初見です。
見かけは何だかふつーのオバチャンでしたが、ボーカルの迫力は凄い。
このボーカルは、例えばマジカルパワーマコ で観たあなるちゃんのようなノイズ系ボーカリストですね。
アルタードステイツの面々の演奏も、パンキッシュというかハードコアというか、非常にヘビィな演奏でこれはまた珍しい感じです。

正直に言うと怒涛のset1を観た後だとちょっとインパクトに欠ける内容ではありましたが、これはこれで面白いセットでした。

アンコールはゲストの二人を交えて10分程度の曲で終了。

3daysのうち一番アルタードステイツらしいセット内容でした。
こういった化学反応が見れるのがこのバンドの醍醐味でしょうか。
これは今後もマメにライブに足を運ばなくては。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/110-64fd03a3