FC2ブログ

2007/10/29(月) ALTERED STATES PLAYS JEFF BECK @新宿PIT INN 

アルタードステイツ3daysの最終日は、去年のピンクフロイドに引き続きコピー大会改め再現プロジェクト。
今年のお題はジェフベック。
この3days中のMCでも散々「難しい」とぼやいていたジェフベックの本番がとうとうやってきました。

ジェフベックはオイラが中学生の頃に親戚の兄ちゃんからBlow By Blowのレコードを借りて、自分ちにはレコードを聴ける環境ではなかったので友人の家に持って行って聴かせてもらった記憶があります。
その当時はツェッペリンのようなハードロックは全然オケーだったけど、ジェフベックのようなインストフュージョン系は当時の耳には馴染まなくて、それ以降は敬遠していたんですよね。
そして月日が経ち、去年友人から「これカッコイイよ!」とWiredをもらって改めてチャレンジしてみると、想像以上にしっくりきたのであります。

今回のメンバーはアルタードステイツの3人に加え、岡本洋・青木タイセイを交えての5名。
ゲスト二人ともメインはキーボード。
青木さんは鍵盤も弾けるんですね、この人に出来ない楽器はないんじゃないでしょうか。
内橋さんは「適当」書かれたTシャツを着用。内橋さんの気合の入り方が伝わってきます。

set1はアルバム「Blow By Blow」をほぼ全部。
set2はアルバム「Wired」ほぼ全部。
アンコールではBeck, Bogert & Appiceの「Jeff's Boogie」

先述の通りBlow By Blowは聴いた事あっても記憶の断片にすら残っていない状態なので、ほぼ初見。
曲の終わりのフィードアウトや内橋さんのトーキングモジェレータープレイなど、完コピ再現度は高かったのでしょうか。
set1の中盤の「スキャッターブレイン 」のギターとキーボードのユニゾン高速フレーズが非常に緊張感のあるプレイだったり、「哀しみの恋人達」のブルージーなプレイなど、見所は多かったんじゃないでしょうか。

set2のWiredはジェフベックの中で唯一まともに聴いた事あるアルバムで、このセットはとっても楽しみでした。
CDから聴こえてくる音は自由奔放に弾いているギターがとても印象的で「難易度が高い」なんて全然思わなかったんだけど、実際こうやって演奏を目の当たりにするとその難易度はひしひしと伝わってきます。
しかし難易度が高いのはギターじゃなくて全部の楽器に言える事じゃないの、コレ。
芳垣さんやナスノさん、このお二方は譜面も見ずにほぼノーミスだったんじゃないでしょうか。凄いです。

4曲目ではギターの入りを間違えてもう一度やり直したりと、会場内に笑いを誘いつつ和やかに進んでいきます。

Wired最後の曲「ラヴ・イズ・グリーン」はドラムレスで、岡本さんは生ピアノ・青木さんはギターに持ち替えてのしっとりとした演奏。
青木さんはギターも演奏出来るのですね。
さすがにかなり練習したっぽいだけど、内橋さんも「まさかギターを持っているとは思わなかった」とビックリの様子です。

本編最後でのメンバー紹介で、ナスノさんが「最後の曲をもう一回やりたい」と悔しい様子に内橋さん「んじゃ、もっかいやろ?」ともう一回演奏する事に。
ナスノさん、どこをミスったのか全然わかりませんでした。
そして再度始めたら、今度はギターソロの入りで思いっきり音を外してずっこけ~~。
いやぁ、最後まで締まらないゆるい人達ですね(笑)。

そしてアンコールでは3人だけで演奏。
「早い曲だから弾けないかも」と言いながらBBAの曲がスタート。
しかし、こちらも途中で止まってしばらくメンバー間で展開を確認する場面も。
知らない曲なんで、こうやって途中でブレイクが入る曲だと一瞬思ってしまいました。
やっぱり最後まで締まりません(笑)。

内橋さんは所々アヤシイ箇所はありましたが普通に聴いている分には全く気にならず、非常に楽しめるジェフベックでした。
内橋さん自体、「難しい」と言いながらも一番楽しんでいましたからね。
去年のピンクフロイドは全体のバランスと展開重視のライブだったけど、今年はメンバーの妙技が冴えるライブでした。
来年は「簡単で楽しいの」だそうです。
とりあえず毎年恒例なようなので来年も楽しみです。

ちなみに会場内には客で高良さんや勝井さんの姿も。
みなさんパートナーや仲間の雄姿を見に来たのですね。

そして、ライブを見に来ていた鰯頭な人が「僕もジェフベックやりたいなー」とつぶやいていたので、それは是非実現して欲しいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/111-4fad00a8