FC2ブログ

2007/12/18(火) 芳垣安洋solo&more @ 新宿PIT INN 

set1は芳垣さんの一人舞台。
金物系の音を重ねて、草までも飛び出すセットでござんした。
さながら一人ナッジナッジとでも言いましょうか、音の組み立て方がアレに近いような。
ドガドガ疾走あるドラミングはあんまし無くて、個人的には足でシンバル踏んで音を出してるのがヒットでした。

set2は曽我大穂と高良久美子、VJのササキヒデアキを迎えたセッション。
全体的にアンビエントなセッションでした。
このVJの人、芳垣さんが出しているアルバムのジャケットを手掛けている人だそうで、ヴィンセントやナッジナッジのような淡い色彩を用いるVJでした。
サイケデリックじゃないVJを観るのも珍しい。
曽我大穂さんは今回初めて観ましたが、ハーモニカ・フルート・ウクレレ・スティールパンやサウンドエフェクトなど器用にこなす方。
色んな楽器をこなすせいか、若干散漫な演奏に見受けられたような気もします。
あの中ではウクレレでのプレイが一番面白かったかな。

そして、先述のVJがこの場のサウンドに合っていて良い雰囲気を出していました。
「場を作る」という事においてこのVJがかなり活躍していたように思えます。
サウンドとヴィジュアルの相乗効果は、今まで体験したVJの中では段違いでしょうか。
まぁ、他のはちょっとジャンルが違うし畑違いになるんでしょうけど。。。

攻め攻めなセッションでは無かったので不完全燃焼気味だったのは否めないのですが、自分の好みとは異なるけど今まで観たセッションとは異なる雰囲気を出していたので、それを観たという点ではアリかなと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/124-ecd3e5ae