FC2ブログ

2007/12/19(水) VINCENT TRANS LOGIC @新宿PIT INN 

VINCENT ATMICUSの別形体バンドという事で、太田・水谷の代わりに高田陽平とGideon Jucksが参加。
メンバー数は変わらないのでステージ上はてんこ盛り。

メンバー全員乗り切らず、勝井さんだけ左手のステージの下で演奏していました。

基本的にはVINCENT ATMICUSや青木タイセイの曲を演奏していくのですが、今まで観た事のあるAG6などの芳垣セッションで聴いた事ある楽曲ばかり。
今回初聴だったのはアンコールのくつわむしとボンフルの大建設ぐらいだったかもです。

チューバのGideon Jucksがベースの役割をしており、なるほどこんな方法もあるのねと感心。
ちなみにこの人、11月の渋さ@まつもとで見慣れない外人チューバ奏者その人だった模様です。
他のバンドにも参加したりして、すでにこの界隈では売れっ子奏者だとか。

VINCENTの見所としては、やはり芳垣・岡部両氏がステージフロントで繰りひろげるドラムの応酬でしょう。
二人の叩き合いは全体の演奏からするとほんの一部分しかなかったけど、そりゃー迫力はあるしぐっと引き込まれますね。
ドラムのアンサンブルだけでも観る価値ありかな。

勝井さんが空間系エフェクトを使わないで演奏している曲があり、普段も彼お得意の浮遊感があるエフェクトサウンドよりもノーエフェクトで弾いた方が良いんじゃね?と思う場面もありました。

正直VINCENT ATMICUS自体にはさぼど興味を示さないんだけど、太田さんと水谷さんになるとどんな音色になるのかというのはちょっと興味ありますね。
ROVOだと後ろに引っ込んでいるドラムが、トータスみたいにフロントに二人並んで叩いているのも見物ですし、タイミングが合えば観に行きたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/125-14625a57