FC2ブログ

2008/1/5(日) 新春エレキサミット @関内STORMY MONDAY 

メンバー:
鬼怒無月(g)、今堀恒雄(g)、酒井泰三(g)、青山陽一(g)、ナスノミツル(b)、植村昌弘(ds)

鬼怒さん企画によるギタリスト4人のセッションライブです。
鬼怒さんとナスノさん以外はほぼ初見の人達です。
今堀さんは以前ナスノ弾きっぱなしでも観てるんだけど、最後の1、2曲しか観れなかったせいもありあまり記憶に残ってなかったりです。

あの狭いストマンに立ち見が出るぐらい人が入って50人近くは入っていたんじゃないでしょうか。
椅子に座るもちょっとキツキツで、目の前に立ち見のねえちゃんがいたのでステージは全然見えなかったのが残念。

img8c70ca02zikbzj.jpg
エフェクターが沢山。

set1はギター4人が入れ替わりに演奏して、setの最後にはギタリスト4人のみで一曲即興して終了。
一人一人の特色がとても際立つsetでした。

一番手は鬼怒さん、ナスノさんと植村さんと3人息があった良い内容でした。

二番手は青山さん、スライドギターを使ってブルース的な内容。歌も入りました。
歌心がある方なのですねー、即興というより歌ものバックが栄えそうなギタリストでした。

三番手は今堀さん、三者三様のリズムの崩しが変態的で、終盤はスピーディーな展開に。

四番手は酒井さん、この人も歌います。ギターもボーカルも豪快でした。

特出すべきはナスノさん。
ギタープレイに合わせて自由自在にベースプレイを変えてくるので、この人やっぱり最強のセッションマンだと思いました。
植村さんは、タムが特徴的な音を出すぐらいでシンプルなドラムセット。
そんな中であんだけ音数多いのはやはり変態ドラマーと言われる所以でしょうか。
ある意味吉田さんよりスゲーかもです。

ギターカルテットは極悪的なボリュームでくるかと思ったけど、意外とボリュームも内容も控えめの演奏でした。
青山さんがチューニングのペグをぐるぐる回して、6弦をウィーーーンウィーーーンと音を出していたプレイがちょっと面白い。
つーか、それぐらいしか見えなかったので、誰がどの音を出しているのか分かりづらかったです。
ラストは若干締まらないまま終了。
それでも鬼怒さんはジャンプして無理やり締めてました。

set2は「鬼怒無月三本勝負」という事で、鬼怒・ナスノ・植村に他のギタリストが一人ずつ交代に演奏していきます。

鬼怒VS酒井は「ロック魂対決」と名付けただけあってて、特に変形的なリズムもなく直進的にロック溢れるセッションでした。

鬼怒VS今堀は、AとEのオープンチューニング対決なんて横槍が入りつつ特に名前を付けることなくスタート。
ゆったりしたリズムから中盤に疾走感あるプレイに移行するのが気持ち良いね。両者弾きまくりス。

鬼怒VS青山は、青山さんが用意してきた曲で「フレッシュ対決」。
いちお歌詞はフレッシュだったようです(スライ&ファミリー・ストーンの曲だった模様)。

その後は全員で即興を一曲演奏。
前半は鬼怒さんが先導していたようだけど、後半は右側の二人(今堀さんと酒井さん)がノリノリで弾きまくりだった印象。
ワタクシに位置からだとお二方は全然見えなかったので、ちょっと残念でした。

本編の締めはABBのWhippin' Postのカヴァー。
Vo酒井→Gソロ青山→Gソロ鬼怒→Vo青山→Gソロ今堀→Gソロ酒井の順で進みます。
ギター4人というのは大迫力で、その音圧に負けない酒井さんの歌も凄い。
キメのチョーキングとかワホーイな気分でした。

アンコールは鬼怒さんボーカルで「GOT MY MOJO WORKIN'」。
鬼怒さんの歌は初めて聴きました。


一部の客にちょっとイラッとする場面もあったりでしたが、ライブの内容はギター分てんこ盛りで非常に良かったです。
新年一発目がこれだけ良いと今年も幸先良いかもしれません。
今回参加のメンバーは、また機会があったら自身の活動でのライブを観てみたいです。
特に自分的に好演だったのは、何処を取っても豪快な酒井さんと何処を取っても変態な植村さんのお二人。
まだまだ観てない所で素晴らしいプレイヤーは沢山いますね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/127-761f2de1