FC2ブログ

2008/1/22(火) 菊地成孔 クインテット・ライブ・ダブ @ 新宿PIT INN 

久しぶりのKQLDにして、名目上解散ライブ。
過去のライブ観戦記録を見ると2004年に3回行ったきり、ずっと行ってなかったみたいです。
2006年のスタジオコーストでやったオールナイトのジャズイベントの際にほんの数分だけ見て、カッコ良くなってるじゃないの~と思ってからずっとライブの機会を伺っていたのですが、随分時間が経ってしまいました。

チケ発売日にピットインに発売時間丁度に到着し、何とか50番台をゲット。
場所がピットインなので予想通りあっという間にソールドアウト。
普段のライブと比べて男女比が逆です。女くせ~~。

いつも以上に椅子席が少なくて、左壁際の一番後ろの席をキープ。
真剣に探せばもうちょっと良い席があったかも知れないんだけど、探している間に席が埋まったら話にならんので、目に付いた場所を早々にゲットしました。

ライブは定刻10分過ぎる頃にスタート。
一曲目は歌というよりか詩の朗読のような曲で、「ちょ、コレどうしよう(笑)」とか思ってしまったのですが、坪口さんのピアノに救われました。
set1のその後は歌モノ1曲ぐらいでインスト曲中心のセットだから良かったかな。
昔はそんなにイヤじゃなかったはずなんだけど、今回は菊地さんのボーカルはちょっと苦手だなぁと感じました。
前はUAやカヒミさんといった女性ボーカルとのデュエットとかやってたから大丈夫だったのかもしれないですね。
彼の場合、歌うよりサックス吹いている方が断然良いと思います。

と、思ったらset2もアタマから歌モノがやってきましたよ。
ボーカルが入ると菊地さん的にはムーディーにと思っているのだろうけど緊張感に欠けるまったりした演奏になるから、それが良いとも言えるし、物足りないとも言えるような。
それでも、set2後半の坪口さんの息を付く暇が無いほどの怒涛のピアノソロから、これまた怒涛の藤井さんのドラムソロへの展開はとても良かったです。
こういったスリリングな展開がやはり肝ですね。
このドラムソロで他のメンバーは退場して、藤井さんの一本勝負で本編終了。
あぁ、そうでした。KQLDはこういう終わり方するんですよね。

以前観た時よりも長くこの編成でやっているせいか、安定した息の合った演奏に思いました。
今回坪口さんのピアノが思いのほか良かったのが発見です。
こういう高速フレーズを連発するような印象では無かったので、目が覚める思いでした。
藤井さんは堅実なドラミングなんだけど、一音一音がとても丁寧な人ですね。
ベースの菊地さんは、自分の席から見えなったのもあってあんまし目立たなかった感じ。
バートン木村さんは・・・うーん。
バンド名にも「ダブ」と冠が付いているから、この編成でもテーマの一つであろうから真っ向から否定するのもアレなんだけど、正直エレクトロニクスはいらないんじゃないか、と思ってしまいました。
生音だけの演奏の方がグッとくるような気がします。
ダブ処理ぐらいなら良いんだけど、途中に入るキュルキュルピコピコ系の音はどうしても余計に感じてしまいました、ハイ。

アンコール前で22時半ちょい前だったので、コレは余裕で終わるなと思っていたら、アンコール前に菊地さんのMCがありましたよ。
こちらもすっかり忘れてました。
DCPRGの時に長いMCのせいでまんまと終電を逃した事もあったのに。

MCでは、
オーディエンスの立ち見の様子を見て「貴族と奴隷に見えてしまう」
「このバンドは僕が40歳になったんで再びアコースティックジャズをやろうかと、親父が死んだ記念にまたジャズをやろうと思って作ったバンド」
「実はこの編成で3月に非公開でライブが決まっている」
「菊地君が全部金返してくれるまでやめられない、ウソですよ、またちょくちょくやっていきます」
「一年間のうち殺人事件が約1000件、そのうち500件が近親者による近親者殺しになった昨今ですが、殺しますよ家族なんですもん、他人様は殺せませんよという時代が来ると思いますけど(笑)」
とかまぁ、相変わらず舌が回ってました。

アンコールでは松田聖子の「Sweet memories」。
何故この歌なんだ。

ダブ・セクステットの方はサックスオンリーだそうで、そっちの方が好みの音かもしれません。

それにしても、菊地成孔って何でこんなに人気あるんだ!?
客層もオイラと同い年ぐらいの女性が結構いるし、キミタチ普段どんな音楽聴いているんだい?と質問してみたい気分になります。
そうか、オイラも逆から見ればそう思われているんだよね。
菊地人気については別の機会に考察してみたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/130-d684b518