FC2ブログ

2008/1/28(月) 勝井祐二+中村達也+山下洋輔 @ 新宿PIT INN 

元ブランキー・ジェット・シティーの中村達也が最近セッション系ミュージシャンと組んでライブをやっている事はスケジュールでよく見掛けていました。
中村達也がどのようなセッションプレイをするのか、正直期待はあんましてないものの(ヒドイ言いようだな・笑)、いちおドラマー好きとしては多少興味はあったし、組み合わせも面白そうなので行ってみる事に。
ちなみに山下洋輔は今回初。たぶん山下さんを見れる事の方が楽しみだったかも。

一週間前に知人の分のチケを購入して100番ぐらいだから席が埋まるぐらいの入りになるのかなと思っていたら、そんなこたーない。
ソールドアウトの時と同じように席がいつもより少なくて後ろの立ち見スペースが広い会場セッティング。
当日券は出てたけど若い層を中心にかなり客が入って結局ぎゅうぎゅうな感じになってました。
やっぱり人気あるんスね、中村達也。
実際にいつもよりも拍手喝采、「うぉー」とか「カッコイー」とか「タツヤーー」とか叫ぶ人多数で盛り上がっていました。

さて肝心の演奏。
中村達也のドラムセットはゴテゴテな感じになるのかと思っていたんだけど、タムも1個しかついてないしシンプルなセットでした。
set1の序盤の頃は、思っていたより色んなパターンが叩けるのだなぁと思いました。
彼の豪快なドラミングはここ最近行くライブではあまり見るタイプでは無かったので、新鮮で面白い。
叫んだり口パーカスを口ずさむ場面もあり、中村さんの気持ちの高揚を感じ取れました。

しかし、長時間叩いていると引き出しの少なさ、パワードラム故にいつでも全力疾走の演奏で緩急が少ないくて、聴いていてしんどくなってくる。
豪快が為に繊細さが足りないし、2setはちょっと飽きてしまうんですよね。
1setぐらいがちょうど良いかな。
やはりジャズというよりはロック。

もうちと柔らかい緩急のあるドラミングが出来れば渋みも増して一層良くなると思うけど、ご本人が自分のバックヤードで培ってきたものでセッションをする、という意思も見えなくもないのでこんなもんでしょ。

とはいうものの、この3人の組み合わせはなかなか息が合っていて、分かりやすく聴きやすい演奏で面白かったと思います。
とにかく圧巻だったのは山下洋輔のピアノでしょうか。
とにかく高速でフレーズを弾き倒すそのテクニックも凄いのですが、瞬時に出てくる彼の創造力が素晴らしいかったです。
この3人の中で明らかに別格ですね。

弾くというより叩くようなピアノの弾き方をしている場面もあり、ピアノって中でハンマーで叩かれて音が出るからある意味打楽器なのだなぁととても感じました。

そして、この二人の音に埋もれてあまり目立たなかったのが勝井さん。
出音がちょっと低かったというのもあるし悪い演奏をしていたのではないんだけど、やはり山下さんのアグレッシブなプレイにかすんでしまった印象。

約40分×2setで普段よりも時間が短く22時には終わりました。
随分早い、でも内容は結構お腹いっぱいでしたね。

今度は山下さんはジャズバンド、彼のリーダーバンドでちゃんと観てみたいですね。
いやはや、素晴らしかったです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/133-f0868e0e