FC2ブログ

2004/1/24(土) MEDESKI MARTIN and WOOD @ 渋谷O-East 

オルガン、ベース、ドラムの3人組のジャムバンドというか、ジャズバンド。インプロの鬼です。

CDやライブ音源を何度か聴いたけど、イマイチつかみどころのないバンドでした。
そうすると、とりあえずライブを見て認識せんとなぁ~ちゅう事で。
とにかく今年は来日するジャムバンドはほとんど観に行く勢いです。

24:30開場だから、1:00ちょっと前に到着。
会場は凄い人だかり。ぴあじゃチケット売れ切れてたからかなりの人気ですね。
24:30開場開演のオールのイベントだから「18才未満お断り」と唱ってあるんだけど
まさか身分証明書チェックするとは思わなかったよ。
こんな日の為に、パスポートのコピー持ちあるいといてよかった。

お客さんは20、30代の人が結構多かったですね。
本当の好き者が集まってる感じ。

内容は前半1時間、休憩30分、後半1時間半の2set
ろくに予習しないで行ったけど、かなり楽しめました。
渋めで始まったから、ついていけるかな~、と思ったけど
いらぬ心配でしたわ。

6ヶぐらいの鍵盤を弾きまくるオルガン奏者、
ウッドベースとエレキベースを巧みに使いこなすベーシスト
ドラムをパーカッションを兼ねて、ソフトなタッチでアツク叩くドラマー

曲の構成ってちゃんとあるのかようわからんぐらい、ドラムソロが至る所に入ったり、狂ったようにオルガンを演奏したり、マジ圧巻です。
みんな好き勝手やってんじゃないかくらい、リズムも拍子もへったくれもない。
でもすごいカッコよくて、感動モノ。

鍵盤がかなり熱い!ドラムもかなり凄い事になってましたね。
ロックバンドのようにガンガン叩いてはないんだけど、
手数がかなりのモノでオカズ盛り沢山。
ベースはどっちかっていうと地味なんだけど、巧くなけりゃあーゆー風にはいかんよね。

休憩ぐらいから、貧血気味で具合悪くなってしまったんで、
2set目は2階からステージ全部見下ろせるベストポジにも関わらず
座って半寝してました。うわ~もったいないわ。
一緒に行ったend君も2徹目で最後はグロッキー、ガンちゃんは4:00ぐらいに眠くなったにも関わらずラストまで奮闘。

やはりライブを見なければ始まらないと実感。
演奏はかなり巧い!さすがジャズ!
一般受けするサウンドじゃないけど、普段ジャズ聴かない人にも
十分伝わる素晴らしいステージだったと思います。

やっぱりオイラは遊び倒せない・・・。しばらくオールのイベントは控えて体力作りします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/15-814f8a37