FC2ブログ

2008/6/8(日) The Jack and Jim Show(Frank Zappa Day) @新宿PIT INN 

NHKの観覧ライブを終えて新宿へ移動。
この時点で昼間の陽射しにやられたせいで頭は痛いしかなりヘロヘロでした。

ちなみに整理番号はこの2daysとも2番とか3番とかかなりの良番だったので難なく一番前をゲット。
一日目は左側にいたんだけど楽譜台が被ってユージンさんの手元がよく見えなかったので今回は右側に席を取ってみたけど、こちらは逆にユージンさんの背に当たるので全然見えない、残念。

二日目はフランク・ザッパの曲を中心に、という事で知っている曲も数曲やるかなーと思ったけど全然分かりませんでした。
でもビーフハートよりはこちらの方がストレートで分かりやすい曲が多かったと思います。
ジミーさんが一日目と比べてノリノリだったので、やはり初日は時差ボケで体調不良だったのかもしれません。
set1は疲れのせいで集中力が欠けてしまったけどど、set2はそれなりに集中して観れたかな。

set1ではsmoke on the waterを演奏。
そういえばこの曲ってザッパのライブで火事になったとかそういった歌詞だったっけ。
なるほど、ユーモアな選曲ですね。
それにしても初日のニール・ヤングもそうだけど、ドラムとギターだけにも関わらずこういうロック然とした曲もちゃんとキメてくれるのが素晴らしいです。
実際、この二日後に行われたUFO CLUBの時の方が音響面が良かったみたいだし。
アコースティック的な音響よりガツンとロック的な音響の方が合うみたいです。

set2も相変わらず分からない曲ばかりですが、アンコールではジミヘンのPurple Hazeもこちらもカッコイイ。
熊手プレイもアンコール一発目に出てきました。
最前列の机を引っ掻いたり、ドラムのハイハットを引っ掻いたり、カーテンや壁を引っ掻いたり、ステージの周りにあるものいろいろ引っ掻いてなかなか壊れたプレイでした。
昼の部に続いてこちらもかなりおくちあんぐりで衝撃的な体験でした。

2daysとも面白かったです。
もうちょっと曲を知っていれば、あと英語の歌とかMCが分かれば彼らの人柄にも触れてもっと楽しめたかと思います。
その点はちょっと残念だったかな、やはり英語の勉強はすべきか~。

P1010725.jpg
ボーカルをとるジミーさん。
今回はボーカルメインの曲がちょっと多かったかな。

P1010730.jpg
ユージンさんの赤い四角ギター。

P1010731.jpg
ユージンさんの楽譜。
年季が入っている上に、スーパーのビニール袋をしおり代わりに使っている模様。
そのざっくばらんさが素敵です。


件の熊手。取っ手部分に小さな赤い靴がついてます。
赤が好きなのかな??

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/155-3da10e25