FC2ブログ

パナのWM-61A改を購入 

世の中には、ライブ等のテーピングフリー(録音OK)なアーティストがいて、ワタクシもたまにそのようなライブへ行っては録音したりしているのですが、今回はそんな録音機材の話をちょっと。

ワタクシが現在メインで使用しているマイクはPrimo EMP-4535のペアマイクです。
こちらは、去年知人のテーパーから譲って頂いたもの。
まだ数回ぐらいしか使用していませんが、結構キレイに録音出来るのでお気に入りの一品です。

もちろんマイクスタンドを立てて録音する訳で、こちらを所持してからはMMW、the NewDeal、あとSardine Headを録音していますね。
所謂外タレのジャムバンド系ってヤツがあんまし来日しないので、使うタイミングが少ないです。

あとRODE NT-4を所持していますが、これは知人に貸し出し中。
一本でXYのステレオマイク、というのはセッティングに頭を使わなくて良いから非常に楽チンでした。
プリモにしてからは、2本のマイクのセッティングなど色々と勉強になります。

それともう一つ、マイクスタンドが立てられない場面・状況ではステルスとしてAKG C417PPを使用しています。
こちらは使い始めて2年ぐらい。アコースティック系などは問題が無いのですが、低音が強いライブでは音が割れてしまう難点があり、使いどころが難しいマイクです。

実は去年サンケンマイクを購入したのですが、バッテリーボックスの自作が必要な為まだ使える段階では無いので、一応繋ぎという名目で今回購入したのがPanasonic WM-61Aというカプセルを使用した自作マイクです。

やっとここからが今回の本題です。

これはマイクカプセルが約300円程度で安価な為、自作マイクとしてはそこそこの人気と知名度があるようです。
とあるサイトでは「状況によってはDPA-4060と遜色ない」と書かれていて(まぁ、この”状況”てのが結構クセモノなんでしょうが)、自分で自作するテクニックはないので既に自作されているマイクをヤフオクにて購入。

ワタクシが購入したのは、ただのWM-61Aではなく「WM-61A改」という、Siegfried Linkwitz氏考案の改造(Linkwitz mod)を施したタイプです。
感度を落として大音量での歪みの低減させる改造だそうです。

アッテネーター付きのバッテリーボックスが付属して1万円ちょっと。
値段も値段だし失敗しても許されるかなと、ちょっと遊んでみるのには手頃なレベルのマイクでしょうか。

マイクカプセル
マイクさきっちょ。
左がC417PP、右がWM-61A改。大きさはさほど変わりません。

バッテリーボックス
こちらはバッテリーボックス。左がイン、右3つがアウト。
減衰なし, -10db, -20dbの3パターンを内蔵。
アッテネーターの減衰率とジャックの位置が覚えられないので、メモ書き程度に付けてみた。

ボックスの中
バッテリーボックスの中身。回路を見てもワタクシには何が何だか。

全体図
全体のセット。左がC417PP、右がWM-61A改。
C417PPはファンタム電源を使用するのでどうしても荷物がかさばってしまいます。
今回の購入は荷物軽減という狙いもあります。


あとは肝心の音。
先日YAOAOに行った際に試運転してみましたが、アコースティック系という事もあって問題無くキレイに録音出来ました。
聴いてみて「出音に対して謙虚で素直な音」という印象なので、自分の立ち位置やハコの出音にかなり左右されるかなと。
良い環境ならば良い音で録れるけど、一たび環境が悪くなると途端にしょぼくなる可能性が非常に強そうですね。
しばらくコイツを色んな場面で試してみて、経験値を上げようと思います。


【参考サイト】
変人音館 - DIY microphone


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: パナ改

>moonさん
コメント見過ごしていて、返信が大変遅くなり申し訳ありません。
パナ改、色々な状況で録音してみましたが率直な感想としては値段に対してかなりコストパフォーマンスは高いと思います。
アッテネーターの有無にもよるかもしれませんが、今のところ音が割れるという事もありませんし、低音から高音まで拾ってくれるので大抵の場合は安心して使用出来ると思います。

例えば他のメーカーの2.3万ぐらいするこのサイズのマイクの場合だと、低音が割れやすかったり音がスカスカだったりするので、それらと比べて随分使い勝手は良いと思います。

ただ、現在サンケンを使用との事ですが、そこは値段の差が現れると思います。
DPAやサンケンと比べるとやはり音が雑な印象は否めません。
サンケンをメインでサブでパナ改を使用する、という使い方でしたら申し分ないのではないでしょうか。

私もあまり音に詳しい性質ではないので、一つの感想として受け止めて頂ければ幸いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/207-8ff19148