FC2ブログ

2009/06/28(日) Vincent Atmicus Nudge! Nudge! Special @新宿PIT INN 

メンバー : 芳垣安洋(Ds,Per),岡部洋一(Ds,Per)高良久美子(Vib,Per)高田陽平(St-pan,Per)イズポン(Per)原田 仁(B,)鈴木正人(B)

芳垣4daysの最終日は以前「Drum Magagine Special」に出演したというVincent AtmicusとOrquesta Nudge! Nudge!の混合セットです。
Vincentからヴァイオリンとホーン隊が抜けて、スティールパンとツインベースとパーカッションが追加という特殊な編成です。
特にナッジナッジが強調されている雰囲気ではないけど、主だったメロディパートが抜けたのでVincent Atmicusよりリズムパートが強調されてるように感じます。
全体的にアグレッシブな曲が多くて座ってみているのが勿体無いぐらい。
スーデラ辺りでスタンディングでやっても面白そうなセットでした。

ヴィンセントの1枚目の曲、2枚目の曲は初めて聴くかなと思ったら、2曲目にやった「Re-Baptizum」は前日にも演奏していたけど全く気付かず。
前日はピアノの田中さんをフューチャーした演奏でしたが、今回はイズポンのキューバ仕込みのパーカッションとボーカルをフューチャーした演奏。
確かにテーマに当るメロディとリズムのキメは一緒だけど他はテンポにしても全くの別物と思わせるアレンジで、編成によってこうも変わるものかとビックリ。非常に面白いです。
ボンフルの「大建設」は、去年別の編成で見た記憶ありますが、これまたトリッキーな部分が強調されていて目が回るような曲でした。

ツインベースの編成はどんなものかと思っていましたが、エレキとウッドベースという音の感触が違う二人が全体の土台を支え、原田さんはエフェクターを使って効果音的な事をしていたり、鈴木正人さんは「大建設」などでギターを弾いていたりと芸達者振りを発揮して、ベースを二人置く事に納得。

終始リズムカルな曲が続くなか、高良さん作曲の通称「あ、ないんです」(曲名は?と聴かれた高良さんの回答)はミニマルな曲で、高良さんの横に並んだ芳垣さんが右手で一定のテンポでポンポンポンと叩き続け、空いた左手で小物などを使っていたのが印象的でした。

アンコールは、屋上の飛行機凧。
以前ナッジナッジでハンドベルバージョンを見た事がありますが、やはりリズム隊やベースが入ると全然変わりますね。
幻想的なハンドベルバージョンも素敵でしたが、骨太なこのバージョンもかっこいいです。

今回の肝はやはり芳垣さんと岡部さんのお二人ですね。
お二方が同じリズムパターンになる場面ってキメ以外ではほとんどなくて、お互いがお互いの隙間を埋め合っているというか切り込んで行くというか、シンバルワークの一つにしても二人が被る事がほとんど無いのね。
二人が同じパターンで叩くなんて事はほとんどなく、強烈な叩き合いが随所に組み込まれていて、「これが見たかったんだよ!」と感動です。
ともかく、息の合い方が尋常じゃなくて一段と音に厚みを加えるんですよね。
やー、やっぱりこの二人はすげぇです。

Vincent Atmicus自体は数年前にイベントで見た事があるんだけどほとんど記憶に残っていないので、8月の7th フロアへ行ってみようかな。
数曲は別の場面で何曲か聴いた事あるけど、編成が違うとまるでカラーが変わるのが面白いです。
個人的には、今まで見た中で今回のこのセットが一番ヒットかな。
芳垣さんも今年で50歳という節目で、今後も更なる活躍を期待します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/211-710d58ff