FC2ブログ

2009/7/11(土) BLUES and BLUEGRASS on the BEACH @Cabanon '09 

バッファローレコード主催のフリーライブが由比ガ浜のライブスポットで行うというので、近場という事もあって行ってきました。
夏になると逗子や鎌倉の海の家でイベントがさかんにあるので、比較的近所のワタクシとしては嬉しい限りです。
ちなみに前日は同会場でSpecial Othersのフリーライブを行っていた模様。
ライブがあるのは知っていたけどフリーとは思わなかったので、帰りがけに寄れば良かったです。

13時半ちょい前に由比ガ浜へ到着。
天気は曇りで7月上旬と時期も早い事もあってか、浜辺の姿はまばら。
由比ガ浜

会場は浜辺に木造の壁で仕切っており、O-eastのフロアと同じぐらいかな。意外と広いです。
照明も一応あるし、フロアの頭上にはミラーボールもあったり。

一番手は日倉士歳朗バンド。
先月のサムズアップでのレコ発ライブも行きたかったのですが、芳垣さんのライブと重なっていて行けませんでした。
日倉士さんのプレイはMad-wordsでしか見た事ないので、彼自身のバンドを見るのは今回が初めてです。
髪型といい彫の深い顔といい、相変わらずギリシャ彫刻のよう。

メンバーは、日倉士さんの他にもう一人ギターとドラム。
ゲストとして他のバンドに出演するベースの人も急遽数曲参加する事になったみたいです。
その他に、中盤ではブルースハープで参加する男性の姿もありました。

日倉士1

序盤はペダルスティールラップスティールを操って、ゴスペルソングを数曲演奏し、その後はエレキギター2本を持ち替えて、自身のオリジナル曲やロバート・ジョンソンといったブルースのカヴァーも演奏。
オリジナル曲もブルース色の強い曲で、素晴らしいスタイドギターを披露してくれました。

日倉士2

次のミシシッピーのスティーブ・ガードナー&フレンズというバンドは特に魅かれるものもなく、数曲見てから途中で会場の外へ。
スティーブ・ガードナー
あ、レフティなんだ。今気付いたぞ。

海を眺めながらビールをぐびっと一杯、水着姿の姉ちゃんを見るともう夏だなぁと実感です。
16時ぐらいに帰ろうと思って会場の前を通ったら聞き覚えのあるDEASソングが聴こえてきたので中を覗いてみると、マンドリン・ヴァイオリン・ベース・ドラムという編成で演奏中。
The Taro Band

マンドリンのTaroさん率いるThe Taro Bandだそうな。
他にオリジナル曲やブルーグラス調の曲を演奏しており、編成的にもブルーグラス色が強い印象です。
中盤ではドラムの人がボーカルをとる曲もありドラミングも非常にうまいし、この丹菊正和さんはかなり印象に残りました。
機会があればまた見てみたいですね。

今回は海には入っていませんが、今年初のビーチでした。
今月末にもここで渋さ知らズオーケストラが出演しますが、平日15時ぐらいからなのでちょっと行けそうにありませんがな。

コメント

あの~

僕も見ましたけど日倉士さんが弾いてたのはラップスティールで、ペダルスティールではないと思いますが?

>通りすがりさん
ハコ型だったのでパッと見ペダルスティールかと思いましたが、よくよく見るとペダルがありませんね。
これは失礼いたしました。
ご指摘ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/213-2f7117e3