FC2ブログ

2009/7/23(木) funky Meters @渋谷AX 

仕事を終えてから渋谷へ向かうとスタート時間ギリギリになってしまうので、念の為事前に休暇を取って、せっかくなんで空いた時間に知人が参加している古本市みたいなのにちょっと顔を出してからAXへ向かいました。

AXには18時半頃到着。
こんなに閑散としている会場前の様子も珍しい。
そりゃね、3日前にとった前売りチケットが170番台だったのが全てを物語っている訳ですよ。
それにしても、今回の場合は前売りを買わないで当日券目当てで行った方が良かったっぽい。ちょっと失敗。

椅子ありAX初体験。
AXの椅子はイイッス
いつもテーパーズセクションになる場所からの様子。う~ん、分かりづらいですね。

椅子については事前にアナウンスは出てなかったけど、どんだけ集客が悪いのか。
それにしてもAXはこんな椅子を隠し持っていたのですね。
客層は去年のネヴィルと比べて圧倒的に若者が多い印象。
ネヴィルとミーターズ、この差は如何に。

定刻になると椅子席もなんとなく埋まってきて、10分押しぐらいでメンバーが登場。
オリジナルメンバーはオルガンのアート・ネヴィルとベースのジョージ・ポーター・Jr.だけで、ギターはアートの息子さんだそうです。うん、お若い。
オリジナル・ミーターズと差別化を図るように”funky Meters”と名乗っているそうですね。

スタートすると、オーディエンスは一斉にスタンディングして、最後まで基本スタンディングでノリノリで観戦。
椅子の意味はあんまし無くて、結局は荷物置き程度な感じです。

それにしても、ほとんど切れ間なく普通に30分はぶっ通しで繋げて演奏していき、歳を感じさせないパワフルな演奏でした。
ジョージ・ポーター・Jrはノリノリのベースでメンバーを牽引していくし、アートも今年の頭に体を壊していたそうだけど元気に弾いて歌っていたし良かった。
相変わらずMCが聞き取れないんだけど、ドラムの人はジャック・ダニエルをカウベル代わりに叩いていたみたいです。ユーモアありますね。

去年観たネヴィル・ブラザーズよりもロック色が強い印象。
ネヴィル・ブラザーズだと人数が多いし“お約束”を混ぜないといけないから演奏の幅に制約があるようで、ミーターズの方がシンプルな編成なのもあって自由度が高いようです。
実際、耳打ちしながら演奏していたので途中から元のセットリストを無視してその場で決めていたんじゃないでしょうか。

実は彼らのCDは聴いた事ないので基本的にオリジナルは知らないのですが、「Cissy Strut」や「Hey Pocky way」とか、その他にもいろいろ曲名が分からない曲も含めて耳に馴染みのある曲が多くて、ワタクシもニヤリングでした。
「Fire on the Bayou」では合唱もあって大盛り上がり。
アンコール込みで2時間半弱という長時間でしたが、終始テンションの高い演奏でこりゃ大満足です。
元々アンコールも予定してなかったので、さすがにダブルアンコールは応えてくれなかったけど最後まで拍手喝采でした。

それにしても、会場内は人口密度が低いせいか空調が強くて、鳥肌が立つぐらいブルブルと途中からトイレに行きたくなってしまいました。ライブで寒いって全くなんのこっちゃです。

この日のライブ音源はホイホイレコードから発売されるようです。
http://www.hoyhoy-records.com/index.php

この手法はトムスキャビン系ではよく見られますが、こうやってどんどんライブ音源が発売されると嬉しいですね。


【追記】セットリストメモ

01 Batiste Intro>
02 Batiste Drum Intro>
03Here Comes The Meter Man>
04 Soul Island>
05 (Doodle Loop) The World Is A Little Bit Under The Weather>
06 Gossip>
07 Africa
08 People Say>
09 Porters Bass Solo>
10 Stretch Your Rubber Band>
11 He Bite Me>
12 Cardova
13 Get Out My Life Woman>
14 Cissy Strut>
15 Guitar Intro (to 9 'Til 5)>
16 9 'Til 5
17 Art Introduces Band

18 Chug Chug Chug-A-Lug (Push And Shove)>
19 Bass Intro>
20 Fire On The Bayou>
21 New Song
22 Love The One You With>
23 New Groove to Ant No Use>
24 Ant No Use
encore
25 Band intro by George Porter, Jr.
26 Art Intros Big Chief>
27 Big Chief >
28 We are still following Art (Another Groove)
29 Sing A Simple Song>
30 Batiste sings>
31 Not Fade Away>
32 Chicken Strut

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/217-8529b4bd