FC2ブログ

2010/5/11(火) Tortoise @ラフォーレミュージアム六本木 

六本木一丁目駅近くにあるイベントスペース。ここに来るのは2004年のボアダムス以来。あの時はフロア中心に円形ステージを立ててのライブだったので今回もそのパターンだったらどんなに楽しいだろうか、と思っていたけど、普通にフロントのステージでのセッティングでした。キャパ1100人ぐらいらしいです。横幅がそれなりにあるので意外と広いのですね。
Tortoiseを見るのは2005年のリキッドぶりになるのかな。その後にメタモにも行ってるんだけどTortoiseの時間はまんまと寝てしまって結局見れなかったという阿呆っぷりです。

今回は後方のPA横で見ました。ステージはあまり見えなかったけど周囲は空いていたので快適に過ごせました。そしてチラチラ見えるJohn McEntireがカッコイイ。

今年のSBD音源で簡単に予習しようと思いながらも、どうもノリ切れずにロクに聴きもしなかったけど、ライブはやっぱり面白い。CD聴いている分には叙情的でアンビエントなんだけど、ライブではドラムのアタックがビンビンに来るのでこれが良い感じです。ドラム二台をステージのフロントに向かい合わせに持ってきているので、このバンドのドラムの重要性が感じ取れます。実際に、ツインドラムになる場面が一番アツイですしね。

5人全員がマルチプレイヤーで流動的に編成が変わり、中には曲中に席を立って別のポジションで違う楽器を弾き始めます。誰が特にテクニックがあるというのではないのだけど、巧みな職人のなせる技ですね。

本編は65分ぐらいで、アンコールが2回、30分ぐらいやっていたかな。トータルで90分程度。ちょっと短いかな。
最後はSenecaのオーディエンスも交えた手拍子で締め。そういえばこういった曲もありましたね。すっかり忘れてました。締めでドラムの人がスティックを8本ぐらいフロアに投げ込んでいました。大判振る舞いです。

最新のアルバムは聴いてないのですが知っている曲が大半だったので、「TNT」「standards」「It’s Around You」辺りの曲が多かったと思います。まぁガチな曲は外せないのですね。ちなみに大阪のセットリスト曲順は大幅に変わっていたけど曲自体は一曲しか違わなかった様子。

5,6年前に好んで聴いていた音楽て今じゃほとんど聴いてないんだけど、こうやってセクションでもなく真面目にスタンディングで見るのってかなり久しぶりで新鮮だったかなー。

セットリストはこちらに。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/274-5650bbc0