FC2ブログ

2010/2/4(木) 是巨人+壷井彰久 @高円寺HIGH 

去年から楽しみにしていた「是巨人楽譜集」の発売記念ライブとなります。去年梅島ユーコトピアにて行われた「店長ズ」と同じメンバーですが、今回は是巨人にゲストとして壺井さんが参加する形になります。

この楽譜集、12月の時点では1000円(仮)という値段でしたが、当日は2000円に値段が変わっていた為に「話が違う!」と客からクレームもあったそうで。いやいや、26曲を譜面起こしする労力を考えたら2000円でも安いんじゃないかと思いますよ。そんなツマラナイ文句を言うのはナンセンスですよ。
そして持ち込んだ20部があっという間に売れ切れて急いで追加20部を取りに帰る、なんて事もあったそうで。中身はギターとベースの五線譜のみで、1曲毎にA3用紙1枚にまとめられており(短い曲は左右に2曲書かれていますが)、冊子綴じにではなくA3でバラバラに織り込まれています。楽譜立てに立てやすいだとか、演奏者に優しい仕様のようです。

Set1はまだアルバムになっていないSからZをアルファベット順に。ロックンロール調のZは何べん聴いてもギャクだよな~とついニヤけてしまいます。Z候補の曲は別にあったそうでおそらく新生Aになると思いますが、バラード曲という事でそちらも楽しみですね。

Set2は壷井さんが参加して是巨人の楽曲。今回のセットリストは鬼怒さんでも「ひっでーなぁ」と壷井さんに同情するぐらい難曲揃いだったそうで。あの難しい楽曲群をギターとヴァイオリンのユニゾンとか普通に有り得ない!ほんと超絶ですね。素晴らしい。全体的にメロディー面が強化されてヨーロピアンなプログレ風味が増したような気がします。ジャクソンなんてメインのメロディを壷井さんが担当して鬼怒さんがバッキングに回りナスノさんはシンプルなベースラインで、非常に軽やかな曲になっていました。このパターンも面白いです。アンコールはジャン・リュック・ポンティの「秘なる海」。とてもドラマティックで途中で展開が変わるのがカッコ良いです。これは原曲も聴いてみたい。

鬼怒さん「楽譜見ながら聴くと、あ、間違えた、とか面白いかもしれませんよ」という事で実践してみましたが、真っ暗なフロアの中で携帯の明かりを頼りにし目が予想以上に疲れてしまいました。ダカーポとかダルセーニョとか久々に見たから、途中で見失う事多数。普通におっつきません。

楽譜集、中身チラ見せ。16分の27拍子とかー。変拍子は奇数!
16分の27拍子

メンバー3人からサインも頂きました。これ楽譜増刷するのかしら。今回限りでしょうかね。
楽譜集

■セットリスト
Set1
01. SWAN DIVE
02. TUNDRA
03. UPSTREAM
04. VANISHING POINT
05. WATEARSHED
06. XENON
07. YELLOW JACKET
08. ZEBRA CROSSING

Set2
01. LEBANON
02. DOLDRUMS
03. FREESTONE
04. NERVECELL
05. JACKSON
06. ISOTOPE
E. 07. ENIGMATIC OCEAN(Jean-Luc Pont)

コメント

また販売されることがあったら手に入れたいものです。

>Mongoさん
製本してないから増刷はラクだろうし、要望あれば用意してくれると思うんですよね。

7/1に高円寺でライブあるので、見掛けたら入手しておきます~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/277-9a87b7a0