FC2ブログ

2010/6/11(金) Conjunto Nudge! Nudge! feat.SUJI TAP @新宿PIT INN 

メンバー: 芳垣安洋(Per)岡部洋一(Per)高良久美子(Vib,Per)高田陽平(St-pan,Per)イズポン(Per)
ゲスト: SUJI TAP(Tap Dance)

芳垣4daysの三日目、ナッジナッジの縮小版にタップの.SUJIをフィーチャーしたセットになります。フロアの中心に円形に楽器が組まれ、それを取り囲むように客席が用意されます。
客入りは前日と比べればさみしい雰囲気で、芳垣さん曰く「パットメセニーと被ってしまい客を取られてしまった」という事らしいです、ハイ。

序盤はゲストなしで叩き物だけで演奏。小編成で各自の負担が増えるせいか、個人個人の演奏がより際立つ印象です。岡部さんが日本では第一人者、というかアジアで唯一の使い手という「ガラハンド」という楽器も登場。このガラハンドはお釜みたいな外観で表面を手で叩き、中にマイクが入っていてラインで音を出力しているようです。それに対し、高良さんは大きいお鍋のフタみたいな外観の、小さなヘコミをスティールパンのように叩く楽器。これを膝に抱えながら器用にメロディーを奏でていきます。ここに高田さんのスティールパンも交じり、ぼわわわ~んと幻想的なメロディー大合戦。

岡部さんのガラハンド
ガラハンド

高良さんの謎な楽器。
たからさんのがっき

Set1最後にタップダンサーSUJI登場。下は白いズボンにタップ用シューズとちゃんとしておりますが、ドレッドヘアでラスタカラーのTシャツ。パッと見はレゲエなイメージで、それこそストリートでタップやっていそうな雰囲気です。

Set2は最初から全員で。芳垣さんのリズムをタップで再現していく芳垣さんとSUJIのリズム掛け合いから始まり、他のメンバーも混じってどんどん大きな波を作っていきます。SUJIも周りのインプロに合わせて自在に足元で器用にリズムを奏でていきます。訛ってるリズムにも即座に対応してくるし、適応能力は高そうに思います。

タップに関しては全く詳しくありませんが、昔アースセレブレーションで見たNYのダップダンサーと比べてみると、動きに洗練さが欠け粗く感じてしまうけど、ダイナミックな動きは生で見るに値するし、こういう打楽器ものはやはり現場が断然楽しい。

後半はいつものナッジナッジのキラーチューンで攻めていき、終盤での盛り上がり方はとにかく気持ち良かったです。最近会場の関係もあってじゃ敬遠気味だったけどナッジナッジ本体も見に行きたいですね。

セットの様子

芳垣さん&岡部さん側、
イボイボのついてるバケツ欲しいなぁ!これ振るとシャカシャカ音が鳴るんですよ。
よしがきさんがわ

高良さん側
たからさんがわ

陽平さんとこ
ようへいさんとこ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/290-142d1c3e