FC2ブログ

2010/7/17(土) KAT-TUN @東京ドーム 

初ジャニーズ体験という事でKAT-TUNのコンサートへ行ってきました。今回の東京ドームは赤西仁が正式脱退してからの初ワールドツアーという事で、メンバーも決意新たにという事だったようですが、元々メンバーの顔と名前すらもまともに知らないオイラにはあまり関係の無いお話です。

ちなみに今回は、11/3に行われるPerfume@東京ドームのイメージトレーニングにして、日本が誇るエンターテイメントなコンサートの最高峰を体験する、という自分のテーマ。期待を裏切らずエキサイティングで、曲を全く知らないオイラでも十分に楽しめる3時間強のコンサートでした。

序盤はステージにPink FloydのWallを彷彿させるような壁が並べられており、曲中にパイロと共に崩れる演出。ロックファンはニヤリとする場面ですね。
そして、降下式の大きい台車のようなステージが、アリーナ席のセンターブロック上を通ってバックネット側にステージごと移動。頭上を通っていくってどんな感じなんだろうなぁ。あの構図、下からいっぺん体験してみたいですね。
花道はアリーナの半分ぐらいをぐるっと取り囲み、メンバー自らも移動するし、時にはジャニーズJrも花道で踊る。
終盤になるとメンバーはアリーナ席フロアの脇を走って移動するので、柵側にいる人は触れたりするのですね。これは舞い上がる事間違いないでしょう。
台車型ステージとは別に2.3人程度が乗れる台車も用意されていて、バックネットからその台車で戻ったりする事も。どちらの台車も人力で動かしているようです。

中盤には各メンバーのソロコーナー。亀梨くんのドラムソロはまぁご愛嬌として、田中くんのソロでは腰を降る仕草や上半身のシャツを脱いだりズボンのチャックを空けたりと、エロティックな動きに割れんばかりの黄色い歓声が上がる上がる。
誰だか判別が付かなかったけど、上空を舞う大きな扇子の上で和装で倒立したりとアクロバティックなプレイ、足を踏み外した時には息を飲んだけどそりゃ本人もちゃんと吊っている訳ですな。

MCは中盤にまとめて時間を取っており冗長に思える事もあったけど、この時にメンバーを覚えられたしキャラ付けも把握出来たから個人的にはオッケーです。NEWSの人が見にきていてステージに一緒に上がってました。

後半のソロコーナーでは、上田くんのマリーアントワネットをオマージュしたという曲、次の吸血鬼な亀梨くんはステージ上の男性の首筋を噛むという絡みで、これまた黄色い声援が上がりまくり。その後は亀梨くんと医者の格好をした中丸くんとの小芝居が始まって何だかマッタリ気分。

とまぁ、仕掛けも凄いけど、各メンバーの絡みの度に大きな歓声が上がるというのは他ではそう見られないので新鮮。何でこれで盛り上がるねんと思う場面もしばしばありましたが、ノリが把握出来ると色々見えてきて、ステージ上の絡みよりオーディエンスの盛り上がりのほうが面白く感じます。
メンバーのサービス精神も然る事ながら、女性の欲求をうまく満たす演出・構成が非常にうまいです。

そして馬。もうなんのこっちゃという感じですが、アンコールは馬に乗ってステージ脇から登場し、歌いながらバックネットまで乗馬。何で馬!?とお口あんぐりでしたが、この演出考えた人にはマジで賞賛を送りたい。こんなん普通に想像が付かないでしょ、やらないでしょ。しかも途中で馬糞するというおまけ付きで、しっかり笑いを取るのも忘れない。まぁそれはトラブルの一つでしたがオッケイです。

アンコール中には手に持った色紙をオーディエンスに投げ込んでおり、面白いなーと思いつつ落ちた先ではつかみ合いの喧嘩になりそうで恐ろしい。

オーディエンスは子供から学生さんからオバちゃんまでそれこそ全層の女性が大集合。おかげでコーラスがキレイに響き渡っていましたねー。そういや、曲が終わった後拍手するっていう習慣はあまり無いようで、ペンライトも買ってなかったオイラはライブ中は手持ちぶさになってしまいました。コンサートを満喫するには公式グッズは必需品です。

今まで色んなジャンルのショウを見てきたつもりだけど、その中でも特に異空間のようなコンサートでしたね。非日常性を提供するという事には一番真っ当な方向だと思います。今度は曲もメンバーもそれなりに知ってるSMAPとか、女性大所帯アイドルのAKB48とか体験してみたいもんです。また違った景色が見える事でしょうなー。



IMG_0270.jpg

コンサート終演後は別席で見ていた上田くんファンの姐さんらと合流して、王将にて反省会をするのでした。
そういえば、コンサート終わって数日はちゃんとメンバーの名前を覚えていたけど、今じゃ半分ぐらい忘れてしまいました。オイラの頭はまさに鶏のごとし。それでも名前を見ればちゃんと顔を思い浮かべられるようになったので、行った甲斐があるってもんです。

コメント

吸血鬼

あたしも吸血鬼亀ちゃんに血を吸われたいわん。

>ジャニーズJrさん
それでは、オイラはその場面を見てキャーキャー黄色い声を上げましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/294-80d476d3