FC2ブログ

2004/7/31(土) FUJIROCK FESTIVAL 04 2日目 @ 苗場スキー場  

●7/31(土) 2日目
この日も9時会場入りしてテント設営。

しょっぱなは11:00 グリーンのJAMAICA ALL STARS。
その名の通り陽気で楽しいレゲエバンドでした。
上から下までレゲエなおじいちゃんが出てくると歓声が高鳴り、オイラも訳が分からんけど盛り上がっていました。
カワイイじいちゃんだったな~。

13:30 GYPSY AVALONにてKELLER WILLIWAMS。
3日目にヘブンでも出演するケラーは今年のフジの目的その1だったので、とにかく明日の予習じゃと思って観戦。
AVALONはとてもこじんまりしたステージで、出演者と観客の距離が一番近いステージ。
真ん中の一番前に陣とって、ケラーとの距離の近さに感動です。
ステージ上には右にエレキギター、左手にベース、後ろに12弦や6弦の替えのアコギが配置。
ケラーのライブでのプレイはホント凄かった!
ギターの腕前は言わずもがな、1つ楽器をワンフレーズプレイして、その場で録音・ループさせて
ベースや口ラッパやトライアングル等次々に音を重ねていく姿は圧巻!
歌のハモリはハーモナイザーを使って別で操作しているっぽかったです。
エレキギターの音色がピアノの音で、そのループさせた音に合わせてピアノを弾く手振りをしたり
おちゃめで楽しいステージでした。

14:10頃、ケラーは途中でしたがグリーンのFRANZ FERDINANDを見る為移動。
ケラーですでにテンション上がっていていい感じに酔っていたので、フランツも自分的に大盛り上がり。
「女の子が踊れるロック」(だっけ?)と言うだけあって、少なくてもオイラは楽しかったです。
ボーカルの人が白シャツにネクタイでアクションがイチイチ色男風でしたね。さすがUK。
アルバムの曲はほとんど演奏したんじゃないかな~。
とにかく終始踊りまくりでした。

17:20 ホワイトステージにてDROPKICK MURPHYS。
アイリッシュ色が強いパンクバンドで一風変わっているけどストレート。
前方は相当暴れていたみたいですね。

19:00 原田郁子のソロを見る為にAVALONへ移動。
その前のKAKI KINGを一曲ほど見ました。
女の子一人のアコギ演奏。
この子もかなり演奏が巧くて左手をネックの上からかぶせるように押さえたり、右手のタッピングやボディーを叩いてパーカッション代わりにしてたりと
ケラーというよりかは、SCIのアフターパーティーで見た大樹に近いスタイルでした。

次はお持ちかね郁子ちゃん。
セットチェンジ・リハの様子からビニール袋を地面にひいて中央辺りに座ってマッタリ観戦。
ポツポツ雨が降ってきましたが、どんどん人が集まってきてヘブンへ続く通路付近はすごい人だかり。
ステージには郁子ちゃん他、ポラリスの人、ハナレグミの人、シネマダブモンクスの人といった4人編成。
後ろの二人(ハナレグミの人とシネマダブモンクスの人)が酒盛りを始めて えらく上機嫌。
あぁ、オイラにも酒をわけて下さい。
とてもアットホームな雰囲気の中、郁子ちゃんの歌声が響き渡る素敵な空間でした。
楽しそうに嬉しそうに歌う姿を見ると、オイラもとても幸せな気分になるのです。

次はこのまま無戒秀徳を見ようと思ったのですが人の出入りが激しくて座ってられなかったので
とりあえずヘブンへ移動。

DONAVON FRANKENREITER、Jack Johnsonを軽く見る。
意外と混んでいて彼らは人気あるんだなーと思いました。
朝霧の時は2人編成のDONAVONは今回バンド編成っぽかったです。

22:20 PRIMUS @ホワイトステージ
疲れで体がホントにひどくて腰が痛くて立っているのが精一杯の状態でしたが、
彼らのライブはかなり評判が良いのでとにかく一目でも見ようと踏ん張る。
ステージ中央に白いバルーンが3つ吊るされていて、VJが入るのかな~と期待していたら
期待以上に凄かったです。
始まった途端、バルーンに目玉がガツンと映って、音に合わせて映像が切り替わって行く様子は良かった!
(たまにとちってましたが)

3人とは思えないぐらい轟音でグループ感が凄くて、CDとは全然別物!
ガツンガツンと響くサウンドは読み切れない展開でプログレを超越していると思いましたわ。
音が鳴っている間は体は元気に動くんだけど(というより動かされている感じ)、
鳴り止むと途端に腰にキてバテ気味だったので20分程みて撤収。
これにて2日目は終了。

<2日目の食事>
ワールドレストランのポテトと肉
結構旨い!つまみに最高♪
アヴァロンのカレーとか牛肉定食とか
連れに買ってきてもらいました。1食はカレーを食べないとね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/30-9bc0befd