FC2ブログ

2010/8/15(金) Debashish Bhattacharya with Saicobaba @浅草 アサヒアートスクエア 

夏休み最終日は真夏の夜のインド音楽を聴きに浅草へ。せっかくなので日の出桟橋から水上バスで浅草へ向かいます。桟橋はこれでもかっていう日差しで消耗しましたが、水上バスが走り出すと風が気持ち良い。
浅草の吾妻橋からスカイツリーとうんこビルの2ショット。浅草から近いと思ってたけどこんなに近距離だったとは。これは新しいスポットになりますね。スカイツリーはこの時点で400mちょいだそうな。
unko.jpeg

今回の公演はデバシシュ・バタチャルヤ、通称バタさんが連れてきたチームにサイコババが共演するカタチになります。インド音楽でヨシダダイキチとなればハズレはないでしょう。

バタさんチームは、ギターのバタさんにタブラとタンプーラの三人組。三人とも姓が一緒な上、タンプーラの女性にはバタさんがチューニングも施す世話っぷりだったので、バタさんの嫁さんなのかな~と勝手に思ったり。(実際にタブラの方が弟さんで、タンプーラの女性は嫁だったようです)
サイコババも見るのは初めてなのですが、シタールのヨシダダイチキに、鍵盤・ボイスのヨシミ、ドラムYO2ROとこちらも三人組となります。

バタさんのギターは改造して自作したという代物だそうですが、共鳴音の響きなどはパットメセニーのピカソギターを彷彿させます。超絶スライドギターというだけあってめぐるましく弾き倒すバタさんに、これまたお上手なタブラの弟さん。周囲で繰り広げられる演奏には絡んでこないで顔色一つ変えずに自分のペースでまったりと弾いている嫁さんはある意味凄い。彼女の出音がほとんど聴き取れず、これはお飾りなのか重要なポジションなのか全く分からず。
そこにサイコババチームが絡んできて、非常にテンションの高い演奏を聴かせてもらいました。
ヨシダダイチキとバタさんの弦楽器合戦は白熱もの。ヨシミはたまに鍵盤を入れるけど音楽の相性があまり良くない感じでボイスの比重が多かったですね。ドラムはだかだか叩くんでなく要所でアクセントをつける程度。

サイコババとのセッション以外にもファミリーのみの演奏もあり、ハイスピードな掛け合いなどお二人の息の合った演奏を見せてくれました。しっとりとした演奏から火を噴くような超絶ギターまでガッツリと楽しめたショウでした。

余談。
目の前がヨシミのポジションだった事もあってヨシミの動きが真っ先に目に入ってくるのですが、すんごい気になって胸を凝視してしまいました。貧乳とは正にこの事を言うのだなぁ。まさにまな板!キングオブ貧乳!!なんたって終演後に隊長と真っ先に話した事がこの話題。全く、うちらは何やってるんだか。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/308-ea9b0a82