FC2ブログ

2010/10/10(日) STAFF BENDA BILILI @よこすか芸術劇場 

この10/10、富士山のふもとでは朝霧ジャム、川崎は京浜ロック、藤沢ではエコービーツ、と各地で野外イベントが行われている中で、オイラはアフリカの車椅子バンドのベンダビリリのライブを見に行きました。

プランクトンが招聘なので地方のホールにもツアーで回り、我が地元にもやって来ました。発売日にチケットを購入してどうしようもないぐらいの良席をゲット。ドキュメンタリー映画も9月から上映しておりましたがそちらは未見。

久しぶりによこすか芸術劇場。トイレに並んでいるとこういったライブには珍しく女子高生の群れがいて「今日は眠たくならない音楽みたいよ~」なんて会話しているのが聞こえてきます。何となく微笑ましい。

定刻を過ぎると、映画のワンシーンと思われる映像を使って簡単なイントロダクションが入りメンバーが登場します。その映像の中で「これで盗みをしなくていいんだ」という少年が印象的でした。
メンバーは車椅子や松葉杖の人もおり、他のメンバーと比べて一層若い少年が空き缶で作った一弦ギターを手にする。この彼が先ほどの映像の少年ですね。

ステージバックには曲名と歌詞が日本語訳で表示されて、「路上賭博はダメだ」とか「段ボールの上で寝てるんだ」とか過酷な歌詞もアメリカンで陽気なメロディーで歌っています。
友人からも聞いていた通り、一弦ギターが面白い!空き缶に取っ手を付けて一本弦が張ってある楽器で、取っ手部分の加減で音程が変わるんですね、なるほど。かなりドンピシャに音程を当ててきて、エレクトリックに増幅させて浮遊感ある音色がトランシー。数年前のKonono No.1のカリンバを彷彿させますね。あのライブも楽しかった。
ドラムも木から切り出した自作のようなセットなのですが、あれでしっかり太い音を出せるから凄い!自作楽器すげーと驚きますよ。

オッサン達のグルーヴ感は抜群だし、松葉杖のおじさまも器用な動きで踊ったり、右の車椅子のオッサンも車椅子から降りて床の上を這うように踊ったり、他の人も車椅子で前後に動かしたりとステージ上もサービス精神旺盛。

最後はオーディエンスも全員スタンディングで大盛り上がりでした。
予定通りちょうど90分、楽しかったです。こういった畏まったホールじゃなくて野音のような場所の方が盛り上がる事間違いないですね。アフリカものはやはり面白い。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/327-3adce7cd