FC2ブログ

2004/9/12(日) RAW LIFE @ 新木場 夢の島マリーナ 

9/12(日)に新木場は夢の島で行われたフェスRAW LIFEに行ってきました。

とにかく暑い、暑かった。めちゃくちゃ焼けた。
日陰がほとんど無くて、夕方は建物の影ができて結構休める場所が増えてきたけど、
午前中は鬼のようでした。逃げ場なし。
まばらに立っている木の陰にシート引いて
「暑いねー疲れたねー」て会話を11時ぐらいにしてましたよ。
開場入りしたのが9時過ぎなので
そんな暑さの中まだ2時間しか経ってないのかよーって勢いでした。

メインステージも屋根がなく、太陽に向かって演奏をする形でしたので
アレはまじで暑いでしょう。
逆に天候が雨だったらどうなってたんだろうという不安もありますので
どんなに暑かろうと晴れて良かった。

開場の雰囲気は、
出入口からすぐのところにDJブース。
シート引いて休めるスペースがあり、
その向こうにメインステージ左右二つあって転換なしに音が鳴り止まないで続いている感じ。
出店スペースには民族系の服や楽器を扱っているお店やメシ屋が並んでいる。
メシ屋少ない。5,6店しか無かった。
トイレも備え付けの公衆トイレと簡易トイレの2種類。
一番奥にRAWステージ。

その辺にシートひいてゴロゴロして
気に入ったのがあればステージ前に行くような、とにかくゆるゆる。
演奏している音楽も気持ち良い音楽でそんながっつく必要ないもんな~。
他のサイトで「フジのフィールドオブヘブンやアヴァロン風」と書かれていたけど
どっちかっていうと、代々木公園に地面が草って雰囲気かな。
ホントに公園にプラプラ遊びに来てる感じでした。

会場入りしてから、草むらにシートを引いて
ビール飲みながらお店を見て回ると、タイパンツ発見。
1900円で購入。ジーパンから早速お着替え。

それからのんびり酒飲みながらまったりしたりライブ見たり。
ステージの前まで見に行ったのはバンドは、
CICADA
GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION
WACK WACK RHYTHM BAND
SCOOBIE DO
NATURAL CALAMITY
cjammbon

出演アーティストを見ると普通に知らないバンドばかりだったけど
このゆるーい雰囲気にマッチしていてグッドです。
SCOOBIE DOやcjammbonはさすがに人が多かった。

他の時間は陣地にいたり散歩したり飯くったりDJ見たり寝てたり。。。
民族楽器の店でジャンベセッションが始まったり。

チケットの売れ行きをみると
だいたい3000人~4000人ぐらい入っていたみたいですね。
個人が主催しているフェスだから運営に不満が残る点もありました。

トイレの水が流れなくて、ペットボトルの先を穴につっこんでむりやりティッシュを落としたら
今度はペットボトルがはまって取れなくなったり冷や汗モノ。
ノンアルコールが昼過ぎに品切れ。(その後復活したみたいですが)
持ち込み不可にコレはキツイ。
食事も夕方には品切れの店が続出。とん汁のダシが全然きいてねーし。

とまぁいろいろありましたが、
オイラにとっては笑って許せる範囲なので問題無し。
(一部の人は相当不満だったみたいですが。。。)
つーか3500円(当日券)でコレだもん。十分でしょ。
値段の問題じゃねーって言う人もいると思うけど、利便さ求めたらキリないしね。
普通に遊べる範囲だったんでオイラは十分楽しかったです。
それより日陰が欲しかったよ・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/33-2c7934b2