FC2ブログ

2010/12/29(水) ERA Special Session @代官山晴れたら空に豆まいて 

鬼怒さんと壷井さんのデュオERAに数人のゲストが参加するという年末スペシャルセッションへ行ってきました。ERAは一昨年の5月に前座で出演していたのを見た以来です。
是巨人で壷井さんのヴァイオリンの腕前は見ておりますが、プログレも何のそのっていうバカテクなプレイだったので、こちらのライブも楽しみにしていました。

入り口でフライヤーと一緒に五線譜が入っていたので「?」と思っていたのですが、これはライブ中に謎がとけます。

初っ端は通常編成のお二人で一曲、純粋にデュオ形体を見るのは初めて。
その後に難波さん佐藤さん岡部さんの三人が入ってERAの曲を数曲、またシークレットゲストと称して(店頭のボードには書いてありましたが笑)アコーディオンの佐藤さんも途中で参加します。

アコギとヴァイオリンの二人でも暖かみのある音色にスリリングな楽曲という良い感じではありますが、バック陣が入るとこれがまたよりダイナミックに鮮やかになりますね。鬼怒さんと壷井さんのフレーズの合間を縫って難波さんのピアノフレーズが冴えわたり、佐藤さんと岡部さんのリズム隊も力強く支えます。岡部さん単体のドラムというのは初めて見るような気がしますが、さすがと言わんばかりですね。奥まっていてあまり見えなかったのが残念。

基本はERAの曲の演奏ですが、中には難波さんをフィーチャーしたEL&Pの「Hoedown」、鬼怒・壷井・佐藤でKansasの「Dust In The Wind」といったプログレカヴァーも。
入り口で頂いた譜面は鬼怒さんからのプレゼントでこの「Dust In The Wind」を採譜したもの。この通りに弾けばオイラでもこの曲が弾ける!というものらしいですが、コピーが汚くてゴメンナサイとの事でした。

RIMG0416.jpg

ERAではアコギした使用しない鬼怒さんも今回ばかりは数曲でエレキギターに持ち替えてプレイ。エレキで聞くとよく分かるんですがあの超絶フレーズをアコギで弾いていると思うとやはり鬼怒さんのテクニックは恐ろしい。

MCでは鬼怒さんも壷井さんも均等にトークをしていきますが、ナスノさん相方ではないと鬼怒さんも突っ込みトークじゃないんだなぁという印象(笑)。一曲終わる毎に十分に間を取ってMCの時間に割くのですが、フロア内も笑いが絶えず起きているような和やかなMCでした。お二人のカンサスのお話やプログレトークが面白かったです。

オイラは通常編成のライブを見ていないので恐縮でありますが、このメンバーでのライブは特にゴージャス感溢れているんで、また企画があったら是非見に行きたいですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/342-c66c8dcb